土壇場でキャンセルをしてしまうドタキャン

これを悪気もなくしてしまう人も中にはいますが、やられると気分の良い物ではありません。

しかしこういったことをやってしまう人ってどんな人なの?と思ってしまいます。

そんなドタキャンを平気でやってしまう人を徹底分析してみましょう。

ドタキャンする人ってなんで?!理解できないその心理を徹底分析

普通の人なら約束という物はそう軽いものではないという認識があります。

しかしそれをあっさりと破ってしまう人もいます。

どういう心理状況でそれができるの?というのが普通の人の考え方であり、良識のある人なら絶対に行わない行為とも言えます。

そんな人たちの心理状態は一体どうなっているのでしょう。

ドタキャンする人の9個の特徴とその言い訳

ドタキャンする人には同じような習性だったり特徴があります。

それは性格の部分が大きいのですが、直して直るようなものなのでしょうか?

そしてドタキャンしてしまった後の言い訳も独特です。

普通の人ならまずはドタキャンはしない、万が一行けなくなったとしても連絡をする、謝る、のが常識ですが、

ドタキャンする人にこういった世間の常識は通用しません。

その1「ルーズ」「だらしない」

まずは性格の部分で挙げられることとして「ルーズ」「だらしない」があります。

この部分が根底にないとドタキャンはできません。

「ルーズ」や「だらしない」というのはどういうことを指しているのでしょうか?

