女性にとって「セクシー」と見られるのは嬉しいのでしょうか?はたまた今風に言うと「かわいい」と言われる方がいいのでしょうか?
でも、年齢34にして「かわいい」と言われるよりも、やはり「セクシー」と思ってもらえるほうが、圧倒的に女子力が高いと思うのは私だけでしょうか?

セクシーな女性は20代のうちでもいるでしょう。

しかし、それはあくまで若さや外見の露出度でアピールしているに過ぎません。

では、34歳という大人の女性のセクシーさを様々な角度から紹介していくことに致しましょう。

30代からセクシーさを感じる

女性の30代はまさしく花が百花繚乱に咲き乱れるが如くの瞬間であるといえるでしょう。

20代の頃の若さはやや後退していくものの、30歳代こそが女性としての本当の意味での美しさと悩めかしさ、色っぽさのピークの時でしょう。

それはメーク用品やシェイプアップ技術、栄養の摂取の仕方、着こなし、ファッションセンスとも関りがないとは言えません。

ただ、真のセクシーさとはこれらの要素が巧みに絡み合って混合され、その人の内面の人間性と融合した時に初めて発揮されだすのではないでしょうか?だから、20代ではなく30代がセクシーさの頂点となっていくのです。

自分自身でセクシーさが分かる


セクシーな女性とは、単に肌の露出を多くしたり、男を挑発するポーズがうまいなど、自ら演出して見せているようなものではありません。

一般的には男性の目から見て、あの人はセクシーだな、と言ってもらえた時に初めて自分がそういった女性なんだ、と気づくものなのです。

そう、大抵の場合、女性自身は自分のセクシーさに気づかないものなのです。

ところが自分自身で自分のセクシーさに気づかされてしまう時があります。

それが30代なのです。

30代とは、女性にとったら正しく、女の華の時であるといえるのです。

恋人との関係も良くなる

自分自身のセクシーさに気付きだすと、女性には余裕が生まれます。

それは、多くの女性が努力して得ようと思っても得られないのが「セクシー」さ、であるからです。

セクシーさを身に着けようと思ってもお金では買えません。

いくらエアロビクスやヨガなどでフィットネスに励んだとしても、健康は得ることができるでしょうがセクシーさは手に入りません。

だから、女性にとったら、最後の切り札を手に入れたが如く、大いなる自信を与えてくれるのです。

自分のことがセクシーな女性と分かった時点からあなたは大きく変わります。

勿論、今、付き合っている恋人との関係にも表れます。

ますます魅力を上げていくあなたのセクシーさに彼氏はメロメロ状態になるからです。

かわいいだけではない、この計り知れない女の魅力を手にした時から、あなたは敵なし状態になっているといっても過言ではないでしょう。

なぜ34歳なのか


では、どうして女性が34歳になれば最もセクシーでいられるのでしょうか?そこにはどうやら女性の体を形作るメカニズムが密接に結びついているようです。

それも一つや二つだけの要因ではないようです。

女性をセクシーに変えていく要因を見ていくことに致しましょう。

女性ホルモンの関係

女性のセクシーさのみならず、女性が女性らしくあるべきために、切っても切れない関係にあるのがこの女性ホルモンの存在です。

女性ホルモンは脳の視床下部というところで生成されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)とに分別されます。

