興味という言葉を大辞林で見てみましょう。

①物事に心がひかれおもしろいと感じること。

おもしろみ。

「-を覚える」「-をもつ」「-をひかれる」②ある対象に対して、特別の関心・注意を向ける心的傾向。

と出ています。

なおこの言葉を中国人に示しても意味が分かりません。

興味という言葉が存在しないのです。

中国語にすると「興趣」と翻訳されます。

その意味は
①一種の無形のエネルギーで、対人認識と活動に積極的な影響を与える。ただし効果は一定でない。

②、歴史的条件、社会環境によって社会的制約がある。

というように出ています。

さらに第一分類として物質的、精神的、第二分類として、直接的、間接的、第三分類として個人的、社会的なものに分け、それぞれの文例をのせています。

中国人の解釈の方が幅広くて面白いですね。

社会的制約があるとは、いかにも現代中国的です。

現政権にとってまずいことには興味を持つな、と言っているようにも聞こえます。

これに対して日本の辞書は言葉の意味のわかりやすさを最優先させて、ちょっとあっさりし過ぎているようです。

せっかくですから、中国人の解釈も参照しながら、興味という言葉の意味とそれの持つエネルギーについて、考察してみましょう。

️興味を持つことが大事な理由16個

以下、興味を持つということの大事な理由を、項目を立てて検討していくことにします。

せっかく各方面に興味を向けても長続きせず、何も産まないうちに関心そのものが消滅してしまう、という人は多いでしょう、またぼんやりして興味を持つにも焦点が定まらない人たちもいるでしょう。