生活をする上でそれは自然と出てきますが、まずは片付けができません。

自分の身の回りの物は全て手の届く範囲に置いておく、飲みかけたペットボトルはそのまま、

食べかけのおかしや食事もそのまま、洗濯ものはたたまないで床かベッドの上に放置、

掃除はもちろんしないといったようにごみ屋敷のような部屋になってしまっています。

片付けらないというのは計画性がないということに繋がってしまうので、もちろん仕事もできません。

仕事のできる人は身の回りもしっかりと片付けて、効率の良く動けるスペースを確保しています。

全てが面倒くさいから始まっているからそういう気持ちになっています。

だから清潔感もあまりありませんし、人目も特に気にしません。

ということは服装も見た目は普通だったとしても臭いがきつかったり、シミやしわが目立っています。

もちろん足元にもあまり気を使わないので靴なども汚かったりします。

約束してたけど別に絶対じゃないじゃん?軽い気持ちでキャンセル

約束とは普通は破ってはいけないものとしてあります。

しかしそれができない人間は約束を軽く考えています

人と人の約束は普通は守るべきものです。

もしもやむを得ない状況やダブルブッキングになってしまったとしても早い段階で何かしらの断りは入れます。

そうしないと人間関係が駄目になってしまうことをみんな知っているからです。

しかしそれを平気で破る人はそこまで深く考えていません。

約束したことはいつでも断ったり破ったりしてもいいものだと思っています。

約束の重みとうものに人の信頼関係を感じていないからだとも言えます。

つまり相手はどうでもいいと思っているからできる行為とも言えます。

関係を切られてもまぁいいか、程度なのでそこに信頼関係は存在せず何度も同じことを繰り返します。

ただしその人が人に合わせてそういったことをしているかというと別です。

どの人に対しても同じことをしてしまいます。

言い訳「え?そんな約束してたっけ?」

言い訳のひとつで「約束してたっけ?」というのがあります。

これは確信犯なのでしょうか?と言われると難しいかもしれませんが、純粋に忘れているケースが多いです。

元々ルーズでだらしないという性格を考えると分かるようにスケジュールなど把握していません。

いきあたりばったり的な性格もあるのでその日その日の予定もよく把握していませんし、最悪ダブルブッキングも何度もしているはずです。

自分のスケジュール管理ができていないから、どこで何時に待ち合わせという話もしっかりと聞いていません。

なんとなくこの日にこの時間ね。

みたいな感じで聞いているので、もっと楽しいことや新しい誘いが来るとそのことはすっかり忘れてしまっています。

さて、確信犯の場合のケースですが、こちらは知っていてやっているだけに性質が悪いです。

所謂逆切れというもので、自分の間違いを認めたくないというのがあります。

これは上下関係がついてしまった状態だと使いやすくなり、相手が自分より下だと見るとこのようなことを口にします。

言い返してこないと思うからこそそういうことを平気で言えます。

その2「マイペース」

ドタキャンする人の性格に「マイペース」というものもあります。

これは良く言えば個性ですが、集団行動する上では致命的とも言える性格です。

己の道を進み続ける人をそのように言いますが、それは一人で生きているなら良いでしょう。

しかしひとりで生きていけないのが人間です。

たくさんの人間と係わる以上、合わせるということが自然に必要になってきます。

それを無視して「マイペース」を売りにしているのは間違いと言えます。

周囲の人間に迷惑を掛けていることに気づかずに自分はこのスタイルだからと言って直す気がない人です。

それを良いと思う人がどれだけいるのでしょうか?中には周囲の人に染まらないで自分を貫き通すかっこいい人と思う人もいるかもしれません。

しかし大多数の人は同じようになるたいか?と言われるとなりたくないと答えます。

集団行動に入れないと生活が崩壊してしまうことを知っているからです。

そういった類の人は一人でも生きていける人しかないのです。

ゴーイングマイウェイ!自分の段取りが一番大事

自己中心的な考え方があるので、何でも自分は正しい、他の人も自分の考えに賛同すると勘違いをしてしまいます。

だからドタキャンをしたとしても嫌がっていないと思ったりもします。

自分が話していることだから相手は納得してくれるだろうと勝手な思い込みが先走っています。

実際には相手は困惑しつつ、はっきりと言えないずに困っています。

普通の人は相手にドタキャンされたとしても喧嘩をしたくないので諦めるか、許してしまいます。

しかしそれを勘違いしてしまうのです。

言えないことを逆手にとって、自分のやっていることだから許して当然という考えになってしまいます。

つまり許してしまう人がいると、その人はどんどんつけあがってしまうことも事実です。

言い訳「まだ準備に時間がかかりそうだからやめとく」

言い訳で「まだ準備に時間がかかりそうだからやめとく」と言われたらどうでしょう?準備に時間が掛かるのは普通です。

しかしそれをひっくるめて約束の時間、場所に間に合わせるのが普通の人です。

そんなことを話してしまう時点で大きな間違いとも言えますが、どういう心境でこういったことを話すのでしょうか?

それは言い訳が思いつかなく咄嗟に出てしまったということが大きいです。

嘘を付いていたとしても断るならそれなりの言葉を選びます。

「そんなことで断るの?」と思うような言葉は選びません。

だからこういった断りの理由を平気で入れるのは性格を疑われます。

「準備してから来ればいいじゃない、途中で諦めてるのおかしくない?」と思ってしまいます。

ドタキャンをする人の言い訳の内容も稚拙でおかしなものばかりになってしまいます。

その3「後先考えない」

約束を平気で破る理由に後先を考えないということも挙げられます。

後先を考えられる人間なら約束を破った後にどういった関係になるか予測ができるはずです。

後先を考えられないというのは致命的な性格です。

予測ができないというのは怖い物知らずでばんばん危ないことをやってしまうのです。

人に嫌われていることも知らずにどんどん踏み込んでいったり、欲望の赴くままに突き進んだり、良いことは何一つありません。

約束を破った後の人間関係はどうなるか?それは二度と誘ってもらえない、ぎくしゃくした関係を続けるの二つしかありません。

そして誘ってもらえなくなったことに対しても理由が分からないでいます。

それはそれで楽観的で良いのかもしれません。

しかし周囲の人間が振り回されていることには違いありません。

約束があってもどんどん次の予定が増えていく

無計画ということと約束を軽く見ているということの2つが揃うと、お構いなしにどんどん約束をしてしまいます。

そして計画性がないためにダブルブッキングも当たり前になってしまいます。

同じ日に2つの約束をしたとしても時間をずらすというのが普通の人の考え方ですが、そういう人は同じ時間でもぶつけて約束をします。

そしてその日どちらを選ぶかなんとなく決めます。

理由は様々かもしれませんが気分だったりもします。

今日はこの人に会いたいから、家から近いから、約束した人のことは関係なしに自分の考えがまず中心にあります。

このように約束をどんどん安請け合いのように引き受けてしまうので管理もできなくなり、この日は誰との約束かも忘れてしまったり、重なったりするのです。

その上で断ることもほとんどしません。

基本は「なるようになる」があるのだから他人の迷惑はお構いなしということです。

言い訳「今やっていることがあって無理」

「今やっていることがあって無理」という言い訳はどうでしょう?

もしも今やっていることがあったとしてもそれは約束を断る理由になるのでしょうか。

約束をすっぽかしてまでやる重大なことってどんなこと?と思うかもしれません。

それを問い詰めてみると相手は何と答えるでしょうか?

