軽率とは、物事を深く考えずに行動することを言います。

未成年ならまだしも、大人になって軽率な行動をしてしまう人っていますよね。

他者ならわかりやすいですが、自分自身が軽率な行動をとっていないか、時々振り返る必要があります。

軽率な行動とは、人に迷惑をかけてしまう行為です。

️軽率だなと思う20個の行動

どんな行動が軽率に繋がってしまうのか、いくつかご紹介させて頂きます。

過去に軽率な行動をしたがことある人は、あまり人に言わない方が良いですよ。

恋人がいるのに異性と遊ぶ


恋人がいるのに異性と遊ぶのは、一概に悪いとは言えません。

学生時代の友人など付き合いもありますし、お互い気を付けていればそこまでは軽率ではないです。

しかし恋人がいるのに、遊びや浮気目的で異性と遊んでいる行為は軽率と言っても良いでしょう。

自分たちは良いかもしれませんが、周りから見れば軽率であると言わざるをえません。

恋人を不安にさせてしまうことは、正しい行いとは言えませんよね。

今現在恋人以外の異性とよく遊んでいる人は、注意しておいて下さいね。

ワンナイトラブ

ワンナイトラブとは一夜限りの身体の関係を持つことを言います。

若い人ならワンナイトラブを経験した人もいるかもしれませんが、ワンナイトラブは最も軽率な行為です。

特に女性のワンナイトラブは、史上最低と言っても過言ではないでしょう。

一夜限りの身体の関係を持つことが何故軽率になってしまうのか、その答えはシンプルです。

万が一ワンナイトラブで子供を妊娠してしまったら、一体どうするのですか?

危険日でないにしろ、できてしまう可能性はゼロではありません。

もしそうなってしまったら、自分の家族に父親は誰かなんて言えますか?

自分は良いかもしれませんが、その子供が大人になって自分が出来た経緯を知ってしまったとき、どれほどの絶望を味わうことになるか分からないでしょうね。

そしてもう一つ、病気の感染です。

昔女優の深田恭子さんが、一夜限りの援助交際をした結果HIVに感染してしまったという女子高生を役を主演されていたことがあります。

当時は援助交際など話題になっていた時代でしたが、子供だった私は母からワンナイトラブをするとドラマのようになると教わって育ちました。

さすがにHIVにまでは大げさかもしれませんが、その他淋病や梅毒に感染してしまう可能性も捨てきれません。

淋病は梅毒はHIVやと違い死ぬことはないかもしれませんが、将来不妊になってしまう恐ろしい病気です!
例えコンドームを付けていたとしても、オーラルセックスやディープキスのような唾液などを摂取してしまうと、感染してしまうこともあります。

