人は誰にでも、一人になりたい時もあれば、一人でいたくない時があります。

でも、それはたとえ自分自身であっても、いつ起こりうる感情なのか予測できないものです。

「今月の●日は一人でいたい」「来週の●曜日は誰かと一緒に居たい気分」なんて、未来が予測できる人はいませんよね。

先々の気分がお天気予報のようにあらかじめ分かっていれば、その予報に沿って行動できますがそれは神様でもない限り難しいでしょう。

だから人は、その日、その時になってみないと分からない心模様によって、ふいに寂しさに襲われたり、孤独感に苛まれたりするんです。

きっと誰にでもある、寂しくてかまってほしい時

「かまってほしい!」と感じる時ってどんな瞬間でしょうか。

先ほども述べたように唐突な寂しさが迫り来る時って誰にでもあります。

寂しさなんて結構大げさに言いましたが、そんな大それたものでなく、もっと単純な理由でもあるでしょう。

皆さんの言う「かまってほしい」という感情には、いろんな意味が含まれていると思います。

別に大した理由じゃないけど、誰かと関わりを持ちたい時ってありますよね。

こんな時、やはり人間って一人じゃ生きていけないな…なんて感じます。

普段一人で過ごすのが好きな人、人との関りが苦手な人でも、きっと誰かに会いたい・話したいと感じる瞬間が確かにあるはず。

なんとなく寂しい


かまってほしい理由なんて、ごく単純なもの。

単に“今”という瞬間がなにか物足りなくて誰かの存在を求めたくなる時です。

家でぼーっとしている時、TVを見ている時「なんだか暇だな」と思うと人は誰かの存在を近くに感じたくなります。

それは別に今すぐ誰かに会いたい!と思うような衝動ばかりでもないでしょう。

直接会わずとも、電話やLINE、SNSなどを通じたコミュニケーションでも構わないという人が多いようです。

どんな形でもいいから自分に意識を向けて欲しいという気持ちが強いんですよね。

嫌なことがあったから聞いてほしい!

なにかむしゃくしゃしている時や気分が落ち込んでいる時は、特にかまってほしい欲が高まります。

嫌な出来事があった時というのは、一人でいるとなにかとマイナス方向に考え込んでしまってドツボにハマる一方です。

そういう時は人に話を聞いてもらってスッキリするに限ります。

嫌なことというのは抱え込んでおくとどんどん大きくなってしまうことがあるので、誰か打ち明けられる相手がいるというのはとても大切。

話をしているうちに気持ちが軽くなったりすることもありますよね。

それに、話し込んでいるといつの間にか脱線して楽しくお喋りをしているだけになっていることもよくある話です。

嫌なことがあった時にかまって欲しくなるのは、あなただけでなく周りの人たちも同じことでしょう。

是非周りになにか悩んでいる人がいたら聞いてあげる姿勢を見せてあげましょう。

そうすれば、あなたが同じ境遇に差し掛かった時に自然と話を聞いてくれる人も現れるはずです。

自分の話を真剣に聞いてくれる相手というのは、重宝される存在ですから、ぜひ大切になさってください。

でもうざいと思われたくない・・・


かまってほしいけれど、あまり露骨にアピールするとうざがられてしまうのではないかと不安もありますよね。

寂しい思いはあるけれど、その気持ちを正直に表に出すのは気が引けてしまう…なんて人も多いのではないでしょうか?
でも、あなたの他にも誰かにかまってほしいと思っている人は意外と身近にいるかもしれません。

あなたの「かまってほしい」という意思表示に便乗してくれるかも!そのタイミングが合致すればお互いにとって嬉しいことです。

しかし、“かまってちゃん”というワードが存在するように、年がら年中誰彼構わずにかまってもらいたがりだというのは嫌煙されがちですね。

世の皆さんは、どうにも消化しがたい“かまって欲”をどのようにして消化しているのでしょうか。

ここからは、かまって欲しい時の対処法について、どのような手段が使われているのか具体的な例を見ていってみましょう。

Twitterでつぶやいてみよう!

