CoCoSiA(ココシア)

34歳女性が実は最高にセクシーな理由


女性にとって「セクシー」と見られるのは嬉しいのでしょうか?

はたまた今風に言うと「かわいい」と言われる方がいいのでしょうか?

でも、年齢34にして「かわいい」と言われるよりも、やはり「セクシー」と思ってもらえるほうが、圧倒的に女子力が高いと思うのは私だけでしょうか?

セクシーな女性は20代のうちでもいるでしょう。

しかし、それはあくまで若さや外見の露出度でアピールしているに過ぎません。

では、34歳という大人の女性のセクシーさを様々な角度から紹介していくことに致しましょう。

30代からセクシーさを感じる

女性の30代はまさしく花が百花繚乱に咲き乱れるが如くの瞬間であるといえるでしょう。

20代の頃の若さはやや後退していくものの、30歳代こそが女性としての本当の意味での美しさと悩めかしさ、色っぽさのピークの時でしょう。

それはメーク用品やシェイプアップ技術、栄養の摂取の仕方、着こなし、ファッションセンスとも関りがないとは言えません。

ただ、真のセクシーさとはこれらの要素が巧みに絡み合って混合され、その人の内面の人間性と融合した時に初めて発揮されだすのではないでしょうか?だから、20代ではなく30代がセクシーさの頂点となっていくのです。

自分自身でセクシーさが分かる


セクシーな女性とは、単に肌の露出を多くしたり、男を挑発するポーズがうまいなど、自ら演出して見せているようなものではありません。

一般的には男性の目から見て、あの人はセクシーだな、と言ってもらえた時に初めて自分がそういった女性なんだ、と気づくものなのです。

そう、大抵の場合、女性自身は自分のセクシーさに気づかないものなのです。

ところが自分自身で自分のセクシーさに気づかされてしまう時があります。

それが30代なのです。

30代とは、女性にとったら正しく、女の華の時であるといえるのです。

恋人との関係も良くなる

自分自身のセクシーさに気付きだすと、女性には余裕が生まれます。

それは、多くの女性が努力して得ようと思っても得られないのが「セクシー」さ、であるからです。

セクシーさを身に着けようと思ってもお金では買えません。

いくらエアロビクスやヨガなどでフィットネスに励んだとしても、健康は得ることができるでしょうがセクシーさは手に入りません。

だから、女性にとったら、最後の切り札を手に入れたが如く、大いなる自信を与えてくれるのです。

自分のことがセクシーな女性と分かった時点からあなたは大きく変わります。

勿論、今、付き合っている恋人との関係にも表れます。

ますます魅力を上げていくあなたのセクシーさに彼氏はメロメロ状態になるからです。

かわいいだけではない、この計り知れない女の魅力を手にした時から、あなたは敵なし状態になっているといっても過言ではないでしょう。

なぜ34歳なのか


では、どうして女性が34歳になれば最もセクシーでいられるのでしょうか?

そこにはどうやら女性の体を形作るメカニズムが密接に結びついているようです。

それも一つや二つだけの要因ではないようです。

女性をセクシーに変えていく要因を見ていくことに致しましょう。

女性ホルモンの関係

女性のセクシーさのみならず、女性が女性らしくあるべきために、切っても切れない関係にあるのがこの女性ホルモンの存在です。

女性ホルモンは脳の視床下部というところで生成されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)とに分別されます。

女性が女性らしく、且つ、セクシーになっていく要因の一つに、この女性ホルモンの存在が大きな役割を占めていることは想像に難くありませんね。

それではエストロゲンとプロゲステロンのそれぞれの役割を簡単に見ていくことに致します。

女性らしく変身させてくれる

卵胞ホルモンであるエストロゲンは、卵巣から分泌されています。

このホルモンの特徴は、月経、バストの形成、ヒップの丸み、美肌、美髪など女性の外見的特徴を形作ってくれるのです。

まさに女性が女性らしくあるために欠かせないホルモンということが言えるわけです。

それとエストロゲンは女性が妊娠しやすくする為の働きも備えています。

心と身体のバランスを見事に整えてくれる役目も負ってくれているのです。

次にプロゲステロンですが、このホルモンは月経・妊娠・子宮筋の正常な働きを調整し、乳腺の発達を促し、体温上昇に関わっているのです。

つまり女性ホルモンは、女性が妊娠するにあたっての様々な働きを正常に行えるようにするための重要な役割を担っていることになるわけですね。

性欲も強くなる

女性ホルモンの安定した分泌は女性の性欲衝動にも影響を与えます。

ある調査の結果によりますと、30歳台に入ってからの方がベッドでの行いに自身が持てるようになった、という報告もあります。