忠実な人についてみていきましょう。

忠実ってどういう事なのでしょうか?

ただの言いなりという事でしょうか?

それとも家来なのでしょうか?

今の時代の人にとったらちょっと「?」という感じがする「忠実な人」という意味。

詳しくみていきましょう。

忠実ってどういうこと?

それで「忠実」とはどういう意味なのか。

いろいろな角度からみていく事にしましょう。

忠実とは

忠実についてみていきます。

まごころを込めてよくつとめること

忠実とは「まごころを込めてよくつとめる」という意味です。

「まごころ」とはその気持ちを抱く対象者に対して一片の疑いや軽蔑心もなく、むしろ「尊敬」や「崇拝」といった概念によって形成されている気持ちですね。

「つとめる」という事は、その対象者の手となり足となって労を惜しまず、己の持っている能力、技を出し惜しみすることなく、全精力をもって奉公する、といった意味合いになるでしょう。

例えてみると、時代劇に登場する「武士」がそれに当たりますね。

主君のためならば自らの命も差し出して働く。

もし主君に刃を向ける者が現れたなら、それこそわが命を指しだす覚悟で討ち死にも厭わず、といった気構えを持った奉公の仕方をいうのでしょう。

さあ、このまますべてを今の時代に当てはめるのはちょっと条理に合わない部分もあるかもしれませんね。

とにかく「忠実」とは「真心を込めてよく勤める」という意味合いがよく当てはまるでしょう。

少しの違いもなくその通りにすること

忠実のもう一つの意味は「少しの違いもなくその通りにすること」です。

これは何かを修行していたり、習い事を会得するために行う練習方法といえるでしょう。

いわゆる「真似る」「なぞる」という行為です。

そしてその行為を行っている時は全身全霊を込めており、一介の疑いもなくその方法に集中している、といった状況でしょう。

例えば習い事の代表格である「習字」。

最初は皆、字が下手ですよね。

そこでまずは習字の感覚を掴むために無地の半紙を見本の字の上に重ねてなぞった経験はありませんか?

この時は余計な事は考えず、とにかく忠実に見本の字の通りに筆を動かします。

これが「少しの間違いもなくその通りにする事」の極意ですね。

言うなれば「反抗心」や「逆らう」といった敵意を持った感情が全くない、という気持ちの状態の事を言うのでしょうね。

労苦をいとわず物事に励むこと

忠実の更なる意味に「苦労をいとわずに物事に励むこと」があります。

一切の苦労、困難に対して一言も不平・不満を漏らさず鬼気とした表情すら漂わせ物事に当たる様を言い表しています。

これなども封建時代の武士社会の様相を見事に表しているかのような状況でしょう。

とにかく忠実さというのは上下の絶対関係が存在しているようですね。

例えが悪いかもしれませんが飼い犬と飼い主の関係のようなものかも分かりません。

犬は太古の昔より人間に対して「忠実」さが際立っていたがため。

今日まで人間と共に生存競争を勝ち抜いてきたのでしょう。

そういう意味で考えたら「忠実」というものは種の保存のためには有効な手段なのかも知れませんね。

忠実な人とは

それでは次からは対象を人間に限定して考えていきましょう。

「忠実な人」をメインテーマにしてみていく事に致しましょう。

忠実な人の18個の特徴

忠実な人の特徴を18個、ご紹介して参りましょう。

平成という時代を生き延びるためにも、現代で通用する「忠実」さを、おさらいしておきましょうね。

素直でまっすぐ

忠実な人の特徴の最初の1つ目は「素直でまっすぐ」という事です。

忠実さを備えている人間というのは、生まれた時から性格が素直で根が真っすぐに伸びるかのように、物事をややこしく見ずにさっぱりとした性格をした人物、と言えるようですね。

