私たちには「名前」という呼び名が存在しています。

今日本に住んでいる人の中で名前がないという方はおそらくあまりいないでしょう。

この世に生まれるという事は生んでくれる親がいて、名前をつけてくれるはずです。

子どもがどういう風に育ってほしいかという願いをこめられて私たちの名前は付けられたり。

単純に響きが良いという理由だったり。

憧れの人の名前をもらったり。

両親の名前を組み合わせたりするなど、名前の付け方には様々な方法があります。

そして、付けられてた名前で私たちは人生を生きているわけなのです。

さらに、名前によっては「あだ名」を付けられる場合がありますよね。

例えば国民的スターである木村拓哉さんは、苗字と名前の部分をとって「キムタク」と呼ばれています。

あだ名をつけられる理由としては、もともとの名前が長かったり、あだ名の方が呼びやすかったりするなど、様々な理由があると思います。

変なあだ名ではなければ、あだ名をつけられるのは嬉しいものではないですか?

恐らくあだ名が昔からある人はそこまで関心がないかもしれません。

ですが、特にあだ名が存在しない人からすれば、自分にもあだ名が欲しいなと思った経験がある方も多いと思います。

そこで今回は、あだ名をテーマにして、あだ名を考える時に発想方法についてご紹介していきたいと思います。

あだ名がほしい!どうやってつけるの?

あなたにはあだ名がありますか?

あだ名をつけてもらった事がない人からすれば、あだ名があるという事はとても嬉しい事なのです。

一般的には男の子も女の子もある程度年齢が上がると、下の名前で呼ばれることが多くなります。

下の名前が読みにくい名前だったり、苗字の方が呼びやすい名前だったりすると苗字で呼ばれたりすることが多いかもしれません。

でも、苗字だとつい味気ない印象を持ってしまいませんか?

呼び方なんてどれも一緒だよと思う方もいるかもしれません。

でもやっぱりあだ名がある方が個性的で羨ましい気持ちは否めません。

しかし、あだ名というのは基本的に自分で発信していくものではありません。

気づいたら周りがつけてくれていたということの方が割合としては多いと思います。

自分からこう呼んで!というような事は、どちらかといえばあまりないかもしれません。

だからこそ、周りの人の発想能力などがある程度必要だったりもするのです。

子どもの頃から、人にあだ名をつけるのが得意ならそこまで難しくはないかもしれません。

しかし、今まで人にあだ名をつけた事がないという人は、この機会にあだ名の発想方法をマスターしてみませんか?

もし、いいあだ名を考えることができれば、周りの人から面白いと思ってもらえるかもしれませんよ。

あだ名をつける時のポイント


あなたがもしも誰かにあだ名をつけるとすれば、どの様な方法であだ名をつけますか?

急にあだ名をつけろと言われても少し難しいかもしれませんね。

しかしある程度ポイントを押さえておけば、以外とあだ名をつけるのは簡単だったりするのです。

あだ名をつける時にはいくつかのポイントを踏まえて命令することが大切です。

そのポイントを踏まえていれば、たくさんの人に浸透してあだ名を呼んでもらいやすくなる事に繋がります。

では、あだ名の発想方法の前に、あだ名をつける時の知っておきたいポイントについて先にご紹介していきます。

呼びやすい

まず最初にご紹介するあだ名をつけるときのポイントは、呼びやすいかどうかということです。

そもそもなぜあだ名をつけられるのかという事をまず考えておかなければいけません。

あだ名がつけられる理由について考えるときに、やはりその人の名前を呼ぶときに長い名前だったり、呼びにくい名前だったりする場合が多いのです。

例えば「れんたろう」という名前があったとします。

文字数で言えば5文字なので下の名前の中ではちょっと長い名前だと思いませんか?

