よく聞く「マイナー」という言葉。

皆さんは、この言葉の意味をご存知ですか?
よく聞いていて、何となく分かっているけど、正確な言葉の意味はイマイチ分からない。

そんな言葉が、世の中には溢れています。

マイナーも、そんな言葉のひとつなのではないでしょうか。

筆者も、マイナーと言われると、何となくは分かっていますが、「説明して」と言われると自信がないのです。

色んなシーンで登場するマイナー。

今回は、この言葉の意味や、どんな所で使われるのか、その辺りを詳しく調べてみたいと思います。

皆さんも一緒に、マイナーの意味や使い方を覚えましょう♪

マイナーなことにも魅力はある

マイナーというと、筆者が真っ先に思い浮かぶのがマイナースポーツ。

この意味から考えると、あまり知られていないことや、人気がないことが、マイナーの意味なのかな?というイメージがあります。

ですが、マイナースポーツだって、それを行う人がいて、そのスポーツを広めようとしている人もいます。

そんな先駆者によって、マイナーがメジャーになっていくことだってあるんですよね。

つまり、マイナーといえど、そこには魅力があるということなんですよね。

ですので、人気がないというよりは、まだみんなが、その魅力に気付いていない。

って言ったほうが、いいのかもしれません。

それに、筆者のマイナーに対するイメージは、果たして正しいのだろうか?と、疑問も残りますね。

というわけでまずは、マイナーの正しい意味から調べていきたいと思います。

1.マイナーとは?


マイナーとは、辞書によると“小さい存在や少ないこと。重要でないさま”

また、“あまり知られていないさま。有名でないさま”とあります。

また、“音楽で、短調。短音階”などの意味もあるようです。

有名でないことが、人気が無いとは限らないので…筆者のイメージしていたマイナーの意味は、ちょっとズレているようですね(笑)遠くも無いけど、正解でも無い理解をしていたようです。

マイナーチェンジという言葉もありますが、これは“小さい存在”の意味から来ていて、“小さな手直し”という意味があるようです。

よく、車やパソコンなどで「マイナーチェンジした」なんて言われていますよね。

モデルチェンジと違って、部分的な仕様変更をすると、マイナーチェンジになるようです。

マイナーチェンジという言葉に対しても、筆者はイマイチ意味が分かっていませんでしたが、マイナーという意味から紐解いていくと理解が深まります。

ではさらに、マイナーの意味を詳しく見ていくこととしましょう。

1.知名度が低いこと

「知名度が低いこと」も、マイナーの意味となります。

“あまり知られていない”や“有名でないさま”の意味と同じ意味ですよね。

筆者が例に挙げた、「マイナーなスポーツ」は、この意味にあたるのでしょう。

ですので、知名度が低いスポーツということが出来ます。

ただ、知られていないというだけではなく、名前は知られているものの、競技人口が少な目だったりすると、マイナースポーツと言われるようなイメージもありますよね。

そもそも…マイナーの意味は“小さいことや少ないこと”が基本となっているようなので、マイナースポーツと言ったら、競技人口が少なく、規模の小さいスポーツと言った方が良いのかもしれません。

でも私たちは、マイナースポーツと聞くと、「知名度が低くてなんだか地味な存在」と思ってしまうところもありますよね…でもそれは、マイナーの意味というよりは、マイナーな存在に対する勝手なイメージによるものだと、思っておいた方が良いのかもしれません。

使われ方や使うシーンによって、知名度が低いスポーツなのか、競技人口が少ないスポーツなのかは、分からないということです。

分かりやすいところで言うと、フェンシング。

いとこがフェンシングをやっているので例に挙げさせてもらいますが…皆さん、フェンシングという競技は知ってはいますよね?だけど、マイナースポーツのイメージではありませんか?

