CoCoSiA(ココシア)

高校生の恋愛事情。キスやデート、イ...(続き6)

ファストフードなどが集まるフードコートには、付近の学生が集まって利用している風景をよく目しますね。

特別買い物するわけでなく意味なくふらついたり、併設されてるゲームセンターで遊んだりと、やることは尽きません。

相手の好きなものを知れる

一緒の時間を過ごしているうちに、相手の趣味嗜好が分かるようになってきます。

いろいろなジャンルの商品が集まるショッピングモールなら、ファッション、本、食べ物、など多方面の好みを知ることができるでしょう。

恋人の好きなものや欲しいものというのは、知っておいて損はありません。

ただブラブラするのではなく、相手が興味を示す事柄を意識しておくことで、プレゼントを選ぶ時にもとても役立ちますよ。

一緒に宿題やゲームする

恋人とできるだけ長く一緒に過ごしたい、でもそうすると勉強に手が付かない、時間が無いという時は一緒に勉強するというのはとてもいい手段です。

やはり学生の本分といえば学業。

恋も勉強も上手く両立することで、将来の可能性も大きく拓けることになります。

勉強場所としては学校の教室や図書室で勉強するのもありですが、やっぱり恋人同士らしく2人きりで過ごせる自宅です。

むしろ、「周りに大勢人が居ては集中できない」という理由を恋人を家に招く口実に使う人も多いようです。

家の人とも仲良くなれる

高校生の内というのは、両親が恋愛について干渉してくる家庭も多いですから、直接顔を見せて面識を持っておくことは大切なことなんです。

一緒に出掛けたり、家に遊びに行ったりするにしても、恋人の家族には好印象を与えて良好な関係を築いておくことで、安心して付き合うことができるでしょう。

順番にデートプランを考える

デートプランを練る時は「どこに行こうか」ではなく「何をしようか」と考えるに限ります。

場所を指定してしまう前に、恋人とどんなことがしたいか、どんな一面が見たいか、と考えることで必然的に場所も固まってきます。

「ゆっくり話したい」となれば、静かな公園やカフェ、自宅へ。

「一緒にはしゃぎたい」となれば、遊園地や観光スポットへ。

どこでなにをする、と考えずなにをどこですると思うと選択肢の幅が広がります。

選択肢はなくてもわくわく感が味わえる

まだ、選択肢が少ない高校生のデートはいかに2人で創意工夫しながら楽しめるかがポイントです。

できないことも多い分、高校生の頃にしかできないようなデートだってあるはずです。

今後、お金が貯まったらこんな所に行きたい、あんなことをしたい、と想像するのも楽しみの一つです!

高校生のイチャイチャ事情

「好きな人とイチャイチャしたい」というのは当然のことですが、日本人はそういったスキンシップの取り方がとても下手な傾向があります。

海外の恋愛と比べると奥ゆかしく大胆なさに欠けるイメージがありますが、ここ最近の高校生はどんな風にイチャイチャしているのでしょうか。

人目をはばからずイチャイチャする


ずばり、最近は恋愛に対してオープンな風潮が強くなっています。

海外の情報が入ってきやすくなったネット社会などの影響でしょう。

SNSで交際を報告したり、カップルの写真を公開するなど交際のアピールをする人も多くなっていますね。

恋愛に対して大らかになることは良いことですが、昔の風潮としては「男女交際はつつましやかに」というような考えが多いので万人に受け入れられるという分けではないでしょう。

周りに人が居るのにキスする

都会の方では、学生がキスしている現場を目撃することも別段珍しくありません。

電車やホームでイチャイチャしているカップルも多いものです。

田舎のほうでは、周囲やご近所の目が厳しいところが多いので、もしキスをしている現場を他人に見られたともなれば、いくら現代とはいえどこの倅がどこの娘がと噂になってしまいますね。