私たちは毎日様々な人間と出会いながら関わりを持って生きています。

例えば最も身近な存在で家族が存在しており、それ以外には友達、同級生、職場の同僚、職場の人間、先輩、後輩、他人など様々な人と関わりを持っていると思います。

休みの日に関しても外に足を運べば自然と他人との関わりは生まれるものです。

例えばものを買いにコンビニやスーパーに足を運んだとしてもそこで居合わせた他の客とももしかしたら関わりが生まれるかもしれませんし、お店の店員などに関しても絶対的に話をしなければいけない存在になりますよね。

このように私たちは日々日常生活を過ごしている中でたくさんの人間と関わりながらコミュニケーションを取って生きていると言えます。

社会人になれば人によっては他の会社の人間と一緒に話をしたりすることもあるでしょうし、営業職に就いている方は毎日新しい人と接したりするような職業になります。

自分が行なっている職業に関しても関連しますがそれを除いたとしても、ほかの人間と一緒に今の世界を生きていると考えるとコミュニケーション能力というものはとても大切な能力の1つだと考えることができます。

人間はひとりでは生きていくことができませんので必ず誰かしらと関わりながら生きると考えると当然その能力の必然性が理解いただけるはずです。

では、あなたはコミュニケーションをとる上で何かしらの工夫を行っていますか?

生きていく上でコミュニケーションが大切なのであれば何かしらのコミュニケーションをとる上での工夫はおこなっておけば自分にとってメリットがたくさん得られるはずです。

しかし残念ながら大部分の方がコミュニケーションをとる上で特に心がけている事や工夫している事は少ないのです。

だからこそコミュニケーションを取るときに行っていただきたい工夫の1つとしてオウム返しという方法があります。

今回はそんなオウム返しをテーマにしてコミュニケーションをとる上でどのようなメリットがあるのかということと逆に行ってはいけない場合についてご紹介していきたいと思います。

コミュニケーションでのオウム返し

コミュニケーションを取っていく上で心がけなければいけないことはかなりたくさんのことが存在しています。

そしてそれと同時にコミュニケーションをとるうえで工夫できるようなことなどもたくさん存在しています。

例えばコミュニケーションをとる上で相手に対してこちらが積極的に質問をしていくという心がけもひとつの工夫として捉えることができます。

相手と仲良くなるということを考えた時に大切なのは相手のことを知るということです。

そしてそれと同時に自分のことを知ってもらうということも同様に大切なことになります。

では私達はどうやって相手のことを知りこちらのことを知ってもらうのかと考えた時にはたくさんの話をして相手の情報を引き出したりこちらの情報を伝えたりする必要性があります。

この世に本質的な部分を考えれば自然とコミュニケーションをするうえで工夫しなければいけないことというのは見つかっていくはずです。

また相手の立場に立って物事を考えて発言するということも大切なものの見方になります。

それを意識してみればオウム返しを行うメリットについても理解いただけるようになるはずです。

オウム返しとは

相手が言ったことを言い返すこと

オウム返しという言葉はある程度の方が聞いたことがある言葉になると思いますが、中にはオウム返しという言葉を聞いたことがない方もいるかもしれません。

そこでまずはオウム返しについて知っていただくためにオウム返しとはどのような意味合いを持っているのか簡単にご紹介していきたいと思います。

オウム返しとは「相手が言ったことを言い返すこと」という意味を持っています。

なぜこのような言葉が存在しているのかと考えた時にあなたはオウムやインコを見たことがありますか?

オウムやインコは鳥ですが、人間の言葉を喋ったりするのです。

もちろん意味を理解してしゃべっているわけではありませんが、一緒に暮らしていると人間の言葉を覚えてそのままその言葉を発音して返してくれるんです。

これはインコなどは舌の筋肉がとても発達しておりこの分厚い舌が人間の舌と似ていることから自由に舌を動かすことができるようになっているのです。

なので口の中で音の響きを自由に変えることができるため人間の言葉と似ている言葉を喋ったりすることが可能になるのです。

この現象を利用してオウム返しという言葉が名付けられました。

それ以外にも古来、和歌などに関して他人が詠んだ一部だけ変えて即座に返歌をしたりする事をオウム返しと呼ばれていました。

これを理解していれば自然とオウム返しという言葉の意味が理解いただけると思います。

つまりコミュニケーション場においてオウム返しをするということは相手が放った言葉をそのままそっくりこちらが繰り返す所作のことを表していると捉えることができます。

オウム返しの効果とは

オウム返しという言葉について理解いただいたところでここからは具体的にオウム返しをすることによって得られる効果についてご紹介していきたいと思います。

人によってはオウム返しをするメリットが全くわからないと感じている方もいるかもしれません。

しかしながらここからご紹介するメリットを理解いただければオウム返しをするという事がコミュニケーション図る上でとても大切なことであるということが十分理解いただけるはずです。

