全身全霊をかけてやりたいと思うこと。

仕事や家族との関係など、あなたにはありますか?

全身全霊をかけてやりたいことがある!

あなたには全身全霊を傾けてやりたいことがありますか?

どんなことがやりたいですか?

仕事を全力でしているという方もいらっしゃるでしょう。

家族のためにこれをしている、という方もいらっしゃるでしょうね。

自分のためにこういうことがしたい、と野望を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。

全身全霊とは

心と体のすべてのこと

『全身全霊』とは、文字どおりすべての身体とすべての精神力のことを指します。

『霊』は心のことを指します。

すべての心、精神力ということですね。

元々は、『全身全霊を捧げる』『全身全霊を傾ける』『全身全霊を注ぐ』といった使い方をしてきました。

すべての心と身体の力をあることのために捧げる、あることをなすために傾ける、注力する、という意味合いになります。

最近では、『命を懸ける』のように、失う覚悟をしてでも取り組むということで、『全身全霊を懸ける』という言葉遣いも増えてきているようです。

全力で取り組むこと

なにかに全力で取り組むこと。

大人になればなるほど、力はついてきているはずなのだから全力で取り組めそうなものなのに、なぜか「全力だったか」と自問自答すると、「全力というわけではなかったな……」となってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

子どもの頃の方が、遊ぶのも寝るのも勉強するのも、なんでも全力で取り組めていたかもしれません。

毎日仕事や家事に追われて、「全力を出す気力も体力もない」なんていう方も多いかもしれないですね。

全身全霊でやりたいこと、ありますか?

やりたいことをやるだけでは生きていけない。

近頃ではそんな世の中になってきています。

たとえば作家になりたいという夢を追い続け、全身全霊を注いで夢が叶い、作家になったという人でも、小説だけを書いて生きていけるわけではありません。

最近では昔のように印税だけではとても生活ができないという『本が売れない時代』。

作家になっても会社員との二足のわらじを履いているという作家先生も増えました。

入社したらその会社に終身雇用され、定年まで働き続けるというのも変わってきました。

不況で会社側がひとりの社員に払える給料も下がり、物価はあがっており、今いる会社の給料だけでは自分ひとりが生きていくので精一杯で、とても家族は養えないというのが普通です。

夫婦共働きで働いてやっと家族が生活できるだけの収入になります。

それでも人によっては日々の生活を過ごすことでぎりぎりで、老後のためやもしものときのために貯金ができないという世帯も増えています。

会社の仕事が終わった後や休みの日にアルバイトとして別のところで働いたり、自宅でできる仕事を持っていたりする人もいるでしょう。

パラレルキャリアという言葉も出てきて、副業を持つことが当たり前になりつつあります。

生活費を稼ぐことに時間を使ってしまって、自分のやりたいことが全然できない、という人もいるかもしれません。

やりたいことをやりたいのに、やる時間がない人の他に、やりたいことが特に見つからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