これがその反対の性格の持ち主だったらこうはいかないでしょう。

人の事を恨んだり妬んだり、嘘をついたり騙したり、挙句の果ては暴力で物事を解決しようとする人間が、素直で真っすぐな人とはとても言えません。

忠実な人間になるためには、根本の部分で備わっている性格が大きく影響してくる、と言えるでしょうね。

純粋な心


忠実な人の特徴の2つ目は「純粋な心」です。

そうなのです。

物事に忠実になれる人は、心が純粋でないと、とても務まらないでしょう。

人を疑わず、信用するからこそ心が純粋になれるのです。

ただ、今まで大きな裏切りや信じていた人からの許し難い行為がなかったから純粋な心を持ち続けられたのかも分かりません。

純粋な気持ちの人はいい意味でいえば裏表がなく信用できる人。

反面、世間知らずで何でも信用してしまうので詐欺や騙しのテクニックにすぐにはまってしまう、という危険性もあるわけです。

とは言え、人間関係に制限があるならばその人は一生、純粋な気持ちで生き続けられるはずです。

それだから主君に忠実に仕えられたのです。

これも一つのその人の「才」でしょうね。

マメ

忠実な人の特徴の3つ目は「マメ」です。

そうでしょうね。

忠実さのある人は「マメ」なところがあるからこそその特徴を発揮できるのだと思います。

もしいい加減な性格の人に忠実さを求められる役職に就けてしまったら、とんでもない失態を繰り返してしまう事でしょう。

マメな人は、自分の意思よりも相手の気持ちの方を慮ります。

それが出来るからこそマメさ加減が発揮できるのです。

実際、マメな性格の人というのは感心します。

相手がやってほしい事は言われなくてもサッと動いていますし、気の利いた一言など言わせたら天才です。

女性がマメな男にコロッといってしまうのも頷けますよね。

マメな人は側にいてくれるだけで非常に心地よいですからね。

不正を許さない

忠実な人の特徴の4つ目は「不正を許さない」という事です。

不正を許せない、つまり「正義心」が非常に強いといえます。

では彼らにとったらの正義心とは何なのか?

それは忠誠を誓いたい人の日頃の行いや生活態度が品行方正で社会上の通念に照らし合わせて、一つも汚い部分がない。

という事になってしまうでしょう。

つまり汚職や賄賂の類の事を言っているわけです。

ニュースや新聞紙上でトップニュースに扱われるような腐敗したことが忠実な人にとったら最も忌み嫌うものだからです。

だから、忠実さを売り物にしている人達というのは、往々にして頭が硬く頑固な人達、とも言えるでしょうね。

ビジネス界にしろ裏の世界にしろ、のし上がろうと思えば大なり小なり、世間の目から見たら汚い事をやっているのが普通です。

品行方正に清く正しくやっていたらみすみす大きな儲けを誰かに持って行かれてしまうでしょう。

だから、忠実な人というのはご主人のいい面だけを見ていたらいいのでしょう。

世の中、全てを知らずに生きている方が幸せだという事もありますからね。

しっかり者

忠実な人の特徴の5つ目は「しっかり者」という事です。

しっかり者だから忠実さが際立つのか、その逆なのか、それは定かではありませんがいずれにしても忠実な人があらゆる面でしっかりしている人物であることは疑いようがありません。

