CoCoSiA(ココシア)

高校生の恋愛事情。キスやデート、イ...(続き3)

 ↓出会いを期待できるバイト探しはこちらから♪

友達の紹介

周りの友人は着々と恋人を作っているのに自分にはできない!…という時は、その友達を頼ってみるという手もあります。

 友人の友人というポジションや友人の彼の友人というポジションの人を紹介してもらう のです。

「紹介されたら絶対付き合わないと…」「友達の顔を立てないと…」なんて難しいことを考えて紹介に抵抗を持っている人が意外と多いですよね。

でもそんなことは気にしなくてOK!

逆に紹介というのは、友人という立場から、あなたの性格に合いそうな人物や、紹介しても恥ずかしくない人物、自信を持ってお勧めできる人物を選んでくれます。

なので、いうなれば、友人なりのオススメ株を連れてくるはずです。

友人の紹介同士で付き合うカップルは長続きする傾向が多いのはこのためです。

友人としてあなたを知っているからこそ、きちんとあなたに合う相手を選出してくれます。

もし会ってみて「何か違う」と思ったら、紹介してくれた友達へ丁重にお断りの連絡をいれましょう。

そこでは、きちんとお礼を述べておけば印象を悪くすることはありません。

恋人になれずとも、よき友人になれる可能性もあるので、紹介は積極的に受けてみるといいかもしれませんよ。

歳の差カップルが多い

高校生の恋愛は、意外なことに同級生同士よりも歳の差がある相手との恋愛が多い傾向があります。

それこそ 「先輩と後輩」というようなケースが最もポピュラー です。

なぜかというと、このころの男女というのは精神年齢に差があります。

精神年齢は女性の方が早熟と言われています。

このことから同世代の男性を見ても「子供っぽい」と思ってしまい、男性としての魅力をあまり感じないんです。

同級生の間でもモテる男子というと、落ち着きがある男子やリーダーシップがあってまとめ役を買って出る甲斐性のあるタイプが人気です。

なのでこのころのカップルというと男の先輩と付き合う女子、女の後輩と付き合う男子、というような構図も良く見ます。

大学生になり20歳そこらになると、互いの価値観が近づいてくるので同世代のカップルも増えてきます。

高校生のキス事情

高校生になると、初めての経験というものが増えてきます。

それは先ほど紹介したようにバイト経験などにも当てはまりますが、初めての恋人が16歳というデータがあるようにそこから生まれる“初めて”も多いものです。

中学よりも男女それぞれが心身ともに成熟し成長していくことから、互いを異性だと感じて意識しだす時期でもあります。

現高校生ともなると同じ高校生たちの“初めて事情”についても気になるところでしょう。

恋に興味津々というお年頃ですから意識して当然ですよね。

むしろ、その時に備えてある程度の知識というのを身につけておくのも恋愛をする上でのマナーです。

初キスは男女共17歳が平均的

人生で一度しかない初めての経験というと、“ファーストキス”がそうです。

ずばり、ファーストキスを体験する年齢は男女ともに17歳が平均という結果でした。

学年でいうと高校2年または3年生ということになります。

海外では家族同士で頬や額などにキスを送りあうなど、挨拶のキスが日常的な国もありますが日本は違います。