『やりたいことをやる』。

簡単なようでいて、とてもむずかしいことです。

自分のやりたいことをやって生きていけたならどんなにいいだろうかと、誰しも想像したことがあるのではないでしょうか。

やりたいことをやって生きていく。

それはとても素敵な人生のように思えます。

「それでも自分にやりたいことは見つからない」という方は、やりたいことを探してみましょう。

やりたいこと、やれることを探すことを、手始めの『やりたいこと』にしてみるのです。

なにもやりたいことはひとつでなくてもいいし、更新されていっても良いのですから。

全身全霊をかけるメリット

やりたいことを全身全霊を注いでやる。

できない理由をあげてみれば、たくさんあげられるかもしれません。

「時間がないから」「やりたいことがないから」「やるにはお金がかかるから」「自分にはそんな能力がないから」。

「世間体が気にかかるから」という場合もあるかもしれません。

「一生懸命やるのはなんだか格好悪いから」なんていう理由をあげる方もいらっしゃるでしょうか。

でもそうしたことは置いておきましょう。

いわゆる『大人の事情』はおいて、あなたのやりたいこと、興味があることに素直に従ってみるのです。

「何がしたい?」「どういう人でありたい?」と自分に語りかけてみてください。

そして想像してみてください。

もし今日が生きられる最後の日だとしたら。

どんな風に過ごしたいでしょうか。

自分自身に問いかけて、自分で自分を縛っていた枷を外してみましょう。

全身全霊を捧げることには、いろんな良いことがあります。

集中できる

全身全霊を傾けてなにかをすることは、集中力を必要とします。

集中してなにかに注力することができます。

一生懸命やることで結果もついてくる可能性が高くなります。

誠意や熱意が伝わる

経過は関係なく、結果がすべてという局面も多いでしょう。

大人になってから、仕事上でのやり取りなどでは結果が重視されることも多いかもしれません。

それでも、全身全霊でやったということは、その誠意や熱意が先方に伝わりやすいもの。

相手も人間ですから、結果がすべてとは言え、多少左右もされますし、今回は駄目でもあなたの人となりを認めて次回はあなたと一緒に仕事をしたい、と思ってくれるということもあるかもしれません。

評価される

一生懸命やっている姿を見て、不愉快になる人というのはあまりいないはずです。

「頑張っているね」「いつも全力だね」と周囲の人に評価されることでしょう。

もちろん自分でもやりきった感じがするので充実感も得られますし、その上周りの人に認めてもらえるならこんなに良いことはありません。

たとえばあなたが高校生で野球部に入部したとして。

あなたの夢はプロ野球選手で、中学校までもピッチャーとして活躍してきました。

大会での実績は実績として、高校の部活の先輩や顧問の先生にある程度は通用するでしょう。

でも、いきなり「実績があるからピッチャーとしてすぐにマウンドに立たせてください」と言っても信用してもらえるものではありません。

「新入部員はまずは球拾いからだ」と言われてしまうのがオチでしょう。

それについて不満に思う気持ちがあるかもしれませんが、だからといって球拾いをしない、部活にいかなくなる、となってしまうと、マウンドに立つ夢は叶えられません。

中には理不尽な要求をしてくる顧問の先生や先輩たちもいるかもしれませんが、基本的には新入部員たちを平等に扱い、まずこの学校の野球部の雰囲気を知ってもらうため、などなにか理由があって球拾いからさせたいはずなのです。