それを理解した暁には日常的にオウム返しをコミュニケーションの一つとして取り入れていただければたくさんの人間とより質の良いコミュニケーションを図ることができるようになりますので実践していただきたいと思います。

ちゃんと聞いている印象


まずはじめにご紹介するオウム返しをする効果としては相手に対してちゃんと相手の言葉を聞いているという印象を与えることができます。

当然ながらコミュニケーションをとる上で大切なのは相手と話すことです。

話すことによって先ほど伝えたように自分の情報を相手に伝えることができますし、相手の情報を受け止めることもできます。

しかしながら時々相手と話している時に感じるのは「この人こっちの話をちゃんと聞いているのかなぁ…?」という場合です。

人がせっかく話をしているのにその話を聞いていないような素振りであったり、もしくは理解していない様子をされるとどうしても話をしている側としての心理としては不信感を持ったり不快感をもってしまいやすいです。

あなたももし自分が話をしている時に相手が全く話を聞いていなかったらそれ以上話をしようという気持ちにならないですよね。

その逆にちゃんと話を聞いてくれる人間に対してはこちらも嬉しい気持ちで話をすることができますし、最終的に相手の話もしっかりと聞いてあげたいという心理に変わると思います。

だからこそ相手の話をちゃんと聞いている印象を生み出すということはとても大切なことなんです。

例えば大きく相手の話に頷いたり相槌を打ったりするということは相手の話を聞いていなければできない行為などで相手に対して話を聞いているとアピールすることができますよね。

そして今回ご紹介しているオウムがえしについても全く同様の効果を持っています。

相手が話をしている時に話のポイントとなるような部分に関してあえてこちらがオウム返しをすることによって、相手が話している大切なポイントにこちらは気づいて理解しているということをアピールすることができるのです。

なのでオウム返しをするということはコミュニケーションをとる上でとても大切な行為であると考えることができます。

共感を生み出せる

次にご紹介するオウム返しをする効果としては共感を生み出すことができるということです。

これはどういうことかと言いますと、オウム返しをするということは相手の話に反して繰り返して相手の言葉を発するということだとうご紹介しました。

例えばあなたが何かお話しているときに大切なポイントを話した時、相手がそのポイントをすかさずオウム返ししてくれた場合、重要なポイントを共通の認識で理解していると捉えることができますよね。

そうなると話をしている内容に対して相手は自分に共感してくれたと感じるようになります。

例えば極端な例かもしれませんが、あなたがお客の立場でコンビニで買い物をしたとします。

その時に接客レジをしてくれた人間がなんとあなたに対してタメ口を聞いてきたとします。

コンビニといえども接客業のひとつではありますのでタメ口をお客に使うということは言語道断な話ですよね。

例えばこのありえないような話を友人に愚痴ったとします。

その時に友人が「えっ、タメ口を聞かれたの!?」とオウム返しをしたとします。

このように自分が一番ポイントに考えている部分を相手に伝えてその部分をオウム返ししてくれたとするとこちらとしては相手がその部分に対してありえないという感情共感してくれたと錯覚すると思います。

もちろん声のトーンであったり、表情なども関連するとは思いますが、それでもオウム返しをするという事だけで相手の気持ちや心理に共感していると印象付けることができます。

人は基本的に誰かに認められたいものです否定されるのは嫌なことですよね。

なので自分の気持ちに共感してくれた相手に対しては好意を持つはずです。

なので相手が話してる内容をオウム返しすることによって相手に共感しているという効果を与える事が出来るのです。

信頼感を生み出せる

次にご紹介するオウム返しをする効果としては信頼感を生み出せるということです。

なぜオウム返しをすることによって信頼感を得ることができるのかと考えた時に、ずばり結論としては相手が自分の話を理解してくれているからということに他なりません。

先ほどもご紹介したようにこちらが伝えた内容に関して相手がオウム返ししてくれるという言葉その内容についてきちんと理解しており、話を聞いていますよっという証拠につながるのです。

