CoCoSiA(ココシア)

負のスパイラルになっている原因と15個の抜け出す方法


おそらくほとんどの人が人生に1回は負のスパイラルというものを体験したことがあるのではないでしょうか。

何をやってもうまくいかない。

どう対処していいかわからない。

やることなすことが空回りばかりする。

そんな経験があるはずです。

これは負のスパイラルに陥っていることであり、なかなかその状況を打破するのは難しいです。

また、自分では負のスパイラルに陥っていると認識できても周りがそのことに気づいていない可能性があり、周りからも支援がいただけない状況になるなど最悪な場面に出くわす危険性もあります。

では、なぜ人は負のスパイラルに陥るのでしょうか。

原因は様々であり、いろいろな要因が考えられます。

人の性格によって様々なことが原因になっているので一概にこれが原因だとは言うことができません。

また、負のスパイラルに陥ってしまった時にどう対処すれば良いのかという対策や方法ですが、これも人によって様々です。

今回、こちらの記事では負のスパイラルに関して説明します。

なぜ、そのような状況に陥るのかといった原因や、陥った場合の対処法などについて具体的に説明します。

おそらくほとんどの人が負のスパイラルから抜け出したいと考えていると思います。

そんな人たちのためのアドバイスとなるように多くの事例などを参考に説明したいと考えています。

ぜひ、こちらを参考にみなさんも負のスパイラルに対抗できる人間になりましょう。

あなただけが陥る現象ではありません!よりよい人生のために実践しましょう。

負のスパイラルとは?

もともとスパイラルというのが螺旋を意味するもので、これが循環をイメージし、その流れに入るとなかなか抜け出せないことから、様々なことに使用されています。

一般に浸透したのが負のスパイラルで、失敗やミスを繰り返す、何をやってもダメな状況を指し、連鎖的に悪循環が起こることを言います。

よくこの現象が起こるのが新入社員の方々で、お仕事を覚えながら仕事をしていかないといけないために二重の負担がかかり失敗やミスを連発してしまう危険性が高いです。

そのため、自分はできない人間なのか、ダメ人間なのかと思いこみすぎて負のスパイラルに陥ってしまう危険性が高いです。

この場合、第3者などが手を差し伸べて支援するなどして支えることがあれば、負のスパイラルに陥る危険性は低いのですが、現代社会は競争社会でもあり、相手を救うというよりは蹴落とす方に重心が傾いている傾向が高く、負のスパイラルに陥っていると相手から蹴落とされるという最悪な状況も考えられます。

そのためなかなか負のスパイラルと言った状況が消えないままになっています。

ここからは連鎖的に悪いことが続く負のスパイラルについて説明していきます。

まずはなぜそうなってしまうのか原因から説明していきますので、ぜひ、参考にしていただければと思います。

負のスパイラルの原因

負のスパイラルに陥る原因としては様々な要因がございます。

一概にこれだと言うものがなく、いつどんな時に何が原因で負のスパイラルに陥るかは予測できません。

しかし、多くの事例などがあり、おそらくあなたにも当てはまることがあると思います。

今回は様々な事例の中から特に多かった原因をピックアップしました。

なぜ、それが原因になり負のスパイラルに陥るかなど具体的に説明していきたいと思っています。

また、同時に対策方法なども加えて説明しますので、ぜひ、負のスパイラルから抜け出せるように努めていただけましたら幸いです。

負のスパイラルに陥るのはあなただけではありません。

もしかたら身近にいる先輩なども陥っていたことがあるかもしれません。

自分だけとは思いこまないでくださいね。

仕事のストレス


お仕事のストレスは抱え込みすぎると日常生活などにも影響し、無意識のうちに何をやってダメだと思いこんでしまい、負のスパイラルに陥ってしまっている危険性が高いです。

この場合ですと、厄介なのが仕事ができていても陥ってしまう危険性があることです。

仕事がうまく行っても上司から評価されない。

ただ、仕事をやらされているだけだ。

また、同僚や部下などとの人間関係でもストレスが生じるので、お仕事でのストレスは厄介です。

例えできていたとしてもお仕事からやりがいを得られないなどすると、自分を良くみることができずに負のオーラをまとってしまい、ダメだなどと言った感じに陥ってしまいます。

また、お仕事ができないパターンでいると、周りからそこばかり指摘されてストレスが増えていくので、負のスパイラルに陥る危険性が高いです。

現在は蹴落としの流れがあるので、そのためライバルを負のスパイラルに陥らせようと考えている人もいるので、ストレスは溜めないようにしましょう。

時々、気の合う仲間とあって愚痴ったりして貯めこまないようにするのが対策と言えます。

人間関係

人には苦手なタイプと好きなタイプがいます。

そんなことはないと言いながらも生きていくうちにその壁に当たる方が多いと思います。