表裏一体という言葉を聞いたことがあるという人は多いと思います。

でも、本当の意味・言葉の奥の方に隠されている意味を考えたことはあるでしょうか?

表裏一体という言葉はいい意味なのか、それとも悪い意味なのか、その語源に迫ってみたいと思います。

️表裏一体って?

表裏一体という言葉は日常生活の中で何度も耳にする言葉ではないけれど、誰でも一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも、表裏一体の本来の意味を正しく知っているのかというと??私は少し自信がなくなってしまいます。

そもそも表裏一体とはどんな意味なんでしょうか?

表裏一体の意味

表裏一体とは、一見、相反する二つのものが大もとでは一つになっていること。

そして二つのものの関係が密接で切り離せない状態にあることを意味します。

2つの関係が密接で切り離せないこと


一見2つのものに見えるものが、実は切り離せない関係になっているなんて、なんだか、そんな関係はミステリアスな雰囲気がして面白いかも、なんて思ってドキドキしてしまうのは私だけでしょうか?

2つの関係が密接で切り離せない、2つが隣同士とか近くに存在しても良さそうなのに、切り離せない関係になってしまうなんて一体表裏一体という言葉にはどんな魅力が隠されているのでしょうか。

表と裏のような関係

表裏一体という言葉通り、どちらかが表でどちらかが裏にならなければなりません。

例えばお笑い芸人のコンビの内、どちらかが表となってスポットライトを浴びる反面、どちらか一方が裏方をする、そんな状況はテレビの中で良く見かけますよね。

残酷な現実の一つではありますが、表裏一体という言葉はそんな、光を浴びる側、影を進み続けるものという使い方をされることもあるのです。

表裏一体の読み方

表裏一体という言葉には、ちょっと難しい漢字が使われていますが、「表裏一体」がどんな読み方をするのか、皆さんはすぐに分かりましたか?

表裏一体=ひょうりいったい

表裏一体は「ひょうりいったい」と読むのが正解です。

漢字が苦手な人だと「おもてうらいったい」とか「おもてうらいちたい」なんて読んでしまった人もいたのではないでしょうか。

「おもてうら」ではなく「ひょうり」と発音する、ここが一番難しいのですが、一度覚えてしまえば、忘れづらい言葉とも言えそうです。

表裏と一体

表裏と一体、分けて考えるとそれぞれどんな意味になるのでしょうか?

表裏=うらおもて

表裏、ひょうり、うらおもての意味は、ある意味そのままの意味ということができます。

表の部分とそれを支える裏の部分、物事って大体、裏と表がひとつのセットになっていることが多いですよね。

誰かが表に出るかわりに、それを支えている裏が存在する、自分が表の立場に立った時には、常に自分をサポートしてくれる裏の存在があることを思い出し、感謝しなければなりません。

一体=ひとつのもの

一体、いったい、ひとつのものとはどんな意味なのかというと、その名の通り、裏や表のない、1つの物体を表しています。

2つ以上に別れていないたった1つのものという意味です。

「一体」という言葉について深く考えてみると、2つなのに1つになるなんて、なんだか少し不気味な気もしますし、2つのはずのものがいつも一緒なんて、逆にロマンチックな気にもなってしまいます。

️表裏一体の類語


表裏一体という言葉に似た言葉にはどんなものがあるのでしょうか?見て行きましょう。

背中合わせ

「せなかあわせ」という言葉はとても表裏一体と似ている言葉です。

お互いの背中がくっついていて、左右違う側面を持ち合わせているというのに、お互いは絶対に離れることができない「ぴったりとくっついた」関係です。

結婚した夫婦が、もしもこんな関係になれるのであれば、きっと素敵な毎日が送れるはずだよな、そんな夫婦になれたらなぁなんて思えてなりません。

お互いが違う仕事をもって、違う友人と、違う趣味があるのに、お互いが離れられない関係で、空気のようで、居心地が良くて、でもかっこつけてなくて、どこか温かい、そんな二人の関係って素敵で憧れてしまいます。

一心同体

一心同体、確かに表裏一体と似ている言葉ですが、一心という意味は心も体も同じ、心も体も1つという意味なので、表と裏のある表裏一体とは少し違う意味になります。

一心同体の夫婦というと、夫も妻も趣味がマラソン・山登りとかで、それ以外にも食べ物も、行動も、好きな食べ物まで同じ夫婦のことを差し、「彼らは一心同体だね」なんて言ええるのかもしれません。