まず、現代の便利ツールSNSを活用する方法です。

数あるSNSの中でも、その手軽さで世界中で大人気のTwitterに注目です。

Twitterはおよそ数百文字という短文という特徴から、ブログなどに比べて簡単で気軽に自分の“今”を発信することに長けているツールです。

「〇〇なう」というような、現状なにをしているかを表現する現代語が流行したのもこのTwitterが発祥ですね。

Twitterでは、普段から交流のある身近な友人はもちろん、ネット上で交流を始めた人などフォロワーと呼ばれるあなたの話し相手が沢山います。

Twitterではリプライ(レスポンス)も簡単にできるのでコミュニケーションがスムーズに進みますよね。

あなたの現状をフォロワーに共有することで、その呟きを見かけた人、興味を持った人が反応をしてくれるので、かまって欲しい時にはうってつけのコミュニケーションツールと言えますね。

Twitterでは、誰か個人に向けたメッセージではなく、不特定多数のフォロワーに情報を発信できるのがポイントです。

誰か特定の人に個通で連絡をして、返事が返ってこなかったらどうしよう…うざがられたらどうしよう…というような心配は不要です。

また、多数の人にあなたの呟きが共有されることから反応してもらえる確率が高いというのもTwitterの利点ですね。

「誰か時間空いている人~!」

先ほども触れたように、“誰か”宛てで呼びかけることができるのがTwitterのいいところ。

これを上手に利用すれば、効率よくかまって欲しい時の相手を探すことができます。

Twitterを覗いているということは、高確率で時間を持て余しているケースが多いので相手としても、あなたの呟きは願ってもいないものかもしれませんよ。

近況報告し合うもよし!飲みにいくもよし!

あえて「時間空いている人」と呼びかけることで、反応してくれた人との関係にあわせてそこからのプランを後から組み立てることができますよね。

飲み会やショッピングなど行動を限定して呟いてしまうと、興味の有無が人によって違うので反応が鈍ることが考えられます。

互いに時間が空いているとなれば、そこから何をするかは自由!そのまま家でLINEやSkypeを使ってダラダラとお喋りをするのもよし。

外に出て飲みに繰り出すもよし。

行動を限定していなければその時の気分にあわせて調整できるから、気軽に相手を誘えますよね!

恋愛中で、意中の相手がTwitterを活用している人はあえてその人がTwitterのタイムラインに居るタイミングでツイートするなどすると出会いのキッカケに出来る可能性もあります。

ツイートの内容から相手の“なう”な状況をリサーチできることから、このようなちょっとした小ワザを使えるのもTwitterのメリットではないでしょうか。

かまって欲しい時というのは、なにも外に出て誰かに会いたいという時ばかりではないはずです。

わざわざ外出するのは面倒だけど、誰かと話したい、絡みたい、と思う時はTwitterで言葉を交わしあうというだけでも十分かまってほしいという欲を満たすことができます。

こう考えてみると、本当に便利な時代になったなとしみじみ感じます。

SNSなどを通じて常に誰かとコミュニケーションを取ることができる環境だからこそ、1人でいる時間を苦手とする人が増えている背景となっているのでしょうね。

しかし、その寂しさを埋める便利なツールも沢山溢れている世の中ですから、ぜひ活用していきましょう!