女性が女性らしく、且つ、セクシーになっていく要因の一つに、この女性ホルモンの存在が大きな役割を占めていることは想像に難くありませんね。

それではエストロゲンとプロゲステロンのそれぞれの役割を簡単に見ていくことに致します。

女性らしく変身させてくれる

卵胞ホルモンであるエストロゲンは、卵巣から分泌されています。

このホルモンの特徴は、月経、バストの形成、ヒップの丸み、美肌、美髪など女性の外見的特徴を形作ってくれるのです。

まさに女性が女性らしくあるために欠かせないホルモンということが言えるわけです。

それとエストロゲンは女性が妊娠しやすくする為の働きも備えています。

心と身体のバランスを見事に整えてくれる役目も負ってくれているのです。

次にプロゲステロンですが、このホルモンは月経・妊娠・子宮筋の正常な働きを調整し、乳腺の発達を促し、体温上昇に関わっているのです。

つまり女性ホルモンは、女性が妊娠するにあたっての様々な働きを正常に行えるようにするための重要な役割を担っていることになるわけですね。

性欲も強くなる

女性ホルモンの安定した分泌は女性の性欲衝動にも影響を与えます。

ある調査の結果によりますと、30歳台に入ってからの方がベッドでの行いに自身が持てるようになった、という報告もあります。

更にそれらの人のうちの1割に該当する人は30代に突入してから性欲も強くなってきた、という結果になっているようです。

個人差はあるとは思いますが、これなどは明らかに女性ホルモンの成せる業だと考えることができるでしょう。

妊娠して無事に赤ちゃんを出産するには若いうちに越したことはないのですが、こればかりは女性側だけの思いだけでは叶うものではありません。

タイミングやいろんな要素が入りまじって20代のうちに妊娠できなかった方は決して稀ではありません。

30代になって性欲が強くなってくるのも女性ホルモンによる一種の「時期」と言えるのかもしれませんね。

セクシーになるためにすること


それでは自分自身を「セクシーな女」にするにはどうしたらいいのでしょうか?セクシーな女性になるための方法を紹介していくことに致しましょう。

自分の身体を知る!

セクシーな女性を目指そうと思うのなら、まずは自分自身の現状の姿をよく把握しておくことです。

お肌の張り、潤い、肌つやはもちろん、全体的な体型、プロポーションの変化、体重の増減、髪の状態、あげくは目の表情まで、ありとあらゆる自身の外的な特徴や変化をつぶさにチェックすることです。

セクシーさというのは、若さだけで得られるものではありません。

だから30歳を過ぎてから大いなる魅力が備わってくるのです。

では、もう少し具体的に見ていくことに致しましょう。

体つきに変化が起こる

セクシーに見える女性の特徴は、なんといっても外見から変化が起こってきます。

いくら若いうちにお肌を露出させ、そういう感じのメークで装ってみても、年齢が若いと、やはり幼く映ってしまってとてもセクシーな女性とは見えないものなのですよね。

外見から見て「あっ!この人はセクシーだな」と思えるような人というのは、

・潤っている
セクシーな女性は潤いが違います。

肌のしっとり感、濡れた瞳、唇の艶、髪の毛のしっとり感。

とにかく目で見て一目で分かります。

勿論、日ごろのお手入れやケアに万全の注意を払って怠らずに続けているからこその成果なのです。

セクシーな女性はまず外見で大きく差をつけているということになるのです。

これが俗に言う「女子力」の実行なのではないでしょうか?
今日は時間がないからお化粧もほどほどに、髪の手入れも思いっきり手抜きでは、とてもセクシーな仕上がりにはなりませんよね。

・目の表情

目の表情は口ほどにものを言う、といいますよね。

セクシーな女性の視線に見つめられたら大抵の男たちがいちころになるのは、あなたもご体験があるかも分かりませんね。

誘惑しているでもなく、だからといって冷たく無視している視線でもなく、セクシーな女性の目の表情は一周独特なオーラが漂っています。

こんな目の表情は若い頃ではとても出せるようなものではありません。

これこそが身体のどのパーツよりも最も勝っているセクシーさの代名詞ではないでしょうか?
一瞬にして男を虜にしてしまう禁断の目の輝きを持つことはセクシーさを目指す全女性の究極の目標ともいえるでしょう。

・バランスのとれたボディ

プロポーション抜群のバランスのとれたボディは男のみならず同性の女性からみても羨ましい限りのセクシーさの象徴です。

きりっとしまったウエストライン。

均衡のとれた全体のシルエット。

これでスーパーモデル並みに手足が長かったら言うことなしでしょうか?(最もスーパーモデルが全てセクシーかと言われたら、ちょっと疑問もありますが…)

