CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

にゃんにゃんしがちな女性の8個の特徴とそれに対する男性の反応


「にゃんにゃん女子」とはどんな女性なのでしょうか。

「にゃんにゃん女子」は見た目だけでは判断できないことも多いですよね。

この記事では、にゃんにゃんしがちな女性の8個の特徴とそれに対する男性の反応について見ていきたいと思います。

自分がにゃんにゃん女子かもしれないという方、彼女がそうかもしれないと思う方も、その特徴を見て確認してみましょう。

にゃんにゃんする女性をどう思う?

「猫系彼女」はツンデレが特徴ですが、「にゃんにゃん女子」はツンがほとんどありません。

「猫系」が大人の猫なら「にゃんにゃん」は子猫そのものです。

そんな「にゃんにゃん女子」は男性から見るとどうなのでしょう。

子猫のような可愛さが嬉しいだけなのか、それとも何かデメリットもあるのか見てみましょう。

にゃんにゃんって?

まずは、「にゃんにゃん」とは何かを確認します。

もともと、「にゃんにゃんする」という言葉は、1980年代、アイドルがスキャンダルを報じられた際に、性行為のことを「にゃんにゃん」と表したしたものから広がりました。

しかし、最近言われる「にゃんにゃん女子」の「にゃんにゃん」はそれがかなり意訳されて、もはや違う意味として理解されているようです。

大きくわけて「いちゃいちゃする」「べたべたする」「甘える」ことのようです。

それらをもう少し掘り下げてみます。

いちゃいちゃすること

「いちゃいちゃ」は体を寄せ合ったり触れあったりしながら戯れる、じゃれ合うことをいいます。

そこから、相互に行うことで成り立つのがわかりますね。

スキンシップを伴いますが、そこには下心よりもただ触れ合いたい、絆を深めたいという気持ちが強いです。

傍から見ると「本当に仲が良いな」と思う状態です。

ただし、「にゃんにゃん」と称されるものは大人っぽい恋愛のいちゃいちゃとは異なります。

大人の恋愛でもいちゃいちゃすることはありますが、それは時間や場所をわきまえたものであり、人前では冗談を言い合う程度で声のトーンも通常であることが多いです。

一方「にゃんにゃん」の場合は、時や場所に関係なかったり、声のトーンも高いなど甘ったるさの度合いが上で、しばしば周囲から苦笑いされることがあります。

べたべたすること

文字通り、「いちゃいちゃ」よりは粘り気があるので、下心に近いボディタッチが多くみられます。

人前でしていると周囲からはあからさまに怪訝な顔をされる程度のものです。

本人同士はいやらしいことという認識がない、あるいは周囲が見えていないため人前でもすることがあります。

駅のホームで抱き合っているカップルなどがそうです。

また、一方的にべったりしていることでも成立します。

やたらと触ったり、歩きづらいほど絡みつくように腕を組んだりするなどです。

また、常に一緒にいるような状況を示すこともあります。

近所のコンビニへの買い出しにまで毎回ついて行くなどはもちろん、男友達との予定や一人で済ませられる用事にまでついて行ったりします。

甘えること

甘えるというのは、「自分でできることをお願いしたり、わがままを言うこと」と「可愛がってもらおうとまとわりついたり、なつっこく振舞うこと」の二つがあります。

「にゃんにゃん」は後者がメインです。

なでてもらいたがる、抱きしめてもらいたがるなど、子供が親に可愛がってもらおうとするような甘え方をします。

にゃんにゃんってこんな行為


前提として、「にゃんにゃん」は好きな男性、恋人にしかしません。

男性全般に行う女性は「にゃんにゃん女子」というよりは「あざとい女子」に分類されます。

その場合は好意を伝えたいというよりもモテる自分が大好きだったり、男性を利用しようという考えがあります。

では、「にゃんにゃん」の具体的な行為を見ていきましょう。

スキンシップ

相手との交流を求める意味をもっているため、相手と共に楽しみたい、じゃれ合いたい時の行為です。

そのため、相手の反応がなかったり、あっさり受け流されると寂しくなってしまいます。

そんなにゃんにゃん女子のスキンシップの例をいくつか挙げてみます。

・手をつないでルンルン気分で前後に振る
・歩いているときに突然腕に飛びく
・謎の手遊びをしかける
・ちょっかいを出す
・頭をなでてもらうために手をとる
・彼の肩に頭をもたせる
・後ろから抱きく
・彼の頭をなでる
・抱き着きながら彼の胸元に頭をぐりぐりする

ページトップ