例えば、仕事の関係でどうしても断れない接待、会議、会合が入ってしまったのなら納得はするでしょう。

しかしそれとは全く別で自分のプライベートのことでやっていることがあると言われたらそんなに重大なことではないことはすぐに分かります。

それに約束を断るほど手の外せないようなことはそんなに起こりません。

問い詰めると絶対にぼろを出してしまう言い訳でしかありません。

その4「気分屋」

自己中心的であり、その上気分屋なのがドタキャンをする人の典型的なパターンです。

気分屋とはその日やその時の感情によって行動をころころ変える人のことです。

これは人付き合いをする上でトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

気分屋の人は扱いづらいというのが前提であります。

周囲の目を全く気にしないのがあるので自分の気分が悪い時は知らない、と言う感じでお構いなしになっています。

だから自己中心的であるのが気分屋でもあります。

情緒が安定していないので、イライラしている時と楽しい時のギャップが激しく見ている人間はどう対応していいのか分からなくなります。

実際に異性だと付き合いたくないと思う対象になってしまいます。

誰もが情緒不安定の人と付き合いたくはないからです。

ドタキャンをする人が気分屋だと言うのは、「今日はそっちの気分じゃない」という何とも分かりづらい自分の世界のルールで物事を決めてしまうことにあります。

明確な理由などないのです。

感覚で決めてしまうので、それをしっかりと約束してしまった人からするととんでもありません。

断るには明確な理由も必要になります。

それが人付き合いだからです。

しかしそれを曖昧な理由で断ってしまうのが気分屋ということになるのです。

約束より自分の感情優先!

気分屋ということで約束を急に断るのは、感情がそこに優先されているからです。

今日は朝から気分が乗らないから外出はしたくない、こっちよりももっと楽しいことが他にありそうだからそっちにいくなど感情で左右されます。

そしてそう思ったとしても口にしないのが普通ですが、悪びれた様子もなく口にしてしまいます。

感情を優先してしまう人は他人に気遣いができません。

だから自分のことも正直に話したりします。

本音と建て前というものがありますが、それも関係なく思ったことを口にしてしまうので周囲の人間ははらはらしてしまう場面も多いと思います。

言い訳「だって行きたくなくなったんだもん!」

言い訳で「だって行きたくなくなったんだもん!」はドタキャンする理由になるでしょうか?

