単体で「レクチャー」というと講演、講義、説明などを意味するものになりますが、先生から勉強を教わることもレクチャーで、親から料理の作り方を教わるのもレクチャーになります。

故に単に教えることよりも詳しく教えることをレクチャーといい、簡単に教えるのではなく、正確に詳しく教えることがニュアンスになる言葉です。

日本語ですと区別がしにくいのですが、英語では簡単に教えることを「Tell」。

難しくことを教えることを「lecture」。

と使い分けています。

すなわち、レクチャーをする場合はわかりやすく、相手にうまく伝わるやり方をしないといけないのであります。

そうなると、どんなやり方のレクチャーがあるのか。

もしくは、どういった点に注意してレクチャーをすればよいのかがきになってしまいます。

そこで今回は、レクチャーで内容を相手にうまく伝えるための方法や注意点をご説明します。

ぜひ、こちらを参考にしていただきまして、あなたにとっても受講している方々にとっても実りのあるレクチャーになるようになっていただけましたら幸いです。

今までもしかしたら「Tell」になっていたレクチャーもこれからはしっかりとレクチャーとして相手に教えることができるようになりますので、少しでも皆さんにとってハッピーになるように努めたいと思いますのでよろしくお願い致します。

相手の心に刺さるレクチャーをしよう

まず相手に正確に伝えるにはどうしたらよいかと考えてしまいますが、どんなにうまく説明をしても相手が興味や関心を持つことなくレクチャーを受けていたのでは相手には響きません。

要は心に刺さっていないので、吸収しようとする考えが生まれないので、ただ表面上でレクチャーを受けているだけになるので意味がありません。

では、どうすれば相手の心に刺さるレクチャーができるかと言うと、それはただレクチャーするのではなく、説明や講義などに少しギャグのようなギャップのある事柄を付け加えることです。

テレビ局のアナウンサーはただ原稿を読んでいるわけではありません。

時にはアドリブが必要にもなるので、1スピーク1ジョークというように相手がこちらへ関心を行くように間にジョークをはさむなどして場を和ませるなどの工夫を行っています。

要は少し変わったことを間に挟むことで相手に余裕が生まれるので、レクチャーをしている人へ関心が生む可能性があります。

こちらに関心がくればあとはいつも通り正確に丁寧に説明や講義を行えば良いだけです。

変に相手をこちらに振り向かせるために内容をおもしろくしようとかするのではなく、間にギャップを感じるようなことをすれば良いだけです。

まずは相手にこちらへ関心が及ぶようにしましょう。

レクチャーとは?

それではここではまず今回の重要なテーマになっている「レクチャー」について説明します。

そもそも「レクチャー」とは、説明、講義、講演などを意味し、相手に何かを教えることを大まかに意味しています。

前文でも紹介しました。

簡単に教えられることは「Tell」であり、レクチャーは難しい事柄を教える場合に用いられます。

しかし、難しいことを簡単に教えていては「Tell」になってしまいます。

要は中身のレベルの捉え方にも寄りますが、簡単に教えていてはレクチャーになっていません。

日本語ではこの教えるからの使い分けが難しく、「Tell」のこともレクチャーに含まれていることが結構多いです。

故に、教える事柄にも寄りますが、じっくり正確に相手に伝わるように教えることがレクチャーになります。

レクチャーの目的

そもそもレクチャーはなぜ行うのかというと、これは様々な見方があります。

まず、受講する方はスキルを身につけるため、知識を増やすためなどの自身のレベルアップのためにレクチャーを受けようと考えている方が多いです。

次に、指導する側ですが、こちらはお仕事だからしていると考えている方と、受講している人のためにと思ってしている方のほぼこの二手に分かれると思います。

そうなると指導する側の人がどんな考えを持っているかによりレクチャーが「Tell」になっている可能性もあります。

ほとんどのレクチャーが仕事になっているケースがあるので、仕事を割り切ってしまうのは致し方ないのですが、それでは相手のためになっていないので、相手もいつしか聞く耳を持たなくなり、レクチャーがなりたたなくなる危険性もあります。

また、そのことによって、指導者個人だけに損害が被るなら問題はありませんが、あそこはと団体で損害を被る可能性もあるので、一概に仕事と割り切ってしまうのは危険が伴います。