なのであなたもどこかのお店で何かしらの商品をテイクアウトしたり注文したりする場合、注文した商品に関して店員さんは必ず復唱確認をしてくれますよね。

逆に復唱確認をしてくれなかった場合、こちらの注文はしっかりと相手に伝わっているのかどうかかなり不安な気持ちに駆られると思います。

このような鍵からもオウム返しをすることによって相手の話を聞いていますよ、と伝える事も出来ますし、受け取る側も安心するのです。

この安心感が信頼感に繋がっていくのです。

なので相手に対してコミュニケーションをとる際はオウム返しを積極的に利用することによって相手の信頼感を得ることが可能になるのです。

ちょっとした工夫でこれだけ大きなメリットを得ることができるということはとても素晴らしいことです。

なので積極的に日常生活で利用していただきたいスキルのひとつになるのです。

会話のズレがなくなる

次にご紹介するオウム返しをする効果としては会話のズレがなくなるということです。

これはどういうことかと言いますと相手と話をする上で大切な事は相手の話をしている内容を正しく理解する事です。

かなり基本的な部分になりますが相手が話している内容理解できていない場合それ以降の話が広がらないという致命的な状況になってしまいます。

単純に話が広がらずにそれ以上のコミュニケーションが取れないということ以上に、相手は自分の話を全く聞いてくれていなかったんだなという失望にも変わってしまうのです。

同じ事を何度も繰り返して言わなければいけない時ほどストレスを感じるようなこともありませんよね。

難しい話ならともかく、普通の話を全く聞いてくれていなかったとなるともはや話す気持ちすら湧かなくなると思います。

だからこそ相手の話している内容を理解するということはかなり基礎的な部分ですがとても大切なことになります。

そしてその理解する力に大きく貢献してくれるのがオウム返しです。

なぜかと言いますとオウム返しをすることによってポイントを繰り返して発言しなければいけませんので何がポイントなのか当然聞く側も判断する必要性があります。

それを考慮しておけば必然的に相手の話している内容を理解しなければできません。

なのでオウム返しをするという事は相手の話をより傾聴し、分析しなければできませんので、これを癖づけておけば意識せずに相手の話に対して真剣に聞けるようになり、会話のズレが生じるような事をなくしてくれます。

会話のズレが生じてしまうとどうしても相手との信頼関係が壊れてしまいがちになってしまいます。

なので、オウム返しをする事によって極力会話のズレをなくすように心がけてみてください。

会話のテンポが良くなる

次にご紹介するオウム返しをする効果としては会話のテンポが良くなるということです。

これはどういうことかと言いますと、オウム返しをすることによって相手との会話のリズムやテンポなどが良くなるという効果を見込むことができます。

もちろんオウム返し以外にも相手に対する相槌などを入れ込むことによってある程度会話のテンポ良くすることは可能になります。

しかしながらどうせ相槌を打つのであれば、あぁとかえぇなどの簡単な言葉ではなく、オウム返しをする事によって具体的な相槌ができるようになります。

例えば、「今日すっごく嬉しいことがあったんですよ」「何?」よりも、「今日すっごく嬉しいことがあったんですよ」「嬉しい事があったの?どんな?」と聞かれた方が嬉しくないですか?

そして会話のテンポなども良くなり、話してが気持ちよく話をできるようにすることが出来ます。

人間は自分自身が気持ちよく話をすれば最終的に話を聞いてくれた相手に対して今度はこちらが相手が話を聞いてあげなければいけないという心理変化するようになっています。

なので相手の話を聞くということが最終的に考えてみればこちらの話をする準備にもなりうるのです。

だからこそ営業職の方は自分ばかりが話をするのではなく、相手の話を聞きなさい、と言われているのです。

会話のテンポが良くなれば話をたくさん聞けますし、相手の情報を引き出す事も出来ます。

そこから新たな会話が生まれればもうしっかりとコミュニケーションを取れているはずです。

ちょっとした工夫によってそれ以降の会話が全く変わってくるということを理解していただければオウム返しの重要性が理解いただけると思います。

新しい気づきを与えられる

次にご紹介するオウム返しをする効果としては新しい気づきを与えられるということです。

これはどういうことかと言いますと、オウム返しをする場合は基本的に相手が発した言葉をそのまま相手に投げかけてあげる行為になります。

なので言ってみれば、自分自身の心から出た言葉を相手が外側から繰り返して言ってくれることで、より自分の考えが明確化したり、自分自身がこだわっているということをさらに気付かせてあげることができるようになります。

なので例えば時に相手が何かしらのことをあなたに相談したりしてアドバイスを求めてきたとします。

そんな時に相手の話を聞いてあげ、その過程でオウム返しなどを行っていれば相手が自然と自分の内側から出した言葉を客観的に聞いて初めて気づくような事もあったりするということです。

