CoCoSiA(ココシア)

反省をするための7個のテクニック


反省すること、それは人生において、度々訪れる成長のチャンスでもあります。

失敗と反省を繰り返して、人は多くの事を学び、人として成熟していくのです。

だけど反省って、苦しいものなんですよね。

反省することがあるということは、何か失敗があったということです。

その失敗に向き合わなければならない反省の時間は、出来る事なら避けて通りたいと、誰もが思ってしまうでしょう。

それでも、反省しなければ次に進めません。

反省をしないまま無理やり次に進んだら、また同じ失敗をするかもしれません。

子供の頃から学校や家庭で、事あるごとに反省を促されてきたのも、それが生きていくために必要な事であるからです。

しかし大人になると、促されて反省をするのではなく、自ら反省をしていかなければなりません。

自分で反省をして、自分で自分を成長させていかなければならないのです。

とはいえ、何度反省を経験しても、「反省が好き」な人なんていないでしょう。

誰だって、反省は苦手です。

しかも大人になり、促されることがなければ、反省から逃げてしまうことも出来てしまいます。

でも、反省から逃げ続けていたら、いずれ取り返しのつかない事態になることも…あるかもしれないのです。

大人は大人として、子供のお手本になれるよう、自分で反省をしなければなりません。

いつまで経っても嫌なものではありますが、反省は色々な学びを与えてくれます。

それに、反省が嫌だからこそ失敗をしないようにするくらい、反省は反面教師的な役割もしていますよね。

それでも失敗してしまったら?やっぱり、反省をするしかないのです。

というわけで今回は、皆さんが苦手であろう“反省”についてまとめました。

反省をするためのテクニックを活用して、「反省を活かす」ことが出来る大人になりましょう!

この記事の目次

上手に反省をするための7つのテクニック

私たちは失敗をすると、落ち込んでしまったり、恥ずかしさを感じたりしますよね。

でもそれは、反省ではありません。

落ち込む時間を設けただけでは、反省したことにはならないし、それが次のステップに繋がることもないでしょう。

反省とは、言葉通りに考えれば、反復して省みることです。

自分を省みることが、反省の意義でもあるのです。

因みに、反省の意味を辞書で調べてみると、“自分のしてきた言動をかえりみて、その可否を改めて考えること”。

そして、“自分のよくなかった点を認めて、改めようと考えること”とあります。

ここで改めて反省の意味を理解し、きちんと反省を行えるよう意識しておくことも、大切なことだと思います。

正しく、上手に反省が出来るようになれば、きっとその反省は、自分を大きく成長させてくれるはずですよ!

それでは早速、「上手に反省をするためのテクニック」を見ていきましょう。

1.自覚することが第一歩


上手に反省するためには、「自覚することが第一歩」となります。

自覚することって、案外難しいものなんですよね。

どうしても恥ずかしさが先立ってしまったり、落ち込んでしまったりして、なかなか自分の失敗を自覚するところに至りません。

見たくない現実、知りたくない自分のこととなると尚更、受け止めることが出来ずに、他の感情で有耶無耶にしてしまったりします。

失敗し、反省をする時は、まず自覚することが第一歩であり、難関でもあるでしょう。

この難関を突破することがまず、反省するためには必要なのです。

自覚とは、“自分自身について、はっきりと知ること”です。

また反省に必要になってくる自覚とは、“自分の状態がどんなものかを、よくわきまえること”でもありますよね。

そのためには、いつまでも自分の感情に囚われているわけにはいきません。

落ち着いて、冷静に自分を客観視しなければなりませんよね。

ただ、自分の事でありながら、自分の事を知るのって難しいことなのです。

自分にはいろいろな感情も沸いてきますから、起こった事実に感情を結び付けて、都合の良い解釈をしてしまったりもするものです。

そうなってしまうと、自覚しているつもりでも、実は自覚できていないという状態になってしまいます。

もちろん、反省には、自分の中で沸いてくる感情の動きを知ることも大切です。

でも、失敗した事実と、それによって浮かんでくる感情は、それぞれ別の問題です。

反省には、いかにして自分を客観的に分析できるかが、大切になってくるのです。

1.今回の失敗に於ける自分の欠点を列挙して書く

自分を客観的に分析するために有効な方法は、「今回の失敗に於ける自分の欠点を列挙して書く」ことです。