CoCoSiA(ココシア)

マイナーとはどういう意味?具体的な例を色んなカテゴリーでも紹介!


よく聞く「マイナー」という言葉。

皆さんは、この言葉の意味をご存知ですか?

よく聞いていて、何となく分かっているけど、正確な言葉の意味はイマイチ分からない。

そんな言葉が、世の中には溢れています。

マイナーも、そんな言葉のひとつなのではないでしょうか。

筆者も、マイナーと言われると、何となくは分かっていますが、「説明して」と言われると自信がないのです。

色んなシーンで登場するマイナー。

今回は、この言葉の意味や、どんな所で使われるのか、その辺りを詳しく調べてみたいと思います。

皆さんも一緒に、マイナーの意味や使い方を覚えましょう♪

マイナーなことにも魅力はある

マイナーというと、筆者が真っ先に思い浮かぶのがマイナースポーツ。

この意味から考えると、あまり知られていないことや、人気がないことが、マイナーの意味なのかな?というイメージがあります。

ですが、マイナースポーツだって、それを行う人がいて、そのスポーツを広めようとしている人もいます。

そんな先駆者によって、マイナーがメジャーになっていくことだってあるんですよね。

つまり、マイナーといえど、そこには魅力があるということなんですよね。

ですので、人気がないというよりは、まだみんなが、その魅力に気付いていない。

って言ったほうが、いいのかもしれません。

それに、筆者のマイナーに対するイメージは、果たして正しいのだろうか?と、疑問も残りますね。

というわけでまずは、マイナーの正しい意味から調べていきたいと思います。

1.マイナーとは?


マイナーとは、辞書によると“小さい存在や少ないこと。重要でないさま”

また、“あまり知られていないさま。有名でないさま”とあります。

また、“音楽で、短調。短音階”などの意味もあるようです。

有名でないことが、人気が無いとは限らないので…。

筆者のイメージしていたマイナーの意味は、ちょっとズレているようですね(笑)

遠くも無いけど、正解でも無い理解をしていたようです。

マイナーチェンジという言葉もありますが、これは“小さい存在”の意味から来ていて、“小さな手直し”という意味があるようです。

よく、車やパソコンなどで「マイナーチェンジした」なんて言われていますよね。

モデルチェンジと違って、部分的な仕様変更をすると、マイナーチェンジになるようです。

マイナーチェンジという言葉に対しても、筆者はイマイチ意味が分かっていませんでしたが、マイナーという意味から紐解いていくと理解が深まります。

ではさらに、マイナーの意味を詳しく見ていくこととしましょう。

1.知名度が低いこと

「知名度が低いこと」も、マイナーの意味となります。

“あまり知られていない”や“有名でないさま”の意味と同じ意味ですよね。

筆者が例に挙げた、「マイナーなスポーツ」は、この意味にあたるのでしょう。

ですので、知名度が低いスポーツということが出来ます。

ただ、知られていないというだけではなく、名前は知られているものの、競技人口が少な目だったりすると、マイナースポーツと言われるようなイメージもありますよね。

そもそも…マイナーの意味は“小さいことや少ないこと”が基本となっているようなのす。

マイナースポーツと言ったら、競技人口が少なく、規模の小さいスポーツと言った方が良いのかもしれません。

でも私たちは、マイナースポーツと聞くと、「知名度が低くてなんだか地味な存在」と思ってしまうところもありますよね…。

でもそれは、マイナーの意味というよりは、マイナーな存在に対する勝手なイメージによるものだと、思っておいた方が良いのかもしれません。

使われ方や使うシーンによって、知名度が低いスポーツなのか、競技人口が少ないスポーツなのかは、分からないということです。

分かりやすいところで言うと、フェンシング。

いとこがフェンシングをやっているので例に挙げさせてもらいますが…。

皆さん、フェンシングという競技は知ってはいますよね?だけど、マイナースポーツのイメージではありませんか?

筆者は、いとこがやっているだけによく知っているスポーツだけど、世間一般的には、マイナー枠というイメージがあります。

フェンシングの場合の意味は、知名度が低いというより、競技人口が少ないという意味になりますよね。

因みに、マイナーの反対はメジャーです。

もうひとつ分かりやすい言葉の例を挙げると、アメリカのプロ野球にはメジャーリーグとマイナーリーグがありますよね。