いずれにしてもエッチな男にとったらプロポーション抜群の女性は永遠のアイドルなわけです。

有無をいわさず、頭の中は夢中になるでしょう。

セクシーさを演出するためには日頃の体型維持のための努力は欠かせなということになるわけなのです。

肌の状態も良くなる

セクシーな女性は一見してお肌の状態がすこぶるいいことが伺い知れます。

これは女性ホルモンの働きにも大いに影響されていることでしょう。

日ごろのお肌のケアは勿論なのですが、それ以外にもお肌の調子を好調に保つための努力をセクシーな女性は行っているのです。

それはいかにしてストレスを溜めないか、ということです。

暴飲暴食、夜更かし、喫煙などの不摂生で不健康な生活リズムを完璧に改めている、ということです。

これらの生活リズムを維持することで女性にとったら大敵といえる「便秘」の予防にもつながっているのです。

ご存知の通り、便秘症になってしまうと体内の血行が阻害され女性にとったら重要な問題となる「肌荒れ」が恒常的に続いてしまいます。

これではセクシーな女性を目指すどころの騒ぎではなくなってしまいますよね。

セクシーな女性のお肌が潤っていていかにも色っぽくみえるのは、日頃のケアもさることながら、規則正しい生活パターンを守ってストレスをため込まないことによって便秘とサヨナラしていることが大きな要因の一つとも言えるのですよね。

セクシーさは見た目だけではない


セクシーな女性に共通して言えることは、決して見た目だけの要因が全てではない、ということです。

立ち居振る舞いや仕草、顔の表情、笑顔などからもセクシーさを醸し出しているのです。

ではどのようなところがそう感じさせるのか、また、どうやったら見た目以外の部分を獲得できるようになるのか、いくつか紹介していくことに致しましょう。

どう生きていくかが大切

セクシーな女性、つまり30歳を過ぎてからの女性には、それまでの人生経験の積み重ねがいい意味でその人の魅力を押し上げてくれるのです。

例えば30歳を過ぎたころになると、セクシーと呼ばれる女性の仕草はどこか「アンニュイ」な様が見えるようになってきます。

アンニュイという意味をそのまま訳せば「けだるそうな」とか「退屈そうな」あるいは「物憂いような様」とでもなるでしょうか。

つまりどことなくけだるそうな仕草、表情を見せることが多くなるということですね。

まあ、全体的な動作が若かったころよりもスローになって、いかにも壊れやすいような雰囲気を醸し出してくる、私はか弱い存在ですよ、といったようなオーラを出してくる、こんな感じでしょうか?

こういった物憂いような仕草、表情。

20代の若い子に真似しろ、といってもまずできないでしょう。

このような仕草は明らかに女性ホルモンの成せる技であり、生殖器を備えた女性が無意識に発散するオスを誘うフェロモンの一種のようなものでもあると捉えられるからです。

つまり、種の保存のために行われる、全ての生物に備わっている本能的な防衛手段というものでしょう。

それが人間の世界では「セクシー」という表現で言われているのです。

但し、だからといってセクシーさを備えている女性がどんな相手でも受け入れる訳ではありませんからね。

そこのところを男性側は勘違いしてはいけません。

優れた「セクシー」さ、を持っている女性には多くの男性が群がることでしょう。

しかし、選択する権利を持つのはあくまで女性の側。

綺麗な花には競争相手もそれだけ多くなるのは自然界も人間界も同じなのですから。

自分自身に満足する

セクシーさを備えられるということは、自分自身の魅力に大いに満足している証ともいえます。

それは、世間の目が自分に対してどのように降り注いできているか、身をもって実感することができるからです。

女性なら誰だって10代の頃は、可愛い。

20代になれば美しい。

30代からは美しいだけではなく、色っぽい、セクシーだと呼ばれるようになりたいと思っているはずです。

若さだけでは得ることのできない「セクシー」さを、身に着けることが自分自身に対して、また一人の女性として満足するものであることは言うまでもありませんね。

自信を持つことが大切

人間、30代になったら自分の顔に責任を持てとも言われます。

それは男性にとっても女性にとっても同じこと。

顔の造りや形は今更、変えようがありません。

素のままの自分をいかにして受け入れ、愛し、認めていくか。

そんな広い許容の気持ちも女性にとったら、セクシーさを醸し出すための重要な要素になるのではないでしょうか?