今やりたいこととは違うからと言って目の前のことをやれない人は、信用してもらえません。

口だけの人間だと誤解される可能性すらあります。

やりたいことのためには、やりたいことではないけれどやらなければいけないことも全身全霊で頑張る必要があります。

やりたいことをやるための過程上必要なことなら、やりたくないことでもやりたいことと切り離しては考えられないのです。

これを理解して全力で打ち込んでいれば周りも信頼し、評価してくれます。

球拾いや素振りなどの基本をおろそかにしない人間だと思ってもらえるでしょう。

いやいややっている人よりは、喜々として取り組んでおり人の方が高評価を受けやすいですし、仕事を頼もうと思ってもらいやすいです。

信頼に足る人間だと思ってもらえたなら、次の新しい役割が与えられるはずです。

それを繰り返していけば、評価もどんどん上がることでしょう。

経験がつめる

全身全霊を傾けてなにかひとつのことに取り組んでいると、ただものごとをこなしているときとは違って確実にそれはあなたの血となり肉となっていきます。

一生懸命やっている姿は必ず周りの人も見ていますし、協力してくれる人も出てくるでしょう。

任される仕事の種類や幅が広がり、さらに経験をつむことができるようになるはずです。

経験をつむことにより、人を見る目も養われるでしょう。

人の行動や心理状態を見極め、適切な行動が取れるようになってきます。

そうすれば人に好かれやすくなり、あなたを助けてくれる人も増えるでしょう。

人に仕事を押し付けるだけの人というのも世の中にはいます。

仲間に仕事を割り振る人との違いは、そこに経験と知識があるか否かです。

たとえば会社で、単純に自分が面倒なことを人に割り振って押し付けるだけの人は経験をつむチャンスを今までずっと無駄にしてきた人です。

今まで一生懸命取り組んできた人は、自分の経験と知識を総動員して相手にできる仕事か否か、これが相手の成長につながるか否かなどを考えて仕事を振ってくるはず。

こうしたまともな上司と、面倒くさい仕事を立場を利用して部下に押し付けるだけのパワー・ハラスメント上司。

見極めるのにも、あなたの経験がものを言うでしょう。

あなたが経験を積めば積むほど、周りの人もまともな人が増えてきますし、あなた自信が経験を活かして真っ当な部下を育てることにもつながります。

成長できる

全身全霊を注いで取り組んでいれば、自分の能力を見極める力もついてきます。

自分がどんなことが得意で、どんなことが不得意なのか。

どんなところが強みで、どんなところが弱みなのか。

不得意なところや弱いところを補うのにはどんな対策を取ればよいのか。

一生懸命問題に立ち向かうことで、自分の価値観を客観視することができるようになります。

なんとなく日々過ごしているだけでは見落としがちなことも、全身全霊を注いでいればまったく違うように見えてきて、今まで見えていなかったことが見えるようになってきます。

視野が広がり、成長できることでしょう。

あなたが変われば周りの人も変わり、さらに世界が広がっていきます。

そうするとあなたもまた成長することができて、良い循環が置きます。

有意義な時間が過ごせる

一生懸命取り組めば、それだけ有意義に過ごせます。

無為に過ごしていた時間からは得られるものがほとんどなく、時間が過ぎるのも遅く感じて暇をつぶしながら過ごしてきたかしれません。

全身全霊をかけた時間は密度が濃く、あっという間に過ぎ去るでしょう。

それでいてあなたに与える印象は深く、あなた自身も成長することができて、とても意味のある時間を過ごすことができるようになります。

良い思い出になる

一生懸命やるということは、けして楽なことではありません。

楽ではないけれど、その分きっと楽しいはずです。

全身全霊を傾けてなにかに取り組み、苦労をしても仲間と助け合いながら自分も成長して成し遂げていけば、それはあなたの自信になり、次につながります。

辛いことも当然経験したことでしょうが、それも含めて良い思い出として転化され、良いものとしてあなたに残ることでしょう。

全身全霊をかけて得られるものの多さ

成功すれば達成感を得られます。

たとえ失敗しても、全力で打ち込んだことなら経験値となり、次のステップにもつながることでしょう。

様々な人に出会い、多様な価値観に出会うこともできるでしょう。

それがまたあなたを成長させ、世界を広げてくれます。

自分自身の知識も増えていきますし、出会う人も増えて、新しいミッションが与えられてそれに取り組む。

その繰り返しになり、取り組むミッションもどんどんスケールアップしていくでしょう。

周りからも今まで以上に頼られるようになり、これまでに得た知識と経験で効率
よく的確にミッションに取り組むことができます。

一生懸命は素晴らしいこと


一生懸命やることが格好悪いことのような風潮もありますよね。

「本気になっちゃってかっこわるい!」「マジになって馬鹿みたい!」なんて、学生時代に言ったり言われたりした経験がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

でもそれは、一生懸命ができない人のひがみです。

一生懸命やっている人へのやっかみ半分で馬鹿にして、足を引っ張っているだけ。

格好悪いからと言い訳をして頑張らないでいると、言い訳ばかりでなにもできない人になってしまいます。

だらだらとイヤイヤながら取り組んで、できなかった結果を前にして「本気じゃなかったから」と言い訳をする人より、全身全霊を傾けて取り組んでいる人の方が魅力的ですよね。

