CoCoSiA(ココシア)

基礎こそ大事だと言える6個の理由(続き7)

教える方は理解してもらおうと優しく説明していても、覚える気持ちや復習するという事をしなければ身に付きません。

説明を聞いていれば基礎が身に付くという事は決してありませんし、最終的に必要になってくるものは自分の努力でしかないのです。

コツコツと繰り返しながら改善策を自分で探してみて、同じ事でもわずかな時間で出来るようになるといった自分なりの努力が大切になってきます。

人のせいにする人も基礎は絶対に身に付きません。

まとめ

基礎というものは簡単に身に付けられるものではありません。

毎日の繰り返しがその人の実力を少しづつ上げるという事が目的だからです。

それを結果にこだわりすぎたりすると失敗する原因にもなってしまいます。

何かで成功したい、この職業になりたいなどいった願望を持っていてもコツコツとした毎日に耐えられる心がないと成功への道は開けません。

とても大切な事になりますが、基礎の勉強の時は明るい将来を思い浮かべてみると気持ちが楽になります。

辛いと感じる時や全く成果が出てこないような時でも未来の自分には素晴らしい将来が待っている思えれば、乗り越えていけるはずです。

どんな事でも基礎がなければ明るい将来などあり得ません。

自分が辛くて苦しい時には笑顔で乗り切る気持ちも必要となってきます。

その笑顔の先には必ず幸せが待っているはずです。