「暇なのでかまってください」

率直に「かまって欲しい!」と訴えるのも全然あり!いっそ潔くて鼻につきません。

逆にかまってほしいことをにおわせる様なツイートをしている人の方が鬱陶しいと思われることが多いようです。

こういったツイートを発信する時は、反応する側の気持ちになって見てみると失敗が少ないでしょう。

想像してみてください、もし暇を持て余したあなたがTwitterのタイムラインでフォロワーさんの「暇だからかまって!」という内容と「家に誰もいないから寂しいな~」という内容を見た時に声をかけやすいのはどっちでしょう。

筆者的には「かまって!」と呼びかけている内容のほうが「私も暇!」と声をかけやすいですね。

後者に至っては「だからなんなのだ」とさえ感じます。

ただ単に「ヒマだ~」と呟くというのも、その裏には「暇だから誰か声かけて」という間接的なかまって欲しいアピールがあります。

このように“発言の裏に隠された本音に気付いてほしい”というツイートは、いやらしさが透けて見えるのであまりお勧めしません。

暇そうなツイートにレスしてみる

かまって欲しい時は、自分と同じように時間を持て余している人を見つけるのが手っ取り早い方法でもあります。

公に「暇だ」と公言していなくても、暇だからTwitterで時間を潰している人が大勢います。

Twitterは色々な人の“なう”な情報が見れますから、その中でも今1人で家に居そうな人に狙やツイートの頻度が高めの人にこちらから声をかけてみるという手も使えますよ。

LINEでは、相手が何をしているか聞いてみなければわかりませんがTwitterならばツイートの内容からおおよその相手の行動を推測することが可能です。

ご飯を食べている、ペットと遊んでいる、などその人のリアルタイムの行動が見えてくるのはTwitterならではですね。

しかも、Twitterで送ったリプライ(レスポンス)はラインのように既読が分かるわけでないので必ずしも今すぐ返さなければならないというものでもありません。

極端な話、こちらのかまって欲しいという気持ちが落ち着いたタイミングでやり取りを終了しても問題ないのです。

気楽な気持ちで反応してみましょう。

レスをするツイートは、どんな内容でも構いません。

ようするに会話をスタートするキッカケにさえなればいいのです。

相手が手作りしている料理の写真を載せていたら、「おいしそう!料理上手だね!」でOK。

ペットの写真を載せていたら「かわいいですね!」など、感想などのレスから会話をはじめることもできます。

相手が暇であればスグにそこから会話が続きますし、そうでなければ即レスではないかもしれません。

強制力が低いTwitterだからこそ、いろんな人となんでもない会話を楽しめるんです。

やり取りのなかで、レスが何度が続くようであれば、「ちなみに今何してるんですか?」など、相手のスケジュールをさり気なく聞いたうえで遊びやLINE通話に誘ってみるといいでしょう。

ネガティブなツイートはやめましょう

かまって欲しいという意思表示が、“かまってちゃん”と称されるようになったらいけません。

かまってちゃんというのは、決していい意味で使われているワードではありません。

これは周囲への自己アピールが強く、煙たがられている人が呼ばれることが多い相性なので十分注意が必要です。

かまってちゃんにならないようにするには、ネガティブ発言にならないようにようにすることが大切です。

例えば「今週は予定がなくてさみしいな~」「友達少ないから休日ヒマ…」など、どこか可哀そうな自分をアピールしたり、わざわざ自分を卑下したりするような、ネガティブな発言で相手の気を惹こうとするのは得策とは言えませんね。

直接かまってほしいと言わずとも、あからさまに相手が反応してくれるのを待っている、というような発言は男女共にウケが悪いことに間違いありません。

それであれば、サッパリと「自分は今暇なのだ!」と言った方が圧倒的に反応されやすいです。

ただこれをあまり頻繁にやると、本当に暇人認定されてしまうので注意が必要です。

LINEで不快に思われないように連絡してみよう!