筆者は、いとこがやっているだけによく知っているスポーツだけど、世間一般的には、マイナー枠というイメージがあります。

フェンシングの場合の意味は、知名度が低いというより、競技人口が少ないという意味になりますよね。

因みに、マイナーの反対はメジャーです。

もうひとつ分かりやすい言葉の例を挙げると、アメリカのプロ野球にはメジャーリーグとマイナーリーグがありますよね。

これも、“規模が大きいリーグ”と“規模が小さいリーグ”と言う意味で、知名度は関係ないそうです。

筆者のイメージでは、どちらかというと、知名度の意味だと思っていました。

規模が小さいとどうしても目立ちにくいので、勝手にマイナーリーグは知名度が低いほうって、思っちゃったんですね。

ただもちろん、メジャーなスポーツといえば、広く知られている有名なスポーツで、そういったスポーツは大抵規模も大きく、知名度も高い!と、両方兼ね備えていたりするので…イメージから意味がどんどん広がってしまったのかもしれません。

日本人の悪い癖ですよね(笑)

2.人があまり興味を持たないこと


また、「人があまり興味を持たないこと」も、マイナーの意味とされています。

ですがこれも、日本人的な意味の解釈によるもの。

と言ったほうがいいのでしょう。

実際、辞書には「人が興味を持たないこと」とまでは書かれていません。

筆者が、知られていない→知名度が低い→注目されていない→人気が無い!と思ったのと同じ流れで、マイナーなことは、結局は「人が興味を持っていないってことでしょ!」と思ってしまったんですね(笑)

なんだかマイナーが可哀想になってきました。

またフェンシングの例を出しますけど…実際フェンシングはマイナースポーツだと思うんです。

でも、オリンピックでメダルを取った選手がでてから、知名度は上がったはずです。

とはいえ、メジャーとは言えません。

それは、競技人口の少なさにあると思うのです。

ただ、そんなマイナースポーツであるフェンシングだけに、「興味を持たれていない」感覚もするのです。

その証拠に…去年いとこが国際大会に代表選手として出場するというので、その試合結果が気になって調べていたんです。

だけど、探しても探してもニュースは出てきません。

TVではやらないにしても、ネット上のスポーツニュース記事くらいは出るだろうと思っていたのですが、全くありませんでした。

この件があって、フェンシングって興味もたれてないんだなぁ…って、実感したんです。

結局、オリンピックで知名度は上がっても、みんなが興味があったのはメダルであり、メダルを摂った人。

なかなか、スポーツ自体に興味を持ってもらうことって難しいのでしょうね。

スポーツに限らなくても、知名度が低かったり、行っている人が少なかったりするマイナーなことは、なかなか人が興味を持たないことでもあるわけです。

これをマイナーの意味としてしまうのはズレているけど、そういった性質があるのも間違いありません。

3.あまり重要ではないこと

辞書でも解説されているように、「あまり重要ではないこと」も、マイナーの意味です。

“小さい”という意味には、“あまり重要でない”という意味も含まれますから、小さいことや少ないことの意味であるマイナーは、重要でないという意味にもなるんですよね。

もちろん、小さいことこそ重要だって考え方もあるけれど…「そんな小さいこと気にするな」なんて使われ方をすれば、「重要じゃないから気にすることないよ」という意味になりますからね。

ただ、これに関しては日本では、あまり“重要ではない”という意味で、マイナーが使われることは少ないような気がします。

マイナーだからこそ重要視されないというニュアンスは有りますが、どちらかといえば“知名度が低いこと”や、“少なくて目立たない存在”のような意味で使われることが多いですよね。