悪い部分も魅力として考える

女性に限らず、人間、誰でも良いところもあれば悪いところもあります。

完璧な人間なんて存在しません。

いえ、仮に完璧な人間がいたとしたら、それは一切の感情を表に表さないロボットのような人間なのかも分かりませんね。

長所も短所もあるから、人間臭いといえますし、個性ともいえるのです。

セクシーだと人から呼んでもらえる女性も同じことです。

彼女たちはセクシーだけが売り物の人間でしょうか?いいえ、決してそんなことはありませんよね。

朝寝坊することもあるでしょうし、忘れ物をすることもあるでしょう。

仕事においても失敗をしたりするかも分かりません。

でも、本当にセクシーだと思える女性は自分の短所・欠点を隠したりはしませんし、間違いやミスは堂々と告白して、大人の女性としての責任の取り方をするでしょう。

セクシーさというのは、一つだけの要因で出来上がるものではありません。

悪いと思っている箇所も、セクシーさを一層、引き立ててくれる要因の一つとなっているのです。

大人の余裕を発揮する

セクシーな女性が20代や10代の女性と決定的に違うのは、常に大人の対応をできることでしょう。

つまり、心に余裕があるので慌てたり、パニクってしまたりという行いが自然となくなってくるのです。

勿論、そのような余裕のある態度を発揮できるようになるためには自分が10代、20代の頃からやってきたたくさんの失敗経験をきちんと役立てているからなのです。

つまり、学習効果が高い、ということになるわけです。

大人の女性は仕事上での他人の失敗を、責めたり追い打ちをかけるような叱責をしたりはしないでしょう。

的確な助言やアドバイスを送ったり、時には自らの時間を犠牲にして一緒になって手伝ってくれたりもしてくれるかも分かりません。

自分が損をする、という発想があったならば残念ながら大人の女性の仲間にはなれそうにありませんし、その人がセクシーさを持ち合わせていたとしても、男の目から見たら選択肢に入れてもらえない人になってしまうでしょう。

セクシーとは、ただお色気だけで男を魅了するものでないということを理解していただきたいものですね。

愛し愛される関係になれる


セクシーな女性は周囲の人間関係も恵まれていきます。

彼氏や恋人がいる人は周りの人が羨むくらいの良好なカップルとなれることでしょう。

セクシーさは、愛する人次第でいくらでも魅力度を上げていける不思議な力です。

パートナーとの良好な関係はあなたのセクシー度も大きくアップしてくれることになるのです。

セクシーさは恋人も満足にする

セクシーな女性が一層、セクシー度を上げて、パートナーから愛され続ける理由。

それは身体のスリーサイズが他の女性よりも優れているからとか、顔が女優並みに綺麗だからとかいう理由からではありません。

相手のことを思いやり、相手の事を大事に思い、相手の事を尊敬できる心があるからこそ、上がっていくのです。

昔から恋をすると女の人は綺麗になっていく、と言われますよね。

愛する人から嫌われたくない、恋人を離したくない、という女性心が脳から自律神経に伝わり、恋人の理想の通りの女性になろうとする努力が、セクシー度を更に上げ、磨いていく原動力となっていくのです。