行きたくなかったら約束するなよ!と思うのが普通です。

「行きたくない」という言葉を口にしてしまうのは信頼関係にもひびが入ります。

行きたくないということは相手のことが嫌だということを言っているようなものです。

それを平然と話すことができるのはある意味凄いとも言えます。

その5「相手の気持ちを考えない」


無神経な発言の原因には相手の気持ちを考えないというのがあります。

そもそもドタキャンをすることも言い訳することも相手の気持ちを考えていないからです。

約束をしたら相手のことをまずは気にします。

そして待ち合わせ時間ですら少し早目に行こうかと思うぐらいです。

そのためには家の出る時間、そのための準備の時間を考えて起きるということを想定します。

しかしそれを全くしないという前提で行うので相手との温度差が激しくなります。

こちらは約束を気にしていろいろ考えているのに、相手は全然考えておらずあわよくば破ってしまおうという気構えでいる。

それでは信頼関係など存在はしません。

約束を平気で破ってしまったり、ドタキャンをできるということはやはり相手の気持ちを考えていないことが根底にあります。

誘ってくれた相手のことなんてどうでもよい

人を誘うことは大変なことです。

セッティングをするという意味で、誘った人間はいろいろ考えていて、当日の流れだったり、時間、場所、お金、いろいろなことが発生するのを引き受けています。

そんな背景にあることを全く気にしないから適当にドタキャンができます。

誘ってくれた相手の大変な部分など分からないということがまず第一に挙げられます。

そうういう人は逆に仕切る側には回りません。

自ら誘うということもあまりしません。

何故ならそういう人の気持ちを察することが分からないから、どうやっていいのか分からないのです。

言い訳「私は今忙しい」

「私は忙しい」はドタキャンする理由になるのでしょうか?約束の日に忙しいかというのは誘った人間には分かりません。

しかし誘われた人間は都合をつけるというのが常識です。

そうでなければ誘いを受けません。

それを当日になって急に「忙しいから」と断られてしまうと相手は何も言えません。

仕事なら仕方がないと思ってしまうからです。

しかしそこで納得してはいけません。

「忙しい」を理由に断るにしても断り方があります。

忙しくなるのが分かっているなら断りを入れるのは何もぎりぎりになってからでなくてもいいのです。

仕事の予定を見れば前日でも前々日でも余裕で分かるはずです。

それに急な仕事が入ったのなら「忙しい」ではなくもっと明確に伝えられるはずなのです。

「忙しい」で片付けてしまうのは相手が断りづらいだろうという言葉でしかないのです。

その6「楽天的」「能天気」

ドタキャンする人は物事を楽観的に考えて、マイナスのことは考えません。

なるようになるさといういわゆる能天気なタイプです。

もしもこれがネガティブな人なら相手のことをいろいろ考えすぎて待ち合わせに誰よりも早く来るでしょう。

楽観的というのは深く考えすぎず相手と付き合うというのが丁度良いのですが、全く相手の気持ちを考えず付き合うは別問題です。

悪気はないけど知らず知らずに周囲の人間を不快にしているのがそれです。

しかしこれは他人に言われたところですぐに直るものでもありません。

断られた相手が怒るなんて想像もしない

楽観的な性格から相手に思うことは怒らないだろうという思想です。

何を根拠に怒らないとしているのかは分かりませんが、失礼なことをたくさんしても気づかない人は全く気づきません。

要は、自分が同じことされても別に気にならないから相手も気にならないでしょという考えがまずあります。

それにこんなことで怒らないでしょ、という甘く見ている考えもあります。

そして万が一相手を怒らせてしまったとしてもその原因が分からないという結末も迎えます。

言い訳「別に私が行かなくてもいいでしょ?」

「自分がそこにいなくてもいい」というドタキャンは周囲の人間から多大な嫌悪感を抱かれます。

開き直りとも思えるような発言は、何様だよと思われても仕方がありません。

誘われた時に集団の場合は必ず頭数というのがあり、予約やゲームの人数に入れられています。

それをあっさりと断ると主催者が困ってしまいます。

予定というものがあり、予算があったりもします。

そんな主催者の気持ちを考えることができないからそんな発言にもなってしまいます。

その7「欲張り」

性格が欲張りだからこそたくさんの約束を安請け合いしてしまいます。

あっちも楽しそうだし、こっちも楽しそう、とりあえず約束しておいてその時の気分で決めればいいか、という感じになります。

あれもこれも欲しがってしまう性格の人は熱しやすく冷めやすく、周囲の状況を気にせずに態度でも出してしまいます。

それは人のことを考えていないということにも当てはまります。

楽しいことには乗り遅れたくない!とりあえず何でもの欲張り

そこに楽しいことがあると何でも気になってしまう欲張りなので、周囲の人をどんどん振り回してしまいます。

しかしそれは自分だけの感覚で周りの人間はその人といても実際は楽しくありません。

そういう性格が災いしてか、次に誘ってもらうケースが少ないからです。

その時は楽しいと言っているかもしれませんが、次は楽しいとは言わない人だからです。

それに態度でそれを分かりやすく表すので、自然と引いてしまいます。

目先の楽しいことにはすぐに飛びついてしまいますが、そこでも中心は自分であり他人は関係ありません。

言い訳「他に楽しいことが見つかったから」

そんな性格が作り出す言い訳が「他に楽しいことが見つかったから」というものがありますが、正に気分屋であり、新しい物好きです。

そんな言葉を掛けられた人は「なら、こっちは楽しくないのか?」と思います。

そして二度と誘うことはしないでしょうが、そういう人はもう一方の約束もしっかり守っているかは怪しいです。

時間通りにこなかったり、気分が悪くなると途中で帰ったり、その場にふさわしくない態度を取って場を壊したりします。

その8「面倒くさがり」


そもそも面倒くさがりなので、いろいろ自己中心的な発言が飛び出します。

根底にそれがあることで部屋が片付けられなかったり、時間を守れないというのがあります。

そういう人はあらゆることでルーズであり、だらしなさ、気分屋を引き起こしてしまいます。

面倒くさいで何事も片付けてしまえるのも周囲の人間のことを考えていない証拠です。

いざ出発までのスタートが異常に遅い

普通の人は約束をして待ち合わせの場所に出るまでに計算して準備をします。

しかし面倒くさがりという性格の人は、そこがなかなかできません。

起床時間、食事、身だしなみを整える、服を決める、移動時間といったことを行き当たりばったりで決めてしまいます。

起床時間は特に決めず目が覚めたら起きる、食事もそこにある適当なものを食べるか食べない。

身だしなみは面倒くさいから簡単に済ます。

服は適当に積み上げた服の山の中から引っ張り出す。

移動時間もその時にきたバスや電車でいいやと思う。

このように時間を計算して動くことができないので、平気で遅れたり約束を直前でキャンセルします。

言い訳「今動きたくない」

そんな面倒くさがった上で「今動きたくない」という言い訳をするのですが、具合が悪くて動けないの?と普通の人は思ってしまいます。

しかし違います。

ただ面倒くさいから動きたくないのです。

起床時間がまちまちで起きた時に約束の時間が迫っているとしたらどうでしょう?