4.弱いこと

また、マイナーは「弱いこと」というニュアンスで使われることもあるそうです。

本来の意味にはないので、「小さい存在→弱い存在」という解釈によって、マイナーのひとつの意味とされているのでしょう。

確かに、小さい存在は注目されることもなく、何かの陰に隠れてしまいやすい存在です。

知名度が低ければ、重要視されることも無く、立場は弱いですからね。

またフェンシングの話を例に挙げると、こういった競技人口が少なくて結果が出ていないスポーツだと、オリンピックに向けた強化費なんかも少ないのだそう。

それが、オリンピックでメダルをとった選手が出てから、大幅に増えたと聞きました。

女子サッカーなんかもそうですよね。

ワールドカップで優勝するまでは、かなり弱い立場だったのではないかと思います。

日本代表の選手すら、アルバイトなどをしながら取り組んでいたと言いますしね。

スポーツでは、そういったマイナースポーツは弱い立場に立たされやすいのかな?って思います。

結果を出してようやく、日の目を見ることが出来るようになる…。

なんだか、世の中薄情ですよね。

もちろん、マイナーなことはスポーツ界に限りません。

弱い存在でありながらも、地道に愛し努力が続けられている分野が、いたるところに埋もれているのでしょう。

5.目立たないが可能性に溢れていること

「目立たないが可能性に溢れていること」…これは、マイナーの意味というよりは、マイナーの本質のようなものでしょうか。

先ほどもお話したように、弱い立場でありながらも地道に努力している人がいて、そこから這い上がってメジャーになっていく人や分野が、たくさんあるのも事実です。

それこそが、マイナーの魅力でもあるのでしょうね。

女子サッカーだって、今やマイナーとは言えないでしょう。

ニュースでも取り上げられるし、注目度も高いです。

フェンシングはなかなかそうはいかないみたいですけど、それだけ伸びしろがあるってことですからね!

もちろんスポーツ界以外にも、可能性に溢れていることは沢山あるのです。

特に近年は、SNSからじわじわと注目を集め、一気にメジャーになっていくことも多いですよね。

ピコ太郎さんなんかも、そうやってメジャーになったひとりなのではないでしょうか。

もともと芸人仲間からの評価は高かったと言いますしね。

どこでマイナーからメジャーに逆転するか分からない!そんな可能性を秘めているのが、マイナーなのです。

2.マイナーなことを極めれば第一人者になれるかも?!

マイナーなことは、知名度の低いことではありますが、それだけ、それを行っている人が少ないことでもあります。

つまり、穴場でもある!ということなんですよね。

これから何かを始めてトップをとりたい!という野望がある人は、そういったマイナーな分野を極めてみるのもひとつの手でしょう。

1.既に関わっている人が少ないから

関わっている人が少なく、極めれば第一人者になれるという可能性を秘めているのも、マイナーなことなのです。

因みに、またまたフェンシングの話をしちゃいますけど、今はいとこがフェンシングをやっていますが、かつてはその子の父親がフェンシングの選手でした。

筆者の叔父ですね。

その筆者の叔父がフェンシングを始めたキッカケがまさに、これだったそうです。

というより、筆者の母が当時、「あまり誰もやっていないスポーツだから、頑張れば日本一とかになれそうじゃない?」といって、フェンシングを進めたらしいのです。

そして叔父は、実際に日本一になった経験があるんですよね。

惜しくもオリンピックシーズンに優勝できずにオリンピックは逃したそうですが、マイナー競技を狙ってまんまと、トップに上り詰めたのです(笑)

2.意外な発見ができる可能性がある

もちろん、マイナーでやっている人が少ないからと言って、つまらないわけでもありません。

それぞれに魅力があって、その魅力に気付けばハマる!それが、マイナーなことでもあるでしょう。

これまでに知らなかった、新しい発見が出来るというのも、マイナーなことに挑戦してみるひとつの価値なのだと思います。

それに中には、そういったマイナーなことをやって、誰も知らないことを自分が知っている!ということに、喜びを感じられる人だっているんですよね。

筆者もどちらかと言えばこのタイプで、メジャーなことよりもマイナーなことのほうが、興味が沸いてしまいます。

買い物をするのにも、有名なブランド物よりは、無名の掘り出し物を見つける方が好きで、そんなマイナーなものを見つけた時の方が、テンションも上がるんですよね。

メジャーなことだって、もちろん極めてみて分かることも沢山あると思います。

だけど、マイナーなことにはゼロから発掘出来るという喜びもあるんです。

どちらを選ぶかは、自分次第なのです。

マイナーの具体的な例を紹介!