全身全霊をかけてやりたい5個のこと

あなたが全身全霊を捧げてやりたいと思うこと。

たとえば、下記のようなものがあるかもしれません。

1.仕事


仕事が一番大切。

そんなあなたにとっては、仕事が全力でやりたいことなのでしょう。

仕事をうまくいかせるためには、プライベートな時間を投げ打ってでも構わない、という方もいらっしゃるかもしれません。

やりたいことをすることで生活費も稼ぐことができるわけですから、『やりたいことをやって生きていく』という理想を実現しているということになりますね。

起業もひとつの手

「今している仕事は自分のやりたいこととは違う」という方もいらっしゃるでしょうか。

そうした方の中には、自分のやりたいことを余すこと無くできるように自分で会社を起ち上げた、という方もいらっしゃいます。

仕事内容自体は好きなのに、上司や同僚とうまくいかないとか、会社のシステムが自分とは合わないというケースもあるでしょう。

人間関係や会社の理念、仕事内容、すべてが自分の理想どおりの会社が見つかればとても理想的ではありますが、必ずしもそううまくはいきません。

そんな場合は、『自分の理想どおりの会社』がないなら自分で作ってしまおう、というわけですね。

もちろん大変な苦労があるでしょうが、それに見合った充実感も得られることでしょう。

副業が禁止されていない会社にお勤めであれば、会社での勤務を続けながら起業を目指し、自分の会社が起動にのったら会社を辞めるというやり方もあります。

最近はネットショップやクラウドワーキングなど、インターネットを利用した働き方も増えてきているので、アフターファイブを有意義に使って自分の会社を起業することも、昔に比べればハールが低くなってきています。

好きなことを仕事にする

漫画を描くことが好き。

歌を歌うことが好き。

そうした『好き』を仕事にするのには、「よほど才能がないと駄目だから」「小さい時からやっていないと駄目だから」と諦めがちなのではないでしょうか。

「本当に好きなことは仕事にしない方が良い」なんて言う人もいますよね。

でも、本当にそうなのでしょうか。

「好きなことを仕事にできた今、自分は毎日とても楽しい」という有名漫画家の発言が話題になったこともありますよね。

考え方は人それぞれです。

今まで映画をみることが好きだったのに、映画評論家になったら仕事で見たくもない映画を見て、評論をしなくてはいけなくなって苦痛だ、という人もいるかもしれません。

でも、映画評論家になったことで今まで個人では見ようとしなかった映画を見る機会を得て、いろんな映画をみるようになって楽しいという人もいるでしょう。

みんなが知らないような映画を紹介する楽しみを得たという人もいるでしょう。

楽しさの種類が変わっただけで、やはり好きなことを仕事にしても、好きなものは好きなままだという人も多いのではないでしょうか。

インターネットが一般的になってきて、個人でもいろいろな情報を発信できるようになりました。

食べ歩きが好き、料理が好きという人が、行ったお店のレポートや自分の料理のレシピをブログに掲載していたら、出版社から連絡をもらってブログが本になったという人もいます。

歌を歌って動画を投稿したり、イラストを描いてサイトに掲載していたりしたら、それがお仕事につながったという人もいます。

今はその道のプロでもその仕事だけで食べていくほど成功するのは難しい時代。

それならなにも好きなことだけで食べていくことを目標にしなくても、”プロ”になることだけを目標にしなくても、考え方とやり方次第でいくらでもやりたいことができるのではないでしょうか。