これを「れんちゃん」とか「れん」などにすれば呼びやすくなると思います。

このようにあだ名をつける際には名前が長いからつけられる場合がかなり多いです。

なので必ず相手に対してあだ名をつける時には、長い名前ではなく呼びやすいあだ名にしましょう。

覚えやすい

次にご紹介するあだ名をつけるときのポイントは、覚えやすいかどうかということです。

例えばもしもあなたがある人にあだ名を付けたとします。

そのあだ名が長ったらしいあだ名だっら、当然そのあだ名で呼ぶ人は増えないでしょう。

しかし、周りが簡単に覚えやすく、呼びやすいあだ名だった場合は、気軽にそのあだ名を周りも使い始めるはずです。

相手に対してあだ名をつけるときには、必ず覚えやすいかどうかということを重要に考えながらつけるようにしてください。

特徴を捉えてる


次にご紹介するあだ名をつけるときのポイントは、相手の特徴を捉えているかどうかということが大切です。

もしもつけられたあだ名が相手の特徴を的確に捉えている場合は、当然ながらそのあだ名が周りに浸透しやすくなるのです。

周りにそのあだ名が浸透するということは、周りもそのあだ名を使ってその人を呼びたくなる様な感覚にさせてくれます。

もちろんそのあだ名が特徴をとらえて個性的なあだ名だった場合は自然と周りもそのあだ名を覚えてくれます。

なので特徴をとらえるだけで、覚えやすいという効果も併せて得ることが出来ますので、余計にそのあだ名で呼ばれやすくなるのです。

普通のあだ名よりも特殊性があるので、特別感もあります。

そのようなあだ名をつけられた人はずっとそのあだ名で周りに呼んでもらえる可能性が高いです。

自然と声を掛けられやすくなる事も多くなると思いますよ。

しかし、人にあだ名をつける場合には必ず相手が嫌がらないような特徴から命名する事が大切です。

もしも相手が喜ばないようなあだ名をつけた場合はいじめにも繋がる場合もあります。

場合によっては相手から不快感を持たれたり、バカにされていると思われて喧嘩や争いに発展する場合があります。

その点は必ず注意してください。

相手も喜ぶ

次にご紹介するあだ名をつけるときのポイントは、必ず相手が喜ぶあだ名をつけてあげるということです。

これは先ほどもご紹介しましたが、まず相手が喜ばないようなあだ名をつけてしまうと相手からは不快感しかありません。

しかし、相手が喜んでくれるようなあだ名をつけてあげた場合には相手と良い関係性を築けるようになるはずです。

逆に考えてあなたが呼ばれて嬉しい様なあだ名をつけてもらった場合、そのあだ名をつけてくれた人間に対しておそらく好感を持つと思います。

それと同じ様に相手も自分が助けてもらって嬉しいあだ名をつけてくれた場合はあなたに対して好感を持ってくれるはずです。

そもそもあだ名に関してはその人だけのあだ名という場合が多いです。

なんとなく自分を認めてくれた様な気持ちに錯覚させてくれる効果も持っています。

あだ名が個性的である場合も、まんざらでもない感じをしている人は多いはずです。

なので大前提として、相手も必ず喜んでくれる様なあだ名を付けてあげる事を絶対にまずは意識した上でつけてあげてください。

あだ名を付ける時の発想7個

ここまではあだ名をつける際のポイントについてご紹介していきました。

あだ名をつける際のポイントをある程度を把握いただいたところで、ここからは実際にあだ名をつける時に考える発想方法についてご紹介していきたいと思います。

発想方法をある程度身につけておけば、比較的どんな名前に対しても対応しやすくなります。

相手が嫌がらない様な無難なあだ名をつけたりすることが可能になります。

あだ名を付けようと思った時に良い名前が思い浮ばなかった場合は、これからご紹介する発想方法を試してみてください。

名字と名前を省略してくっつける

まず初めにご紹介するあだ名をつける時の発想は、名字と名前を省略してくっつけるということです。

これに関しては比較的あだ名をつける時に一番安い発想方法であり、おそらくすぐに思い浮かぶ事ができるような方法だと思います。

具体的には冒頭でご紹介した通り、木村拓哉さんのニックネームなどがこの方法でつけられています。

苗字が木村なので木村を省略して「きむ」。

そして名前が拓哉なので拓哉を省略して「たく」。

これをくっつければ「きむたく」になりますよね。

この方法は比較的無難に考えることが出来ます。

そして、先ほども紹介したあだ名をつけるときのポイントについても、全てクリアしている名前になります。

語尾をつける

次にご紹介するあだ名をつける時の発想は、語尾をつけるということです。

語尾をつけるのは具体的にどういうことかと考えた時に、例えば「あやか」という名前があったとします。

基本的に三文字の場合は、そこまであだ名をつけなくてもそのまま下の名前を呼ぶこともできます。

