あなたの周りに『塩顔イケメン男子』っていますか??

今、一番流行っているイケメン顔は『塩顔』なんですよ!どんな顔が塩顔なのか、知っておいた方が絶対いいです!!

時代とともにイケメンの定義って移り変わっているらしいですね~。

でも、とにかく、今一番カッコいいとされている男子は、塩顔です。

モテたい!と思っているあなたは、イマドキのイケメン、塩顔男子について学んでみてください!!

そして、今、日本で一番カッコいい塩顔イケメンをご紹介しちゃいます!

塩顔イケメン、格好いいですよね

塩顔って一体どういう顔なんでしょう!?そしていつから塩顔人気になったんでしょうか。

塩顔のブームの先駆けは、向井理さんなのだそうです。

彼がブレイクした2010年のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』。

水木しげるを演じ、大ヒットしましたが、その時に『塩顔』という言葉が頻繁に使われ始めました。

思ったほど新しい言葉ではないようですね。

イケメンの流行を振り返ってみると、初代は『ソース顔』ですね。

ソース顔は、目鼻立ちがハッキリした、濃い顔立ちで、西洋風・東南アジア風のくっきりとした顔のイケメンたちを言います。

例えるなら阿部寛さん、北村一輝さん、山田孝之さん。

映画『テルマエロマエ』の世界です。

実はこのソース顔という言葉は『しょうゆ顔』とセットで、1988年には流行語大賞にもノミネートされているそうです。

当時のしょうゆ顔といえば、少年隊の東山紀之さん。

ソース顔に反し、あっさりとした日本的な顔ですよね。

切れ長の目で鼻筋が通り、涼しげな印象です。

しょうゆ顔の代表格は、ほかに風間トオルさん、木村拓哉さん、玉木宏さん、亀梨和也さん、嵐の二宮和也さん、となります。

まぁ、イケメンばかり。

端正で男らしい、誰から見てもかっこいい方たちばかりです。

調味料でイケメンをカテゴライズするのって、おもしろいですね。

他にも種類がないかと調べてみると、実はソースとしょうゆと塩だけでなく、まだまだあるんです。

少年っぽいかわいい顔が『砂糖顔』、ソースほどは濃くないけれどあっさりはしていない顔が『ケチャップ顔』、砂糖ほど甘くない顔が『マヨネーズ顔』などなど。

一体どなたが名づけているんだろうって思ってしまいます。

『砂糖顔』の代表選手は、小池徹平さん、EXILEの岩田剛典さん。

あぁ~なるほどって感じですね。

女の子みたいにかわいい少年顔ってことですね。

甘い顔。

『ケチャップ顔』は、要潤さん、サッカーの長谷部誠さん。

なるほど、ソースというほど濃い感じじゃないイケメンさんです。

『マヨネーズ顔』は、TOKIOの国分太一さん、藤原竜也さん、岡田将生さん。

甘いけどあっさりしているんだそうです。

正直、ちょっとよく分かんないかも・・・。

いろいろ〇〇顔が登場してきた中、今、塩顔が一番注目されているんですね。

テレビや雑誌でも取り上げられる”塩顔”

塩顔男子の一番の特徴は、とにかく薄い顔。

これに尽きます。

雑誌などでも、『塩顔イケメン俳優』ベスト10!とか、『塩顔イケメンファイル』などなど、塩顔イケメンが大きく特集されています。

塩顔イケメンの俳優さんやモデルさんが特集されていたり、表紙を飾っていると、雑誌の売り上げもかなり違うんだそうです。

イケメンはお金になりますね~~。

女性に人気な顔、塩顔男子。

流行の顔っていうのは、やはり雑誌などのメディアの影響ってあるんでしょうね。

芸能人でも多い塩顔

ブームな顔は、人気俳優の顔立ちの傾向にあるようです。

イマドキの人気俳優さんの顔を集めると、塩顔が集合するかも!?