慌てて準備をして行くとは思いますが、面倒くさがりの人はそこですぐに諦めます。

「今から準備しても仕方がないし、間に合わないからいいか」と判断して断ります。

そこに相手に悪いなぁという感情はなく、動くのが嫌だからという理由だけが本能で優先しています。

しかし動きたくないというのは断る理由にはならないので怒りを買ってしまいます。

その9「寂しがり屋」

何でもかんでも約束してしまう性格の背景には寂しがり屋というのがあります。

誰にでもいい顔をしたいというのもそこからあるのですが、性格はただただ空回りをしています。

しかし気分屋ということもあるので常に人にいられるのはうっとしいとも思うので、都合のいい時に寂しさを紛らわしてという感情が強いのです。

何か予定を入れておかないとでなんでも返事だけする

寂しがり屋という性格が顕著に現れ出るのが、スケジュールをびっしりにしておくと落ち着くということです。

自分がこんなにもたくさんの人から誘われている、自分には人気があってみんな私がいないと困る、

といったことを他人にもアピールするための手段にもなってスケジュールをびっしりといれるのですが、その約束のほとんどが曖昧なものです。

なんでもかんでも予定を入れると絶対に管理しきれなくなります。

それがしっかりした人でも難しいのに、ルーズで面倒くさがりの人がどうやって管理するのでしょうか?

大半の約束はなんとなく入れたから自分の行きたい時に行きたい約束を優先する。

というスタイルなので次から次に約束を入れてしまいます。

言い訳「その時は本当に行きたかった」

「その時は本当に行きたかったんだ」という言い訳をされても聞いていた人間からすると頭にきます。

その時は、というワードがそもそもおかしいからです。

ならどの時なら来る気だったんだよ、と突っ込みたくなります。

その人は約束の重みを全く感じていないから次々と約束を入れて、気分で約束を選んでしまう結果がそのようになってしまっています。

そして言葉選びも下手くそなので悪びれた様子もなくそのようなことを口にします。

言い訳もいろいろしますが、その内容は子どもかよ、と思われても仕方のないものばかりです。

それに周囲の人間はついつい振り回されてしまいます。

ドタキャンをする人は治らない?怒るだけムダ

ドタキャンをする人は一種の病気のようなものだと思いましょう。

こういった性格を直すことは相当難しいです。

そもそも自己中心的で他人の目を気にしないとなると鬼に金棒なのです。

だから他人の意見は聞き入れない、人の気持ちを理解しない、自分があくまでも優先だ、という考えを平気でしてしまいます。

そんな態度に腹を立てるのは馬鹿らしいです。

何故なら怒ったところで相手は理解してくれません。

「どうして私が悪いの?」と意味が分からないからです。

悪気がなくやっていることなので、怒られることそのものが分からないのです。

ドタキャンをする人はそういう人と割り切って

このようにドタキャンをする人はまずは性格に難ありです。

普通の人は確かな理由で適切な言葉で断りを入れ、謝罪もしっかりとします。

しかしドタキャンを平気でする人は、断る理由は自分の都合、謝罪は悪いと思っていないから誠意のある謝罪をしない、同じことを繰り返す、というパターンになっています。

自己中心的な性格、面倒くさがりでルーズ、寂しがりでかまってちゃん、

といったことが集結してしまった結果であるので、これを他人から言われてすぐに直るかといったら直りません。

説教をして無駄な労力を使ったところで同じことを繰り返すのだから諦めるしかないのです。

こういう人だから仕方がないと思って付き合うか、付き合いをやめるかの2つです。

ドタキャンを平気でする人を見てもこの人は可哀そうだなと思ってあげた方がいいです。

なぜならそういう人はどこかで大きな失敗をするからです。

怒らせてはいけない人を怒らせる、人が周りからどんどん減っていく、困った時に誰も助けてくれない、いいことは何一つなく、悪いことばかりが待っています。

友達付き合いでこういうことをしている人は、仕事でももちろん同じようなことをします。

仕事をする上で約束は絶対です。

しかしそれを軽く見て「何とかなるでしょ」だと確実に失敗してしまいます。

あちこちで敵を作っていることを知らないこともあります。

更に異性との付き合いの関係でも計画性がないので体だけの関係を繰り返したり、その日だけの関係や勢い、のりでHをしたりします。

そこからも後々痛い目を見たりします。

しかしこういったタイプを好きになる人は、自分がやってあげなくてはと思う人です。

だらしないから自分が付いていないと駄目だと感じて自らが動くからです。