ですが、それでは寂しい場合は、例えば下の名前の2文字、「あや」をとって、そこに語尾として「ぽん」という言葉を付けてみてください。

そうすると「あやぽん」になりますよね。

こうすることによって、あだ名としてあやぽんと表現することが出来ます。

もちろん他に名前でも代用可能です。

例えば「まこと」という名前があったとすれば、そこに語尾である「ちん」を付ければ「まこちん」となりますよね。

ちょっと語尾をつけるだけで簡単にあだ名をつけることができますよ。

そして、比較的どの様な名前にも対応したあだ名の付け方になりますのです、

覚えておけば簡単に相手にあだ名をつけることが可能になります。

下の名前を略する

次にご紹介するあだ名をつける時の発想は、下の名前を略するということです。

これに関しては、相手の下の名前がある程度長い文字数であったりする場合が最適になります。

人によっては下の名前があるけど長い文字が支えられている場合が多いです。

特に男性に多いのが漢字3文字で5文字に読んだりする名前です。

例えば先ほどご紹介した「れんたろう」もそうですが、「こうたろう」、「ともたろう」などの名前などが挙げられます。

これらの名前については下の名前を略すことによって、短い文字数に置き換えてあだ名として呼ぶことが可能になります。

例えば「れんたろう」に関しては「れん」。

「こうたろう」に関しては「こうた(こーた)」。

「ともたろう」に関しては「とも」。

上二文字を取っておけばある程度どの名前でも対応する事が可能になります。

長い名前の友達がいる場合はこの方法で試してみてください。

名前をもじる

次にご紹介するあだ名をつける時の発想は、名前をもじるということです。

この発想に関してはかなり単純な方法です。

単純である分わかりやすく、なおかつ周りの人もこのあだ名を呼びやすいので、おすすめの方法です。

例えばあなたの友達で、「わたなべさん」という人がいたとします。

もちろん下の名前が呼びやすければ下の名前で呼べば良いです。

しかし、下の名前があまりあだ名をつけにくい場合は、「わたなべさん」を「なべさん」などに変化させることによって、あだ名を作り出すことが可能になります。

このようなあだ名の発想方法を身に着けることによって、あだ名を付けづらい人でも、新しいあだ名の可能性を見いだすことが可能になります。

あだ名がなくて寂しそうにしている人に対して、この方法を使ってあだ名をつけてあげると喜んでくれるかもしれませんよ。

△っ△ー

次にご紹介するあだ名をつける時の発想は、△っ△ーという形に直すことです。

この方法に関しても、比較的昔から知れ渡っているあだ名の付け方の一つになります。

例えば友達の名前が「うちやま」という名前だったとすれば、うちやまを△っ△ーという名前の形式に変更してあげましょう。

これで、簡単にはずれのないあだ名をつけてあげることが可能となります。

例えばこの場合であれば、「うっちー」と変化させてあげることが出来ます。

読みやすいことこの上ないですし、男性でも女性でも簡単にあだ名で呼んであげることが可能になります。

相手のあだ名をつける際に困ってしまった場合は、この形式が該当する場合はこの方法で呼んであげてください。

相手の特徴

次にご紹介するあだ名をつける時の発想は、相手の特徴から取るということです。

このあだ名に関しては、他のあだ名と違って特別感や個性的なあだ名になる可能性が高いので、嬉しがってもらえる可能性が高いです。

他の人とかぶることも少ないです。

その人の個性を表しているものなので、特別感が強く、自分の存在を認めてもらっている感じがします。

これが該当する場合は、このような方法で呼んであげる事をおすすめします。

しかし、それがすぐに変化するような特徴である場合は一時的なものになってしまう場合がありますので、若干の注意が必要です。

例えば相手の特徴が筋肉があるような人であればそのまま、「マッチョ」と呼んだりすれば簡単で誰でも呼びやすい様なあだ名になります。

それ以外にも、外見が外国人のような外見であったり場合は、「ジョン」。

呼びやすく個性的な名前をつけやすいことが多いので、少しひねった特別なあだ名をつけてみてください。

繰り返す

次にご紹介するあだ名をつける時の発想は、相手の名前を繰り返すということです。

これも比較的簡単に相手にあだ名をつけることができる方法になります。

またこのあだ名については女性から男性に名付けたりする場合、女性が可愛く感じるような存在にもなれます。

例えば、彼氏の名前が「ひろみ」という名前だったとします。

そんな時に彼女が彼氏に対して「ひろひろ」という名前で呼んでくれたとします。

なんとなく女性が繰り返しであだ名をつけてくれると嬉しいです。

さらに相手が呼んでいるだけでも可愛く感じませんか?