さて、ここからは、マイナーの具体例をご紹介していきましょう。

1.スポーツ界

スポーツ界は、マイナーの宝庫なのではないでしょうか。

存在は知られていても、まだまだ競技人口が少ないものは沢山ありますし、まったくの無名なスポーツだってありますよね。

でも確実に存在し、そのマイナースポーツの魅力を見い出している人がいるのです。

そんなマイナースポーツの世界を覗いてみるだけでも、新しい発見が沢山あるのかもしれません。

盛り上がっている所では盛り上がっている!

あなたもそんなスポーツを始めてみませんか?

1.マイナーリーグがあるスポーツも

マイナーリーグがあるスポーツと言えば、アメリカのプロ野球が有名です。

でもそれ以外にも、ホッケーやバスケットボール、フットボールやサッカー界などにもマイナーリーグは存在しているそうです。

ただこれらのスポーツは、マイナースポーツではなくメジャースポーツですよね。

ですので、メジャーリーグもあったうえで、マイナーリーグが存在するという位置づけです。

マイナースポーツの場合、これらのマイナーリーグとはちょっと意味が違ってくるでしょう。

そのスポーツにとってはメジャーリーグのような位置づけでも、そもそも小規模だからマイナーリーグということになってしまう。

といった感じでしょうか。

それでも、リーグが作られるほどであることを考えれば、マイナースポーツ界のなかでも、そこそこ競技人口が増えてきているものでもありますよね。

そうじゃないと、戦えませんからね。

盛り上がりを見せてきているからこそ、リーグが存在する。

それが、マイナースポーツのリーグなのでしょう。

2.グラススキー

マイナースポーツと言えば「グラススキー」がありますね。

筆者は知っていて、知っている人も居るんじゃないかと思いますが、まだまだ知名度的は低いのでしょう。

グラススキーは、グラス(緑の芝)の上でやるスキーです。

スキーと言えば、普通は雪の上を滑りますが、雪が必要ないので1年中できるスポーツです。

普通のスキーを思い浮かべてしまうと、なんだか雰囲気でないな~なんて思ってしまいますが、夏場にスキーの代わりに行うものとしても、やってみる価値はありそうですね。

そもそも、グラススキーはスキーのトレーニング用として開発されたのだそう。

だけど今では、世界選手権も開催されるなど、冬季スポーツとはまた別の地位を確立しつつあるようです。

寒さがとことんダメな筆者としては、スキーやるならグラススキーのほうがいいかもしれません。

だけど転んだら痛そうな感じもしちゃいますね。

3.水中ホッケー

マイナースポーツとしては、「水中ホッケー」なんていうスポーツもあるのだとか。

筆者はまったく知りませんでした。

ホッケーと言えば、アイスホッケーなら、皆さんパっと思い浮かびますよね。

パックをスティックで弾きながらゴールを狙う、かなりスピード感のある激しいスポーツです。

それを、水中で行うという水中ホッケー。

これはかなり、マイナー感がありますよ!
今、動画を見てみたのですが、水中なのでパックが水の抵抗をうけ、氷の上を滑っていくような感覚はありません。

短めのスティックで、運んでいくといった感じのようです。

しかも、プールの底でその取り合いが行われているのですから、息継ぎが大変!!

映像を見ているだけで、息苦しくなっちゃいました(笑)

しかも水中ですから、体力の消耗も激しそうです。

しかしながら、世界選手権だけではなく日本選手権もあり、社会人チームもあるそう。

とはいえ、まだまだ競技人口も少ないようなので、日本代表も目指せるかも!?