以下は、そうした人たちへの参考または何かのきっかけになることを目指します。

きっかけが生まれる

同じ興味を共有している人、いわゆる同好の士たちの間には、社会的背景を超えたつながりができます。

それは通常の生活、学校や会社などの一般の組織ではなかなか成立し得ないものです。

それらの垣根を簡単に乗り越え、老若男女や社会的地位に関わりのない、新しい人間関係が誕生します。

これはメンバーに新鮮な感動を与えてくれます。

さらにマニアックなサークルになればなるほど、メンバー同士の結びつきは強まるでしょう。

こうした新しい人間関係から、実生活のために資する思いがけない情報が得られることがあります。

新たな人生のきっかけが芽生えることが、ごく普通に起こるようになります。

これらも非常に価値の高い出来事です。

好奇心が持てる

興味を持つ対象は、ほとんど無限に広がっています。

筆者のこれまでに出会った一番マニアックな人たちとは、空港進入ルート専門の航空ファンというグループでした。

飛行機の離着陸をチェックし、非常に専門的なレベルで、どのコースを選択するのか、したのか、わいわい言いながら想像して楽しむそうです。

日がな一日空港周辺で過ごしていて飽きないと言っていました。

印象としては限りなく変態に近いものを感じさせます。

グループ外の一般人になかなかその醍醐味は伝わってこないからです。

変わったことに夢中になっている人たちは、かえってその魅力を説明するのは不得手にしているようです。

操る言葉の意味が違って聞こえます。

しかし好奇心を持ち続け、心身ともに充実しているのですから、悪いことのはずはありません。

周囲へもマイナスではなく、プラスの影響をもたらしていることでしょう。

楽しさが出てくる


他人にうまく伝わるかどうかは別にすれば、興味を持って始めたことは、何にせよ楽しいものです。

楽しさは熱気を孕み、その熱は周囲の人にも伝わります。

ただしマニアックすぎる興味は、変態的と判断される恐れはつきまといます。

また話が一方的で理解不能ということにもなりがちです。

それさえ気をつけていれば、興味津々のもたらす熱気は、好ましいものとして受け入れやすいもののはずです。

効率が上がる

興味のある対象を、複数にわたって所持していると、知らず知らずのうちに時間の使い方が効率化してきます。

勉強や仕事でもより合理的に処理できるようになることでしょう。

興味のために時間を空けようとするモチベーションがうまく働くからです。

その結果、生活にリズム感が出て、何もかもうまく回るようになることもあり得ます。

人生のエネルギーロスが減少するでしょう。

行動力が出てくる

何かに興味を持ち、それに充てるためうまく時間を配分しようとすれば、合理的に物事を考えるしかありません。

さらに人を当てにせず、自分から主体的に動く必要があります。

そうしているうちに、何かにつけ主導権をとって動く立場にいることが多くなります。

自分で物事を動かせるようになれば、面白さは100倍にアップします。

そうなるともうエネルギーを欠くようなことはなくなるでしょう。

行動的な人に生まれ変わることは、そう難しいことではありません。

面白い人になれる

複数の興味や、関心事を持っていて、行動力にもすぐれていれば、本人に自覚はなても、十分面白い人間になっているはずです。

とくに話題が豊富になっていることは疑う余地がありません。

あとはうまく伝える技術さえコツをつかめば、人気者の座は約束されています。

そういうことは別にしても、個性的なおもしろい人という評価は高まる一方となるでしょう。

モチベーションが上がる

何かの対象へ強い興味を持ち続けていると、それに働きかけてみたい、そこへいきたい、というモチベーションが内面から湧き上がってきます。

それらには逆らわず大切に育みましょう。

公私を問わずあらゆる活動にプラスの作用をして、あなたの積極性を増大させることでしょう。

実際に新しい行動にまで繋がれば、人生の色彩がより豊かになります。

成果が上がる

何かにつけ興味を持つ積極的な人間に変わったことによって、普通であれば仕事にも好影響をもたらしているはずです。

すでに成果も上がっているのではないでしょうか。

その成果について、何が原因でそうなったのか検証してみるとよいでしょう。

意外な出来事がきっかけとなって、スパートがかかっていたのかも知れません。

あなたにとって非常によいアクセスポイントだったことになります。

それら記憶しておくとよいでしょう。

視野が広がる

興味、関心を持つ分野広がることでも、また関心をより深く掘り下げることでも、どちらでも視野の広がりに寄与しているはずです。

それによって話題が豊富または深くなります。

話題の数量もどんどん増えます。

それらをうまく出し入れできるようになれば理想的です。

これまで疎遠だった人との距離が縮むなど、思いがけない波及効果も期待できます。

色んな価値観を知れる

同じ興味の対象を持つ“同好の士”の間でも、人によりスタンスはさまざまでしょう。

そうした違った考えを間の当たりにすることは、人間の幅を広げるのに役立ちます。

また別の分野に熱中している人たちへの理解も深まるはずです。

誤解が減少することで、コミュニケーションがよりスムーズになります。

違うタイプの人への警戒や恐怖心も解消していくでしょう。

これも色々な価値観の人と巡り合った効果です。

コミュニケーションの幅が広がる

何かに興味を持ち、夢中になることは、自分と似たような人に接触する機会を増やします。

それは手っ取り早く他人に対する理解力を深めるのに最適です。

相手がコミュニケーションの壁の低い人たちだからです。

コミュニケーション能力に問題があった人には、最善の治療法とも言えるかもしれません。

ここで自信を付けたいものです。

ただし同類ばかりのぬるま湯にひたって満足してしまうと、また別の問題が表れてきます。

色んな知識を吸収できる

興味を持てば、学習するという意識がなくても、知識は自然に身に付いていきます。

苦痛ではなく楽しいからです。

しかも暗記した知識とは違い、自分の血や肉になっています。

いつでも利用可能な生きた知識です。

脳内キャパが大きく広がり、それに合わせて人間の幅まで広がります。

知識は力なりです。

色んなものに触れられる

興味を持って質問してくる人は、一瞬うるさがられるかも知れませんが、無下に排除されることはそれほどないと思います。

ためらうことはありません。

色々なものに触れ、新しい知見を得ることを普通の状態にしてしまいましょう。

そうしているうちに周囲の人は、いろいろ手助けしてくれるようになると思います。

それは新たな人間関係の構築に繋がっていきます。

経験値が上がる

興味を同じくする人たちとの出会いにより、これまでの生活の中では、接点のなかった人たちとの交流が広がります。

直接、自分の興味や仕事とは無関係の会話の中に、いろいろとヒントがひそんでいるものだなあ、と感じるようになればしめたものです。

人生経験値は上昇する一方となり、中身の詰まった抽斗が増えていきます。

それらはより多彩な人生を保証してくれるはずです。

【経験値を上げるためにチャレンジしたほうが良いことは、こちらの記事もチェック!】

様々な景色が見れる

興味を持って見渡してみれば、日常の代わり映えしない風景も違って見えてきます。

これまであっさり見過ごしていたものに、新しい意味を見いだせるようになります。

その状態は、これまでより一段高いステージに立ったということを意味します。

高いところからは、これまで見えなかった遠方まで見渡せます。

そこには様々な新しい景色が表れるているはずです。

成長できる

興味や関心を持ち続けることは、結果として経験値も人間の幅も広がることがわかりました。

それは人として成長したことを意味しています。

周囲の人間関係も、気付かないうちに以前より豊かになっているはずです。

それが実感できる日は必ずやってきます。

それは自分が成長したことの確認になります。

️何事にも興味を持つ意識を!