このように呼んでいる人の印象までも変化させることが可能になります。

ちょっと工夫するだけでいろんなあだ名をつける事が可能になります。

つけてはいけないあだ名

ここまでは、あだ名をつける時の発想方法についていくつかご紹介していきました。

このように考えてみると、案外あだ名をつける方法はたくさん存在しているということに気づけたはずです。

ご紹介したあだ名の付け方をマスターしておけば、ある程度どんな人に対してもあだ名をつけることが可能になります。

この機会に身につけておいてください。

ではここからは、反対に相手に対して絶対につけてはいけないあだ名についてご紹介していきたいと思います。

あだ名については先ほどご紹介したように、ポイントを踏まえておけばそれが良いあだ名であろうが悪いあだ名であろうが、呼びやすくなってしまうのは事実です。

悪いあだ名で呼びやすい様なあだ名を一度でもつけてしまった場合。

それが浸透してしまったとしたら、そのあだ名でずっと呼ばれてしまう可能性もあります。

なので必ず相手をあだ名で呼ぶ場合は良いあだ名にする必要があります。

念のため、相手に対してつけてはいけないあだ名の特徴についても把握しておいてください。

気づかないうちに相手が不快な気持ちになることを防ぐことが可能になりますので、この機会に理解しておいてください。

文句になるもの

まずはじめにご紹介する相手につけてはいけないあだ名は文句になる様なあだ名です。

基本的にあだ名はつけてもらえれば嬉しいものなのです。

しかし、それがまるで文句の様に聞こえてしまう場合は、当然相手からすれば嫌な気持ちになってしまいますよね。

これは相手の立場に立って考えてみればすぐにわかるようなことですので、注意しておかねばいけません。

例えば極端な例になりますが、知り合いの中には太っている人が一人ぐらいはいると思います。

その人に対してあだ名として「デブりん」などのあだ名をつけてしまった場合。

なんとなくかわいく聞こえるかもしれませんが、身体的な特徴をいじっているような名前になります。

呼びやすいかもしれませんが、それは本人からすればとてもいやなあだ名になってしまう事が考えられます。

誰だって一つくらいは自分の体に対してコンプレックスを感じているはずです。

そう考えるとまだ太っているという点に関しては改善の余地があるかもしれません。

しかし、これがその他の絶対に変えることができない様な、身体的な特徴を捉えたあだ名であった場合は必ず相手が傷ついてしまいます。

もちろん「デブりん」もいけないのは当たり前の話です。

それでも変えることが出来ないような事をあだ名にしてしまうのは最悪です。

なので、自分があだ名をつけられて絶対に嫌だと感じてしまう様な名前は絶対につけないように注意して下さい。

場合によっては相手との人間関係が悪くなったりしてしまう可能性もあります。

大切な友達を失わない様に、相手のことを気遣える優しい人間になってください。

覚えづらい

次にご紹介する相手につけてはいけないあだ名は、そもそもあだ名が覚えづらいということです。

