CoCoSiA(ココシア)

塩顔こそ最高のイケメン顔!10個の特徴と塩顔芸能人まとめ

あなたの周りに『塩顔イケメン男子』っていますか??

今、一番流行っているイケメン顔は『塩顔』なんですよ!どんな顔が塩顔なのか、知っておいた方が絶対いいです!!

時代とともにイケメンの定義って移り変わっているらしいですね~。

でも、とにかく、今一番カッコいいとされている男子は、塩顔です。

モテたい!と思っているあなたは、イマドキのイケメン、塩顔男子について学んでみてください!!

そして、今、日本で一番カッコいい塩顔イケメンをご紹介しちゃいます!

塩顔イケメン、格好いいですよね

塩顔って一体どういう顔なんでしょう!?そしていつから塩顔人気になったんでしょうか。

塩顔のブームの先駆けは、向井理さんなのだそうです。

彼がブレイクした2010年のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』。

水木しげるを演じ、大ヒットしましたが、その時に『塩顔』という言葉が頻繁に使われ始めました。

思ったほど新しい言葉ではないようですね。

イケメンの流行を振り返ってみると、初代は『ソース顔』ですね。

ソース顔は、目鼻立ちがハッキリした、濃い顔立ちで、西洋風・東南アジア風のくっきりとした顔のイケメンたちを言います。

例えるなら阿部寛さん、北村一輝さん、山田孝之さん。

映画『テルマエロマエ』の世界です。

実はこのソース顔という言葉は『しょうゆ顔』とセットで、1988年には流行語大賞にもノミネートされているそうです。

当時のしょうゆ顔といえば、少年隊の東山紀之さん。

ソース顔に反し、あっさりとした日本的な顔ですよね。

切れ長の目で鼻筋が通り、涼しげな印象です。

しょうゆ顔の代表格は、ほかに風間トオルさん、木村拓哉さん、玉木宏さん、亀梨和也さん、嵐の二宮和也さん、となります。

まぁ、イケメンばかり。

端正で男らしい、誰から見てもかっこいい方たちばかりです。

調味料でイケメンをカテゴライズするのって、おもしろいですね。

他にも種類がないかと調べてみると、実はソースとしょうゆと塩だけでなく、まだまだあるんです。

少年っぽいかわいい顔が『砂糖顔』、ソースほどは濃くないけれどあっさりはしていない顔が『ケチャップ顔』、砂糖ほど甘くない顔が『マヨネーズ顔』などなど。

一体どなたが名づけているんだろうって思ってしまいます。

『砂糖顔』の代表選手は、小池徹平さん、EXILEの岩田剛典さん。

あぁ~なるほどって感じですね。

女の子みたいにかわいい少年顔ってことですね。

甘い顔。

『ケチャップ顔』は、要潤さん、サッカーの長谷部誠さん。

なるほど、ソースというほど濃い感じじゃないイケメンさんです。

『マヨネーズ顔』は、TOKIOの国分太一さん、藤原竜也さん、岡田将生さん。

甘いけどあっさりしているんだそうです。

正直、ちょっとよく分かんないかも・・・。

いろいろ〇〇顔が登場してきた中、今、塩顔が一番注目されているんですね。

テレビや雑誌でも取り上げられる”塩顔”

塩顔男子の一番の特徴は、とにかく薄い顔。

これに尽きます。

雑誌などでも、『塩顔イケメン俳優』ベスト10!とか、『塩顔イケメンファイル』などなど、塩顔イケメンが大きく特集されています。

塩顔イケメンの俳優さんやモデルさんが特集されていたり、表紙を飾っていると、雑誌の売り上げもかなり違うんだそうです。

イケメンはお金になりますね~~。

女性に人気な顔、塩顔男子。

流行の顔っていうのは、やはり雑誌などのメディアの影響ってあるんでしょうね。

芸能人でも多い塩顔

ブームな顔は、人気俳優の顔立ちの傾向にあるようです。

イマドキの人気俳優さんの顔を集めると、塩顔が集合するかも!?