CoCoSiA(ココシア)

表裏一体とはどういう意味?使い方を紹介します!


表裏一体という言葉を聞いたことがあるという人は多いと思います。

でも、本当の意味・言葉の奥の方に隠されている意味を考えたことはあるでしょうか?

表裏一体という言葉はいい意味なのか、それとも悪い意味なのか、その語源に迫ってみたいと思います。

️表裏一体って?

表裏一体という言葉は日常生活の中で何度も耳にする言葉ではないけれど、誰でも一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも、表裏一体の本来の意味を正しく知っているのかというと??私は少し自信がなくなってしまいます。

そもそも表裏一体とはどんな意味なんでしょうか?

表裏一体の意味

表裏一体とは、一見、相反する二つのものが大もとでは一つになっていること。

そして二つのものの関係が密接で切り離せない状態にあることを意味します。

2つの関係が密接で切り離せないこと


一見2つのものに見えるものが、実は切り離せない関係になっているなんて、なんだか、そんな関係はミステリアスな雰囲気がして面白いかも、なんて思ってドキドキしてしまうのは私だけでしょうか?

2つの関係が密接で切り離せない、2つが隣同士とか近くに存在しても良さそうなのに、切り離せない関係になってしまうなんて一体表裏一体という言葉にはどんな魅力が隠されているのでしょうか。

表と裏のような関係

表裏一体という言葉通り、どちらかが表でどちらかが裏にならなければなりません。

例えばお笑い芸人のコンビの内、どちらかが表となってスポットライトを浴びる反面、どちらか一方が裏方をする、そんな状況はテレビの中で良く見かけますよね。

残酷な現実の一つではありますが、表裏一体という言葉はそんな、光を浴びる側、影を進み続けるものという使い方をされることもあるのです。

表裏一体の読み方

表裏一体という言葉には、ちょっと難しい漢字が使われていますが、「表裏一体」がどんな読み方をするのか、皆さんはすぐに分かりましたか?

表裏一体=ひょうりいったい

表裏一体は「ひょうりいったい」と読むのが正解です。

漢字が苦手な人だと「おもてうらいったい」とか「おもてうらいちたい」なんて読んでしまった人もいたのではないでしょうか。

「おもてうら」ではなく「ひょうり」と発音する、ここが一番難しいのですが、一度覚えてしまえば、忘れづらい言葉とも言えそうです。

表裏と一体

表裏と一体、分けて考えるとそれぞれどんな意味になるのでしょうか?

表裏=うらおもて

表裏、ひょうり、うらおもての意味は、ある意味そのままの意味ということができます。

表の部分とそれを支える裏の部分、物事って大体、裏と表がひとつのセットになっていることが多いですよね。

誰かが表に出るかわりに、それを支えている裏が存在する、自分が表の立場に立った時には、常に自分をサポートしてくれる裏の存在があることを思い出し、感謝しなければなりません。

一体=ひとつのもの

一体、いったい、ひとつのものとはどんな意味なのかというと、その名の通り、裏や表のない、1つの物体を表しています。

2つ以上に別れていないたった1つのものという意味です。

「一体」という言葉について深く考えてみると、2つなのに1つになるなんて、なんだか少し不気味な気もしますし、2つのはずのものがいつも一緒なんて、逆にロマンチックな気にもなってしまいます。

️表裏一体の類語


表裏一体という言葉に似た言葉にはどんなものがあるのでしょうか?見て行きましょう。

背中合わせ

「せなかあわせ」という言葉はとても表裏一体と似ている言葉です。

お互いの背中がくっついていて、左右違う側面を持ち合わせているというのに、お互いは絶対に離れることができない「ぴったりとくっついた」関係です。

結婚した夫婦が、もしもこんな関係になれるのであれば、きっと素敵な毎日が送れるはずだよな、そんな夫婦になれたらなぁなんて思えてなりません。

お互いが違う仕事をもって、違う友人と、違う趣味があるのに、お互いが離れられない関係で、空気のようで、居心地が良くて、でもかっこつけてなくて、どこか温かい、そんな二人の関係って素敵で憧れてしまいます。

一心同体

一心同体、確かに表裏一体と似ている言葉ですが、一心という意味は心も体も同じ、心も体も1つという意味なので、表と裏のある表裏一体とは少し違う意味になります。

一心同体の夫婦というと、夫も妻も趣味がマラソン・山登りとかで、それ以外にも食べ物も、行動も、好きな食べ物まで同じ夫婦のことを差し、「彼らは一心同体だね」なんて言ええるのかもしれません。

そんな夫婦が存在するのか!?と思う人もいるかもしれませんが、時々、こういう夫婦がいたりするもんなんですよね。

こういう夫婦に限って仲が良いのは羨ましいところなのですが、趣味に没頭する姿勢がストイック過ぎて、思わず引いてしまう程の方もいらっしゃいます(笑)

例えば、夫婦で戦隊ものが大好きだったりすると、「一緒にキャンプに行こう」と誘われて行ってみれば、夫婦揃ってお揃いかつ全身アーミー柄の洋服で登場、なんてことをされてしまったり、

夫婦揃ってあまりにグルメ過ぎて、一緒に食事に行っても、あれを先に食べて、その後にそれを食べないとだめだとか、あの食事にはこのお酒しか合わないだろう!

なんて、いちいちストイック過ぎる姿勢が面倒くさかったりするのです。

一対

一対という言葉で思い出す人達といえば、ダウンタウンの松本人志さんと浜田雅功さんです。