水中のマイナースポーツと言えば、水球は近年知名度が上がってきています。

同じように水中ホッケーも、盛り上がりを見せてくるのかもしれません。

ただ、水中ホッケーは、完全に水の中で行われているので、観戦しても状況がわかり辛そう…。

その辺も、なかなかメジャーになっていかない理由なのかもしれませんね。

4.インドアスカイダイビング

マイナースポーツには、「インドアスカイダイビング」というものもあるそうです。

スカイダイビングと言えば、空を飛ぶのが醍醐味のような気がしますが…風も無く、高さも無い室内で、どのように飛ぶのでしょうか。

インドアスカイダイビングでは、ウィンドトンネルという装置が使われるそう。

空を飛ぶときのような下からの空気抵抗を起こすことができる、大型扇風機のようなものらしいです。

アメリカやヨーロッパなどではすでに人気になっているようですが、日本では2016年に国内初の施設が出来たばかり!海外では大会も開かれているそうですから、今から始めて日本からの参戦も目指せるかもしれませんね。

本格的に行わないとしても、趣味としても楽しめそうですよ!

子供でも出来るそうなので、親子で浮遊体験をしてみるのもいいかもしれません。

それに、実際に空高くから飛び降りるとなると大がかりですが、室内なので手軽に出来そうですね。

5.パルクール

「パルクール」というのも、マイナースポーツとしてあるようです。

一言で言うと、“移動術”ということなのですが、それがまるで忍者のようだと話題になっているよう。

元々はフランス発祥で、特別な道具を使わずに身ひとつで壁を這い上がったり飛び降りたりする、パフォーマンス要素も強いものということです。

日本で活躍するパルクールチームの動画を見させてもらいましたが、まさに圧巻!

本来は障害物を乗り越えながら、いかに安全に、いかに効率的に目的地に移動するかを追求したものだそうですが、動画を見ていると高度な鬼ごっこみたい。

身体能力も相当高くないと難しそうなので、カッコイイパフォーマンスが出来るまでには鍛錬が必要そうです。

でもそのぶん、超カッコイイ!ことは間違いありません。

注目度は高そうです!

2.映画界

さて、ここまではスポーツ界のマイナー例をご紹介してきましたが、ここからは映画界のマイナーを調査してみましょう。

映画にも、実は埋もれているマイナー作品が沢山あるそう。

最近では、こういった映画がSNSで拡散されて、公開範囲が広がったりもしますよね。

コマーシャルがバンバン流されて話題になっている映画もいいですが、そんな資金はないけど良い作品というのも沢山あるのでしょう。

1.素人が作った映画

映画というと、著名な映画監督やキャストによって作られる作品を思い浮かべがちです。

でも、映画は自主制作でだって作れるんですよね。

そういった自主製作作品は、資金は少ないけどストーリーが凝っていたり、作者の思想が色濃く反映されていたりして、結構面白いのだそう。

少し前には、中学3年生が作った映画がすごい!と話題になったようです。

今はYouTubeなど、作品を見てもらえる場も用意されているので、そういった場所で才能が開花していくこともあるのでしょうね。

一昔前になると、携帯小説から人気が出て、書籍化や映画化されるということもありました。

それが今は、スマホ映画なのかも!

