CoCoSiA(ココシア)

気丈に振る舞える人の24個の特徴


気丈という言葉を聞くとても強い意志をもって行動している人、大人の対応ができている行動を指していうことが多いですね。

感情に振り回されることなく冷静な態度を取る時「気丈な人だな」と評されたりします。

一方で大人びすぎてしまい、そこまで非情にならてくもいいのではと冷徹な行動を表現するときもあるようです。

でも大人だったらつらい時にもまた自分の主張を貫く、気丈に振る舞えるようになれたらいいと思ったりしませんか。

気丈な人と評されるのは、ある状況で周囲が関心させられる行動にでる時です。

実際気丈な人の行動とはどういうこと言動や態度なのか気になるところです。

意外とみなさん理解しているひとが少ないかもしれません。

気丈な人とはどんな人なのか、気丈な態度とはどういうことを指すのかその意味を見てみましょう。

この記事の目次

気丈な人の24個の特徴

突然降りかかる不運なアクデントに対して気丈な態度をとる。

周囲は烏合の衆のようにながれに任せて行動するが一人自分の信じる道を歩む。

気丈といわれる行動にはいろいろな場面があります。

その特徴を見てみましょう。

1.堂々としている

気丈という表現にまずみんなが一番イメージしやすい態度とはどんな状況でも、堂々とした言動を指すと思います。

例えていえば、演劇の主役俳優が10日間の舞台公演の最中に病気療養中の実親が突如急変して死してしまう。

でも俳優は自分が主役の公演で既にチケットを購入したお客様もたくさんいてを公演中止にはしたくない。

止むなくお通夜に行ってとんぼ返りでまた公演会場へ戻り、公演スケジュールを最後まで全うすようなケース。

「悲しみを乗り越えて気丈にも堂々と演技をした」「あの俳優にはあんな気丈なところがあったんだ」と人々は彼の行動に賛辞の言葉を投げかけます。

お客様に自分の演技を魅せる、スポーツで自分のプレイを見てもらう職業などでは、不慮の状況に陥っても、仕事を休まず自分の役割をきちんと行う、責任を果たすとき、人は気丈な態度と賞賛します。

決して悲しみにくれる表情や態度を取らず堂々とした態度が気丈な振る舞いというのでしょう。

2.芯がある

どんな状況でも自分の主張を曲げずに主張し続ける。

周りの意見に左右されず、言葉で態度で自分の意志を貫くことこそ気丈な態度と言うことができます。

会社職場で想定してみましょう。

上司に理不尽な仕事を与えられたとします。

男性ではなく、年齢の若い女性社員が理不尽な内容に間違いを見つけ指摘して上司に直言するとします。

上司の機嫌を損ねることをしたくない社員はなにもなかったように与えられた仕事をこなします。

しかし、気が強い女性は、理不尽な仕事に納得できず直訴します。

上司は不機嫌になりますが、同僚はすっきりした気分になることでしょう。

同時にその女性は芯があり、正義感をもっていることで仲間から信頼を得ることになります。

この芯の強さはその場の空気を読むとかの前に自分が不断から考えていることをためらわずに主張するようなもって生まれた性分ではないでしょうか。

3.頼れる存在


職場組織や地域コミニュティ社会における単位の中でいざという時気丈な行動を取れる人はとても頼れる存在となります。

普段の生活では見ることがなかったその人が、まさかの状況の中でとっさにとる行動がその人の生来の本質が現れるのです。

そういう行動を見るつけこの人は気丈な性格をもちあわせていることがわかったりします。

数年前にあった東北大地震があった時、人々は自分の命を守ることだけができる最大のことでした。

とても他人のことを案ずるような状況でななったはずです。

しかし、この未曾有のパニック状況の中でも、ある地域の消防団員は、自分の家族が亡くなったり行方不明になっていても、自分のことはさておき、他人ために昼夜徹して行方不明者を捜索する行動は人々の感動の生むことになりました。

だれかがやらなければならないつらい仕事や活動を率先して行う気丈な行動は頼れる存在であり、社会における人々の精神的支柱になっているのです。

4.正義感がある

社会では時に嘘も方便などと嘘をついた方が良い場面もあり、嘘をつくことでだれかが助けられたり、誰も表面上は傷つかないような状況があります。

そんな場面でも正義感の強い人は嘘をつかず、正論を主張します。

回りの人はそんな肩肘はらず正論を振りまくなと思ったりしても正義を貫く人はそんな周囲の空気を読むことはありません。

時に自分が不利になることをいとわず真実を主張する正義感のある言動は気丈な人を称されるでしょう。

5.信念を貫く

自分の生き方や主義をいかなる環境になってもその信念を貫ける人はどれほどいるのでしょう。

最近好きなことだけで生きていくことは理想だけれどどこまで続けられるか。

若い時に自分の趣味が講じてその道でプロになって食べていきたいと誰もが一度は夢を見ることがあったでしょう。