しっかり者は道徳心に厚く、義理や人情を大切にする人が多いようです。

生きていく上での基本ポリシーが「信用」に裏打ちされているのですからそれも頷けます。

だから、仕えるべき主人に対してあそこまで忠実になれるのです。

またしっかり者は働き者でもあります。

所定労働時間を超過してもそれがご主人様のための労働であれば何の文句もありません。

この精神があるからこそ、主君側は安心して忠実なる部下を召し抱えられるのでしょう。

責任感が強い


忠実な人の特徴の6つ目は「責任感が強い」です。

それはそうでしょうね。

でなければとても忠実な働きっぷりなど出来るものではありません。

忠実な人というのは曲がった事が大嫌い。

人生は常に正攻法。

姑息な事はまずしません。

そういった性格の人が無責任な人間、になれるものではありません。

自分が引き受けた仕事はいかなることがあっても最後までやり通す。

それが忠実なる仕事を標榜する人の最大なる信念なのです。

ただ、責任感が強い故に頑固さも輪をかけて強い部分もあります。

主君たる人はそのあたりも計算に入れて使うことでしょう。

【責任感が強い人については、こちらの記事もチェック!】

尊敬の念が強い

忠実な人の特徴の7つ目は「尊敬の念が強い」です。

忠実さをモットーにしている人は自分が心からその人についていきたい、と思った時の心の在り様はその人に対する「尊敬の念」で一杯になっています。

ちょっとかなり盲目的な接し方かも分かりませんがそれが忠実さを売りにしている人の特徴なのです。

誰かのために尽くせる人なのです。

そのためには自分の思い描く正しい事への行いと一致している事が欠かせません。

尊敬できる人というのは、忠実な人からみたら、一点も裏切られる要素がない、と思えるからです。

それ以上も以下もありません。

いかにしてその人から、自分の心が感動させられるくらいのものを提供されるか。

忠実なる人はその部分を心の拠り所として生きているわけなのです。

人との関係を重んじる

忠実な人の特徴の8つ目は「人との関係を重んじる」です。

忠実さをモットーにする人にとって、人間関係は非常に重要です。

人間関係における事の善し悪しが忠実なる人の原動力となります。

つまり世の中からいいと思われる事は喜々として行えますが、反対になるような事は「裏切られた」という感情がすぐ表れて、もう自身の働く拠り所を失ってしまいます。

それくらい、忠実なる人は人間関係面を重要視します。

別の見方をすれば、自分ん行っている事が人から見たらどう思われているのか、を非常に気にしているというようにも言えますね。

いずれにしても忠実な人が最も生き甲斐というか働き甲斐を感じる場面は「対人間関係」においてです。

そういう意味においては、忠実なる人は社交的ともいえるでしょうね。

信頼を大事にする

忠実な人の特徴の9つ目は「信頼を大事にする」です。

基本的に忠実さをモットーにしている人は、対人関係面において規律と信頼関係とを重んじます。

こちらもルールや規律を順守しますが、同じように相手にも同等のモラルを求めます。

それが認められるものと判断された場合にのみ、忠実さを発揮できるのです。

つまり社会規範を守らず、規律を破るようなやりたい放題の人物の元では、とてもではないが信頼感を置く事が出来ないのでその組織や人物に対して忠実に従う、という事はしないのです。

「信頼」というものは人間同士の無言の契約です。

双方が裏切らない行動を暗黙の了解の元で行い続けているからこそ生まれる感情なのです。

誰でもかれでも、自身の忠実さを発揮出来る訳でもない、という事がいえそうですね。

自分を犠牲にする

忠実な人の特徴の10個目は「自分を犠牲にする」という事です。

「自分を犠牲にする」これは口で言うのは容易いでしょうが、やってみたらこれほど苦痛感を伴う感情はないくらい苦しいものなのですよね。

そもそも人間というのは利己的です。

自分の事が一番です。

自分のお腹が空いているのに食料を自分以外の人に分け与えられる人というのは中々いません。

また、自分が腹の立つ時は周囲に当たり散らしたりもします。

その時の感情はいかにも自己中心的ですね。

とても忠実なる人間の行為のようには見えません。

という事で、それでは忠実なる人間はどのような事を犠牲にも出来るのでしょうか?4つの要因を挙げていきますね。

時間

忠実な人間が犠牲にできる最初の要因は「時間」です。

これは自分の都合や予定を一切、後回しにする、という意味合いです。

自分のための時間は仕事やその他の用事が終わってから、というスタンスの事なのです。

この動き、要するに「優先順位」を表しています。

特に仕事を行う現場において重要視される一つのスキルですね。

例えば今日の夜、あなたは恋人とデートの約束をしていました。

そんなところへ急な仕事の用事が入りました。

さてあなたはどっちの用事を優先しますか?というノリです。

今の時代、個人の自由や情報が法の改正によって従来以上に尊重された時代です。

適当な言い訳を言って仕事の急用を後回しにしたとしても不思議ではありませんね。

しかし、です。

やはり仕事と個人の優先順位は仕事ファーストに置かなければならないのです。

それが理不尽でブラック的な動きだ、というのもごもっともなのですが結局、人間の気持ちは自分のために予定外の時間を使ってくれた方に情や恩を感じてしまうものなのです。

忠実な働き方の凄み、少しはお分かり頂けたでしょうか?

