土壇場でキャンセルをしてしまうドタキャン

これを悪気もなくしてしまう人も中にはいますが、やられると気分の良い物ではありません。

しかしこういったことをやってしまう人ってどんな人なの?と思ってしまいます。

そんなドタキャンを平気でやってしまう人を徹底分析してみましょう。

ドタキャンする人ってなんで?!理解できないその心理を徹底分析

普通の人なら約束という物はそう軽いものではないという認識があります。

しかしそれをあっさりと破ってしまう人もいます。

どういう心理状況でそれができるの?というのが普通の人の考え方であり、良識のある人なら絶対に行わない行為とも言えます。

そんな人たちの心理状態は一体どうなっているのでしょう。

ドタキャンする人の9個の特徴とその言い訳

ドタキャンする人には同じような習性だったり特徴があります。

それは性格の部分が大きいのですが、直して直るようなものなのでしょうか?

そしてドタキャンしてしまった後の言い訳も独特です。

普通の人ならまずはドタキャンはしない、万が一行けなくなったとしても連絡をする、謝る、のが常識ですが、

ドタキャンする人にこういった世間の常識は通用しません。

その1「ルーズ」「だらしない」

まずは性格の部分で挙げられることとして「ルーズ」「だらしない」があります。

この部分が根底にないとドタキャンはできません。

「ルーズ」や「だらしない」というのはどういうことを指しているのでしょうか?

