CoCoSiA(ココシア)

トラウマになりがちな8個の出来事。...(続き2)

ひどいときには、運転をしているだけで、または、車をみるだけで、精神的に動揺してしまい、平常心が保てなくなってしまうことがあります。

自分には、なかなか関係ないと思っているあなたは特に、この交通事故の件数が多いこの世の中、このような事態にいつなってもおかしくないことを肝に銘じておきましょう。

人がひかれる瞬間を見た場合

これもおなじように、自分が事故にあったケースと似ているかもしれません。

人が事故にあっている瞬間を見てしまったとき、あなたは忘れたくても忘れられない光景となることでしょう。

決して自分が、けがや死亡したようなことではないので、トラウマにならないと考えるひともいるかもしれません。

しかし、ひとは、自分が実際に危害を加えられていなくとも、同じような境遇の人間を見てしまうと、恐怖、身の危険を感じてしまうものなのです。

それが記憶に残り、その交通事故のあった場所、同じようなシチュエーションに遭遇するとフラッシュバックしてしまうことになります。

つまり、トラウマになってしまうことでしょう。

3.いじめ

いじめは、社会で生きていく集団の中で生きていく以上は必ず、生じてしまうものです。

これは、人間の性質によるものかもしれません。

ひとは、なにかしら上下関係をつくりたがるものです。

自分より下にいるものをつくり、それを見てそれよりもましだと思い糧にして生きてく傾向が誰しもあるものです。

当然そのきっかけは、自分の好き嫌いといった安易なものから生じてしまうことが往々にしてあります。

そんないじめというのは、程度というものはありますが、その程度によっては、かなり個人へトラウマをもたらす結果となってしまうことがあります。

いじめたほうはその後の相手の人生を軽視し過ぎ

上記でも記述したように、はじめはほんのささいな行動で、嫌いになったりすることでいじめというのは、はじまったりします。

人間ですから当然好き嫌いというのはあったりします。

その積み重ねが嫌いなひとへいやがらせをしようという行動へ発展させてしまい、結果的にいじめへとつながること。

これがよくいじめのはじまりといわれる過程になります。

それが些細な行動か、見た目かなどの要因はさまざまです。

しかし、そうやって始めた軽はずみないやがらせが、エスカレートしていじめへと発展したときは、いじめている本人も実はあまり気づいていない場合があります。

さらに、そのいじめられている本人へのその後の人生への影響まで考えることなどないことでしょう。

いじめられている本人は、最初はいじめられている感覚はあまりないことが多いかもしれません。

特にいじめられていると認めたくないところもあると思います。

エスカレートしてきたころには、だんだん精神的に追い詰められていきます。

いじめの特に特徴的なところは、いじめられている人は、逆らえず、いじめているほうが一方的であるということろです。

特に集団でのいじめであれば、いじめられているひとは勝ち目などありません。

ずっと、日々地獄のような日々を過ごしていくことになるのです。

いじめられている人は、耐えれればその後時間の経過とともに卒業やクラス替えなどで環境が変わり、いじめられることはなくなるかもしれませんが、その心の傷は一生消えることはないのです。

一度いじめを受けた人間は、必ず人間不信に陥ります。

そして、心の中にも深い闇をかかえてしまいます。

当然、そういった状態になった人間のその後の人生は、大きくその影響を受けることになるのです。

そういった意味では、いじめる側は、いじめられた人がその当時自殺をしないにしても、その人の人生を奪うことには、変わらないのです。

いじめる人というのはその相手の人生をむちゃくちゃにしている自覚がなく、軽視しすぎているといっても過言ではないでしょう。

陰湿ないじめは処罰を重くすべき

いじめの中でも、特に陰湿ないじめというのは、さらに精神的にダメージを負わせるものになります。

あからさまないじめであれば、たとえば先生などがそれを見て注意したり、指導したりして、表面的な解決を図ろうとしてくれることはあるでしょう。

しかし、陰湿ないじめとなれば、まずいじめという存在を認めないといけないところから始まります。

陰湿ですから、人が見てないようなところで、いじめ・いやがらせを行うことになります。

そいういった状態の場合は、なかなかSOSが出しにくい性質があるといえるでしょう。

特にいじめられているほうもなかなかいじめられていると言えず、精神的に追い詰められるところがこの陰湿ないじめの特徴にはあります。

そういった意味で言うと、この陰湿ないじめは、処罰を重くすべきであるといってもいいでしょう。

4.パワハラ

現在よく言われているパワハラ。

社会で生きていく上で、必ず出くわすワードではないでしょうか。

そのパワハラについて少し述べていきたいと思います。