あなたは日頃何かに感謝することはしていますか?

自然としていたり、意識的にしていたりすると思いますが、世の中には感謝することで溢れていると思うのです。

特に身内。

大切な人。

家族にはいつも感謝できることがありますよね。

いつも楽しい思いをさせてくれたり、そばにいてくれたり。

そして暖かく見守ってくれていたり。

そんなことがあなたにもあるのではないでしょうか?

しかし、平和な日本ではそのことが当たり前になっていることがあります。

感謝できることでも、その感覚が薄れてしまっていることもあるのですね。

平和だからこそ、周りがいつもしてくれているからだとも言えますが、そのことを思い出すことも大切でしょう。

今回はそんな当たり前になっていることについて、もう一度感謝の心を持つために「当たり前だと思わずに感謝すべき9個のこと」を紹介していきます。

いつもしてもらっていることに、もう一度感謝の心を取り戻してみませんか?

きっと平和な世界だと改めて感じることができると思いますし、また「ありがとう!」と思えることもできると思いますよ♪

どんなことがあるのか、一緒にみていきましょうね!

常に感謝の気持ちを持とう

「常に感謝の気持ちを持とう」とはよく言ったもので耳にすることが多いです。

それは本当だとも言えて、様々なことが感謝の気持ちがあることから、よく進むことでしょう。

しかし逆に言えば、感謝をしないとマイナスなこともあるということです。

自分にとってもそうですし、相手にとっても気持ちがよくなかったりすることでしょう。

感謝の気持ちを持つということは、今の状況に感謝すること。

そしてその人に感謝することなのです。

その気持ちを持っていると、当たり前なことにも幸せを感じることができます。

また暖かい気持ちになることができますし、次は与える側になることも。

そんな繰り返しが日常を彩ってくれることがあり、大切な関係を続けていくことになるのですよ。

「ありがとう」そんな気持ちを忘れずにいつもの時間を過ごしてけるようになりましょう!

感謝を忘れると性格が歪む


何と言っても、感謝の心を忘れてしまうと「性格」が歪んでしまうこともあります。

当たり前だと思うことが増えていると、それが続かないことに苛立ちを感じてしまいます。

「なぜしてくれないんだ?」「なんでこんなに遅いんだろう」

と自分勝手なことばかり考えてしまいます。

もし大切な人がいるのであれば、いつもしてくれていることは当たり前なことではないのです。

人間はロボットではありません。

気持ちがあります。

心があります。

その上であなたに私たちに何かをしてくれているのです。

それって当たり前じゃないと思いませんか?

そのことを感じることができると、性格が歪むことはないでしょう。

してくれることに感謝もできますし、素直に喜べると思いますよ♪

人によって「当たり前」の基準は違う

人によって「当たり前」が違うことは知っていましたか?

おそらくなんとなく分かっていると思いますが、少し違っていたり、大きく違っていたりするものです。

それはいいこともそうではないことにも言えると思います。

何気ないことも相手にとっては「嬉しいこと」だったりもしますし、何気ないことが相手にとっては「嫌なこと」だったりもするのです。

それはきっとあなたも時として感じているのではないでしょうか?

ちょっと褒めたらすごい喜んでくれたり。

ちょっと悪く言ったらすごく落ち込ませてしまったり。

それは当たり前の感覚が違っているからなんですね。

だからこそ、何かをしてもらえるということは嬉しいのではないでしょうか?

価値観が違うところがあっても、自分のことを思ってしてくれることが、嬉しいことだと思うのです。

また何気ないことにも誰かを喜ばせることはできるのですよ♪

それはその人にとって特別に嬉しいことかもしれないのです。

誰かにとってはとても幸せなこと


誰かに何かをした時、自分では普通だと思っていても相手からしたら「幸せなこと」があります。

もしかしたらあなたはとても優しい人間なのかもしれません。

普通だと思っていても、優しくできているのかもしれません。

それは誰かが喜んでくれていることで分かることができると思いますよ♪

逆の立場からすると、何かをしてもらって嬉しい気持になることも当たり前になってはいけませんね。

いつもしてくれていて当たり前だと思っていても、そのしてくれている人からすると大変なことだったりすることもあるのです。

それくらいしてほしいという気持ちは生まれることもあるでしょう。

でもその人が当たり前にできることがどうかは別ものだと覚えておきましょうね!

そうすれば、してくれたことに当たり前にならずに、感謝することがきっとできることでしょう。

当たり前だと思わずに感謝すべき9個のこと

それでは、「当たり前だと思わずに感謝すべきこと」を紹介していきます。

人によって違いがあるかもしれませんが一般的にはこんなことに感謝したいものです。

今回は9個紹介しているので、どんなものがあるのか見てみて、共感できたならまた誰かに感謝していきましょうね♪

1.今、健康であること

人間は何より健康であることで、できることがたくさんあります。

普通だと思っている人もいるかもしれませんが、健康でなくなってしまっては、多くのものを失ったりします。

そして、したくてもできなくなることがたくさんあります。

でも健康であるならどうでしょうか?

いつもしている「ご飯を食べるということ。」

「仕事をするということ。」

「友達と遊んだり、恋人とデートをしたり。」

そんなことをいつもしていませんか?