愛する人や恋人を身近に置くことによって、女性のセクシーさはますますアップしていきます。

良好な関係が築けているからこそ、恋人もあなたのセクシーさに惚れ込んでいるというわけなのです。

より深く愛される

女性が一心不乱に恋人の事を思い、綺麗になっていけば、自ずと彼氏の方もその愛を受け入れて二人の関係は深くなっていきます。

相思相愛の関係が両者の間柄をますます深め、いかなることが起こってもそう簡単には両者の関係にひびが入ったりするようなことはあり得ないでしょう。

そもそも男性とは浮気性な生き物です。

一人の男性をずっと長く愛していける女性と違って、男は野心家が多いせいか、つまみ食いも男の甲斐性だと思っている部分もあります。

そんな時に気を付けていただきたいのが嫉妬です。

せっかく身についてきたあなたのセクシーさが音を立てて崩れていくかの如く消え去ってしまいかねません。

嫉妬は人間の心が本来持っているマイナスイメージの最たるもの。

あなたの魅力をたちどころに奪い去っていく恐ろしき力を持っています。

でも、本当にセクシーな魅力を持っている女性に対しては男もそうやすやすと浮気心を起こせません。

逃がした魚の大きさに後悔するのは決まって男だからですので。

そういった意味では大人の女性のセクシーさはせこい男をはるかに凌駕しているとも言えるでしょう。

周囲の人からも一目置かれる

セクシーな女性が職場などの場において、多くの人から一目置かれるのは改めて説明する必要のない事でしょう。

男性からは羨望の眼差しで、女性からは憧れと多少の嫉妬心とが入り混じった少々、複雑な心境の視線を向けられるでしょう。

いずれにしてもセクシーさを備えている人間にとって周囲から受ける印象に悪いものはありません。

どうやったらそのような妖しい魅力を身に着けられるようになったのか、じっくり聞いて、自分もあやかってみたい、と思う人もいることでしょう。

更に自分に自信が持て魅力が上がる

もし、34歳にして独身で人も羨むようなセクシーさを兼ね備えていたのなら、きっと交際してほしいという旨の告白をひっきりなしに受けるのではないでしょうか?同僚といわず職場の上司たちも何とかして、あなたに近づきたい心境でしょう。

あなたは職場の花形でありダントツのマドンナのわけです。

悪い気が起こるはずはありませんよね。

まさにわが身の春、といった気持ちになるでしょう。

こうなってくれば自分に対して、どんどん自身がついてくるのは自然の道理です。

そしてその人気を落とさないために、更なる努力を繰り返すことでしょう。

男性であれ女性であれ、人間、チヤホヤされている時は、とかく足元を見失いがちになりますが、それさえコントロールできたなら、あなたの魅力度が下がることもないでしょう。

セクシーさ以外の魅力も満載

セクシー美女の魅力は何回も申しますように、決して外見だけに頼ったものではありません。

むしろ、その人の内面からにじみ出てくる人間性の部分の方が大きなウエイトを占めるといってもいいと思います。

では、どのようなものが挙げられるのか、紹介してまいりましょう。

明るくポジティブ

何事も前を向いていて、決して後ろ向きな考えを起こさないポジティブ人間だからこそ、34歳にして人も羨むセクシーな女性でいられるのではないでしょうか?

人の悪口や陰口ばかり言っている女性では、その人間性が残念ながら顔に出てしまいます。

10代や20代前半ならば小悪魔として別の魅力とも言えるかも分かりませんが、34歳にもなった女性がそのようなネガティブな女性だったら…。

周囲の人の反応を見たら一目瞭然でしょうね。

女性らしい弱さを見るとグッとくる

34歳の年齢にして妙に弱々しい仕草を見せつけられると、男としては黙っていられなくなるのがオチです。

しかもその女性が飛びっきりのセクシーな女性だったら。

もう何も言わずに男たちが群がってくるでしょう。

男という生き物、威勢のいい元気すぎる者には抵抗感を感じるようです。

その逆で自分の力でこの人を助けてあげたい、と思わせてくれる人に人気が集中していきます。

最近は肉食系女子が当たり前のような風潮も垣間見ますが、いつの時代になっても男性からみた一番人気は女性らしいか弱さでしょうね。

20代にはない母性を感じる

34歳の女性の持つ、大きな魅力の一つが「母性」を感じさせてくれるところでしょう。

この部分だけは10代・20代のかわいい子がいくら頑張っても太刀打ちできません。

男性は本能的に母性を感じさせてくれる女性に弱い傾向があります。

特に自身が物心つきだした時の母親の年齢は、丁度、34歳前後だったはず。

記憶の中に母親の思い出が引っ付いてくるのはどうしようもない現実なのですよ。

見た目のケアを怠らない

34歳にしてセクシーさを保持している女性の美意識はかなりなプロ級です。

女性のお肌の曲がり角は27歳、という意識をしっかり持っているからこそ、見た目のケアを怠るわけにはいかないし、それを怠ることなど、想像することすらできない、というのが現状でしょう。