そんな夫婦が存在するのか!?と思う人もいるかもしれませんが、時々、こういう夫婦がいたりするもんなんですよね。

こういう夫婦に限って仲が良いのは羨ましいところなのですが、趣味に没頭する姿勢がストイック過ぎて、思わず引いてしまう程の方もいらっしゃいます(笑)

例えば、夫婦で戦隊ものが大好きだったりすると、「一緒にキャンプに行こう」と誘われて行ってみれば、夫婦揃ってお揃いかつ全身アーミー柄の洋服で登場、なんてことをされてしまったり、

夫婦揃ってあまりにグルメ過ぎて、一緒に食事に行っても、あれを先に食べて、その後にそれを食べないとだめだとか、あの食事にはこのお酒しか合わないだろう!

なんて、いちいちストイック過ぎる姿勢が面倒くさかったりするのです。

一対

一対という言葉で思い出す人達といえば、ダウンタウンの松本人志さんと浜田雅功さんです。

小学生の頃から50歳をゆうに過ぎた今でも大の仲良しで、お互い違うタイプの人間ながら、それぞれを尊敬し、「お互いが先に死なれては困る」なんていい会える程の存在だと認め合えるのですから、羨ましい関係ですよね。

普通は一対と言ったら、兄弟姉妹とか、夫婦がそれに当てはまるものだと思いますが、ダウンタウンは男性同士、兄弟でも、夫婦でもないのに、一対になれた。

これって人生で得難い、本当に大切なもの、こういうものを手にできることが何よりの幸せなのかもしれません。

影のような

「影のような」という言葉は確かに表裏一体と似ていますが、「影のような存在」は本人からしたらとても悲しい言い回しになってしまうことがあります。

例えば、いつも二人仲の良い女子高生がいるとします。

1人は可愛くて、男子高生や大学生からもモテモテ、もう1人は性格は良いけれど見た目は中の下くらい程度しかありません。

この2人は同じアルバイトをしているとします。

2人はいつも仲良く2人一緒に出掛けます。

ショッピングに合コン、映画にカラオケ、なんでもかんでも、どこへ行くのも二人は一緒です。

見た目が良くない彼女の方はそんな状況にただ単純に「私たちは本当に仲が良いんだ!」と思って過ごしています。

そんなある日ふと、アルバイト先のおじさんから「お前たちはいつも仲が良くて2人で1つみたいだな。

まるで金魚と金魚の糞みたいだ!(笑)」といわれてしまうのです。

するとおじさんは悪気なく言葉を続け「金魚はどっちで糞はどっちかな?(笑)そうか、お前(可愛くない方)が糞なんだろ!そうだろ!?」と笑って冗談を言ってきたのです。

可愛くない方の彼女はこの言葉を言われてとても傷つきました。

「私は糞だと思われてしまっているんだ」と。

金魚と金魚の糞、糞になってしまった方はまるで影武者です。

金魚が行きたい方、泳ぎたい方についていくだけならまだしも、姿は金魚ではなく「糞」になってしまうのです。

どうしてそのおじさんは、どちらが金魚で、どちらが糞なのかを決めることができたのでしょうか。

おじさんが決めた理由は多分、彼女たちの見た目です。

可愛い方が金魚で、可愛くない方は糞と決めつけてしまったのです。

「そんなのひどすぎる」この話を聞いた時、私はそう思いました。

私だったら、せめて可愛い方を糞にする・・・なんてことも考えてしまいました。

でも、人生って、多くの人がそういう結論を出すものなんですよね。

可愛いもの、例えば乃木坂46の白石麻衣さんは金魚、元AKB48の高橋みなみさんのような人は、白石麻衣さんの前ではどうしても金魚になることができないのです。

人を中身で判断するという人は多いけれど、やっぱり見た目の影響は計り知れないものがあるはずです。

白石麻衣さんと高橋みなみさんを目の前にすれば、多くの男性が白石麻衣さんを姫だと決めつけるはずです。

でも、この「金魚と糞事件」と、表裏一体なのが、「人生の結末」です。

高橋みなみさんのような人は金魚と糞で分けると、白石麻衣さんのような人が相手になれば金魚にはなれないかもしれません。

でも、「人生」という勝負には彼女の方が勝利する可能性が高くなるのです。

白石麻衣さんのような金魚にはだらしのないダメな男も、イケメンでかっこいい男も、どちらもたくさん寄って行きます。

たくさんの男が彼女に優しくすると、白石麻衣さんのような性格も良さそうな女性は「誰を選んだらいいのか」分からなくなってしまい、結局、押しの強い、その中のアグレッシブな男と「できちゃった結婚」するのが関の山です。