そこからたくさんの考え方に結び付いたり新たな気づきなどを得る事が出来る場合もありますので、オウム返しをするという事は単にコミュニケーションをするだけのメリットではんなく、より相手の思考を掘り下げる効果も持っているのです。

好感度が上がる

次にご紹介するオウム返しをする効果としては好感度が上がるということです。

なぜオウム返しをすることによって好感度が上がるのかと考えた時に、それはこれまでにご紹介してきた効果を考えていただければ当然のことだと思います。

自分の話してる内容に対してきちんと理解し共感を示してくれて、なおかつしっかりと自分の話に耳を傾けてくれて、自分を肯定してくれているという姿に対して好感度が上がらないという事は基本的にあり得ないですよね。

あからさまなオウム返しに関しては人によってはあまり良い気持ちを持たない方がいるかもしれませんが、上手なオウム返しをすることによって相手が不快感を持つようなことは基本的にありません。

なのでオウムがえしをすることによって得られる効果として好感度が上がるということが存在するのです。

オウム返しは簡単で効果的!

ここまではオウム返しする事によって得られる効果をご紹介していきました。

オウム返しをすることによってこれだけたくさんのメリットを得ることができると感じていただければ日常生活の中でオウム返しを取り入れてみようかなと考える方も多いと思います。

なおかつ、細かい心理テクニックを応用してコミュニケーション術ではなく、シンプルで誰でも少し意識すればできるようなテクニックでもありますので、簡単で効果的と来れば、やらないメリットはないですよね。

だからこそたくさんの方にこのテクニックを積極的に用いて質の良いコミュニケーションを生み出していただきたいと思います。

オウム返しの例え

今日の最初のメリットを理解いただいたところでここからはオウムがえしをもしも実践しようと考えたときにどのようにして行うべきなのかということについて簡単に触れていきたいと思います。

十分なメリットが存在するということが分かっても正しい使い方ができていなければ意味がありません。

なのでオウム返しの例えについてここから詳しくご紹介しますので、もしも行う場合はこれからご紹介するポイントを踏まえた上で行ってください。

相手の発言の単語を拾う

オウム返しの例えの1つとして相手の発言の単語を拾うということが挙げられます。

どういうことかと言いますと、例えば先ほどご紹介したように友達がコンビニに行った時にタメ口を店員に聞かれてしまったという話を例として挙げます。

その場合は相手に対するオウム返しは、単語を拾うのであれば「タメ口!?」というように返せばオウム返しになります。

タメ口というキーワードをもとにしてその単語からオウム返しの文章を脳の中で作成して相手に返すだけという簡単な方法です。

キーワードとなる単語さえわかればすぐにオウム返しできますので、初歩的なオウム返しの方法として活用できます。

そのまま返す

オウム返しの例えの1つとして相手にそのまま返すということです。

これはどういうことかと言いますと先ほどの例で考えれば、「店員がタメ口きいてきたの?」というような返しです。

相手が言った発言をそのまま返すような方法となります。

これに関しては相手が言ってきた言葉をそのまま相手に返すだけで簡単にできるようなテクニックになりますので、誰でも簡単に行えます。

なので、変な話相手の話を聞いていなかったとしても簡単に行う事もできます。

しかし、それを癖にしてしまうと相手の話を本当に聞けていない場合が生まれますので危険なのでちゃんと話は聞くようにしたうえで行ってください。

自分の言葉で言い換える

オウム返しの例えの1つとして自分の言葉で言い換えで相手に返すという方法があります。

これは相手が言ってきた発言を一度自分自身で受け止めてそれを自分自身の考えを込めながら相手にそのまま返したりする方法です。

なので、もしも相手の話しているエピソードが自分だったらということを考えた上で言葉を言い換え直す必要性があります。

あなたも店員からタメ口を聞かれることに対してありえないと感じているのであれば、「店員がタメ口きくって店員失格じゃない?」という風に返してあげればよいのです。

相手が話したい内容であったり相手の気持ちを汲み取った上で相手を肯定してあげるオウム返しをすることによって相手は必ずあなたに対して好意をもってくれるはずです。

簡単なテクニックでありながら相手と一気に親密感や距離感を詰めることが可能になりますので、是非日常生活で使用していただきたい方法です。

NGなオウム返し

ここまではオウム返しの例えについてご紹介していきました。

ある程度オウム返しのやり方なども理解いただいたところでここからは逆にオウム返しをする際に注意していただかなければいけないことをご紹介していきます。

これまでご紹介した内容を踏まえれば、オウム返しはまさにコミュニケーションをとる上でとても最適な方法であるということは疑う余地もありませんが、正しい使い方をしたければ時には相手に対して不快感を与えてしまう行為にもなってしまいます。