それだけワンナイトラブは、深刻な問題なのです。

ワンナイトラブのような危ない橋に渡らずに、恋人とだけ性交渉を行うようにしましょう。

現在ワンナイトラブ傾向にある人は、もっと自分を大切にして下さい。

本人の横で悪口を言ってしまう

私自身、学生のときにされたことがあります。

わざわざ自分に聞こえるように悪口を言ったり、こちらの顔を見て平気で悪口を言ってきた人がいました。

自分にも悪い面があったかもしれませんが、言われた方はたまったものではありません。

本人の横で悪口を言う人間は、人の痛みが分からない愚か者です。

弱者をいたぶるような趣味があり、これは誰に話しても軽率以上に性格が悪いとしか思われないでしょうね。

本人の横で悪口を言う人間は、後々痛い目に合います。

人の悪い場面しかみていない、悪口しか言わない人間と一緒にいても、自分も悪く言われてしまうのではないかと不安になるものです。

そのような行動をしている人間は誰からも好かれてはいません。

悪口は人の心を傷つけ、自分を醜くさせてしまいます。

飲み過ぎてハメを外す


飲み会で羽目を外して許されるのは、社会人1年目までと覚えておいて下さい。

お酒の席で羽目を外しすぎると、大半ろくなことがおきません。

まだ家族や友達なら良いかもしれませんが、仕事の忘年会や飲み会などで羽目を外してしまうと、翌日から白い目で見られてしまいますよ。

昔私が学生の頃、バイト先での飲み会で男性の先輩がめちゃくちゃ酔ってしまいました。

ただ羽目を外すだけならまだしも、近くにいた女の同僚の胸やお尻を触るというセクハラ行為に発展してしまったことがあります。

私たちは酔っているとは言え、さすがにやりすぎだと思い止めようとしましたが、その同僚がとてもいい子で酒の席だし気にしていないと言って先輩を庇ったのです。

その同僚のことはとても好きになりましたが、当然先輩に関してはその場にいた全員からの好感度はめちゃくちゃ下がっていたのは言うまでもありません。

しかもその先輩は同僚にしたセクハラ行為の数々については、全く覚えていなかったそうです。

お酒は適度に嗜むのが一番ですね。

この先輩は免れましたが、本来なら警察沙汰になったとしてもおかしくありませんでした。

もし羽目を外しすぎて、気がついたら捕まってしまっていたなんて嫌ですよね?