何事にも興味をもって人生に臨めば、さまざまなプラスの効果を得られることがわかりました。

すぐにイメージがわかない場合、ルーティンワークに目を向けることから始めましょう。

仕事

自分の仕事に興味を持てないことは、とても幸せな状態とは思えません。

仕事に働く喜びや達成感がなく、苦痛のみ感じている人は、ケガや病気、精神的な疾患にもなりやすいものです。

こういう状態でプライベートのみ充実しているということは、まずありえません。

あるとすれば、跡継ぎのドラ息子くらいでしょう。

まず業務を改善して、仕事が楽になったというようなことでもいいと思います。

仕事にはしっかり向き合いましょう。

どうにかなることは必ずあります。

しかしそれが一つの見いだせず人間関係など、どうしてもダメな場合は転職することです。

勉強

受験や資格取得など目標がある勉強は、どうしても苦行のようなところがあります。

楽しく生涯学習をしようという人たちの勉学とは一線を画したものになっているでしょう。

しかしどちらのケースでも、面白いと感じることができれば同じことです。

できるだけ興味を持って、プラス思考で立ち向かいましょう。

ちょっとしたきっかけから、いつもの風景が一変するかも知れません。

趣味

趣味や好きなものは、と問われて答えのかえってこない人ほど手に負えない人は、まずいないと思います。

どこにも手ごたえはなく、エネルギーが枯れてしまったとしか思えないからです。

その姿は、主張すべきものを持っていないことを証明しています。

人として世に立つには、個性がなければなりません。

趣味や好きなことがあり、そのことのついて、発信力を持っていることは、人としての基本であり、対話をする上での基礎です。

もう一度、自分の好きなものを見つめ直してみましょう。

他人

周囲の他人へも興味を向けてみましょう。

しかしそのの持ち方には、十分な注意が必要です。

まず他人の人生を覗き込むようなアプローチでは、とてもよい趣味とは言えません。

日本には、監視社会の傾向があり、お互いに人の目を気にしすぎているところがあります。

他人に対しては週刊誌的な興味ではなく、人格や能力を尊重し、できるだけ人の優れた部分に関心を向けるようにしましょう。

そうすればトラブルなど起こりようがありません。

きっと新しい共通の話題が見つかるはずです。

自分

ときには自分の状態についても、興味と関心を向けてみてはどうでしょうか。

もちろん冷静な第三者な目を持つことが絶対に必要です。

自分を劇中の登場人物のように、突き放して眺めてみるとよいでしょう。

そこに物足りないところだらけの人物を発見するかもしれません。

自分の欠点もスカスカによく見えることでしょう。

そうした客観性に基付いた認識を持つことは、落ち込んでしまうリスクもありますが、十分に自己改革への第一歩ともなり得ます。

会話

人と話をすることに対する興味や関心は、男性に比べ女性の方がはるかに上を行っています。

たとえば通訳という職業は、世界共通で女性の割合が男性の2倍以上ということです。

女性のコミュニケーション欲求と能力の高さを示しています。

男性は相手の社会的な背景など余計なことを気にしがちで、女性より明らかに臆病です。

しかしここを乗り切れない男性は、永遠に女性の尻に敷かれることになるでしょう。

そういうリスクもふまえ、特に男性のみなさんは、会話能力を高める努力をしていきましょう。

しかし会話能力にすぐれる中国人男性でも、夫婦喧嘩はやはり圧倒的に女性優位です。

筆者は中国に駐在していたとき、タジタジとなって脂汗を流している中国人男性を何人も見ています。

主張の内容ではなく、単に迫力負けしているのです。

結局、会話能力で女性を上回るろうとする試みは、世界中で無駄な努力に終わっているのかも知れません。

食事

美味しそうに食事をとれる人は、魅力的な笑顔を持っているのと変わらない人を引き付ける力があります。

自慢するようなことではない知れませんが、長所の一つと言えます。

旺盛な食欲はたくましい生命力を感じさせます。

ここで印象的なドラマのセリフを思い出しました。

NHKの朝ドラに「ゲゲゲの女房」(2010年上半期)という、非常に人気を博したシリーズがありました。

松下奈緒演じる主人公が父親役の大杉漣に、なぜ片腕のないあの人(向井理)を自分に紹介したのか?と尋ねます。

父親の答えは「あの男は、メシの食いっぷりが良かった。」というものでした。

いいセリフだと思います。

美味しく食べられることは本当に重要なことです。

料理について、素材や調理方に興味を持つのは大いに結構です。

しかし自分のこだわりやら蘊蓄を語りすぎるのはよしましょう。