労力

忠実な人間が犠牲に出来る2つ目は「労力」です。

労力とはいわゆる働く事。

その人のために寸暇を惜しんで働けるかどうかは、ひとえに忠実なるが故の行動です。

ただ、多くの人間は余計な仕事はしたくない、と思っています。

先ほどの時間とリンクする部分もありますが、とにかく「労を惜しまない」というのは本来は仕事の必須条件のはずなのですよね。

実は私は30代の10年間、ある大型店舗(ペット関連)で店長をしていた事があったのですが、接客業というのは労を惜しんだらやっていけない仕事だという事を嫌と言うほど現場で叩き込まれました。

例を取ると、猫ちゃんのトイレ用の砂。

10キロ入りの固まる砂が売れ筋だったのすが、お客様が女性客が多いという関係上、重い荷物はお客様の車や自転車まで運んであげるサービスを実行していました。

これってレジが忙しかったらとても出来ないんですが、いろんなスタッフを狩りだ出してやっていましたねえ。

本当にこれこそ「労を惜しまず」の典型だな、と思ったものです。

結局、忠実なるものが生き残れるのです。

どれだけ己の労力を出し惜しみせずに使えるか。

自分自身の人間力とも関わってきそうですね。

お金

忠実な人間が犠牲にできる3つ目は「お金」です。

これはいざという時やご主人様が困った状況になった時に、サッと自分の身銭を切ってその窮地から脱出する、という感じでしょう。

お金というのは大事なものであり貴重なものです。

誰だって1円でも多く稼ぎたいと思うものです。

だから自分のために使うのが何をおいても最優先。

それを他人のために使うなんてことは多くの人にとったらあり得ないことなのです。

しかし、自分の忠義心を発揮させるべき相手に対してなら話は別です。

自分の許せる範囲内でお金を使うことは、自身の忠実なる忠誠心を如何なく発揮している証しにもなりますからね。

お金は使える時に使ってこそ「生き金」になってくれます。

忠実さと懐の大きさはある意味、比例しているのかも分かりません。

考え方

忠実な人間が犠牲にできる4つ目は「考え方」です。

これは俗にいう「主義・主張」といった政治絡みの発想や趣味や嗜好の部分の考えも含んできます。

つまりあらゆる価値観において、忠実なる人はご主人様のものの考え方を否定しない、という事が言えるでしょう。

この犠牲心、今までの中で一番難しいかも分からないんですよね。

人間というのは自身の主義・主張の話しになると全く相手の意見と相容れない場面がよく出てきます。

白いものを黒と言え、と強制されているようなものですからね。

正義心が中途半端に強すぎるととても妥協できないやり取りになってしまう可能性もあります。

そういう意味では、忠実さを売りにする人というのは、確かに自分の事を犠牲にできる、自分を殺せる存在だと言えるでしょう。

ただ、口では簡単に言えそうでも実際やってみたら物凄く難しいことなのですよ。

自分を犠牲にするというのは。

何せ、人間の根幹に関わってくる問題ですからね。

プライドや自尊心を傷つけられてニコニコ笑っていられるか?という問題ですからね。

相手に合わせられる

忠実な人の特徴の11個目は「相手に合わせられる」という事です。

この特徴は忠実なる人の真骨頂とも言えるでしょう。

相手に合わせる事が出来る人は、その相手の人のみならず、ほとんどの人から好かれますし全幅の信頼を置かれる事となります。

人間というものは古くから人を支配したがるタイプと脇に徹することで自分の個性を発揮できる人との2タイプに分けられるようです。

忠実さを売りにする人は迷うことなく後者の「脇に徹する」タイプの人と言えるでしょう。

相手に合わせる能力というのはなかなか難しいものです。

先ほどの人を支配したがるタイプの人の人にとったら全く持って出来ないものなのです。

例えば政治家。

彼らは人の頂点に立つことで自分のポリシーを発揮する事が出来る人達です。

若手のうちは我慢しているでしょうが、皆、虎視眈々とトップの座を狙っている猛獣ばかりです。

こういった人達が心から相手に合わせる、などという芸当が出来るはずもなくまた誰も期待していないでしょうね。

相手に合わせる事が出来る人は組織の中で孤立しません。

上手に組織の中で立ちまわれます。

だからこそ組織のボスたる人も、自分の部下にしたい人はこのような忠実性を持った人を選びたいのでしょうね。