これに関しては相手が不快な気持ちになるというような話ではないかもしれません。

覚えづらいようなあだ名をつけてもらったところで、おそらくそのあだ名は浸透しない可能性が高いです。

何もないよりかは何かしらのあだ名をつけてもらった方が本人からすれば嬉しい気持ちになるかもしれません。

それでも覚えづらいようなあだ名を無理につけてもらった場合は、だんだんとあだ名で呼ぶ機会も減ってくる可能性もあります。

そうなってしまうと、せっかく付けてもらったのに呼ばれないというのはちょっとだけ悲しい気持ちになりますよね。

なのでどうせ相手にあだ名をつけるのであれば、呼びやすいようなあだ名をきちんと考えた上で呼んであげるようにしましょう。

もちろんあだ名はあった方が良いかもしれません。

しかし、絶対にあだ名で呼ばなければならないというルールは存在しません。

それならば、下の名前をそのまま呼んであげたり、呼びやすい名前で呼んでもらった方が本人としても嬉しいと思います。

無理にあだ名をつけなければいけないという考え方はしないようにしてください。

知らない用語を使う

次にご紹介する相手につけてはいけないあだ名は、知らない用語を使うということです。

基本的にあだ名をつける時には、周りも呼びやすい様なあだ名をつける必要性があります。

だからこそ周りの人も、そのあだ名についてわかるようなあだ名にする必要性があるのです。

あだ名に意味がわからないような、もしくは自分だけにしかわからないような言葉をくっつけて読んだりしても、あだ名で呼ばれているような感覚にはなりません。

呼びやすいようなあだ名だったり、誰からもわかりやすいようなあだ名であれば嬉しいです。

でも、意味が分からないあだ名で呼ばれても、恐らく呼ばれている側はそこまで嬉しくないです。

なんでそんなあだ名で呼ぶんだろう…、と不思議な気持ちにしかなりません。

なので、どうせ相手にあだ名をつけてあげるのであれば、もっとわかりやすくひねったようなあだ名にするべきです。

工夫して命名してあげるようにしましょう。

あまりないと思いますが、意味が分からない様なあだ名をつけられて時には怒るような人もいるかもしれませんので、注意してください。

下ネタ

次にご紹介する相手につけてはいけないあだ名は、下ネタを交えた様なあだ名をつけるということです。

これに関しては普通にならわかる様なことですよね。

むしろこの様なあだ名をつける人は論外です。

しかし、中には相手に対して下ネタのあだ名をつけたりする様な方がいます。

若しくはそれを連想させる様なあだ名をつけたりする場合があります。

これは先ほどご紹介した文句の項目とも似ていますね。

このような名前を付けられて嬉しい気持ちになる様な人はどこにもいません。

本人がいない場所で呼んでいたとしても、それは完全な悪口であり、絶対に良いものではありませんのでやめましょう。

逆の立場になって考えると、絶対にあなただって呼ばれたとは思いませんよね。

これが理由に喧嘩になってしまうこともありますので、必ず相手と良い関係が築けるようなあだ名を探すようにしてください。

あだ名で運があがる?!

