生きていれば、必ず経緯を説明するような場面に出会うことでしょう。

人間が生きている世界はとても流動的なものです。

時間も必ず前に進んでいますし、絶え間なく色々な出来事が起こっています。

その流動的な出来事と出来事の流れの説明を求められるのが経緯の説明です。

経緯を説明する場合には色々なことを伝えなければいけないですし、説明下手な人にとっては苦痛ともなりかねないものであることには違いがないでしょう。

ここでは、説明を求められた場合、それから、聞かなければいけない場面で、どのようなことをポイントとすれば良いのかについて詳しくご紹介します。

どちらも難しいからこそ、きちんとしたポイントを知っておかなければいけないのです。

経緯の説明が難しいものだと感じている方、どうやっても誰から説明されても何となく経緯を理解するのが難しいという方は、ぜひ、これを読んで「経緯への接し方」を学んでみてくださいね。

️経緯の確認ってどうやるの?

 経緯の確認とはそもそもどのように行うのでしょうか。

経緯の確認と言うと警察が行って良そうなことのように思えますが、経緯の確認をするのは警察だけではありません。

何か起こった後の結果を見て、どうしてそれが怒ったのかということを知りたい時には、経緯を説明してもらう必要があります。

またそういった説明を求められることもあるのです。

経緯を説明する場合にはどのようなことを求められているのでしょうか。

経緯の意味


 まずここでは経緯の意味について見てみることにしましょう。

「経緯を説明してほしい」と言われたとしても、それが何を指しているのか分からなくてはどうしようもないですよね。

経緯と言われたときに何を指しているのかということについては、文脈や状況を見て答えるようにしてくださいね。

物事の入り組んだ事情

 経緯と言う言葉には、流動的な意味だけではなく物事の入り組んだ事情という意味も含まれています。

事情と言うと一言で済んでしまいそうですが、経緯と言う言葉で表現するような場合には、それがとても複雑だということを意味します。

時系列順に説明しなければ理解してもらうことができないような、とても複雑な事情のことを、流動的な物事の過程のことを指す経緯と言う言葉で表現しているのです。

事件の経過


 事件の経過と言うのも、経緯の一般的な意味の一つです。

物事から物事への推移、それが起こった背景など、敬意を「事件の経過」賭してみる場合には、かなりたくさんのことを説明しなくてはならなくなりますね。

経緯を説明しろと言われている場合には、これを説明しろと言われている場合が多いということを覚えておきましょう。

経緯の2つの読み方

 経緯には実は二つの読み方があるということをご存知でしたか?経緯と言う感じだけ見ると、普通に読んでしまいたくなるものですが、実は面白いことに二種類の読み方があるのです。

それが以下の二つです。

どちらも意味は同じ

 経緯と言う感じは「けいい」と読むこともできますし、訓読みのように「いきさつ」と読むこともできます。

どちらで呼んだとしてもその意味は変わりません。

上述したような意味になっていることに違いはありませんから、どちらでも間違いとは言えませんね。

ただし漢字のテストなどでは「けいい」と答えた方が無難かもしれません。

訓読み風の「いきさつ」の読み方はあまり有名だとは言えませんからね。

️経緯を説明するときに伝えること

 ビジネスシーンで会ってもほかの場面であっても、自分が経緯を説明する側になるというのはよくあることでしょう。

相手から何があったのかということの説明を求められることも珍しくはないはずです。

何があったのか詳しいことを知っているのは自分だけということもあるかもしれませんね。

そんなときには経緯をしっかりと説明できるようになっておくことが大切です。

経緯を説明するというのは、他のことを説明するよりもきちんと順序だてて説明しなければいけないので難しいものです。

特に、誰かに説明するのが苦手だという方は、経緯を説明するのが一番苦手かもしれません。

緊張してしまい、それが余計に説明下手な状態にしてしまうに違いないでしょう。

きちんと経緯を説明できるようになるためには、ポイントを押さえることが大切です。

ポイントを押さえてさえいればきちんと説明できるようになるでしょう。

ここではいくつかのポイントをご紹介しますので、敬意をしなければいけないようなことがあれば、以下のポイントを押さえたような説明を心がけるようにしてください。

流れで説明する

 経緯と言うのは基本的には流れから成っています。

物事の流れになっているのが経緯なのですから、それをきちんと流れで説明できるようにしましょう。

その流れが分からないようでは、聞いている方が敬意を理解することができません。

詳細を説明することももちろん必要です。

詳細が分かっていれば良いと思って、説明が色々なところに飛んで行ってしまうかもしれませんが、それではいけないのです。

枝葉の部分も必要としていることはあるかもしれませんが、それよりも先に幹の部分が分かっていなければ、話を聞いていても困惑するだけです。

きちんと話の流れが分かるように、話しを十女だてることを忘れないようにしてください。

常に流れを意識しながら詳細を説明すれば、相手も自分の頭の中で流れを作ることができます。

自分が説明していることが何なのかが分からなくなってしまう、説明をしていながら、経緯のどこの部分を説明しているか分からないようなことがあってはダメですね。

流れは常に意識するようにしてください。

出来事

 流れを意識しながらも、出来事の説明を忘れてはいけません。

経緯というのは、出来事から出来事への変化のことを言いますよね。

その出来事についてもきちんと説明していなければ、何から何に変わったのかということが分からなくて、相手も効きながら不安に思ってしまうのではないでしょうか。

出来事を説明するときには、きちんと流れで説明するようにしながらも、その流れの中で出来事がどのような役割を果たしていたのか詳細に世悦明してみてください。

出来事は、他の出来事との関係性の中で生きていることがあります。

その出来事のユニークなところ、他の出来事と違うところ、他の出来事に影響を及ぼしたところは分かるようにしておいた方が良いですね。

流れの中に独立した箱のようなものがあり、その箱の中に出来事の詳細があると考えましょう。

もちろん、箱の形や色も出来事で成り立っています。

流れから外れた箱ができることのないように、流れから浮いてしまう箱がないように、そして、情報量の少ない空き箱ができることのないように、しっかりと出来事のアウトラインから詳細までを説明してあげてください。