お酒を飲む際は意識まで失わないように、自制するようにして下さいね。

悩みを誰にでもに打ち明ける

悩みを誰にでも打ち明ける場合は、内容によっては軽率ではありません。

愚痴を言いたいだけなら軽率になってしまいますが、軽い内容なら可愛いものです。

また悩みを誰にでも打ち明けるということは、それに対しての解決策を求めている可能性もあります。

人の考えはそれぞれ違うので自分に自信がない人は、他の人の意見を聞いて参考にさせてもらうという方法があり、それを元に解決していくことが出来るのです。

悩みが彼氏の自慢や、しょうもない悩みであれば、あまり他の人に打ち明けない方が良いでしょう。

軽率というよりかは、聞くのが面倒くさくなってしまうからです。

悩みを言いたいのであれば、家族や友達など信頼できる人間だけにしておいて下さいね。

内緒話を漏らす

内緒にしてくれと言われた話を漏らしてしまうのは、他の人からの信用を失ってしまいます。

何故内緒話にするか、それは他の人には知られたくないからです。

その上で他の人に話してしまうのは、軽率以上に問題があるかもしれませんね。

内緒話を漏らす可能性がある人に話したい場合は、必ずキツイ口止めをしておきましょう。

思いつきで動いてミスをする

これは昔私自身がよく思いつきで動いてしまい、ケアレスミスから大きな事故にまで発展してしまいました。

私は考えるのが苦手なタイプで、今でも上手く動ける訳ではありませんが、よく上司から軽率に行動をしてはいけないといわれたことがあります。

思いついたは良いけど事前確認や先を読んでいなかったので、たくさんの人に迷惑をかけてしまいました。

特に焦ってしまうと冷静な判断が出来なくなってしまうので、よりミスをしやすくなってしまいます。

このタイプは猪突猛進傾向が強い人、そして感情に左右されやすい人間が多いです。

動くのは良いですが、まずは調べるという癖を付けたほうが良いかもしれませんね。

ミスを減らしたいのであれば、行動を起こす前に少し冷静になりましょう。

仕事で思いつきで動いてミスを繰り返してしまう人は、上司や周りからの評価が下がってしまいます。

思い当たるフシがある人は、自分は思いつきで動くとミスをしてしまうということを認識して行動して下さい。

なんとかなるだろうと考える

楽観的な考えは決して悪いことではありません。

マイナス思考や、思い詰めてしまうよりかはずっと良いと思います。

しかしなんとかなるだろうと考えてよいのは、あくまでも本当にそこまで気にしなくても良い場面のみです。

さすがに仕事でそのような軽率な考え方をしていると、物凄く痛い目にあってしまうでしょう。

このような考え方をしている人間は、ケアレスミスを何度も繰り返してしまい、大事な商談などで時間管理が出来ていないなどが考えられます。

仕事でのなんとかなるという考えは捨ててください。

むしろ危機感と不安感を持ちましょう。

そうでないと色んな人に迷惑をかけてしまうことになります。

当人はそれで良いかもしれませんが、困るのは当人以上に周りの人です。

人に迷惑をかけてしまう形になるので、周りからトラブルメーカーだと思われても仕方がないでしょう。

オレオレ詐欺に振り込む

オレオレ詐欺は古いと思っているかもしれませんが、まだまだオレオレ詐欺に引っかかってしまう人はいます。

早とちりや思いこみをしてしまう人が、振り込め詐欺に引っかかりやすいと言えるでしょう。

私の家ではオレオレ詐欺に引っかからないようにするため、固定電話にナンバーディスプレイを付けています。

そして電話に出た時は必ず相手の名前を聞くように義務つけされていました。

一度おばあちゃんしか家にいない時に、オレオレ詐欺から電話がかかってきたことがあるそうです。

幸いおばあちゃんおオレオレ詐欺対策をしていたため、回避出来ました。

そもそも急に家族から大金を振り込んでくれと言われて、よく確かめもせずに入金してしまうという行為自体、軽率であると言われても仕方がないでしょうね。

加害者がもちろん悪いですが、思い込みで動いてしまった被害者にも問題はあると思います。

衝動買いをする

ストレスが溜まっているときに、衝動買いをするとストレスが発散されますよね。

しかし衝動買いは後から物凄く後悔する買い物なので、気がついたらいらないものを購入していたりするケースも存在します。

私自身も衝動買いをするタイプなので、残念ながら気持ちがよく分かりますよ。

特に夏場や冬場のバーゲンで衝動買いをしてしまう人が多いのではないでしょうか?

昔お金に余裕があった頃、バーゲンで調子に乗ってコートやらワンピースなどを購入していたことがあります。

しかし結局1、2回しか着なかったので、家族からはかなり怒られてしまいました。

それから衝動買いをしないように、服を買いに行くときは家族と一緒に買いに行くようにしてもらっています。

家族と一緒の方が率直な意見をくれるので、衝動買いをしなくて済みます。

自分一人や友達と行く方が、衝動買いをしてしまう可能性が高くなりますので注意して下さい。

ギャンブルに次々お金をつぎ込む

ギャンブルに次々お金をつぎこんでしまう行為こそ、軽率であると思っておいて下さい。

今現在ギャンブルにハマっている人ほど、身を滅ぼしてしまう可能性があります。

ギャンブルは中毒性が高い上に、一山あてた時の快感とスリルはたまらないものかもしれません。

しかし次々とお金をつぎ込んだ挙句、生活すら出来なくなってしまうのは軽率以上に愚かとしか言いようがないですね。

ギャンブルは程よく遊ぶなら問題はありませんが、仕事もせずに1日中パチンコ屋さんや競馬場に入り浸っている人は物凄く軽率としか言えません。

特に家族がいてギャンブルにハマっている人、生活が出来ないくらいギャンブルにお金をつぎ込んでしまうのはやめましょう。

その時は良いかもしれませんが、その後自分の軽率さに気が付いても遅いですよ。

セールスの高額商品を買う

セールスの高額商品が当たりなら良いかもしれませんが、中にはハズレもあります。

特にセールスは大半ハズレが多いので、損をしてしまう可能性が非常に高いです。

言葉巧みにだまされないように、自分には本当にこれが必要なのかよくよく考えて行動をしましょう。

クーリングオフが効く期間ならまだ返品はできますが、セールスに引っかかってしまう人も注意深さが失念していますので、軽率だと思われても無理ありません。

ろくに勉強もせずFXを始める

FXとは外国為替証拠金取引を意味します。

ドルやユーロなどの海外のお金を交換や売買する金融商品です。

近年主婦層にもちょっとした小遣い稼ぎとしてFXをやっている人がいますが、一般人からしてみたら何が良くて無いが悪いのか分かりませんよね?

