日本語の使い方は難しいです。

普段、何気なく使っている言葉も突き詰めて考えると、本来の意味と全く違った用途で使用していた例も沢山ありそうです。

例えば「一生懸命」と「一所懸命」の違い。

皆さん、きちんと理路明善に説明できるでしょうか?

それでは、今回はこの「一生懸命」と「一所懸命」について詳しくみていきたいと思います。

その意味や類義語から使い方、例文など。

あらゆる角度から「一生懸命」と「一所懸命」を分析していきたいと思います。

一生懸命とは

それではまず「一生懸命」から見てまいりましょう。

日常的に良く使われるこの言葉。

では、実際、辞書で調べたらどのような意味なのでしょうか。

そして正しい使い方はどうなるのでしょうか。

それでは参りましょう。

辞書による意味

一生懸命を辞書で調べてみますと

1 命がけで事にあたること。また、そのさま。

2 引くに引けない切羽詰まった場合、瀬戸際。

 
(http://dictionary.goo.ne.jp/jn/13339/meaning/m0u/「goo辞書」からの引用)

ちょっと硬い感じですが、大体の意味はつかめた感じはしますね。

要するに命を懸けて何かを成し遂げようとするさまを表現した言葉のようです。

英訳した意味

それでは次に「一生懸命」の英訳版を見てみましょう。

普通に単語で表すと

「hard」「earnest」「solemn」「sincere」

という単語が用いられるようです。

これらの単語の意味、所要する場面において意味合いが変わってきそうですね。

では一つずつ、意味をみてみますと

Hard=堅い、重労働、すてきな、素晴らしい、難しい、骨の折れる、厳しい、勤勉などとなっています。

「hard」の意味の広さは受験における泣き所かもしれませんね。

使われ方によって意味がコロッと変わりますので。

Earnest=まじめな、真剣な、一生懸命な、本気の、熱心な、となります。

この時点では「一生懸命」に最も近い意味を持った単語のようです。

Solemn=厳粛な、まじめな、重々しい、厳かな、偽りのない、となっています。

ちょっとニュアンス的に違ってきているような気もします。

Sincere=偽りのない、率直な、誠実な、まじめな、真摯な、という意味です。

これも単語だけでみたらちょっとかけ離れているような感じです。

次に英訳した例文をみてみましょう。

英訳した例文

Try as hard as one can (一生懸命やる)

Be determined to do / be intent on doing (…に一生懸命になっている)

Work hard / work as hard as one can (一生懸命に働く)

という感じです。

ううん、こんな簡単な言葉のはずなのに英文の文法が結構、シビアに迫ってきている感じですね。

この時点で早々と英語の授業についていけないムードが漂ってきました。

言葉の使用状況の違いにおいて、使われる単語が根本的に変わってきています。

これが日本語を英訳するややこしさなのでしょう。

まあ、日本において英会話をマスターしている人はまだまだ少ないので、英語での意味の追求はこれくらいで勘弁してくださいね。

一生懸命の類義語

では次に「一生懸命」と意味は同じでも書き方や読み方が違う類義語を紹介していきますね。

「仕事熱心」「勉強熱心」「熱心」「ひたむき」「専心」「力一杯」「一意専心」「一心一意」「一心不乱」「鋭意」「専念」「精一杯」「精進」「誠心誠意」など。

(一部weblio類語辞典から引用http://thesaurus.weblio.jp/content/%E4%B8%80%E7%94%9F%E6%87%B8%E5%91%BD)

取りあえずこれくらいでいいのではんばいでしょうか?

とにかく汗を流してひたむきに取り組んでいる様を表している様子が伺えそうな感じはどの言葉からもしてきますよね。

ただ、日常的にはあまり使われない言葉も結構あります。

「一意専心」だとか「一心一意」などは相撲の伝達式の口上のような感じでかしこまり過ぎているような意味合いに取れますよね。

「精一杯」だとか「鋭意」くらいなら日常において結構使われているのではないでしょうか?

「一生懸命~する」と「がんばって~する」の違い

では「一生懸命~する」と言う場合と「がんばって~する」の違いを見てみたいと思います(何か国語の授業のようになってきました)。

まず「一生懸命」の方は、その様態のみを言い表しているのに対して「がんばって」は態様そのものよりもそこに引っ付いてくる付加価値の部分の方に重きをおいているようですね。

例を出してみます。

「勉強する」という言葉に一生懸命をつけてみると、ただ単に一生懸命、勉強しているという好意のみを言い表しているようです、

一方の「がんばって」の方。

何故、勉強しているのか、何か目的があって勉強しているのか?というおまけの付加価値が備わってきます。

だから、「がんばって~」で始まる文章は、勉強している様子については大きく問われていないようですね。

いやあ、日本語って、本当に難しい言語ですねえ。

一生懸命の使い方

では、一生懸命という言葉の実際の使い方をみていきましょう。

まあ、日頃、よく使っている言葉ですからあまり気負わずに自然に考えればいいじゃんないかと思いますよ。

一生懸命を使った例文

一生懸命を使った例文を挙げていきます。

「私は別れた彼女との復縁に一生懸命だった」

「明日中に仕上げなければならないこの仕事。今日中に徹夜をしてでも仕上げなければならないので一生懸命だった」

「今度のテストで100点取ればお母さんから何でも好きなものを買ってもらえるので、一生懸命、勉強した」

「8勝7敗で今場所、勝ち起こしたお相撲さんのコメント、{毎日、一生懸命に稽古したおかげです}」などなど。

大体、こんな感じでいいのではないでしょうか?

特に難しく考えてしまうと使用すること事態が不自然になってしまうかも分かりませんので、肩の力を抜いて自然体で使用しましょうね。

一所懸命とは

それでは次に一所懸命についてです。

「一生懸命」と「一所懸命」。

一体どちらが正しいのでしょうか?じっくりと見ていきましょうね。

辞書による意味

では、辞書による意味を紹介いたします。

1 中世、一か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること。また、その領地。

2 命がけで物事をすること。またそのさま。必死。一生懸命。
  

(以上、goo国語辞書よりhttp://dictionary.goo.ne.jp/jn/13350/meaning/m0u/)

1 贈った一か所の領地を生命にかけて生活の頼みとすること。またその領地。

2 物事を命がけですること。必死。一生懸命。
   

以上、広辞苑より

となっています。

どちらも大きな意味的でみたら「一生懸命」とよく似ています。

違うのは命を懸けるよりどころが領地であるかないか、という事でしょうか。

こうやってみると、この言葉は先人たちの支配階級と支配されていた階級とが出来上がってきた時代に遡って出来上がったようなイメージを受けますね。

そして領地という言葉を使用しているところを見ると、世に武士が出現し始めた時代がこの言葉が誕生してきたヒントになっているかも分かりません。

恐らく鎌倉時代あたりからでしょうか?

下級武士が領地を賜ってそれを生活の糧にすべく必死になって守ってきた経緯が生まれたのは。

そして戦国時代に入り、武力に勝るものがより多くの領地を得んとするがため、隣国の領地を次から次へと奪い合い始めます。

まさに生活の糧なる領地を守るため、領民たちは命懸けの戦いを行ってきました。

どうやら一所懸命の意味はこのあたりにあるのかもしれませんね。

一所懸命の類義語