CoCoSiA(ココシア)

あだ名を考える時の7個の発想方法


私たちには「名前」という呼び名が存在しています。

今日本に住んでいる人の中で名前がないという方はおそらくあまりいないでしょう。

この世に生まれるという事は生んでくれる親がいて、名前をつけてくれるはずです。

子どもがどういう風に育ってほしいかという願いをこめられて私たちの名前は付けられたり。

単純に響きが良いという理由だったり。

憧れの人の名前をもらったり。

両親の名前を組み合わせたりするなど、名前の付け方には様々な方法があります。

そして、付けられてた名前で私たちは人生を生きているわけなのです。

さらに、名前によっては「あだ名」を付けられる場合がありますよね。

例えば国民的スターである木村拓哉さんは、苗字と名前の部分をとって「キムタク」と呼ばれています。

あだ名をつけられる理由としては、もともとの名前が長かったり、あだ名の方が呼びやすかったりするなど、様々な理由があると思います。

変なあだ名ではなければ、あだ名をつけられるのは嬉しいものではないですか?

恐らくあだ名が昔からある人はそこまで関心がないかもしれません。

ですが、特にあだ名が存在しない人からすれば、自分にもあだ名が欲しいなと思った経験がある方も多いと思います。

そこで今回は、あだ名をテーマにして、あだ名を考える時に発想方法についてご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

あだ名がほしい!どうやってつけるの?

あなたにはあだ名がありますか?

あだ名をつけてもらった事がない人からすれば、あだ名があるという事はとても嬉しい事なのです。

一般的には男の子も女の子もある程度年齢が上がると、下の名前で呼ばれることが多くなります。

下の名前が読みにくい名前だったり、苗字の方が呼びやすい名前だったりすると苗字で呼ばれたりすることが多いかもしれません。

でも、苗字だとつい味気ない印象を持ってしまいませんか?

呼び方なんてどれも一緒だよと思う方もいるかもしれません。

でもやっぱりあだ名がある方が個性的で羨ましい気持ちは否めません。

しかし、あだ名というのは基本的に自分で発信していくものではありません。

気づいたら周りがつけてくれていたということの方が割合としては多いと思います。

自分からこう呼んで!というような事は、どちらかといえばあまりないかもしれません。

だからこそ、周りの人の発想能力などがある程度必要だったりもするのです。

子どもの頃から、人にあだ名をつけるのが得意ならそこまで難しくはないかもしれません。

しかし、今まで人にあだ名をつけた事がないという人は、この機会にあだ名の発想方法をマスターしてみませんか?

もし、いいあだ名を考えることができれば、周りの人から面白いと思ってもらえるかもしれませんよ。

あだ名をつける時のポイント


あなたがもしも誰かにあだ名をつけるとすれば、どの様な方法であだ名をつけますか?

急にあだ名をつけろと言われても少し難しいかもしれませんね。

しかしある程度ポイントを押さえておけば、以外とあだ名をつけるのは簡単だったりするのです。

あだ名をつける時にはいくつかのポイントを踏まえて命令することが大切です。

そのポイントを踏まえていれば、たくさんの人に浸透してあだ名を呼んでもらいやすくなる事に繋がります。

では、あだ名の発想方法の前に、あだ名をつける時の知っておきたいポイントについて先にご紹介していきます。

呼びやすい

まず最初にご紹介するあだ名をつけるときのポイントは、呼びやすいかどうかということです。

そもそもなぜあだ名をつけられるのかという事をまず考えておかなければいけません。

あだ名がつけられる理由について考えるときに、やはりその人の名前を呼ぶときに長い名前だったり、呼びにくい名前だったりする場合が多いのです。

例えば「れんたろう」という名前があったとします。

文字数で言えば5文字なので下の名前の中ではちょっと長い名前だと思いませんか?

これを「れんちゃん」とか「れん」などにすれば呼びやすくなると思います。

このようにあだ名をつける際には名前が長いからつけられる場合がかなり多いです。

なので必ず相手に対してあだ名をつける時には、長い名前ではなく呼びやすいあだ名にしましょう。

覚えやすい

次にご紹介するあだ名をつけるときのポイントは、覚えやすいかどうかということです。

例えばもしもあなたがある人にあだ名を付けたとします。