FXだけではなく全ての行動に当てはまりますが、ロクに勉強をしないで物事を始めることは、必ず痛いしっぺ返しが返ってくるものです。

多少かじっている人でも失敗することもあり、特にカンだけでFXを行うことは、ギャンブルに近い行動ともとれます。

最悪の場合破産してしまうかもしれませんので、これからFXを始めたいという人は、よく勉強をして自分に向いているかどうかも考えてみましょう。

特に初心者は一番リスクが高いです。

わざわざ危ない橋を渡らなくても、お金を稼ぐ方法はいっぱいあります。

宛名を読まずに手紙の封を開ける

宛名を読まずに手紙の封を開けるのは、プライバシーの侵害に反します。

人には知られたくないこともありますし、手紙がどうでも良い内容でも勝手に中身を見てほしくないですよね。

勝手に見られたら嫌な気持ちになりませんか?

それがもし誰かのクレジットカードの支払いや重要書類であった場合、自分が封を空けたことでその書類が1部紛失してしまうことも考えられます。

いくら親しい間柄であっても、勝手に人の物を見るのは良くありません。

宛先が自分かどうか、必ず確認をしてから封を開けましょう。

目分量でお菓子を作る

料理なら味見が出来るので目分量でも構いませんが、お菓子はグラム数が少しでも違ってくると失敗してしまいます。

ケーキやクッキー、そして一番見た目で分かりやすいシュークリームなどがそうですね。

面倒くさいからと目分量で入れてしまう人は、時間のむだです。

私自身ケーキを作る際、砂糖のグラム数を間違えてしまい上手く作れなかったことがありました。

もちろん目分量ではありませんでしたが、多少のグラム数でも違っていたらお菓子は失敗してしまうほど、繊細な作業だと言えます。

出来ればお菓子だけではなく、料理は軽量しておいた方が良いでしょう。

料理は味見が出来るので、まだ味付けを変えることは出来ますが、お菓子は味付けを変えることが出来ません。

お菓子が成功しているかどうかは、全ての工程が終了しないと成功しているかどうかがわからないからです。

特にお菓子は見た目に左右されるのでせっかく味は美味しく出来たとしても、ケーキのスポンジが膨らんでいなかった、クッキーの形がボロボロになってしまっていると、食べたいという気持ちが半減してしまいますよね。