やはり円満に行くためにも指導する側は、相手のためにと考えてレクチャーをするべきだと思います。

1.より詳しく説明するため

さて、ここでまず一番の課題になるかもしれない説明についてになりますが、より詳しく説明するための手段とかになりますが、よく勘違いされる方は面白く説明しよう。

リアリティが伝わるように説明しようと説明に色をつけたがります。

しかし、これはその分野についてある程度熟成された方が行うスキルであって、始めたての方がこのようなことをすると返って相手に間違った印象を与える危険性があります。

それは指導者が違ってもレクチャーの内容には違いはないからです。

つまり、相手に教えることは同じなのです。

そこをうまく行っている人はおもしろく話していると思う方は多いですが、確かに回数や成功体験を重ねているのでどう話せば伝わるかがわかっている分、話す内容が面白く感じることはあります。

しかし、だからといってすぐに色をつけろなど、結構難しいスキルです。

では、最適なやり方はと言うと、相手に伝えることは変える必要はありません。

ならマニュアル通りにすれば良いのかとなりますが、所々に相手が関心を引きそうな事柄を付け加えて説明するだけで良いのです。

例えば、エクササイズのレクチャーの場合、説明の間に相手の好きな食べ物を聞いて、その食べ物についてちょっとエクササイズ的な視点から話してみるとか、そうすれば相手は少なくともあなたに関心が行きますよ。

説明には変に色をつけるよりも相手が感心するようなことを間に挟むようにして話すと相手も説明に耳を傾けるので前と同じことを説明していてもすんなり耳に入ります。

もちろん、詳しく説明するためには伝える内容をしっかり把握していないといけませんので、まずは内容をしっかり把握することが重要かと思います。

徐々にスキルを上げていったら色をつけてみることもおススメします。

2.多くの人にしってもらうため

内容を多くの人に知ってもらうためにはどうすればよいか。

こう考えると10人よりは100人に伝えるべきだと数で考える方が多いと思います。

それも間違いではありませんが、ただ、100人に伝えても100人全員がその説明の内容を理解したかと言えば疑問になります。

もしかしたら100人に説明はしたけどしっかりと内容を把握したのは10人だけかもしれません。

これではじっくり10人に説明して理解していただいたことと変わりありません。

では、数以外に方法はあるのかと言うと、別の見方をすればあなたの説明をじっくり聞いて理解した人に口づて知人に伝染していく方法です。

要は、あなたの説明を聞いて良いと思ったので友人にも教えたいと思ってもらえたら自然と多くの人に知ってもらえるのです。

説明する人数を増やすのではなく、説明し理解してもらったうえで友人にも教えたいと相手に思わせることが重要です。

この場合、伝わった人は伝えられた人が凄く良いと言うことだから、ひとまず聞いてみようかと思う人と、興味ないと思う人の2通りにわかれ、聞いてみたいと言う人がレクチャーを受けにくるので説明が伝わり知っていただける可能性は高いです。

やみくもに説明していくよりは公立が良く、また、相手に不快な思いをさせることもないので、お互いにとってプラスになる行動だと言えるでしょう。

多くの人に知ってもらうには数ではなく、いかに自分の説明をしっかり聞いてくれる人を大切にするかが重要になってきます。

聞く側の意識も大切

ここまでは説明の仕方などを説明してきて、くどいほど相手側の関心を説明してきました。

そう、レクチャーには指導する側だけでなく、受ける側、聞く側の意識も重要になってくるので、聞く側が指導する側に興味や関心がなければ、指導側が話していることは少しも頭に入ってきません。

次に聞く側の捉え方の説明をします。

ここでは聞く側の目線と指導する側の目線、両者の目線で説明致します。

1.目的意識をもって聞く

この講義、説明、講演などはどんな目的で聞いているのかを明確にしないと内容は入ってきません。

そのため、説明する側は相手がどんな目的で説明を聞いているのかを把握しなくてはいけません。

しかし、少人数の場合は事前のアンケートなどで相手を知ることができますが、大学の講義などでの大人数では相手ひとりひとりを知ることが難しいです。

聞く側もなぜこの説明を聞くのかの目的意識がないとただ流して聞いているだけになるのでその時間が無駄になってしまいます。

高度な指導者の場合は目的意識を持たせようとして説明の間に自分へ興味や関心を寄せるにすると行った手法を取ります。

要は、説明の中身には興味がなくても説明する人に興味や関心を持つことができれば、相手は説明する人の話を聞きたいと言う目的意識ができるので、説明を頭に入れることができます。