前の項目では、Twitterの発信方法を紹介しましたがTwitterには弱点もあります。

それは、不特定多数に向けてツイートできるという利点の反面的なもの。

なにかというと、不特定多数に向けて発信するがゆえに、思っていないところから反応が返ってくることがあるという点です。

かまって欲しいと思って“誰か”宛てに呟いてはいるものの、その裏にはあなたはきっと圧程度のターゲットを絞っているはずです。

実は範囲の人に向けたツイートであることが多いのではないでしょうか?決して誰でもイイというワケでもないのが本音でしょう。

Twitterだと、想像と違う人から反応を貰ったりして「ちょっと違う」となることも無きにしも非ずです。

そのようなケースを避けたいのであれば、やはりLINEでかまって欲しい相手に直接訴えかけることが一番の近道です。

LINEは便利な手段ですが、使い方を間違えると「めんどくさい」「しつこい」と思われてしまうことがあるのがネックです。

既読しているかしていないかが、簡単に分かってしまうことから、すれ違いが生じるとなんとなく気まずさが生まれてしまうということもありますよね。

ですから、特に用事があるわけでもない時に、ただ「かまって欲しい」という内容のLINEを送るのはなんとなく気後れしてしまう…という人も少なくないでしょう。

そこで、相手から不快感を買わないように何気なくかまって欲しいアピールをする方法を調べてきましたので、ぜひ参考にご覧ください。

相手の近況を聞いてみる

まずはシンプルに相手の近況をうかがう方法からです。

自分の話を聞いてほしい、というスタンスではなく相手の話を聞きたいという姿勢から入ってください。

相手としても、自分の近況を気にしてくれている友人が居るというのは嬉しいことでしょう。

これは最近交流がなかった友人や、久しぶりに連絡する相手に限りますが話を膨らませやすい話題です。

話の切り出し方としては至ってシンプル。

「久しぶり!●月以来会ってなくて寂しいな~、最近どう?」
「やっほ~!忙しかったみたいだけど仕事は落ち着いた?」
「最近あんまり姿を見ないけど元気してる!?(笑)」
など、些細なことで構いません。

もし相手が暇であればそこから会話を続けて、久しぶりに会う約束を取り付けてみてもいいのではないでしょうか。

この話題のメリットとしては、相手と時間が合わなくて返信が多少遅れたところで気まずくならない話題ということです。

“今すぐ”のレスを求めているような内容ではないため、相手の状況などを考えたりすることなく、気負わずに送ってみても大丈夫だと言えます。

様子をうかがうような可愛いスタンプを送る!

LINEの醍醐味といえばスタンプですよね。

いれまでのメッセージにはなかった多様な種類のスタンプは、いろいろなシーンで使えてとっても便利です。

もちろん、かまって欲しい時にも使えるようなスタンプも沢山あります。

例えば、壁から顔をのぞかせて相手の様子をうかがっているようなスタンプなら完璧!人気の動物やキャラクターものが可愛くて使いやすいのでおすすめですよ。

LINEは相手の状況次第でレスに時間がかかる場合がありますので、送ってから数時間経って「バイトだった~」「気付かなかった!」という返信が来たら「何してるかなって思っただけ!」などといえば角も立ちません。

写真を送る!

最近撮影したお気に入りの写真や笑えるネタ写真を共有してみるのも、話のタネになりますよ。

あまり無意味な写真を送るのではなく、見せようと思った理由とあわせて話を振れるとより良いですね。

相手が「なぜこれを送ってきたのか?」と不信がるような写真だと、暇つぶしだということがありありと伝わってしまいます。

誰でもいいわけではないという背景をもった写真で話題提供ができるようにしましょう。

例えば、美味しそうな料理の写真を共有して「これ食べたいから今度一緒に行ってみない?」と誘ってみたりするという手もあります。

面白いネタやニュースをシェアしてみる

ネットで見つけた旬のニュースは、LINEで話をする話題としてももってこいです。

特にその友人との共通の話題や趣味に関する内容であれば、話が広がりますね。

わざわざ自分に共有してくれるということに、相手も特別感を感じるでしょう。

仲良くない人に送ると「突然どうしたの?」となるかも

ここまで紹介してきた方法は、ある程度親しい関係の間柄の人に対して有用な方法です。

普段から頻繁にLINEをしている相手なら通用しますが、あまり連絡を取っていない相手に急にこれをやってしまうと不自然に思われるかもしれません。

相手に合わせて内容を選ぶ必要があります。

紹介した中では『相手の近況を聞いてみる』という方法は、関係の深さに関わらず万人に使えるので使い勝手が良いでしょう。

『写真を送る』『面白いネタやニュースをシェア』というのは、ある程度仲がいい人に使うようにしたいですね。

思い切って気を引くことを言ってみる!