しかもお菓子を作るのは人にあげたりもするので、目分量で測ったと相手にばれてしまうと、軽率な人間だと思われてしまうでしょう。

面倒くさくても、お菓子作りの時は目分量ではなく、全て計量した上で作成して下さいね。

美味しいお菓子を作るのは、普通のご飯を作るよりも困難かもしれません。

自己判断で大事な会を欠席する

自己判断は最も恐ろしく、軽率な行為の1つです。

誰かに判断してもらったわけではなく、そして何も確認せずに、自分の判断で良いと思い込む行為こそ心底恐ろしいものはありません。

自分のだけに関係するなら良いかもしれませんが、大事な会を自己判断で欠席するなどということは、軽率以前に社会人として大人としてどうなのかが問われてしまうでしょう。

その大事な会を欠席することで、誰に迷惑をかけてしまうかということも、全く考えていないことになります。

家族や友人、そして会社の人たちなど、状況によって違いますが、相手がどんな立場であるかなど考えて下さい。

インフルエンザやノロウィルスのような他者にも感染してしまう病気になってしまった場合であれば、相手に一報を入れて欠席をすることは仕方がないとは思います。

しかし面倒くさい、ズル休みなどの場合はその人のモラルが問われてしまいます。

補助もなしにバク転をしてみる

昔学生時代、男子生徒がジャニーズに憧れてバク転が流行っていた時期があります。

ある男子生徒がバク転練習中に、誤って頭を強打する事件が起きてしまいました。

その生徒は補助もなくバク転練習をしていたそうです。

当然先生や私たち生徒が詳細を聞いたとき、呆れ果ててしまったのは言うまでもありません。

バク転は難易度も高く、運動神経が良い人なら出来るかもしれませんが、その男子生徒のように怪我をしてしまう可能性もあります。

若さゆえの軽率行為であるので、まだ若気の至りとして見逃してもらえるかもしれません。

しかし大人で補助もなしにバク転練習をして捻挫や骨折しても、誰もが軽率以上に大馬鹿だとしか認識されないでしょう。

少しの時間だからと子どもを放置する

近年少しの時間だからと子供を放置することがあり、そのせいで子供が車に轢かれてしまった、ベランダから落ちてしまった、河に流されてしまったという大事故にまで発展しているケースが多発しています。

確かに可哀想ではあるのですが、ちゃんと子供を見ていなかった親に責任があります。

少しの時間だからと言っても、小さい子供からは一瞬たりとも目を離してはいけません。

まだ知能が未成熟なので、何がダメなのか何が正しいのかは把握できていないからです。

危ない行動を取った子供に叱りつけている親もいますが、一番悪いのは親ではないでしょうか?

小さい内からベランダには近づいてはいけない、知らない人に付いていってはいけないなど、しっかり教育をしていないことが原因でもあります。

子供は無垢なので、基本的に親から言われたことは守ろうとする傾向にあるのです。

危険を少しでも回避したいのであれば、何がダメなのか小さい頃から教えるようにしておきましょう。

そもそも少しの時間だからと子供を放置する大人は、考えが非常に甘く責任能力が欠落していると言われても仕方がありませんよね。

事故やまたは小学生高学年でも、誘拐されて行方不明にまでなってしまっている子供もいます。

子供を守れるのはお父さんやお母さんだけなのですから。

どんなときでも子供から目を離さないようにして下さいね。

パルクールに憧れてチャレンジ

パルクールとは海外で発祥された、一種の芸術的なスポーツのことです。

以前世界の果てまでイッテQ!という番組で、NEWSの手越祐也さんがチャレンジされたことがあります。

ユーチューブに動画がアップされていますので、興味のある方は是非見てみて下さい。

パルクールとは壁や地形などを利用し、走る、ジャンプ、昇り降りなどの移動動作を複合的かつ軽快に実践する行為です。

忍者やスーパーマリオのような動きをイメージしてもらえたらと思います。

パルクールは当然ながら運動神経が必要になるスポーツなので、高い場所でのジャンプや壁を蹴ってのバク転などもあり、下手な人だと着地に失敗してしまうと危険性がとても高いと認識しておいて下さい。

家や人のいない場所で、パルクールを行うのには構わないかもしれません。

実際パルクールには動きを規定するルールは存在しないので、何をやっても自由です。

パルクールは生活やスポーツに必要な筋力や、状況判断なども鍛え上げられるので良い運動ではあります。

プロのパルクールは、忍者のように軽々とした動きに見惚れてしまうほどです。

確かにパルクールに憧れて、自分もあんな風にやってみたいと思う人はいます。

しかしパルクールを人が大勢いる場所で行うのは、軽率であり色んな人に迷惑をかけてしまうでしょう。

以前私がショッピングモールで買い物をしていたときに、高校生くらいの男子生徒数名がパルクールのようなことをしていました。

当然人が多くぶつかっていたり危なかったので、他のお客さんから怒られていましたね。

恐らくカッコ付けたかった、身体能力を見せびらかしたかったのかもしれませんが、周りの人間からしてみれば人に迷惑をかける行為は、心底軽率であるとしか言えません。

もしパルクールを行うときは、人のいないところで実践してする方が良いですよ。

予定のダブルブッキング

もう1人の自分が切実にほしいと思ってしまう瞬間と言えば、やはりダブルブッキングしてしまった時でしょうね。

ダブルブッキングは時間と予定を管理できていないと認識されてしまいます。

どの場面でもダブルブッキングは、他の人に多大な迷惑をかけてしまう行為となります。

予定を開けてくれていた人に対し、精神的苦痛を与えてしまうので注意しましょう。

ダブルブッキングは他のミスと違い実害が出ていますので、信用を一気に下げてしまいます。

️軽率な態度は嫌われる原因

軽率な態度は何故嫌われてしまうのか?