過程

 家庭を説明することも必要です。

流れと家庭は少し違います。

全体を形作って見せてあげるのが流れですが、過程というのは出来事から出来事までの変化を詳細に説明することを言います。

きちんとした大きな流れだけではなく、きちんと変化についても説明してあげてください。

特に、どうして変化したのかということは家庭を説明する上では大切です。

さらに変化の段階をきちんと終えるように説明してあげると、「どのように変化したのか」と言う部分を埋めることができます。

何かを説明しようとするときには、全体の流れと出来事の詳細ばかりが気になってしまうかもしれませんが、その間を埋めるような過程もきちんと説明しなければ、何が怒っているのか理解しにくくなってしまいます。

経緯を説明する場合には、ただ単に独立の出来事を説明するときとは違って、動きのある物事について説明することとなります。

どのような段階を経て変わっていったのかということは、流動的な物事を決めるのには絶対的に必要なものとなるでしょう。

しっかりと間を埋めることができるように、過程を分かりやすく説明してください。

もし、そちらの方が分かりやすいというのなら、あまり複雑な説明にする必要はありません。

シンプルであっても、きちんと流れが分かるようになっていれば問題ありません。

むしろ、詳細に説明しすぎて出来事の説明のようになるのは避けた方が良いでしょう。

過程は出来事とは異なりますから、その違いをはっきりとさせてあげてください。

結果

 結果を説明することも大切です。

経緯を説明することになったということは、何らかの結果が出たということになります。

結果は実際には相手に見えているということもあるでしょう。

相手にとっては結果を目の前にしており、その経緯の説明ばかりを求めているかもしれません。

ですが、だからといって結果を言うことを省いてはいけません。

流れの中では絶対に結果が必要なのです。

結果がきちんと目の前にあるとしても、そこに至る過程や出来事を説明してきたのなら、その行き着くゴールの部分をしっかりと忘れずに言うようにしてください。

もし、相手の目の前に結果が見えているようなら、その結果の説明を詳しくする必要はありませんが、話しのゴールとして触れることは必要です。

もし、相手に結果が見えていないようなら、きちんと結果も出来事の一つとして詳細に説明する必要があります。

結果がなければ、話しの中で締める部分ができずに、流れが止まらずに終わってしまいます。

流れを作ったのなら、それが止まるところもきちんと示してあげなければ不親切と言ものでしょう。

理由

 もし説明をできるのなら、その経緯の理由も説明すると良いかもしれません。

変化の理由はあった方が分かりやすくなるからです。

また、もし分かるのなら、その流れが起こった背景を説明するというのも良いでしょう。

背景を説明することで、変化が起こった理由が分かるからです。

経緯ばかりを淡々と説明していても、それを分かることと理解することは違います。

もし、その理由が分かっているのなら、相手への理解を助けるために理由を説明してあげてください。

その経緯を説明した場合に、理由がなければ理解がしにくいような状態になら、きちんと詳細に理由を説明することが必要でしょう。

もし、理由がなくても分かるようなら、あまり説明しなくても大丈夫ですが、軽く言っておけば相手が理解してくれやすくなります。

どれか1つだけでは経緯にならない

 経緯を説明するときに絶対に覚えておかなければいけないのは、どれか一つだけを説明するだけでは意味がないということです。

例えば、出来事の一つだけを説明するだけでは、それは物事の説明で会って経緯の説明ではありません。

ただの出来事の説明と言うだけでは、聞いている人は経緯を理解してくれることはないでしょう。

また、過程を一つだけ説明したところで何が怒っているのかを理解できないはずです。

理由だけを説明したところで、何が起こったのかという説明にはなっていませんし、結果だけを言っても、そこに至る過程を知ることができなければ、敬意を上手に説明できているとは言えません。

経緯を説明するのが難しいのは、そのうちの一つだけを説明するのだけでも難しいのに、さらに他のことまで関係性を見つけて説明しなければいけないからです。

どれか説明をするだけでも難しいですが、経緯の説明を求められている場合には、一つだけを取り出すようなことはしないでください。

きちんと相手が何を求めているのか、どうすれば経緯について分かってもらうことができるのかを考えましょう。

最初は難しい言葉を使う必要はありません。

ただ、ぶつぶつと単体での出来事を説明するだけでは、経緯の説明とはならないです。

時系列でしっかりまとめて話す

 経緯を説明する場合には、しっかりと時系列をまとめて話すようにしてください。

時系列と言うのは経緯を説明する上では絶対に必要です。

流れを説明する場合に、時系列はとても役に立つツールだと言えるでしょう。

時系列をしっかりさせておくことができれば、詳しい説明をしなくても流れを理解してもらうことができるからです。

物事は必ず時系列の通りに進んでいます。

SFの作品の経緯を説明するのでもなければ、経緯は基本的に過去から未来に向かって進んでいるのです。

時系列をまとめることができれば、経緯を説明するのは、その流れに沿って出来事と過程を説明するだけです。

さらには結果で流れのゴール店を示してあげればよいので、一番難しい流れの部分の説明を省くことができるです。

時系列を口で説明するのは難しいですが、もし、自分の口では説明するのが難しいようなら、書いて説明しましょう。

口で説明しなければいけない場合には、出来事の説明の前に日時を言うようにすれば良いのです。

後は時系列のまとめを、聞いている人の理解に任せるという方法でも良いでしょう。