相手の目的意識を探るのが難しい場合はこちらへの興味や関心を持たれるようにしましょう。

ただ、注意が必要なのは説明するべき内容を変更しないことです。

変更して全く違うものしてしまってはレクチャーになりません。

2.たくさんのことを吸収しようとすること

多くの知識を得たいと考えている受講者は話の内容や説明する人に興味がなくても話を聞こうとします。

たくさんのことを吸収することで自分は良くなれると思っているからです。

このようなタイプは好奇心が旺盛な方が多いです。

また、得する情報だけ欲しいと言う人もたくさんのことを吸収しようとする方は多いです。

いかにこの説明に価値があるかを受講者にわからせることができるかが焦点となりそうです。

価値があるとわかれば集中して聞いて少しでも多く吸収しようと努めます。

逆に価値がわからないとただ聞くだけになってしまいます。

故に説明に価値をつけることが必要になってきます。

ここで変に内容をおもしろくしようとか色をつけようとすると、価値所の話ではなくなります。

価値をつける=あなたにとって必要なものだと思わせることなので、難しく考えさせず、簡単に考えられるような説明をしましょう。

要は入口を広げて説明することが良いでしょう。

3.質問も積極的にすること

説明を聞いて疑問が生まれたと言うことは聞いた側の頭に入っているという証拠です。

質問をすることがそれに対して興味があるということになります。

だからと言って疑問を抱くような内容で説明をしようとしてもそれはかなり高度な技術になります。

話す内容をピンからキリまで把握していないとできないような感じです。

では、どのように説明すれば良いかというと、質問をしやすい環境にしてから説明を始めることです。

要は疑問ができても、質問していいのかどうか迷う受講者は多く、最近だと質問することを悪いことだと思っている人もいるので、質問をしようと思う人がいません。

そのために質問もできないなら説明を聞いてもね。

という考えになるので、説明をただ流して聞くようになってしまいます。

故に、質問をしやすい環境を作るようにしましょう。

説明を始める前に「説明後の質問は何でもOKです」「ぜひ、積極的に質問してくださいね」という感じに質問することへも抵抗感を取っぱらう感じにしましょう。

レクチャーで内容を相手に上手く伝えるための5個の注意点

それではお待たせしました。

ここからはレクチャーで内容を相手に上手く伝えるための5個の注意点の説明を致します。

難しく考えず簡単に考えて今のあなたに必要な部分を抑えるようにしましょう。

1.聞きやすい話し方をする

説明するうえで特に重要になってくるのが聞きやすい話し方をすることであって、これができれば相手は聞く耳を持つので聞き流されることはありません。

ではどんな話し方が聞きやすい話し方になるかをご説明します。

滑舌良くハッキリと話す

これは内容がはっきり伝わりやすくなるのと、また、聞いている相手がちゃんと文字を思い起こすことができるので、理解しやすい話し方になります。

話す言葉の一言一句がしっかりちゃんと聞くことができるので聞きやすくなります。

もごもご話していては、相手は聞く耳を持ってもらいにくいです。

また、相手から伝える気がないなと思われてしまうので、あまりよくありません。

さらにはっきり聞かせるために大きな声で言えばいいと勘違いされている方が多いですが、大きな声で話しても聞き取れない人は多いです。

一言一句はっきり話すことが必要になってきます。

対策としては日々発声練習をするなどして、一言一句をはっきり言えるようにしておきましょう。

スピードを意識する

早口で話しても相手は聞きとるのが大変で、かえって疲れを与えてしまいます。

逆に遅く話しても相手をイライラさせてストレスを与える可能性があります。

ほど良いスピードで話すのがベストです。

では、どのくらいのスピードがいいかと言うと正解はありません。

ただ、テレビのニュースや講演会などの話し方などを参考にしていただければと思います。

あなたが見たニュース番組で聞きやすいなと思ったら、その人のスピードを参考にすればいいし、講演も同じです。

いいな!聞きやすいな!と思った人のスピードを参考にすれば良いのです。

故に対策としては多くのニュース番組や講演などを見て、自分でスピードを磨いていくことが必要になります。

声の大きさも大事

まず大前提として小さい声の人のお話を聞く気になる人は少ないです。

ほとんどの場合、大きな声で話す人の説明を聞こうと思う人が多いです。

しかし、大きすぎても威嚇しているように思えてしまう場合もあるので、声の大きさには気をつけましょう。

また、特に伝えたい部分など話す内容によって強弱をつけて話してみると、相手には無意識でも伝わる場合があります。

極力大きな声で説明が必要になりますが、声量の調整も必要になります。

この場合も講演などから声量を参考にしてみましょう!

