CoCoSiA(ココシア)

貴重とはどういう意味?具体的な例も紹介します


「貴重」という言葉って、きっと皆さん、ごく自然に使っているのではないでしょうか。

この意味について、深く考えることもあまりなく、貴重なモノやコトって、潜在的に分かるものだったりしますよね。

そんな当たり前に使われるこの言葉の意味について、今回は掘り下げて考えてみたいと思います。

そしたら今よりもっと、貴重という言葉が意味する価値を、実感できるようになるかもしれません。

「貴重」は良く使う言葉ですが・・・

貴重は、よく使う身近な言葉でもありますよね。

だけどその意味を説明しようとすると…筆者なら「大事なもの」くらいしか答えられません。

だけど、「大事なもの」という説明では、ちょっと不足があるように思いますよね。

これだけでは、貴重の貴重さも、貴重の価値も…貴重であることの本質が、伝わらないように思います。

筆者のように、貴重の意味が説明できないということは、貴重という言葉が示すその本質を、本当は理解出来ていないということにもなると思います。

貴重なモノ・コトの価値をもっとちゃんと理解するためにも、まずは貴重の意味、貴重とは何なのかを、しっかり確認しておきましょう。

貴重の意味


日本語って、ひとつの言葉に沢山の意味や意義を、含んでいたりしますよね。

また、言葉を使う時のニュアンスや、使われる状況によって、その言葉の意味は少しずつ変わってきたりします。

それが日本語の難しいところであり、面白いところでもあるでしょう。

貴重という言葉にも、沢山の意味が含まれています。

基本的には、どれもポジティブな意味合いですが、貴重という言葉が示すものは、実に多岐に渡ります。

普段何気なく使うこともある貴重という言葉。

貴重なことって、それだけ私たちの身近にも溢れているということですよね。

貴重の意味をひとつひとつ見ていくと、沢山の貴重なモノやコトに、気付かされる思いです。

分かっているつもりでも気づいていない貴重…。

意味をひとつひとつ確認しながら、身近な貴重を見つけてみませんか?
それではさっそく、貴重という言葉を紐解いていきましょう。

1.とても大切であること

貴重の意味として代表的な「とても大切であること」。

この意味に関しては、皆さんも何となく想像していますよね。

筆者も、「大事なこと」と表現しましたが、要は大切なことです。

ただし貴重という意味に当てはめるなら、“とても”大切であること。

と言った方が、確かにしっくりきますよね。

貴重の意味を辞書で調べてみても、真っ先に“きわめて大切なこと”と出てきました。

ただ、大切という言葉も沢山の意味を含んだ言葉ですよね。

というわけで大切の意味を調べてみると…“値打ちが大きいさま・丁寧に扱うさま”とありました。

そう考えると…大切という意味においての貴重には、「自分にとって」という意味合いが強いのかもしれませんね。

自分にとって大切だと感じるコト・モノ・人は、貴重だと感じます。

もちろん、それが人々にとって同じように大切である場合も多いですが、その価値は、まず自分がよく理解出来ていないと、感じられないものでもあるでしょう。

自分が理解していてこそ、自然と大切なものを丁寧に扱おうという気持ちも芽生えてくるのだと思います。

ですので、貴重の意味は、自分がとても大切にしているモノや人、大切にしたいと思うコトと言うことが出来ます。

この意味で言うと、自分が持っているお金や高価な品などが、それに当てはまりますよね。

お財布等は、貴重品とも表現されますから、最も身近な“貴重”だと言えるのではないでしょうか。

2.珍しいもの


貴重の意味としては、「珍しいもの」も挙げられます。

珍しいの意味は、“ありふれておらず、興味が引かれること”や“機会が少ないこと”。

また、“目新しいこと”などになります。

この「珍しい」という言葉から意義を考えてみると、「希少性のあること」や「頻度が非常に少ないこと」が貴重の意味だと捉えることが出来ますね。

この様に、滅多に起こらない稀なことやレアなこと、珍しく希少価値のあるものなどは、私たちの日常では簡単に出会うことができないモノや出来事です。

そういった希少なものを見ることができたり、滅多に会うことができない人に会えたりすることは、とても貴重な体験や時間となります。

もちろん、その物事自体が貴重であり、それは多くの人にとって、同じように貴重な存在であることが多いでしょう。

例えば、オーロラを見ることなどは珍しくて、貴重な体験となりますよね。

見られる場所も限られ、様々な気象条件が揃わないとならないので、オーロラを見に行って実際に見られるかどうかは運次第。