LINEのメッセージを利用してかまって貰う方法は、他にもたくさんあります。

ここからは更に違う切り口から相手の気を惹く方法を紹介していきますよ。

「ああああああ!!!」

特に意味のない内容を送り付けてみるという方法。

これは割と上級者向けのテクニックです。

相手としては、この文章を読んで「一体何事か」と思うでしょう。

本当にどうしようもなくなった時、言葉にならないくらい切羽詰まった感情を表すにはいいかもしれません。

いかに緊急事態であるかということを伝えたい時に使えそうです。

こんな文章を送っておきながら「暇だった」というのは、ちょっとあんまりかもしれませんので“どうしても”という時の最終手段にとっておくといいかもしれません。

相手の名前を呼んでみる

これも意外と汎用性の高い方法ですね。

ただ相手の名前を呼びかけるだけですが、用事がある時だけでなく「なんとなく呼んでみた」という手も使えます。

よくドラマなどでも見かける「用事はないけど呼んでみただけ!」なんていうシーンと同じ感じです。

気のある相手なら、「今、何してるかなって思って」など話のキッカケづくりにもできますね。

「大切な話があるんだけど・・・」

本当に誰かに話を聞いてほしい時、かまって欲しいという理由が悩み事や寂しさによる時は正直に打ち明けることが大切です。

相手もあなたが困っていると分かれば、すぐにレスをくれるでしょう。

ただ、こう言っておきながら、実はかまって欲しいがゆえの口実だった…なんてことになると本当に聞いてほしい時に反応してもらえず困る結果になるので使いどころは見極めるようにしましょう。

正直に「かまって」と言ってみる

最も手っ取り早い方法がこれです。

まわりくどい方法ではなくストレートに伝えるのが一番簡単ですね。

「暇だったらかまって!」など、相手の都合を考慮しながら言えるといいですね。

送られてきた相手としても、要領を得ない曖昧な会話で時間をとられるより、いっそ「かまって欲しい」と言われた方が、その時々の都合によって会話に付き合えるか否かを明確にしやすいでしょう。

一人じゃなくて何人かに送ってみよう!

一人にLINEを送って返信を待ち続けていたのでは、なかなか話し相手というのは見つかりません。

それぞれ都合というものがありますから、本当に誰かしらにかまって欲しい時には複数人にメッセージを送ってみてください。

コピペで全員同じ文章、というのは失礼なので止めてくださいね。

関係のある友人同士に同じ内容のLINEを送り付けていると知られては、あなたのイメージは著しくダウンしてしまいますよ。

複数人にメッセージを送った時に気を付けたいのは、返信についてです。

最初にAさんからレスが来たからと言って、同じようにLINEを送ったBさんCさんからの返信を疎かにするというようなことは絶対にNGです。

一人目に送ってみて10分既読にならなかったら次の人に送ってみるなど時差をつけたりするのも一つの手です。

仮に全員から返信が来ても反応を返せる範囲で送るように気を付けましょう。

もし相手からのレスが遅くて、返信が来た時にはもう既にかまって欲しいという欲が落ち着いていたとしてもちゃんと返信しましょう。

連絡してきたくせに、返信したらノーレス、なんてことになると相手としても心象が良くありません。

注意点

自分からなにかしらアクションを起こして、人に“かまってもらう”、“話を聞いてもらう”という時には傲慢な態度ではいけません。

ここまで紹介してきた方法を使うにしても、注意しておくべきポイントがいくつかありますので、一緒に見ていきましょう。

返事が来たらポジティブに返そう!