変な口癖を使わない

説明の際に個性を出そうとして口癖を連発してしまう人が多いですが、これはマイナスになってしまう可能性があります。

聞いている相手は説明している内容よりも、あなたの口癖が気になってしまい内容が頭に入らず、あなたの口癖が頭に入ってしまう可能性があるので、なるべく使わないようしましょう。

自分の口癖がどんなものかわからない人も多いと思いますので、次に口癖を防ぐことを含めて一番の対策をご説明します。

レクチャー前に家族や知人に一度聞いてもらう

これを行うことで、前文で説明した口癖が分かると思います。

また、声量やスピードなども指摘していただけるので、いろいろと改善すべきところがわかり聞きやすい説明ができるようになります。

ご自身の欠点はなかなか自分では見つけることが難しいので、第3者の目で見て指摘していただくことが見つける一番の方法でもありますので、ぜひ、レクチャーをされる前に一度家族や知人に聞いてもらって評価をもうらようにしましょう。

2.独りよがりの話し方をしない

ある意味自分勝手に話していることになるので、こんな話し方をしていて相手はあなたに耳を傾けてはくれません。

自分は良いと思っても相手は良いと思っていないケースがあり、相手のことを考えていないケースでよく起こります。

または、そうでなくても相手から独りよがりで話していると見られるケースもあります。

では、どのような話し方が独りよがりの話し方でないのか説明します。

主語をきちんと言う

誰が、何がの部分がはっきり言えてないのは言わなくてもわかるだろうと思って話している証拠であり、独りよがりの話し方になっています。

確かに主語を使用しなくても伝わる場合はあります。

しかし、これは万人に伝わるわけではありません。

きちんと主語がないと今の説明は何を対象に話したのか理解できずに聞いている方もいます。

そうなると、どれが対象かわからず聞いているので、聞いている方は混乱してしまい、あなたの説明を聞けなくなってしまいます。

そうなると相手にはしっかり伝わりません。

故にしっかり主語を使用して説明することが丁寧で、独りよがりの話し方にならずに済みます。

自分が知っているからと言ってあまり省略しない

これは自分が知っているから相手も知っていて当然だという独りよがりの考え方から説明されているので、説明する側に不十分な点があるため相手にはちゃんと伝わりません。

不足しているので何を言っているかわからないので相手も聞く耳を持とうとしません。

自分が知っているからと言っても相手が知らないケースもあるので、省略はせずにしっかり説明することが求められます。

それでも省力してしまう癖があるという方は、相手が大人でもあっても3歳児ぐらいの子供に説明しているのだと意識して説明しましょう。

相手が子どもでは省力して説明しても伝わらないのはわかるはずです。

ぜひ、試してみましょう。

相手の理解度を確認しながら話し進める

これは相手とのコミュニケーションが足りない場合に起きるケースがあります。

一方的に説明していると起こりやすいケースであります。

説明をしながら、「今のところ理解できましたか?」「ここまでで何か質問ある人はいませんか?」など、相槌を打つ感じで聞いている側に確認を取るようにしましょう。

そうすればどのようなスピードで話せば良いのか、どの部分が伝わっていないのかがわかると思います。

ただ、マニュアル通りに進行するのではなく、相手の立場になって考えて聞いている側が発言できるようにすると、相手の理解度を確認できますので実践してみましょう。

聞き手と対話するように話すと印象に残る

前文の説明と少しかぶりますが、聞いている側がただ聞くだけでは理解するのが説明の内容を全部理解できません。

ましてや、あなたのことすら覚えていない可能性が高いです。

あなたのことを覚えていない。

つまり、説明の内容を覚えていないということにもなります。

では、どうすれば印象が残せるかと言うと、聞き手と対話をする感じで話すことです。

説明するとなると少し上からな印象がありますので、まずはそこを取っ払い、聞き手と同じぐらいの立場であることをわからせないといけません。

また、対話をするように接することで距離が近い存在であるようにも思えてくるので、あなたのことが印象に残りやすく、説明の内容もしっかり伝わります。

決めつけて話さない

決めつけて話すことは結果論みたいな感じで聞いている側からするとあまりいい印象が残りません。

違う考えであっても意見を言うと反対されると思い、質問もできなくなってしまいます。これでは距離も遠くなってしまうので、相手はあなたの説明に聞く耳を持たなくなるかもしれません。