若い頃のように、ちょっと手を抜いたからといって、すぐにお肌の張りが元に戻るような年齢でないことは当人が一番よく知っています。

美へのケアはセクシーな女性にとったら、三度の食事を済ませるのと同じくらいのルーティンワークと言えるのです。

大人の落ち着きがある

34歳のセクシーな女性のもう一つの魅力は「落ち着き」でしょう。

これは明らかに年齢を重ねることによって自然と身についてくるものなので、10代や20代前半の女性が真似をしようと思っても、なかなかできるものではありません。

大人の女性の落ち着きはどこかアンニュイさとコケティッシュさが同居していて、周りにいる男性にとったら、どうにもならないくらいの魔力を発揮してくれることでしょうね。

人生経験が豊か

セクシーな女性には、その人が歩んできた豊富な人生経験が隠されています。

今、持っている妖しい魅力も、実はこの人生経験の賜物ともいえる訳なのです。

そこにはいい経験や楽しい経験もあれば、辛い経験や失恋などの悲しい経験もあったでしょう。

それらの経験をプラスにして今があるのですから、若い子が太刀打ちできないのも当たり前のことですね。

大人な優しさがある

30歳を過ぎたセクシーな女性の魅力の一つが、この大人の優しさです。

何物をも包み込んでくれるような柔らかな物腰。

常に微笑を絶やさない、素敵なたたずまい。

これらは大人の女性だからこそできる、人生経験を元にした大人の余裕でしょう。

若い男性が大人の女性の虜になってしまうのがよくわかりますよね。

こなれ感がある

セクシーな女性の振る舞いには一種のこなれた感じが漂います。

それはそうでしょう。

会社勤めだとしても世の中にデビューして10年以上。

否が応でも一通りの社会儀礼は通過してきています。

嫌な上司との付き合いや意中ではない異性からの誘い。

上手にこなしてきたからこそ身につく動作です。

無駄な動きをせずにスマートにこなせる動作は大人の女性の匂いをぷんぷんさせてくれますよね。

若さだけが女性の魅力じゃありません

以上、34歳が女性にとって最高にセクシーな時期であることの紹介をさせていただきました。

如何だったでしょうか?

何度も申して参りました通り、女性のセクシーさは外見だけから伺えるものではありません。

例えば週刊誌などでグラビアを彩るスタイル抜群のモデルさん。

確かにプロポーションは抜群で誰の目から見ても垂涎の眼差しで見られていることは否定できません。

しかし、やはり何かが足りません。

グラビアで若いお肌を露出しているモデルさんの役割はその若さを武器にしたスタイルに他なりません。

年齢にすれば10代後半から20代前半がその世界の旬の時でしょう。

残念ながら、とてもその年齢ではセクシーさをアピールするにはまだまだ役不足なのです。

真にセクシーな女性は、大胆にお肌の露出を行いません。

それでも十分、セクシーさをアピールできるのです。

また、大人の女性からは横を通り過ぎただけでもドキッとするようないい匂いが残ります。

石鹸やシャンプー、柔軟剤などのような柔らかい感じを受ける匂いです。

だから、本当にセクシーな女性は必要以上な濃いメークも行っていません。

中には香水の匂いで相手をノックアウトしようと思われている勘違いセクシー女性もいますが、同じエレベーター内でもし一緒になってしまったら最悪です。

息を止めるのに必死になりますから。

34歳という年齢はある意味では女性にとったら美しさがどんどん後退し始めていく年齢でしょう。

しかし、本人の努力次第でますますセクシー度を上げることもできる年齢ともいえそうです。

外見のケアと内面の充実。

この2つを巧みにミックスさせてあなたも素敵なセクシーな女性を目指し続けてくださいね。