CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

軽率だなと思う20個の行動


軽率とは、物事を深く考えずに行動することを言います。

未成年ならまだしも、大人になって軽率な行動をしてしまう人っていますよね。

他者ならわかりやすいですが、自分自身が軽率な行動をとっていないか、時々振り返る必要があります。

軽率な行動とは、人に迷惑をかけてしまう行為です。

️軽率だなと思う20個の行動

どんな行動が軽率に繋がってしまうのか、いくつかご紹介させて頂きます。

過去に軽率な行動をしたがことある人は、あまり人に言わない方が良いですよ。

恋人がいるのに異性と遊ぶ


恋人がいるのに異性と遊ぶのは、一概に悪いとは言えません。

学生時代の友人など付き合いもありますし、お互い気を付けていればそこまでは軽率ではないです。

しかし恋人がいるのに、遊びや浮気目的で異性と遊んでいる行為は軽率と言っても良いでしょう。

自分たちは良いかもしれませんが、周りから見れば軽率であると言わざるをえません。

恋人を不安にさせてしまうことは、正しい行いとは言えませんよね。

今現在恋人以外の異性とよく遊んでいる人は、注意しておいて下さいね。

ワンナイトラブ

ワンナイトラブとは一夜限りの身体の関係を持つことを言います。

若い人ならワンナイトラブを経験した人もいるかもしれませんが、ワンナイトラブは最も軽率な行為です。

特に女性のワンナイトラブは、史上最低と言っても過言ではないでしょう。

一夜限りの身体の関係を持つことが何故軽率になってしまうのか、その答えはシンプルです。

万が一ワンナイトラブで子供を妊娠してしまったら、一体どうするのですか?

危険日でないにしろ、できてしまう可能性はゼロではありません。

もしそうなってしまったら、自分の家族に父親は誰かなんて言えますか?

自分は良いかもしれません。

でも、その子供が大人になって自分が出来た経緯を知ってしまったとき、どれほどの絶望を味わうことになるか分からないでしょうね。

そしてもう一つ、病気の感染です。

昔女優の深田恭子さんが、一夜限りの援助交際をした結果HIVに感染してしまったという女子高生を役を主演されていたことがあります。

当時は援助交際など話題になっていた時代でしたが、子供だった私は母からワンナイトラブをするとドラマのようになると教わって育ちました。

さすがにHIVにまでは大げさかもしれません。

でも、その他淋病や梅毒に感染してしまう可能性も捨てきれません。

淋病は梅毒はHIVやと違い死ぬことはないかもしれませんが、将来不妊になってしまう恐ろしい病気です!

例えコンドームを付けていたとしても、オーラルセックスやディープキスのような唾液などを摂取してしまうと、感染してしまうこともあります。

それだけワンナイトラブは、深刻な問題なのです。

ワンナイトラブのような危ない橋に渡らずに、恋人とだけ性交渉を行うようにしましょう。

現在ワンナイトラブ傾向にある人は、もっと自分を大切にして下さい。

本人の横で悪口を言ってしまう

私自身、学生のときにされたことがあります。

わざわざ自分に聞こえるように悪口を言ったり、こちらの顔を見て平気で悪口を言ってきた人がいました。

自分にも悪い面があったかもしれませんが、言われた方はたまったものではありません。

本人の横で悪口を言う人間は、人の痛みが分からない愚か者です。

弱者をいたぶるような趣味があり、これは誰に話しても軽率以上に性格が悪いとしか思われないでしょうね。

本人の横で悪口を言う人間は、後々痛い目に合います。

人の悪い場面しかみていない、悪口しか言わない人間と一緒にいても、自分も悪く言われてしまうのではないかと不安になるものです。

そのような行動をしている人間は誰からも好かれてはいません。

悪口は人の心を傷つけ、自分を醜くさせてしまいます。

飲み過ぎてハメを外す


飲み会で羽目を外して許されるのは、社会人1年目までと覚えておいて下さい。

お酒の席で羽目を外しすぎると、大半ろくなことがおきません。

まだ家族や友達なら良いかもしれませんが、仕事の忘年会や飲み会などで羽目を外してしまうと、翌日から白い目で見られてしまいますよ。

昔私が学生の頃、バイト先での飲み会で男性の先輩がめちゃくちゃ酔ってしまいました。

ページトップ