被害妄想が多い

忠実な人の特徴の12個目は「被害妄想が多い」です。

忠実な事を至上の誇りにしている人は、残念ながらそれほど人生経験が豊富、という訳ではありません。

比較的、狭い世界で生活を送っています。

よって様々なケースへの対応範囲も狭く、困りごとの対応などでは解決策が少ないのが現状です。

よってその事が自信につながらず、そういった対処が得意な俗にいうと「心の広い人」への憧れをずっと抱いています。

そしてそういった人達と自分をいつも比較するため、「他人の芝生は青く見える」がいつも続くのです。

よって何とかして自分の牙城というか触れられたくない心の小さい部分を守ろうとして、起こりもしない非現実的な妄想に憑りつかれてしまうのです。

それも自分が被害を被ったかのような、です。

実際は忠実なる人達は、そういった「心の広い人」(?)たちから羨望の眼差しで見られているのですが、本人は気付かないのです。

だから、本当は自分に自信を持って臨めば、何の問題もないのですけれどもね。

期待に応えようとする

忠実な人の特徴の13個目は「期待に応えようとする」です。

この特徴も忠実な人の人柄を表す代表的な特徴といえますね。

忠実さを取り得にしている人達は、自分の上司やボスに対して、とにかく張り切ります。

期待に応えようとします。

それで褒めてもらえたりすれば、天にも昇らんか、と言わんばかりの喜びようなのです。

まあ、仕方ないですね。

ある意味、そういった星の下に生まれてきた性分ともいえるかも分かりません。

忠実さを持つ人は、とにかく特定の誰かに対して尽くせますし、その人のためならば大袈裟な話し、命を投げ打ってもいい、とさえ考えているのですからね。

ちょっと渡世っぽい世界の話しにもなりましたが「この人のためならば、たとえ火の中水の中」という気持ちも忠実さが表れた事だかでしょうね。

小さな幸せを見つけるのが得意

忠実な人の特徴の14個目は「小さな幸せを見つけるのが得意」という事です。

忠実さをモットーにしている人は、人生において大博打を打つ、などという事はまずありません。

それは性格的にも運命的にもそうなっているのですから、論理的に説明せよ、と言われてもちょっと難しいです。

つまり、人生を忠実に生きている人達は、コツコツと階段を歩いて行くような堅実な生き方が得意、というかそれしかできないのです。

だからはっきり言って遊び下手です。

世の中には「遊び人」と呼ばれる人達もいます。

実に豪快にあけっぴろげなくお金を散財できます。

まあ、そうやって遊び人の人達は様々な人種の人達と付き合えるので、ネットワークはどんどん広がっていきます。

顔も広くなります。

人間的にみてもどこか何とも言えない魅力が漂います。

実際、異性にもよくもてます。

人慣れしているので臆することなく物事に当たれるのです。

ここまでの事を残念ながら忠実さを売りにしている人は出来ません。

見事なくらい出来ません。

遊びが本当に下手なのです。

だから人生において大風呂敷を広げる行動も起こせません。

その代り、小さいながらもささやかさを大切にした「幸せ」の実現には長けているのです。

これは生き方の違いから起こるものですから、どちらが優れていてどちらが劣っている、というものではありません。

ただ、たまたま忠実な人は大きい事が苦手というか発想出来ないだけなのです。

だから、誰かに対して忠実な人は決して主を裏切らないのです。

何故ならば、主に仕える事が彼らにとったら最高の「幸せ」なのですから。

マナーやルールを守る

忠実な人の特徴の15個目は「マナーやルールを守る」です。

忠実さを生きるモットーにしている人は、皆が決めルールやマナーは守ります。

決して自ら破るなどという事はしません。

いや、出来ないと言った方がいいでしょうか。

人生に忠実な人達は、ルールやモラルを破った末に起こる争い事や喧嘩を非常に嫌います。

人と人がいがみ合うという事が許せないのです。

皆で仲良くやっていきたいと願っているのです。

心が幼い、と批判されようが構いません。

とにかく争い事を好みません。

だからルールやマナーを順守します。

最低限、自分自身が世の中の悪にならないよう頑張るのです。

まあ、それだから雇う方としては安心して彼らを囲える、という事になりますね。