生活をする上でそれは自然と出てきますが、まずは片付けができません。

自分の身の回りの物は全て手の届く範囲に置いておく、飲みかけたペットボトルはそのまま、

食べかけのおかしや食事もそのまま、洗濯ものはたたまないで床かベッドの上に放置、

掃除はもちろんしないといったようにごみ屋敷のような部屋になってしまっています。

片付けらないというのは計画性がないということに繋がってしまうので、もちろん仕事もできません。

仕事のできる人は身の回りもしっかりと片付けて、効率の良く動けるスペースを確保しています。

全てが面倒くさいから始まっているからそういう気持ちになっています。

だから清潔感もあまりありませんし、人目も特に気にしません。

ということは服装も見た目は普通だったとしても臭いがきつかったり、シミやしわが目立っています。

もちろん足元にもあまり気を使わないので靴なども汚かったりします。

約束してたけど別に絶対じゃないじゃん?軽い気持ちでキャンセル

約束とは普通は破ってはいけないものとしてあります。

しかしそれができない人間は約束を軽く考えています

人と人の約束は普通は守るべきものです。

もしもやむを得ない状況やダブルブッキングになってしまったとしても早い段階で何かしらの断りは入れます。

そうしないと人間関係が駄目になってしまうことをみんな知っているからです。

しかしそれを平気で破る人はそこまで深く考えていません。

約束したことはいつでも断ったり破ったりしてもいいものだと思っています。

約束の重みとうものに人の信頼関係を感じていないからだとも言えます。

つまり相手はどうでもいいと思っているからできる行為とも言えます。

関係を切られてもまぁいいか、程度なのでそこに信頼関係は存在せず何度も同じことを繰り返します。

ただしその人が人に合わせてそういったことをしているかというと別です。

どの人に対しても同じことをしてしまいます。

言い訳「え?そんな約束してたっけ?」

言い訳のひとつで「約束してたっけ?」というのがあります。

これは確信犯なのでしょうか?と言われると難しいかもしれませんが、純粋に忘れているケースが多いです。

元々ルーズでだらしないという性格を考えると分かるようにスケジュールなど把握していません。

いきあたりばったり的な性格もあるのでその日その日の予定もよく把握していませんし、最悪ダブルブッキングも何度もしているはずです。

自分のスケジュール管理ができていないから、どこで何時に待ち合わせという話もしっかりと聞いていません。

なんとなくこの日にこの時間ね。

みたいな感じで聞いているので、もっと楽しいことや新しい誘いが来るとそのことはすっかり忘れてしまっています。

さて、確信犯の場合のケースですが、こちらは知っていてやっているだけに性質が悪いです。

所謂逆切れというもので、自分の間違いを認めたくないというのがあります。

これは上下関係がついてしまった状態だと使いやすくなり、相手が自分より下だと見るとこのようなことを口にします。

言い返してこないと思うからこそそういうことを平気で言えます。

その2「マイペース」

ドタキャンする人の性格に「マイペース」というものもあります。

これは良く言えば個性ですが、集団行動する上では致命的とも言える性格です。

己の道を進み続ける人をそのように言いますが、それは一人で生きているなら良いでしょう。

しかしひとりで生きていけないのが人間です。

たくさんの人間と係わる以上、合わせるということが自然に必要になってきます。

それを無視して「マイペース」を売りにしているのは間違いと言えます。

周囲の人間に迷惑を掛けていることに気づかずに自分はこのスタイルだからと言って直す気がない人です。

それを良いと思う人がどれだけいるのでしょうか?中には周囲の人に染まらないで自分を貫き通すかっこいい人と思う人もいるかもしれません。

しかし大多数の人は同じようになるたいか?と言われるとなりたくないと答えます。

集団行動に入れないと生活が崩壊してしまうことを知っているからです。

そういった類の人は一人でも生きていける人しかないのです。

ゴーイングマイウェイ!自分の段取りが一番大事

自己中心的な考え方があるので、何でも自分は正しい、他の人も自分の考えに賛同すると勘違いをしてしまいます。

だからドタキャンをしたとしても嫌がっていないと思ったりもします。

自分が話していることだから相手は納得してくれるだろうと勝手な思い込みが先走っています。

実際には相手は困惑しつつ、はっきりと言えないずに困っています。

普通の人は相手にドタキャンされたとしても喧嘩をしたくないので諦めるか、許してしまいます。

しかしそれを勘違いしてしまうのです。

言えないことを逆手にとって、自分のやっていることだから許して当然という考えになってしまいます。

つまり許してしまう人がいると、その人はどんどんつけあがってしまうことも事実です。

言い訳「まだ準備に時間がかかりそうだからやめとく」

言い訳で「まだ準備に時間がかかりそうだからやめとく」と言われたらどうでしょう?準備に時間が掛かるのは普通です。

しかしそれをひっくるめて約束の時間、場所に間に合わせるのが普通の人です。

そんなことを話してしまう時点で大きな間違いとも言えますが、どういう心境でこういったことを話すのでしょうか?

それは言い訳が思いつかなく咄嗟に出てしまったということが大きいです。

嘘を付いていたとしても断るならそれなりの言葉を選びます。

「そんなことで断るの?」と思うような言葉は選びません。

だからこういった断りの理由を平気で入れるのは性格を疑われます。

「準備してから来ればいいじゃない、途中で諦めてるのおかしくない?」と思ってしまいます。

ドタキャンをする人の言い訳の内容も稚拙でおかしなものばかりになってしまいます。

その3「後先考えない」

約束を平気で破る理由に後先を考えないということも挙げられます。

後先を考えられる人間なら約束を破った後にどういった関係になるか予測ができるはずです。

後先を考えられないというのは致命的な性格です。

予測ができないというのは怖い物知らずでばんばん危ないことをやってしまうのです。

人に嫌われていることも知らずにどんどん踏み込んでいったり、欲望の赴くままに突き進んだり、良いことは何一つありません。

約束を破った後の人間関係はどうなるか?それは二度と誘ってもらえない、ぎくしゃくした関係を続けるの二つしかありません。

そして誘ってもらえなくなったことに対しても理由が分からないでいます。

それはそれで楽観的で良いのかもしれません。

しかし周囲の人間が振り回されていることには違いありません。

約束があってもどんどん次の予定が増えていく

無計画ということと約束を軽く見ているということの2つが揃うと、お構いなしにどんどん約束をしてしまいます。

そして計画性がないためにダブルブッキングも当たり前になってしまいます。

同じ日に2つの約束をしたとしても時間をずらすというのが普通の人の考え方ですが、そういう人は同じ時間でもぶつけて約束をします。

そしてその日どちらを選ぶかなんとなく決めます。

理由は様々かもしれませんが気分だったりもします。

今日はこの人に会いたいから、家から近いから、約束した人のことは関係なしに自分の考えがまず中心にあります。

このように約束をどんどん安請け合いのように引き受けてしまうので管理もできなくなり、この日は誰との約束かも忘れてしまったり、重なったりするのです。

その上で断ることもほとんどしません。

基本は「なるようになる」があるのだから他人の迷惑はお構いなしということです。

言い訳「今やっていることがあって無理」

「今やっていることがあって無理」という言い訳はどうでしょう?

もしも今やっていることがあったとしてもそれは約束を断る理由になるのでしょうか。