自分からメッセージを送っておきながら、返事がそっけなく雑だったりするのは大変失礼なので、きちんとポジティブな返しをしましょう。

ここでも、まずはイメージです。

「ねぇねぇ~!」と送られてきたLINEに「どうしたの?」と返信したとします。

そうしたら相手から「なんか気分が落ち込んじゃって…寂しいんだよね…」なんて送られて来たらめんどう極まりないですよね。

この場合、相手からレスが来たら「久しぶりに●●ちゃんと絡みたなった!なにしてた?」など、会話が楽しくなるような返信を心がけてください。

返信に困るような内容を送ることは極力避けましょう。

いきなり悩みや愚痴などうんざりされちゃいます!

前の項目でも述べたように、出来るだけネガティブな内容は避けたいところです。

どうしても悩みや愚痴を聞いてほしいといった場合でも、急に本題に入るのではなく近況を話すなどして「実はちょっと聞いてほしいことがあるんだけどいいかな?」というように持ち出すといいでしょう。

初っ端から仄暗い内容を話されては相手としても、ただの吐き出し口として使われているように思いますよね。

相手の状況にも気を配ろう

あなたが暇だったり、かまって欲しかったりしても、相手にはなにか用事や都合があるかもしれません。

「既読になったのになんで返信くれないの!?」など、逆上するなんてもってのほか。

元々約束を取り付けていたわけではないのに、誰もが自分とタイミングが合致して時間を提供してくれると思ったら大間違いです。

レスをもらった場合は、「返事ありがとう!」「急にごめんね、忙しくなかった?」「ちょっと話したいことあるんだけど、時間大丈夫?」など相手の状況確認をしてから話を進めるようにするといいでしょう。

ダラダラ続けるとウンザリされますよ!

あなたの、かまって欲しいという気持ちに波があるように、人にはその時々のテンションというものがあります。

あなたが話し相手を求めている時に、相手も同じように求めていればいいですが、そういう場合ばかりではないということを念頭に置いておきましょう。

LINEでは、実際に面と面を合わせているわけではなく相手の本心が読み取りづらいということもありますので、相手の様子が計りずらい場合は「長々と話しちゃってるけど大丈夫?」「時間貰っちゃってごめんね!今日はなにしてるの?」など予定を聞いてみることで、会話続行かそうでないかを打診しやすくなります。

ある程度で会話は締めよう♪

相手に面倒くさがられないように、なにごとも引き際というのが大切です。

会話が盛り上がっていればいいですが、そうでもない場合は相手が乗り気でないことも考えられますので、自分がかまって欲しいからといって自分本位に続けるのではなく空気をしっかり読みましょう。

最後に「ありがとね♡」とつたえよう♪

かまって欲しい時に、嫌な顔をせず相手をしてくれる気を許しあった友人というのは本当に貴重な存在です。

当たり前だと思わずに、謙虚な姿勢と感謝の気持ちを忘れずにいてください。

「話を聞いてくれてありがとう!」「●●と語れて楽しかった~」など、気持ちを伝えることで、気持ちよく会話を締めくくれるでしょう。

かまってほしいなら、普段からその事を伝えておこう!

寂しい時、暇な時、誰かにかまってほしい時に連絡を入れやすいように頼れる相手にはあらかじめ「時間ある時に連絡してもいい?」「暇な時は一緒にお喋りしよう~」などと伝えておくことでそういった時の連絡が断然しやすくなります。

気軽に連絡を取り合える仲である、もしくはこれからそうなりたい、と思っている意思表示をしておけば連絡された相手としても頼りにされていると感じてあなたに優しく接してくれるでしょう。

同じような連絡が来たらちゃんとかまってあげましょう♪

あなたにかまって欲しい時があるように、周囲の友人にだってそういう時があります。

相手から“かまって欲しいオーラ”を察知した時は、寛容に受け止めてかまってあげましょう!
なんてことない時でも連絡を取り合える関係の人が数人いるだけで、日々の寂しさというのは和らぐものです。

誰かにとって「いざという時は、あの人がいてくれる!」という安心感を与えられる存在になれたらいいですね。