決めつけて話すのではなく、どんな意見がありますかなど、新たな発見が持てるような感じで話してみましょう。

3.論理的に話す

結論を出した状態で話すことで、聞いている側にはなぜなぜという疑問点が生じています。

そうなると聞いている側は余計に聞きたくなるので、あなたの説明に聞く耳を持つようになると思います。

では、論理的に話すことに関して説明致します。

大事な結論を先に言ったほうが良い場合もある

一見すると決めつけのような感じに捉えてしまう人もいますが、実はそこがミソです。

結論を言ったことで聞いている側には、「なぜ?」という疑問が生じて説明を聞きたくなります。

よくこの説明方法が多いのは商品などの説明です。

いかに相手に必要かを説くことが大切なので、最初に凄さや注目ポイントを見せることでその対象に興味を寄せることができるので、この説明方法は結構効果があります。

起承転結を意識すること

日本人が好む物語の展開である「起承転結」ですが、実はこのリズムが日本人は大好きなのでレクチャーの説明などもこれで行うと、聞いている側は変な違和感を抱かず聞きやすいと思って耳を傾けます。

また、普段読んでる本なども「起承転結」に作られているケースが多いので、慣れているということもあり、理解度も高くなります。

もし、起承転結の説明が難しいと思ったら本など読んで起承転結の基礎を身につけましょう。

4.反応が良い人をレクチャーに巻き込む

あなたの説明に対して大げさに反応したり、興奮して反応する人がいたら、その人をレクチャーに巻き込みましょう。

まず、そんな反応をする人なので、周りがその人に反応し、何々?という疑問が生じ、あなたの説明に興味や関心が向きます。

劇場型の誘いであり、対象のものに興味がなくてもその反応を見て、少しでもこちらへ傾いたら説明を聞いてもらえる可能性が高いです。

その他の人も話に聞き入るようになる

凄く興奮している人や大げさな人が一人でもいると、興味や関心を周囲に生むことができます。

いわゆるさくらのようなものです。

ただ、さくらとなると主催者とグルになって大げさにすることですが、この場合はあなたの説明に好意を持った方をただその場に置いているだけなので、さくらでも何でもありません。

いわゆる巻き込み型であります。

集団生活を大事にする日本人にとって周りが良いと言えば良い物に思えてしまうというある意味、国民性を利用している手法にもなります。

要はあなたのファンを見つけて、ファンにしてしまえば良いだけです。

そのファンの人がレクチャーに参加していただけたら巻き込みができる可能性が高いです。

5.何でもかんでも全て伝えようとしない

伝えるべきことがまとまらず、全てを伝えようとすると相手に伝わらない可能性があります。

場合によっては、量が多すぎてすべてが伝わっていなかったというケースもあります。

いくら興味があっても聞いている側にも限界があります。

吸収できるキャパがあり、そのキャパを考えて説明しないと、レクチャーの意味がなくなってしまいます。

では、このような時の対策などを次に説明します。

時間配分を見誤ってしまう

全てを伝えようとすると時間配分が難しくなってしまい、本当に伝えるべきことの部分が短くなってしまったりと時間配分のミスを犯してしまう可能性が高いです。

では、どうしたらよいかと言うと、まずは絶対に伝えるべきポイントの部分を3つに絞っておくことです。

3つの絞り方的には紙に伝えることを書いて、そのうちから3つの重要なものを選びましょう。

量が多すぎて選べないという場合は、3つの事柄で1グループを作ったりなどして、数を減らすようにしましょう。

聞いている側にキャパあるように伝える側にもキャパがあり、全部覚えることが難しいのなら無理に全部を伝えようとしても相手に伝わらない可能性が高いです。

まずはポイントを絞ることから始めましょう。

大事なポイントとその根拠は確実に伝えよう

ポイントを絞った場合に、次にやることはなぜそこに絞ったかの理由です。

要はレクチャーを受けにくる人の中にはすべての内容を把握している猛者もいれば、絞ったポイントでない部分を聞きたいと思っている方もいます。

そんな方にちゃんと伝わるためにも絞った理由、そしてなぜこのポイントが重要なのかをしっかり説明できるようにしましょう。

それができて相手が納得すれば素直にあなたの説明を聞き入れて、またレクチャーに参加したくなる人が増えると思います。

ぜひ、実践してみましょう。

コツをつかめばうまくいく!

レクチャーに関して言えば、どれが正解かと言われてもはっきり言えば正解はありません。

やり方は人それぞれです。

だからと言って、いきなり色などをつけて個性的にレクチャーをしてしまうと中身の論点がずれる危険性もあります。

要は、相手の目線になって話すことと、その場の雰囲気を読むなどみんなが聞きたいと思える環境を作ることがまず大事ではないでしょうか。

そのような環境を作ることさえできれば、今度はあなたの個性を発揮して説明して見ても面白いかもしれませんね。

話す内容を変える必要はありません。

声のトーンやスピードなど、まずはそこから取り組んでみましょう。