塩顔の代表格といえば、向井理さん、坂口健太郎さん、瑛太さん。

どなたもイマドキの超イケメンですよね!どちらかというと『あっさり顔』の方ばかり。

どうやら塩顔イケメンは色が薄く、あっさりとした薄い顔のようです。

塩顔イケメンの特徴10個の特徴

塩顔イケメンの具体的な特徴はどんな感じなのでしょう。

薄い顔といっても、イロイロです。

人気の塩顔イケメンの特徴をまとめてみました。

あなたの周りにも、塩顔イケメンはいますか??

1、目は細め

塩顔イケメンの特徴は『目』。

塩顔の最大の特徴は、目。目元です。

・一重か奥二重
・切れ長であること

この二つの特徴が必須です。

まさに塩顔イケメンの定義ってこと。

『イケメン=二重でぱっちりした目元』、が常識だった時代から、

『モテ顔=一重』、という新しい時代の到来です。

ソース顔は二重で大きいなぱっちり目でしたが、塩顔はシャープな目元が特徴です。

一重や奥二重ということは、日本人らしい雰囲気ですよね。

そしてあまり大きくない目が特徴です。

シャープで切れ長な細い目・・・なんとなく冷たくて怖いような印象です。

でも、そんなクールな印象なのに、笑ったときになくなっちゃうような目が優しそうでかわいいっておもちゃうんですね。

普段の印象と、ときどき見られるかわいらしさのギャップに、女子はやられてしまいます。

2、肌が白く色素が薄め

塩顔は色白です。

とにかくあっさりとしていて色素が薄いことが特徴なのです。

決して日焼けした浅黒い肌ではありません。

黒い=男らしさ
白い=中世的

こんな定義があるんですね。

いくら顔のパーツが塩顔でも、色が黒いと『しょうゆ顔』になっちゃうんだって。

色白で中世的な、どこかミステリアスな雰囲気が女性のハートを虜にします、

しかも、体毛も薄く、ヒゲも薄いことも特徴です。

塩顔さんの顔にはあまりガツンとした男らしさは求められていません。

顔の印象は男らしくないことが、塩顔の条件のようです。

3、メガネが似合う

メガネが似合うことも、塩顔イケメンの条件です。

色が白く、目が細く、体毛も薄いってことで、顔の中のパーツがどれも主張していないんですね。

なのでメガネがとってもよく似合うんです。

塩顔イケメンがメガネをかけると、魅力がさらにパワーアップしちゃいます!!

4、ひ弱そうだけど男らしさを感じる

なんとなくひ弱そうな感じ。

中世的な印象ってこともありますが、とにかく身体も細くて薄いことが特徴です。

けっしてがっしりとした見るからにマッチョだったりしないんですね。

でも、Vニットからのぞく喉仏とか鎖骨が、たまらなく男性を感じるんです。

ほっそりしているはずなのに、手や腕がごつごつしていたり。

そのギャップがたまりません。

ひ弱な少年のような印象の中に、ふと感じる大人の男性の魅力。

そこに色気を感じてしまう女性は多いはず!

5、どことなく魅力的で惹かれる

女性的、少年的かと思いきや、いやいややっぱり大人の男。

落ち着いていてクールで、たぶんおしゃべりな印象はないんじゃないかな?

ちょっと神秘的というか、つかみどころがないところに、魅力を感じる女性が多いのです。

6、目を離すとどこかへ行きそうな雰囲気

塩顔イケメンに共通している雰囲気は、


・ゆる~い感じであまり力が入っていない
・ふわ~っとどこかへ行ってしまいそうな感じ

その人の周りだけ時間がゆっくり漂っていそうな、そんな雰囲気さえあります。

誰にも、何ごとにも束縛されずに、自由に生きていそう。

7、フェイスラインが綺麗

髭がほとんどなく、お肌もきっとツルツルだろう塩顔イケメン。

綺麗なフェイスラインも特徴の一つです。

頬骨が張っていたり、男らしいもみあげがあったりはしないんですね。

特にあごのラインがすっきりとしていることが、女性たちが萌えるポイントなのだとか。