ここまでは相手につけてはいけないあだ名についてご紹介していきました。

ついつい友達と悪ふざけが過ぎて、相手をいじったりするような事があるかもしれません。

その延長線上だったとしても絶対に相手が不快になるような事は避けましょう。

そもそも人を呼ぶ名前というものはとても大事なものなのです。

名前には魂が込められているという話を聞いた事がある人もいるかもしれません。

古来より名前は特別なものであり、人が大切にしてきたという歴史もあります。

名前が大切な物でなければそもそも名前なんてこの世には存在しませんよね。

だからこそあだ名に関しても名前と同様に大切に考えて頂きたいのです。

そして、名前にまつわる話として、実はあまり知られていませんが、あだ名には自分自身の運が関連しているという話があります。

なぜあだ名によって運が関連しているのか、不思議でたまらない人がいると思いますが、詳しくここからご紹介していきます。

画数によってあだ名をチェンジ

人に与えられたあだ名でその人の運が変わるということをご紹介しました。

具体的になぜあだ名によって運が変わってくるのかといいますと、実は字の画数によって様々な運が変わるということがいわれています。

おそらくあまり占いに関して詳しくないからでも、名前の画数などが良い悪いという事が存在するという話くらいは知っている方が多いと思います。

よく子供に名前を付けようとした時に、画数が悪いから違う名前に変更したという様な話を聞いたりすることがあると思います。

それと全く同じことを考えていただければある程度分かりやすいと思います。

具体的にどの様な画数がどの様な運が存在しているのかという事を詳しくご紹介します。

あだ名をつける際の参考にしてください。

9・10・19・20画はマイナス

まずはじめにご紹介する画数は9・10・19・20画です。

この画数に関しては絶対に相手につけてはいけないあだ名の画数であると言われています。

なぜこの画数のあだ名を相手につけてはいけないのかといいますと、これはいわゆるマイナスな画数であるといわれています。

この画数のあだ名は負の塊であると言われています。

例えば恋愛運においては恋愛のライバルが出現してしまったり。

相手に対して二股をかけられてしまったり。

相手との関係が体だけの関係で愛情が存在しないような関係になってしまったりする可能性があります。

なので相手のことが大切な人であれば、必ず今呼んでいるあだ名を変更して、良い画数のあだ名に変更してあげる必要性があります。

もしも自分が子の画数のあだ名で呼ばれてしまっている場合は、違うあだ名を作って別のあだ名で呼んでもらうように仕向けるする工夫などが求められます。

6・11・15画は引き寄せられる

次にご紹介する画数は6・11・15画です。

6・11・15画は引き寄せられる効果を持っています。

これは具体的にどういう事かといいますと、この画数で呼ばれるあだ名に関してはその人自身に勢いが増すと言われています。

つまり特にその人自身は気にしていないにも関わらず、その人の周りに気の良い仲間が集まる様になると言われています。

また今までの人生で会えなかった人に会えたりする様な効果ももっておいます。

あだ名が変わるだけで全くその人の交友関係が変わると考えることができます。

類は友を呼ぶということわざが存在しています。

まさしくそのことわざ通りに、名前を変えただけでこの効果を得ることが出来ると言われています。

なので友達にあだ名をつける際には、この画数のあだ名をつけてあげるとより相手の運を上げる良いあだ名であるという意味も付加することが出来ます。

大切なひとにこのような事を考えた上で、愛称をつけてあげると相手も必ず喜んでくれると思いますよ。

面白い発想であだ名を付けてみよう!(まとめ)

今回は、あだ名をつける時のポイントや、あだ名の発想方法、つけてはいけないあだ名。

そしてあだ名による恋愛運などの運勢にまつわる事をご紹介していきました。

自分が想像しているよりも、あだ名がかなり奥が深いものであるとおわかりいただけたと思います。

なのであだ名をつけてあげるときには、様々なことを考慮してあげた上で相手が喜んでくれる様な素敵なあだ名をつけてあげてください。

それによって友達とさらにより良い関係性を築いていけるようになると思います。

自分の為にも相手の為にも、大切な繋がりを断ち切らないようにあだ名をフル活用してみてくださいね。