彼らにとってルールを破った末に嘘をついて主を窮地に落とし込む、などという発想はまずありえませんからね。

時間や約束を守る

忠実な人の特徴の16個目は「時間や約束を守る」という事です。

この特徴も忠実なる人の性格をよく表したものですね。

忠実さをモットーにしている人にとって、世の中の約束ごとは全て遵守事項です。

よって「時間・約束」というものは人生を生きていく上でのやって当然、守らなければ気持ちが悪くなって夜も眠れない、というくらいの生活の中の一部なのです。

ただ、世の中には平気で時間や約束を破る輩もいます。

多くの性格の人間が住んでいるのですから仕方ないと言えば仕方ないのかも分かりませんが、やはり社会人として時間や約束を頻繁に破る、というのはいかがなものか、と思う訳です。

まあ、忠実さをモットーにしている人から守り事を破るような人間にしてしまったら何も残らないでしょうね。

主からの指示や言いつけを平気で破っていたら、もうその時点でその人の存在価値はジ・エンドですからね。

ただ、世の中の簡単そうな事が実は意外と一番難しいのも事実です。

そういった意味では時間や約束をきちんと守れるという事は、素晴らしい能力と自負してもらってもいいかも分かりませんね。

最後までやり抜く

忠実な人の特徴の17個目は「最後までやり抜く」です。

この特徴も忠実さをモットーにしている人のとっておきの特徴でしょう。

忠実なる人は地味ながらもコツコツと諦めずに物事を最後までやり抜く精神力を備えているのです。

まあ、仕事の上で見たら、同じ方法を最後まで修正せずにやり抜く、というのは少々無駄が多い仕事っぷりともいえるでしょう。

一つの事をスタートさせてゴールにたどり着くまでにはいくつもの難所、関所があります。

それぞれやり方に変化を加えなければクリアー出来ないようになっているものです。

だから忠実さを売りにしている人の中でも更に優秀な人は、常に現状の状況をチェックしながら事を進めます。

そして不都合な点が見つかれば即座に修正して実行にかかる。

こういった人ほど主からは一層、信頼と信用を受けるのでないでしょうか?

恋人に尽くす

忠実な人の特徴の最後の18個目は「恋人に尽くす」です。

忠実さを売りにしている人、ハッキリ言って恋愛事は下手くそです。

遊び人のように自由でスマートな恋愛をなかなかできません。

あなたが男性だったとしたら、女性に声をかけるのもほぼ出来ません。

ましてや女性をナンパするなんてことは、天地がひっくり返っても出来っこないのです。

だから、忠実さを売りにする男性は恋人が出来たなら、とことん尽くします。

これは逆のパターンもありですが、とにかく誠実にお付き合いすることだけを頭に入れて付き合います。

勿論、彼ら彼女たちに浮気の気はありません。

目の前の恋人1本です。

だから相手の人は安心してお付き合いすることも可能です。

ただ、恋愛に不器用な彼ら彼女たちはサプライズなどのしゃれた行いは全く出来ません。

常に正攻法です。

それが退屈で物足らない、と思われてしまう事もあります。

とにかく忠実さをモットーにしている人たちの恋人への尽くし方は筋金入り。

あなたの事を終生、大事にしてくれるでしょう。

忠実な人について理解を深めよう

如何だったでしょうか?忠実な人についての特徴を18個、紹介させていただきました。

世間体に見れば、「忠実」というイメージで捉えられるのはどちらかというと男性の方が多いかも分かりませんね。

師弟関係、会社の上司と部下の関係、修行の世界など社会に出てからも続いていくような感覚があるのではないでしょうか?

まあ学生時代にまで遡れば、女子の場合でも部活などで忠実な関係性を作らなければならない環境もある事はありますけどね。

いずれにしても、同性から見たら忠実性を発揮する男性というのは好ましく見られるのですが、異性である女性から見たら忠実な男性って、どうも頼りなく映るのかもしれませんね。

そういった意味では、やはり恋や恋愛沙汰においては忠実さをモットーにしている男性は、かなり遅れを取っているかも分かりませんね。

ただ人生、様々な生き方があります。

ご本人がそれで納得されている生き方を他人がどやかく言う事はいい印象がありません。

「主に対して忠実なる生き方」をできる人というのは、それはそれで非常に素晴らしい生き方であると思いますよ。