自分が普段軽率なことをしている人間は、分からないかもしれません。

一度自分が同じことをされて、実害が出たときに初めて理解できるでしょう。

私自身もよく軽率な行動をとってしまうので、気を付けねばなりません。

軽率とは

軽率な行動を繰り返す人間は、後先を考えずずに行動をしてしまうことが多いです。

しかもその行動のお陰で、家族や友達、そして他の色んな人たちまでに色んな迷惑をかけてしまいます。

そうなると厄介者として、レッテルが貼られてしまうかもしれません。

自分の行動が軽率かもしれないと思う人は、自分の行動を改めて振り替えってみることをおすすめ致します。

物事を深く考えずに軽々しく行うこと

軽率な人の行動は、物事を深く考えずに軽々しく行います。

物事を深く考えられないということは、注意深さが欠如している、人のことを考えられていません。

そもそも物事を深く考えられないという人は、実は結構多いのです。

何故そのような行動をとってしまうかということですが、考えるよりも先に動いてしまうからですね。

軽はずな行動をとるときは、大半冷静さをかけているかもしれません。

自分的にはそんなつもりでなくても、人からしてみればその行動が嫌がっている可能性も考えましょう。

興奮している状態や焦っている状態なら、冷静さが欠けてしまっていますので、正常な判断が出来ていません。

冷静な判断が出来ないと、他の人にも迷惑をかけてしまいます。

後から自分が悪かったと気がついても、すでに遅いかもしれませんし、そうなってしまうと人は離れてしまうでしょう。

自分の行動に疑いを持ちましょう。

何とかなる、大丈夫だろうということは絶対に存在しません。

あなたもウッカリやっちゃっているかも…

もしかしたらあなたも知らない内に、軽率な行動をしていませんか?

自分が気が付かない内にウッカリやってしまっていることは、よくあることです。

人は自分の行動を振り返ることは中々しません。

軽率な行動になってしまう人間は、基本的に自分を客観視していない傾向があります。

何故客観視することが必要というと、自分視点だと大丈夫だと思っていることが、実は第三者の目線から見るといけないことをしていると判明出来ます。

これは仕事上でもとても大事なことです。

自分がウッカリやっちゃっている可能性がある場合は、行動をする前に一晩時間をあけてから見直しましょう。

一晩時間を空けることで、考えがリセットされるからです。

この方法はケアレスミスを減らしたい人にも有効で、時間に余裕のある人は一晩寝かせてみて下さい。

反対に時間がなく、今すぐに返事や行動しないといけないという人は、他者の力を借りましょう。

他者に意見や協力をしてもらうことで、軽率な行動を防げますよ。

ただしこれは本当に自信がない場合のみに活用して下さい。

あまり頼りすぎてしまうと、他の人から面倒だと思われてしまいます。

️軽率な行動は控えましょう

私自身も軽率な行動が多いため、人からどう思われているか一番怖いと思ってしまう時があります。

過去に自分のせいで、どれだけの人に迷惑をかけてしまい、傷つけてしまったかわかりません。

それ故未だに自分の行動には自信を持つことは出来ませんが、それでも周りの人達に注意されて少しずつ何がいけなかったのかは分かるようになりました。

私は他の人から助言をもらって何とか助けられていますが、現実はそんなに甘くはありません。

自分で気をつけられるようにして下さいね。