人気が出る前に、新人発掘のつもりでまだ知られていない作品を見つけてみるのも、面白いかもしれませんね。

2.中東やインドの映画

また、映画製作が盛んな国というイメージのない、中東やインドの映画。

日本ではまだまだマイナーな立ち位置ですが、ブームになりつつあるそうです。

少し前に、TVでもインド映画が特集されていたのを思い出します。

インド映画は、これまで私たちが見てきた映画とはちょっと雰囲気が違い、歌って踊っているシーンが多いことが特徴なんですよね。

筆者もチラッとしか見たことがありませんが、映画というよりミュージックビデオのような印象があります。

映画の固定概念を覆される!そんな映画に出会えたら、世界を見る目も変わるかもしれません。

3.地方のドキュメンタリー映画

国内のマイナーな映画としては、地方のテレビ局が作ったドキュメンタリー映画というのもあるんですよね。

こういったものも、見た人の口コミがSNSで拡散され、それが全国上映へと広まったりするのです。

特に地方では、その地元で抱えている問題や、歴史的な事件なども多いです。

そういったものを、地元ならではの目線で調査し、ドキュメンタリーとしてまとめているんですよね。

そこには知られざる物語が沢山埋もれているし、それを掘り起こすのこそ、地元局にしか出来ないことでもあるのでしょう。

そういったドキュメンタリーが話題を呼んで、モントリオールに招待された例もあるそうで、最近では地方のドキュメンタリー制作が活発になってきているようです。

こういった映画は、私たちの住む日本の歴史を知れる機会でもあり、とても意義のあるものとも言えるでしょう。

この機会に、マイナーな地方のドキュメンタリーを探してみては?

3.生き物

マイナーなものというと、モノ・コトを想像しがちですが、その対象は生き物である場合ももちろんあります。

ここからは、マイナーな生き物について見ていきましょう。

1.絶滅危惧種で目撃例が少ない生き物

少数という意味でのマイナーな生き物と言えば…絶滅危惧種で目撃例が少ない生き物が挙げられるでしょう。

個体数が少なく希少であるし、それゆえに見ることもままならない。

そんな貴重な生物は、マイナーな生き物と言えます。

日本でも、土地開発による森林伐採や、乱獲などによって個体数が減り、今は絶滅危惧種に指定されている生き物が沢山います。

海では、アオウミガメやアカウミガメ、空ではアホウドリやシマフクロウ、陸ではアマミノクロウサギやイリオモテヤマネコ等々。

保護によって個体数が回復してきた生き物もあれば、回復していない生き物もあります。

つい先日も、絶滅したとされていたニホンカワウソ発見か!?というニュースがありました。

これが本当なら、これほどマイナーな動物はいないかも…。

マイナーな生き物に関しては、それを見つける喜びもありますが、マイナーながらも生き延びているその命を守っていくことも、考えていかなければなりませんよね。

2.まだメディアでの露出度が高くない芸能人

また、生き物と言えば生き物ですが…マイナーな人間もいますよね。

この場合は、少数ってことではなく、まだメディア露出がすくない芸能人等です。

先程例に挙げた、ピコ太郎こと小坂大魔王さんも、ピコ太郎として人気が爆発するまでは、マイナーな芸人さんでしたよね。

もちろん、まだまだこれから!という人や、長年地道になってきてようやく花開く人まで、芸能人にも様々なタイプの人がいるでしょう。

特に今は、いつどこで、何によって注目を浴びることになるかなんて分かりません。

本人も意図しないところで話題になり、一気に有名になっていくことも多いですよね。

そう考えると、マイナーであっても頑張り続けることに、希望も見いだせるのかもしれません。

私たちも、まだ知名度の低い芸能人を見つけ、応援してあげるのもまた、楽しいかもしれませんね。

3.たくさんの人に知られていないものをこだわって使っている人

マイナーな人で言うと、たくさんの人に知られていないものをこだわって使っている人等も挙げられます。

それを作っている人もまた、マイナーな人と言えるでしょう。

筆者も、有名ブランド品よりも、無名の掘り出し物を見つけるのが好きだとお話しました。

つまり、筆者もマイナーな人というわけです。

そんなマイナーな人間から言わせてもらえば、マイナーの醍醐味は、安心より挑戦!なのかもしれません。

まだ知られていないような物を使うのって、勇気がいりますよね。

失敗したら嫌ですから。

だけど、安心ばかりを求めていたら、みんなと同じ。

右に習えになっちゃいます。

筆者はそれよりも、挑戦のほうがワクワクする。

だから、マイナーに走るんですよね。

筆者は物作りも好きですが、作り方が分からないものを、試行錯誤しながら作ってみるのが好きです。

失敗することの方が多いですが、その挑戦こそが、マイナー分野を攻める醍醐味。

こだわりを持ってモノを生み出している人も沢山いるし、そういう人の作品は隠れた魅力があるものです。

そしてそれを使う側も、マイナーの一員になれるわけです。

あなたも掘り出し物、探してみませんか?