何か悪い事をしてしまったり、申し訳ないようなことをしてしまったらその謝罪を意味を込めてごめんなさいと謝る事は、人間が生きていく上、または人間関係をうまくしていくためにも大切なことですね。

そのようなごめんなさいという気持ちをあなたは、しっかりと伝えることはできているでしょうか。

本当に悪いことをしまったのであれば、謝るのは簡単ですが、何か仲が良い人や、普段距離が近い人に対して、なかなか素直にごめんなさいをできる人は少ないのかもしれません。

距離が普段近いからこそ、これくらい謝らなくてもいいか、ごめんなさいって言わなくても大丈夫かなと思ってしまう人は多いですね。

また、ごめんなさいということを伝えたいんだけど、どう伝えて良いのかわからないなんてこともあるでしょう。

あなたの記憶には「あの時しっかりごめんなさいいと謝っておけば良かった」ということはありませんか?

あの時しっかりごめんなさいをすることができていれば、今こんなに後悔することはなかったのに、なんてことがあるはずです。

しかし、その時はうまく上手に謝ることができなかったはずです。

完全に自分が悪いと自分の中でわかっていれば謝り易いものですが、そうでない場合自分の非を認めるのって、なかなか難しいでんすよね。

よく夫婦や恋人って、しょうもないことで喧嘩しますよね。

どちらかが悪いというのではなく、なんとなく喧嘩になることです。

そんな時、どちらからごめんなさいをしていいかもわからなくなってしまう時もあります。

そういった時、やはり「自分から謝るのはちょっと・・」なんて人もいるでしょう。

しかし、自分から謝った方が良いと考える人もいるはずです。

今回は、そんな方に向けてごめんなさいの気持ちの伝え方を紹介していきます。

ごめんなさいという言葉は気持ちで伝えるものですよね?

あなたはごめんなさいという、申し訳ない気持ちを伝える場合、まずはどのようにして伝えようと考えますか?伝え方はたくさんあるでしょう。

手紙などを書いて、その謝罪の気持ちを文章で書いたり、メールで送る方法もあるでしょう。

しかし、謝罪というのは相手に自分に非があったという気持ちを伝えることです。

中途半端に謝ったところで、相手には許してもらえないはずです。

なので、自分の誠意をみせることが大切なことになります。

誠意を見せるというのは、自分がいかに反省しているか、いかに悪い事をしたと思っているかという姿勢を見せる事です。

そのように考えるのであれば、やはり近くの人であれば、直接自分の言葉でごめんなさいと謝るのが良いでしょう。

恥ずかしいから、直接言うのは言いずらい、なんて理由でわざわざLINEやメールで謝罪をする人もいますが、普通に考えるのであれば、まずは自分の口で自分の声で直接ごめんなさいをすることを心掛けましょう。