その後、アグレッシブな男は慎重さを欠いて事業に失敗、白石麻衣さんのようなタイプは貧乏な暮らしで苦労する・・・なんて結末を辿ることになってしまうのです。

でも高橋みなみさんのような金魚の糞側には、彼女を本当に好きな男性だけが数人アプローチしに来ます。

白石麻衣さんよりも高橋みなみさんのことを好きになる男性、それはみなみさんのことを良く理解して彼女の良いところに惚れた男性です。

できちゃった結婚なんてしない、堅実な男性、そういう人と人生を送る・・・長い目で見るとこっちの方が人生幸せになったりするもんなんです。

切り離せない

表裏一体という言葉と意外と近い意味なのが「切り離せない」という言葉です。

表裏一体という言葉は、表と裏の存在があることを知りながらも、この2つを切り離したくない、例え切り離したいと思っても切り離せない、表と裏があるけれど、それら2つの事柄を2つ以上にはできないという意味なので、つまりイコール「切り離せない」という言葉とはニュアンスがとても似ているということが言えます。

切っても切れない

切っても切れないという言葉でまず最初に思い付くのが「切っても切れない腐れ縁」という言葉だと思います。

その関係を立ちきりたいなぁと思っても、なんとなくずるずると続けてしまう関係は確かに切っても切れない関係ということになりますよね。

表裏一体は裏と表の2つのことが存在するのだけれども、それら2つのことは結局1つにまとまるんだという意味で、もしも裏と表が「この関係を絶ちきりたい」と思ってしまえば、切れない関係ではないので、切っても切れない関係よりは、本人たちが望んで1つになっている関係ということができます。

離れられない

ここ最近連日のように世間を騒がせている「不倫問題」を起こす男女もまた、離れられないという言葉がぴったりの関係の1つですよね。

本人たちは「早く関係を終わらせないと」「大問題になって自分の身が危なくなるかもしれない」と分かっているのに、「あともう1回だけ会いたい」と思ってしまうのでしょう。

結局離れられない関係になって、家族や職場、政治家ならマスコミを通して世間にまで、その関係が知れ渡ってしまうのです。

世間にばれても何もかも失っても、それでも離れられなかったのなら、その時は「表裏一体だ」と言えるのかもしれません。

しかし本人たちは表裏一体でも、裏切られた方は「なんじゃそれ」といったところですよね。

️表裏一体の使い方

表裏一体という言葉は一体どんな風に使うのがいいのでしょうか?

表裏一体の関係

仲の良い兄弟姉妹は、あまりの仲の良さに大人になってからも同じ仕事をしたりして、ずっと一緒に人生を歩んで行く場合があります。

その中で成功している例を取り出してみると、大企業の社長は兄がやり、副社長は弟がやるなんてケースがあります。

会社のトップは兄が、それを陰で支えながらも実は実際の実権を握る弟、そんな関係を例えるならば「表裏一体の関係」なんていうことができるのではないでしょうか。

表裏一体の間柄

人は人生の中で様々な人と出会って、何度も恋をして、その中で人生の伴侶を決めていくというのが普通ですよね。

でも、子供の頃に出会ったきり、たった4・5歳で出会った「幼馴染」という存在と切っても切り離せない関係になってしまい、そのままゴールイン、結婚する男女がいます。

このような結婚も決して悪いことではありません。

お互いの両親を小さい頃から知っているので、嫁姑等のトラブルがなかったり、他の兄弟姉妹とも仲が良かったりすると、色んなことがスムーズに進んでくれたりするものです。

こんな風にして結婚した男女のことを、「表裏一体の間柄」なんて呼ぶことができるのです。