何事に関してもメリットがある反面デメリットも存在するということです。

ではどのようなオウム返しをしてはいけないのかということについてこれからご紹介する内容をよく注意しながら日常生活で使用するようにしてください。

どうでもいいところを返す

NGなオウム返しの1つはどうでもいいところをピックアップして相手にオウム返しするということです。

これはどういうことかと言いますと先ほどご紹介したコンビニの店員にタメ口を聞かれたというエピソードで言えば、当然話をしている側は店員がタメ口をしたことに対して怒っているのです。

それなのにもしもあなたが「えっコンビニに行ったの?」なんてオウム返しをしたところで相手は違和感しか感じませんよね。

そもそも話したい内容の重要性を理解していないですし、こちらに対して共感してくれるわけでもなく、どうでもいいことを返された側は苛立ちさえ覚えかねません。

なので十分に相手の話を理解していないのにとりあえずオウム返しをしないといけないと考えて行なってしまうのはとても危険な行為につながってしまいます。

せっかく相手と良い関係を持ちたいと思ってオウム返しをしているのですから、どうせするならば相手に喜んでもらえるオウム返しをするように注意して下さい。

ネガティブな部分を返す

NGなオウム返しの1つはネガティブな部分を返すということです。

これはどういうことかと言いますと、例えばエピソードを交えてあなたが自分の会社であるミスをしてしまって上司から怒られてしまったということを誰かに愚痴ったします。

当然ながら誰が考えても話をしている側の心理としては失敗をしてしまったもそうですが、上司から怒られてしまったという事に対して感情的になって怒っているのです。

なのでこのような状況になっているのであれば単純に話を共感しながら聞いてあげるだけで落ち着くかもしれませんし、話を聞いてあげて落ち着いたところでなぜミスをしたのかという事や改善するためにはどうすればよいのかという根本的な話をしてあげればよいのです。

しかしこのような話をしている時にわざと「えっ失敗したの?」「ミスしちゃったの?」などと相手のネガティブな部分を抜き取って返したりするのは良い方法ではありません。

ただでさえ感情的になってイライラしている人間に対して相手のネガティブの部分を強調するようなオウム返しをしていると喧嘩を売ってると思われかねません。

これではせっかく相手と良いコミュニケーションを取ろうとしているのに正反対のことをしてしまっているのと等しいです。

なので相手のネガティブな部分に関してはなるべくオウム返ししないようにすることが大切です。

やり過ぎ

NGなオウム返しの1つはやり過ぎです。

オウム返しはとても便利な方法で相手とコミュニケーションをしっかりと取れるということはこれまでご紹介していた通りなのですが、注意していただかなければいけないとはオウム返しはやりすぎてしまうと相手にとっては不快感を与えてしまうということです。

例えばいちいち相手が話している内容に全てオウム返しをしたと考えてみてください。

本来オウム返しは相手の話している言葉の中での重要な部分にのみお返しをすることによってその真価を発揮しています。

それなのに相手が話してることが全てに対してオウム返しをしてしまうと話が進みませんし、場合によっては相手の神経を逆なでしてしまうような行為になってしまいます。

適度な回数のオウムがえしが良いのであって、多すぎるオウム返しに関しては相手からすればNGな行為です。

なのでただ言えばよいという事ではないという事を理解してください。

棒読み

NGなオウム返しの1つは棒読みです。

オウム返しをする時には相手の話してる内容の先が気になるような調子で返してあげる必要性があります。

例えば「今日嫌な事あったんだ」と言われた時に「嫌な事あったの?どうした?」とオウム返ししてもらうのと「今日嫌な事あったんだ」「嫌な事あったんだ~。」と言われるのとではまったく印象が違いますし、話したいという意欲も変わってきますよね。

棒読みをしてしまうと興味がないように相手からは受け止められてしまいます。

相手と質の良いコミュニケーションを取るためにしているのに、棒読みで読んでしまっては意味がありません。

必ず相手の話に興味があるような調子で返してあげることが大切です。

オウム返しを会話に取り入れてみよう!

今回はオウム返しをテーマにしてオウム返しという言葉の意味、そしてオウム返しをする効果、オウム返しをする時の例えや注意点などをご紹介していきました。

使い方さえ間違えなければオウム返しは相手とのコミュニケーションをとる上でとても重要な武器になります。

オウム返しを積極的に会話の中に取り入れて相手とよりたくさんのコミュニケーションを取れるように心がけて利用してみてください。

継続して行えばきっと聞き上手になれると思いますよ。