CoCoSiA(ココシア)

試行錯誤とはどういう意味?使い方や大事な理由を紹介します


「試行錯誤」という言葉を何気なく使っている人も多いかもしれませんが、本当の意味を知っていますか?

この記事では、試行錯誤の意味や使い方、大事な言葉であるということを具体的にご説明していきます。

「試行錯誤」をすることがどうして大切なことなのかということを理解してくださいね。

この記事の目次

試行錯誤が成長につながる!

「試行錯誤」をすることは、成長につながります。

途中で諦めてしまえば、成功まで辿り着くことはありません。

失敗を繰り返しながらも、根気よく最後まで取り組む人は、成功することができる人です。

失敗という経験がなければ、成功をすることもできません。

成功するまで進んできた人は、大きな成長にもつながることでしょう。

ここからは、「試行錯誤」の意味と、何故「試行錯誤」をすることが大切なのかを、詳しくご説明します。

試行錯誤とは?

「試行」は試しに行うこと、「錯誤」は間違いと誤りということです。

この四字熟語は、『新しいことに取り組む時、色々な方法を試して、失敗を重ねながらも、同じ失敗を繰り返すことなく、成功する方法を見出していく』ということを意味します。

試行錯誤する場面とは?

では、試行錯誤するのは、どのような場面なのでしょうか?

それを知っていただくために、試行錯誤をする状況や場面を想定しながら、分かりやすく説明していきます。

1.解決法が知られていない場合

新しく取り組むことは、まだ誰も手掛けたことがないため、当然のこと、それを解決する方法も誰も知りません。

従って、その解決法もあれこれ試してみなければ見つからないということです。

2.選択肢がたくさんある場合

選択肢がたくさんあると、逆に成功するにはどれが一番良い方法なのか迷ってしまうこともあります。

選択肢がたくさんある場合、成功法を見つけるためには、どれか一つだけを試すのではなく、全ての方法を試した中から、一番良い方法を見出していく必要があります。

「試行錯誤」の使い方

では、試行錯誤という四字熟語は、どのような時に使う言葉なのでしょうか?

ここからは、実際に試行錯誤を使いながら、正しい使い方をご紹介していきたいと思います。

1.この商品は試行錯誤を重ねてようやく完成しました

何か新しい商品を開発するまでには、試行錯誤しなければできません。

よくアイデア商品を作っている人でも、必ず何度も作り直したり、失敗を繰り返しながら、より良い商品を作り上げていくことが「試行錯誤」をするということなのです。

このように、試行錯誤を重ねて、ようやく完成したという時に使います。

2.人生は試行錯誤の連続だ

長い人生の中では、成功することばかりではなく、必ず失敗も経験することでしょう。

人は失敗という経験をすることで、本当の成功を見つけることができるのです。

失敗がなければ、何が成功なのかさえも分かりませんからね。

このように、人生というものは色んな経験を試行錯誤の連続をしながら、成長していくものだということです。

3.試行錯誤を繰り返し、理論を発見した

試行錯誤というものは、何が一番最良な方法なのか、どれが一番正しい解決策なのかということ見つけることも「試行錯誤」なのです。

従って、物理的なものだけでなく、理論的なことを発見した時にも試行錯誤という言葉を使います。

試行錯誤の同義語(四字熟語)

仕事などをしている時にいろいろと悩んでいろいろと試して先へ進む姿を見ると、試行錯誤しているなと思う方も多いと思います。

物事を進める場合に試行錯誤は必要なのです。

ただ、試行錯誤をしても結果が出せなかったら意味がありません。

最近このことばかりを気にして、試行錯誤をしようとしない人が増えてきています。

しかし、それでは、先へは進めません。

試行錯誤などの苦労をしてこそ得られるものが多いのです。

苦労は買ってでもしろと言われていた時代が懐かしいような感じですが、今でも苦労することは大切です。

しかし、それでも試行錯誤など苦労なくして成功にいこうと考えている人は多いです。

では、なぜそのように考えてしまうのかと言いますと、試行錯誤と言う言葉と同義語が非常にネガティブな印象があるからです。

まずは、試行錯誤の同義語をご紹介します。

悪戦苦闘

悪戦苦闘とは、「非常に苦しんでいる状態の中で必死に努力している状態」を言います。