そのせいで食事が不味くなる、と感じる人は多いからです。

会食で大切なことは、何をさておいてもKYにならないようにすることです。

環境

自分の所属している職業や業種についても、興味を向けてみましょう。

存在意義のない業種などどこにもありません。

また環境問題に結びついていない業種もほとんどないはずです。

環境問題に興味をもつことは、人類の将来に目を向けることにも繋がります。

筆者は、繊維製品生産の最前線を長年見続けてきました。

訪れたことのある生産現場の中で、ひどい環境だなと思ったのは、起毛加工とデニムのダメージ加工です。

起毛加工の方法には、一斉にたくさんの針を叩きつける方法と、ローラーにしたサンドペーパーを回す方法があります。

いずれも大量の糸くずが飛び散ります。

デニムのダメージ加工はさらに悲惨です。

薄暗い小屋のような環境のところで、一本一本、高圧で砂を吹き付けます。

砂と糸くずが作業場を舞い、呼吸をするのも困難です。

いずれも最悪に近い作業環境でした。

従業員の健康がとても気になります。

消費者のみなさんもこうした生産現場を一度でも見れば、起毛はいらない、ダメージ加工は自分で買って自分でやる、などきっと考え方は変わると思います。

自分たちのモノを買うという行為も、環境と密接に結びついているのだな、と実感をすることができます。

環境問題を考えるヒントは、必ず身近なところに存在しているものです。

歴史

歴史に興味と関心を持つ人たちは、将来を映す鏡としての役割を期待しているのでしょうか。

それとも純粋にロマンを感じているののでしょうか。

興味の持ち方は十人十色に違いなく、さまざまなアプローチがありそうです。

しかしそれらのスタンスに関わりなく、歴史への興味というインプットは、これもまたさまざまなアウトプットをもたらしてくれるものです。

教訓としてだけでなく、感動や、判断材料をも提供してくれるはずです。

ここで面白いと感じれば、興味は永続きしそうです。

男性は平家物語、太平記、戦国時代、幕末維新など、乱世のパワーゲームを好む傾向があります。

女性は平安時代や江戸時代など、平和で文学、芸術の盛んな時代でしょうか。

いずれにせよ歴史は知識の宝庫です。

歴史を学んでダメになった、という話は聞いたことがありません。

人間的に深みを増すのが普通です。

現代社会

現代社会の展開スピードは急です。

すべての動きに関与することはとても無理でしょう。

関心のある問題に絞って、展開を追いかけていくのが良さそうです。

最近の国内政治は、ほとんどエンターテインメントに近いありさまになっています。

これをウォッチしても仕方ないかもしれません。

得られるものは少なさそうだからです。

政治も行政も従来の枠組みの中にあり、社会の動きに先行して、動くことも変わることはあり得ません。

世の中の変化を後追いしていくしかない組織です。

それならば経済や社会の動向に、直接関心を向ける方がいいように思います。

たとえくだらない話題であったとしても、深堀りしていけば、いろいろなことが見えてきます。

生き方

現代社会では人の生き方も大きく変わりつつあります。

昭和の終身雇用に守られた夫と専業主婦の妻というモデルは、ほとんど崩壊しています。

ただし選択の自由が増した結果、というわけではなさそうです。

とくにバブル崩壊以降の時代については、むしろ選択の自由はなかったような印象です。

非熟練労働者は非正規となり、外国人労働者と賃金コスト競争を強いられるようになります。

非正規のままでは生活の安定は得られず、正社員になることが目標化してしまいます。

不安定な雇用環境のままでは、とても結婚や子育てどころではありません。

たとえどんな選択を行ったにせよ、消極的な選択が多かったのではないでしょうか。

昨今は好景気といわれていますが、こうした雇用環境にまで変化が表れるているのでしょうか。

有効求人倍率はよい数字を保っているように見えますが、これは非正規をも含めての数字です。

ここは21世紀の生き方に直結する大事な場面なのです。

例えばワークシェアリングなどは日本に定着するのでしょうか。

じっくり今後の人生を考えるチャンスでもあります。

️興味を持つことの大切さ

何事にも興味を持てない人からは、何も始まりません。

他人と交流をする手だてがどこにも見つからないからです。

刑事ドラマでいうと手がかりのない状態です。

その様子は自然に伝わりますから、人は誰も寄ってこようとはしません。

自分から人生を動かしていく手段がいつまでも得られないままです。

何かに興味を持つことは、その手段であり原動力でもあります。

その大切さについては、つねに認識しておきたいものです。

忘れないようにしておきましょう。