やはり、謝られる方としても直接言われた方が気持ちが良いですし、許してあげようという気持ちにもなるでしょう。

素直に言えない「ごめんなさい」の言葉

ごめんなさにという言葉は、なかなか素直に出てくる言葉ではないんですよね。

いかに自分に非があっても、自分が悪いと認めるのは相当な素直さがない人でなくては難しいでしょう。

誰しもが自分が悪いとは認めたくなく、誰かや何かのせいにしてしまいがちです。

なので、ごめんなさいというのはなかなか素直に出てくるのは難しいといえるでしょう。

しかし、そんなことでは上手にごめんなさいとすることはできません。

あなたの目的はしっかりと相手にごめんなさいと言って、相手にあなたのことを許してしまうのが目的です。

なので、本当に謝ろうと考えた場合中途半端に謝っていては、うまくいくものもいかないでしょう。

本当に謝ろうと考えた場合は、まずは自分の気持ちに素直にならなくてはいけません。

なんで謝るのか、謝って相手にどう思ってほしいのか?そのようなことをしっかりとイメージし、謝る準備をするようにしましょう。

そのような謝る際に、どのような心構えで謝罪をすれば良いのかをまとめました。

ただ謝るだけではダメ

わかるとは思いますが、ただ形式上に謝るのではいけません。

形式上で謝るのは誰にでもできることですし、サルでもできます。

私たちは感情豊かな人間ですし、しっかりと相手に対応することができれば、相手がどのような感情で謝っているのかがわかります。

どういうことかというと、形式上で謝るのでは相手に気持ちがこもっていないということを悟られてしまうんです。

気持ちのこもっていない謝罪をされたらどう思いますか?「こいつは謝る気がないんだな」と判断してしまい、全く謝られた気がしないことでしょう。

ただ謝るだけでは、相手に見透かされてしまいます。

そのように謝るくらいであれば、謝らない方がましともいえるでしょう。

相手の心に伝わらないと無価値

ごめんなさいと相手に謝る上で、一番重要なのは相手の心に伝わるか?という部分になります。

謝るという行為には、もちろん自分の非を認め相手に謝罪をするという意味が込められていますが、一番は相手に許してもらうことです。

「それじゃあしょうがないな」といったように、そんなに謝るなら許してあげるよ、なんて言ってもらうのが目的となります。

しかし、相手が許してあげようと思うのは、あなたのごめんなさいがしっかりと心に伝わったことが前提となります。

間違いなく言えるのは、本当に心に伝わらない謝罪でなければ、「よし、許してやろう」という気持ちにはならないということです。

逆に立場になればわかることですが、本当に腹の立つ、はらわたが煮えくりかえるような行動をしてきた相手が謝ってきたとします、そんな時あなたはどう思いますか?すぐに、許してやろうと考えますか?そんなことはないはずです、最初は何を言われても許そうとは思わないはず。

しかし、相手の謝罪が心に伝わってきて、本当に反省しているんだなと心に伝わるものがあれば許してあげるのではないでしょうか?なので、相手の心に伝わらない謝罪は無価値といえるでしょう。

心がこもった謝罪をしましょう

このように相手の心に伝わる謝罪をするには、自分の心がこもった謝罪をする必要があります。

人に対して本気で謝るというのは、雰囲気的にも緊迫した場面です。

なので、あなたの心がこもっていなければ相手にはすぐに伝わってしまいます。

中途半端に謝るのでは、全く相手には伝わらないということを覚悟しておきましょう。

本当に心から反省し、とにかく相手に対して申し訳ない気持ちを謝りたいと心から思わなければ心のこもった謝罪は絶対にできません。

少しでも「自分は悪くない」なんて気持ちがあると、それは行動として出てしまい、相手の心には伝わらない謝罪となってしまうでしょう。

人に本気で謝るということは、とても大変なことです。

例え心が本気でこもっていたとしても、相手が少しでも心を開いてくれなければ伝わらないですし、客観的に見て最高の謝罪の仕方をしても、結局は相手が許してくれなければ、無意味で終わる可能性もあります。

