CoCoSiA(ココシア)

経緯を確認するための7個の注意点。事実だけを時系列に!

 
生きていれば、必ず経緯を説明するような場面に出会うことでしょう。

人間が生きている世界はとても流動的なものです。

時間も必ず前に進んでいますし、絶え間なく色々な出来事が起こっています。

その流動的な出来事と出来事の流れの説明を求められるのが経緯の説明です。

経緯を説明する場合には色々なことを伝えなければいけないですし、説明下手な人にとっては苦痛ともなりかねないものであることには違いがないでしょう。

ここでは、説明を求められた場合、それから、聞かなければいけない場面で、どのようなことをポイントとすれば良いのかについて詳しくご紹介します。

どちらも難しいからこそ、きちんとしたポイントを知っておかなければいけないのです。

経緯の説明が難しいものだと感じている方、どうやっても誰から説明されても何となく経緯を理解するのが難しいという方は、ぜひ、これを読んで「経緯への接し方」を学んでみてくださいね。

️経緯の確認ってどうやるの?

 経緯の確認とはそもそもどのように行うのでしょうか。

経緯の確認と言うと警察が行って良そうなことのように思えますが、経緯の確認をするのは警察だけではありません。

何か起こった後の結果を見て、どうしてそれが怒ったのかということを知りたい時には、経緯を説明してもらう必要があります。

またそういった説明を求められることもあるのです。

経緯を説明する場合にはどのようなことを求められているのでしょうか。

経緯の意味


 まずここでは経緯の意味について見てみることにしましょう。

「経緯を説明してほしい」と言われたとしても、それが何を指しているのか分からなくてはどうしようもないですよね。

経緯と言われたときに何を指しているのかということについては、文脈や状況を見て答えるようにしてくださいね。

物事の入り組んだ事情

 経緯と言う言葉には、流動的な意味だけではなく物事の入り組んだ事情という意味も含まれています。

事情と言うと一言で済んでしまいそうですが、経緯と言う言葉で表現するような場合には、それがとても複雑だということを意味します。

時系列順に説明しなければ理解してもらうことができないような、とても複雑な事情のことを、流動的な物事の過程のことを指す経緯と言う言葉で表現しているのです。

事件の経過


 事件の経過と言うのも、経緯の一般的な意味の一つです。

物事から物事への推移、それが起こった背景など、敬意を「事件の経過」賭してみる場合には、かなりたくさんのことを説明しなくてはならなくなりますね。

経緯を説明しろと言われている場合には、これを説明しろと言われている場合が多いということを覚えておきましょう。

経緯の2つの読み方

 経緯には実は二つの読み方があるということをご存知でしたか?経緯と言う感じだけ見ると、普通に読んでしまいたくなるものですが、実は面白いことに二種類の読み方があるのです。

それが以下の二つです。

どちらも意味は同じ

 経緯と言う感じは「けいい」と読むこともできますし、訓読みのように「いきさつ」と読むこともできます。

どちらで呼んだとしてもその意味は変わりません。

上述したような意味になっていることに違いはありませんから、どちらでも間違いとは言えませんね。

ただし漢字のテストなどでは「けいい」と答えた方が無難かもしれません。

訓読み風の「いきさつ」の読み方はあまり有名だとは言えませんからね。

️経緯を説明するときに伝えること

 ビジネスシーンで会ってもほかの場面であっても、自分が経緯を説明する側になるというのはよくあることでしょう。

相手から何があったのかということの説明を求められることも珍しくはないはずです。

何があったのか詳しいことを知っているのは自分だけということもあるかもしれませんね。

そんなときには経緯をしっかりと説明できるようになっておくことが大切です。

経緯を説明するというのは、他のことを説明するよりもきちんと順序だてて説明しなければいけないので難しいものです。

特に、誰かに説明するのが苦手だという方は、経緯を説明するのが一番苦手かもしれません。

緊張してしまい、それが余計に説明下手な状態にしてしまうに違いないでしょう。

きちんと経緯を説明できるようになるためには、ポイントを押さえることが大切です。

ポイントを押さえてさえいればきちんと説明できるようになるでしょう。

ここではいくつかのポイントをご紹介しますので、敬意をしなければいけないようなことがあれば、以下のポイントを押さえたような説明を心がけるようにしてください。

流れで説明する

 経緯と言うのは基本的には流れから成っています。

物事の流れになっているのが経緯なのですから、それをきちんと流れで説明できるようにしましょう。