2.スポーツ

スポーツと一言で言っても、たくさんあります。

サッカーや野球、ボクシング、ポタリング、山登り、柔道、などなど。

ひとりで気軽にできるもの、仲間を作ってチームワークで楽しむものなど様々です。

あなたにあったスポーツを始めてみませんか。

大会や試合に出る

めざせオリンピック、となるとハードルが高すぎるかもしれませんが、習い事としてスポーツを始めた場合その通っているクラブが主催する大会などがあるはずです。

合宿があるという場合もありますし、練習試合として他のクラブチームと対戦することもあるでしょう。

目標があれば日々の練習にも気合が入りますし、目指すものがしっかりしていると成長もしやすくなります。

まずは試合に出ること、大会で勝つことなどを目標にし、どんどん目標をステップアップさせていきましょう。

仲間が増える

同じ目標のために集まった人たち。

チーム戦のスポーツならもちろんのこと、そうでない場合でも同じものが好きな仲間たちです。

しかも大人になってからあえてそうしたスポーツをしている人たち。

普段の仕事はまったく違うことをしているという人がほとんどです。

今あなたがしている仕事の取引先になりそうな会社に勤めている人がいるかもしれません。

意気投合して一緒に起業できるような技術と意識のある人に巡り合うかもしれません。

3.謝罪

なにかについて謝罪する時も、全身全霊をこめて謝罪しましょう。

初めから全力で謝罪されると、クレーマーでもたじろいで「ならそれでいいよ」とうっかり言ってしまうほどだそうです。

なにかやらかしてしまったときに、謝らないのはもちろんもってのほか。

相手を怒らせてしまった後から謝っても、「悪いと思ってないでしょう」と指摘されてとうてい許してはもらえなくなりがちです。

逆に相手がそこまで怒っていない段階で謝罪すると、すんなり許してもらえる確率が高くなります。

また、相手が「こうしてくれたら納得できる」と思っていることを上回る全身全霊の謝罪なら、納得もしてもらえますし、信頼も得ることができるでしょう。

接客業界ではクレームはチャンスと捉えています。

クレームを自分の中で処理しないで相手に伝えるということは、それだけこちらへの期待が大きかったということになります。

また、伝えれば改善するだけの力があると思っていただけている、ということに他なりません。

だからこそ、全身全霊を傾けて謝罪し改善することで、「やはりきちんとしている。今後も利用しよう」と思ってもらえるというわけです。

たとえばある菓子メーカーの焼き菓子に、異物に見えるものが混入していました。

まつげやまゆげのような毛に見えたためメーカーに連絡し、食べかけのそれをメーカーに送りました。

すると数日後、レポートが返送されてきたそうです。

どのような環境で焼き菓子を製作しているか、毛髪などの異物が混入しないようどのようなチェック項目を設けているか。

また、異物についての科学的な分析結果が事細かに綴られていたといいます。

結果的にそれは焼き菓子に含まれているアーモンドの繊維がたまたま毛のように細長い状態で混入していただけでしたが、手間を取らせたお詫びとして焼き菓子も同送されていました。

今後は繊維が混入しないようこのような対策を取る、と対策内容までレポートには書かれていました。

こうした対応により、いかに安全にお菓子が作られているか、そのために努力しているか、万が一混入があったらどう対応してくれるのかが理解でき、「流石このメーカーはしっかりしている」とより一層ファンになったと言います。

【謝罪の仕方については、こちらの記事もチェック!】

4.お礼

なにかしていただいたときのお礼。

全身全霊を傾けてお礼をしてみましょう。

お座なりになんとなく「ありがとう」と言う。

もちろんこれでも言わないよりは良いのですが、きちんと心をこめて言えば必ず相手に伝わります。

言葉で言うだけでなく、軽い会釈も付け加えるのも良いでしょう。

歩きながら会話をしているときなら、少し立ち止まって会釈をすると、改まったきちんとしたお礼として相手に伝わります。

お礼がてらプチギフトを贈るのも良いでしょう。

最近では、プチギフトとしてぽち菓子や1杯分だけのパッケージがかわいいティーバッグなどもあります。

大手企業のお菓子で、袋菓子や箱菓子の内袋ひとつひとつに「ありがとう」と印刷してあるものや、一言メッセージを書く欄がついているものもありますね。

お礼状と一緒に渡したり、メッセージ欄にお礼を書いて渡したりすると良いでしょう。

5.作品づくり

あなたが今持っている趣味にはどんなものがありますか?