しかし、そうだからといって、自分が悪いのをほっといて謝らないというわけにはいきません。

ごめんなさいの伝え方

謝罪をする上で気をつけなくてはいけないことはいくつかあります。

要するにごめんなさいを伝えるのにも、良い伝え方と悪い伝え方があるということです。

いくら自分が心から悪いと思っていて謝罪をしたとしても、その伝え方が悪いと逆効果になってしまう場合もありますし、相手を逆に傷つけてしまうことだってあるくらいです。

心をこめて謝罪をすれば相手が確実に許してくれるという保証もありません。

少し許してくれる確立が高くなるという程度で、絶対に相手が許してくれる謝罪の方法なんていうのは存在しません。

なのでできることは、誠意をもってとにかく謝ることです。

少しでも許してくれるように謝罪をするというのがポイントです。

過ぎた時間は返ってきませんし、相手を怒らせてしまってという事実も変えることはできません。

なので、とにかくごめんなさいの上手な伝え方を覚えましょう。

自分に落ち度があると認める

まずは、悪いのは自分で落ち度は確実に自分にあるという点を認めましょう。

このように謝る場合、「こっちが先に折れるんだから、あなたも最終的には折れてね」なんて心で思ってしまっている人もいます。

実は、心では自分も悪いけどあなたの悪いでしょ?と思ってしまっているパターンですね。

こういった風に考えてしまうのもわかりますが、そのような謝り方は逆効果ですし、あまり許してはくれないでしょう。

もう、謝る場合は100%自分に落ち度があるという考えで謝りましょう。

自分も謝るから相手にも謝ってもらおうなんて考えは捨てるべきです。

それを見透かされると、相手はより以上に怒りが増すはずです。

相手は、確実にあなたに落ち度があると思っていますし、それをあなたに認めてほしいんです。

なので、相手の怒りをおさめたり、許してもらおうと考えるのであれば、まずは、自分の落ち度を完全に認めるということが必要になります。

どこが悪かったかを認めた上で謝る

自分のどこが悪かったのかをしっかりと認め、それを説明したうえで謝る様にしましょう。

そうしなければ相手は納得しないことでしょう。

謝られている方は、あなたに全力で非を認めて欲しいと考えています。

自分がいかに悪い事をしたか?本当に反省をしているのか?そういった気持ちや態度の部分を見られます。

なので本気で謝るのであれば、自分の何が悪かったのか、相手に対してどのような迷惑をかけたのかも説明しながら謝ると良いです。

同じ過ちをしないための策を示す

悪い所を認める事ができたら、次は同じ過ちを繰り返さない為にどのようなことをするかの策を示すようにしましょう。

いかに自分が反省していて、同じようなことはもうしませんという反省の心を見せるわけです。

これも中途半端ではいけません。

相手が納得するような策を示さなくてはいけませんし、「そんなに誰でもできるだろ」なんて思われてしまう事は避けなくてはいけません。

「お?本当に反省しているんだな」と心から思ってもらえるような策を考えましょう。

相手と衝突しない

謝罪をしようとしたり、謝っている最中でも自分の感情が怒りの感情に変わってしまうこともあるでしょう。

気持ちと行動が裏腹に動いてしまうことは人間であれば誰しもが経験したことでしょう。

謝罪の気持ちはあるんだけど、相手の態度が気に食わなくてどうしても感情が表に出てしまうなんてことはよくありますね。

しかし、謝罪をする上でこれは逆効果になるのは言うまでもありません。

ごめんなさいと言いたい時に、一番やってはいけないことは相手と衝突してしまうことです。

ここには細心の注意を払いたいところです。

ヒートアップし余計険悪になる

このような感情をむき出しにしてしまっては、相手もその態度に気づくので怒りは倍増してしまうでしょう。

なので、ヒートアップし余計険悪になることがほとんどです。

相手は謝る気なんてさらさらないですし、あなたが悪いもんだと一方的に思い込んでいます。

その気持ちにきずくとなおさら腹が立ってしまいますが、ケンカなどをしている場合はどちらかが折れなければ終わりは見えません。

なので、ここは大人の対応で、ヒートアップするのを避けましょう。

あなたが我慢すれば、それだけ和解への道は早くなります。

相手も怒っていると感情的に言い合いになりやすいけど、それは避けて!

相手が怒っている時に謝るのは本当に至難の業です。

なにせ、感情をぶつけてきますからこちらも感情的になりやすいといえるでしょう。

しかし、お互いが感情的になっていても話は進みませんし、何も解決はしないでしょう。

なので、相手が感情的になっている時こそこちらは冷静にならなくてはいけません。

なので、いくら相手が怒っていようが、自分が感情的になろうが、とにかくひたすら誠意を見せて謝り続けましょう。

それができなければ、解決へは向かいません。

責任転嫁・開き直りなどはしない

ひたすら謝っていて、なかなか許してくれない場合、誤っているのが馬鹿らしく感じる時があります。

そんな時に、何かや誰かに責任転嫁をしたり、開き直って逆切れなんかもしたくなるんですが、そのような態度は絶対に出さないようにしましょう。

これは自分の感情をうまくコントロールできればできることですが、そういったコントロールは非常に難しいのもわかります。

しかし、相手からすれば責任転嫁や開き直りは非常に癪に障るので、ただ相手の怒りを増長しているだけと思って間違いないでしょう。

そもそも謝罪にならない

責任転嫁や開き直りなどは、そもそも謝罪にすらなりません。

そんなことをするくらいなら、なぜ謝ったのか?ともいえるでしょう。

謝罪する時は覚悟を決めて、自分が悪いと思いこまなくてはいけません。

少しでも相手にも非があるんだという気持ちがあると、謝罪の途中で考えが変化してしまい、自分はもしかして悪くないのでは?なんて気持ちがこみ上げてくる事もあるでしょう。

そんな時に責任を転嫁したり、自分は悪くないと開き直ってしまう人が多いのです。

謝罪されている方は、そんな態度を示されて、許してあげようなんて思うはずがありません。