CoCoSiA(ココシア)

軽率だなと思う20個の行動(続き5)

恐らくカッコ付けたかった、身体能力を見せびらかしたかったのかもしれません。

しかし、周りの人間からしてみれば人に迷惑をかける行為は、心底軽率であるとしか言えません。

もしパルクールを行うときは、人のいないところで実践してする方が良いですよ。

予定のダブルブッキング

もう1人の自分が切実にほしいと思ってしまう瞬間と言えば、やはりダブルブッキングしてしまった時でしょうね。

ダブルブッキングは時間と予定を管理できていないと認識されてしまいます。

どの場面でもダブルブッキングは、他の人に多大な迷惑をかけてしまう行為となります。

予定を開けてくれていた人に対し、精神的苦痛を与えてしまうので注意しましょう。

ダブルブッキングは他のミスと違い実害が出ていますので、信用を一気に下げてしまいます。

️軽率な態度は嫌われる原因

軽率な態度は何故嫌われてしまうのか?

自分が普段軽率なことをしている人間は、分からないかもしれません。

一度自分が同じことをされて、実害が出たときに初めて理解できるでしょう。

私自身もよく軽率な行動をとってしまうので、気を付けねばなりません。

軽率とは

軽率な行動を繰り返す人間は、後先を考えずずに行動をしてしまうことが多いです。

しかもその行動のお陰で、家族や友達、そして他の色んな人たちまでに色んな迷惑をかけてしまいます。

そうなると厄介者として、レッテルが貼られてしまうかもしれません。

自分の行動が軽率かもしれないと思う人は、自分の行動を改めて振り替えってみることをおすすめ致します。

物事を深く考えずに軽々しく行うこと

軽率な人の行動は、物事を深く考えずに軽々しく行います。

物事を深く考えられないということは、注意深さが欠如している、人のことを考えられていません。

そもそも物事を深く考えられないという人は、実は結構多いのです。

何故そのような行動をとってしまうかということですが、考えるよりも先に動いてしまうからですね。

軽はずな行動をとるときは、大半冷静さをかけているかもしれません。

自分的にはそんなつもりでなくても、人からしてみればその行動が嫌がっている可能性も考えましょう。

興奮している状態や焦っている状態なら、冷静さが欠けてしまっていますので、正常な判断が出来ていません。

冷静な判断が出来ないと、他の人にも迷惑をかけてしまいます。

後から自分が悪かったと気がついても、すでに遅いかもしれませんし、そうなってしまうと人は離れてしまうでしょう。

自分の行動に疑いを持ちましょう。

何とかなる、大丈夫だろうということは絶対に存在しません。

あなたもウッカリやっちゃっているかも…

もしかしたらあなたも知らない内に、軽率な行動をしていませんか?

自分が気が付かない内にウッカリやってしまっていることは、よくあることです。

人は自分の行動を振り返ることは中々しません。

軽率な行動になってしまう人間は、基本的に自分を客観視していない傾向があります。

何故客観視することが必要というと、自分視点だと大丈夫だと思っていることが、実は第三者の目線から見るといけないことをしていると判明出来ます。

これは仕事上でもとても大事なことです。

自分がウッカリやっちゃっている可能性がある場合は、行動をする前に一晩時間をあけてから見直しましょう。

一晩時間を空けることで、考えがリセットされるからです。

この方法はケアレスミスを減らしたい人にも有効で、時間に余裕のある人は一晩寝かせてみて下さい。

反対に時間がなく、今すぐに返事や行動しないといけないという人は、他者の力を借りましょう。

他者に意見や協力をしてもらうことで、軽率な行動を防げますよ。

ただしこれは本当に自信がない場合のみに活用して下さい。

あまり頼りすぎてしまうと、他の人から面倒だと思われてしまいます。

️軽率な行動は控えましょう

私自身も軽率な行動が多いため、人からどう思われているか一番怖いと思ってしまう時があります。

過去に自分のせいで、どれだけの人に迷惑をかけてしまい、傷つけてしまったかわかりません。

それ故未だに自分の行動には自信を持つことは出来ませんが、それでも周りの人達に注意されて少しずつ何がいけなかったのかは分かるようになりました。

私は他の人から助言をもらって何とか助けられていますが、現実はそんなに甘くはありません。