イラストを描くことが好き。

編み物が好き。

盆栽が好き。

そんな趣味を趣味だけに終わらせず、ワンステップ上に進めてみましょう。

たとえば、イラストや盆栽の写真などを投稿サイトに投稿したり、自分のブログやサイトなどに掲載したりしてみましょう。

意外とファンになってくれる人がたくさんいるかもしれませんし、お仕事依頼につながることもあります。

編み物やビーズ細工などが好きな方は、販売をしてみるのもよいでしょう。

オークションサイトやショップサイトがたくさんありますので、出品してみましょう。

誰かに販売すると考えると、作品づくりも気合が入りますし、丁寧に作ろうと考えるようになるでしょう。

手作り品を出品するひとたち用の展示会なら、企業用のブースと違って数千円から数万円で出展できるものもあります。

作品をつくりためて出展し、自分の作品に触れてもらう機会を作りましょう。

こうした場所で出会った趣味仲間と一緒にギャラリーで展示会を開くのも良いです。

ゲームが好きな方はゲームのプレイ動画を撮影したり、レビューを執筆して投稿したりするのも良いです。

好みが近い仲間ができるかもしれませんし、レビュアーとして人気が出ないとも限りません。

実況プレイ動画から、ゲームメーカー公式のプレイヤーに抜擢されたケースもありますよ。

全身全霊をかけてやりたいこと、見つかりましたか?

やりたいことが見つからないという方は、もしかしたら探している範囲があなたには合っていないのかもしれません。

世界を広げよう

今あるあなたの世界の中には、あなたにとって魅力的なやりたいことがないだけで、別の世界にあなたのやりたいことがたくさんあるという可能性もあります。

「やりたいことが見つからない!」という方は、まずはご自分の世界を広げるところから始めてみるというのも良いかもしれませんよ。

本を読んでみる

読書は手っ取り早く世界を広げてくれるツールです。

手に入りやすく、最近では紙の書籍だけではなく電子書籍も増えてきているので、持ち歩いてちょっとしたすきま時間でも読むことができます。

図書館で借りるという選択肢もありますし、コミックや雑誌系統ならまんが喫茶へ行って読むという手もあるでしょう。

自分の知らなかった世界を知るということが、旅などをしなくても本を開くだけで可能になります。

もちろん百聞は一見に如かず、実際目にする方が良いですが、そこまで時間もお金もないときにはおすすめの方法です。

普段読まないジャンルの本や、今まで興味のなかった作家の本なども積極的に読んでみると、そこから世界が広がっていきます。

映画を見る

映画も世界を広げてくれます。

あなたに影響を与えるのはストーリーなど映画の世界観だけでなく、その映画で興味を持った俳優さんを追っていったら、その人の生き方に影響を受けた、というケースもあるでしょう。

旅行に行く

『自分探し』には旅がつきものです。

バックパックひとつで世界中を旅するバックパッカーや、日本を自転車で一周する旅人などの話もよく耳にするのではないでしょうか。

旅先で出会った人や見聞きしたものがきっかけになって、あなたの新しい世界が広がるかもしれません。

旅行で行った北海道の土地柄や出会った人たちに惹かれて移り住んで新しい人生を始めるということもありえますし、そこまでの大きな行動にはうつらないまでも、知らない町で人とふれあうことは大切な経験になります。

行動を起こしてみよう

自己啓発本を読んだから必ずやりたいことが見つかる、というわけではありません。

自分次第です。

いずれにせよなにか行動を起こさなければなにも起きません。

ときには待っているだけでなにかが起こることもあるでしょうが、それで満足できないのが現状なのでしたら、ぜひ自分から行動を起こしてみましょう。

自分から動くというメンタリティが大事。

そこからきっとなにかが変わっていくはずです。