しかし、健康でなくなっては、そんな日常的なことができなくなるということなのです。

日常的にしていた大切なこともできなくなったりするので、健康ありきのことはかなり多いと言えます。

そしてとても大きなものだとも言えるでしょう。

健康を失うと、強烈に痛感する

しかし毎日健康であることに感謝することは、なかなかしていない人も多いことでしょう。

あまりそれを考え過ぎないのも大切だと思うので、いいことでもあると思います。

しかし、健康を失うと健康の大切さを強烈に痛感します。

痛みや苦しみが元に戻りたいと言うのです。

また健康であることの大切さを改めて教えてくれるのですね。

健康自体に感謝するのではなくて、自分が健康でいられるのは、家族や大切な人がいるからだと思いませんか?

ご飯を作ってくれたり、好きなことをさせてくれたり。

安心をくれたり、愛してくれたり。

そんなことをしてもらっているのであれば、感謝することを忘れないでください。

体も心も健やかにいられるのは、きっと誰かの優しさがあるからなのですよ。

きっとあなたにもそんな人がいるのではないでしょうか?

2.家族がいること

家族がいること。

両親や兄弟。

ペットもそうですね。

それは決して当たり前なことではありません。

人間はそれほど強くできてはいません。

日常的なことには耐えていけることが多いですが、病気や怪我でもしものことがあるのです。

自分の家は大丈夫だと思ってはいませんか?

確実に世の中には家族を無くされた方、無くす可能性が高かった方がいらっしゃいます。

私たちも同じ人間で家族も人間です。

不死身な人はいませんし、病気や怪我をしない人はいないのです。

そして、子供から離れていってしまう親もいます。

なら親や家族がいることが当たり前なのはいいことですね。

当たり前にいてくれる、そんな安心はないでしょう。

いなくなってしまう心配をしなくていいのですから。

そう思わせてくれている家族がいることを忘れないでください。

当たり前なことを当たり前と思わないでくださいね。

早くから親孝行をしよう

悲しいですが、人間はいずれ命に終わりが訪れます。

それは誰もが分かっていることですが、実感することは難しいと思います。

しかし、あまり実感できなくてもいいと思います。

その怖さを知らないで済むのは、親だったり家族のおかげなのですから。

なので、そのことにも感謝して親孝行はしましょうね。

またいつまでも親孝行が出来ないのであれば、何ができるか考えてみましょう。

おそらく親はそれほど多くを望んでいないのではないでしょうか?

あなたや私たちが健康でいてくれること。

それが何より嬉しいと思うのです。

そしてそれが何より、私たちができることなのではないでしょうか?

だって、親は子供が笑って元気でいるために、働いたり、思ったり、行動してくれているのですから。

それに応えるためには、私たちは幸せになって親孝行できるといいですね!

今しか出来ないこともあるでしょうし、これからできることもあると思います。

でも終わりが来る前に、あなたの幸せな姿を見せてあげましょうね!

3.人の親切

人の親切って当たり前に思ってはいませんか?

特に他人にできることってすごいことだと思うのです。

多くの人が他人に何かをするというのは、手間がかかったりして嫌な時もあります。

でもそんな中でも、人に親切にできるって素晴らしいですよね。

何かを貸してあげたり、拾ってあげたり。

それだけでもありがたいものですよね。

財布なんて届けてもらったらそう思うのではないでしょうか?

もしその人が落とした財布を拾ってくれて、届けてくれなかったら大変ですよね?

世の中にはそんなことが溢れていると思うのです。

この人やあの人がしてくれたことがあるから、今の私たちがあります。

当たり前にそうなっているのではないのです。

親切があって、自分が出来ていることもあるでしょうし、元気で入れることもあります。

些細な親切でも感謝することが出来たら、この世界は奇跡で溢れてるのかも知れまんせね♪

お礼を言わないなんてもってのほか!

人から親切をしてもらって、お礼を言わないなんてもってのほかです!

何かをしてもらえるということは、あなたが大切だからという時もあります。

もしくは相手はあなたが喜んでくれることを望んでいるかもしれません。

あまり意識していなくても、きっと何かの役に立っていることもありませんか?

もし役に立っていなかったとしても、その行為自体に感謝をすることは大切なことですよ。

そんな思いやりがあるからこそ、日本は平和ですし、平和だからといって無くしてはいけないことですよね。

お返しをしない若者が増えている!

何か親切をしてもらって、お返しをすることも大切です。

人情や思いやりの心からそうだとも言えます。

また相手に感謝していることを伝えることも大切ですよね。

目に見える形で、それを伝えるのはお返しをすると効果的に伝わることでしょう。

お返しをするということは、ありがとうという気持ちを伝えると同時に相手も喜んでくれることなんですよ♪

もちろん相手がお返しを嫌がる人だったり、お返しはいいよと言ってくれているのに無理に渡すことは相手に失礼なので控えましょうね。

あなたにお返しをして欲しくて、何かをしてくれる人もきっといるでしょうし、その気持ちに感謝して過ごしていきましょう♪

また相手にお返しを求めすぎないことも大切なことだと思うので、そちらも少し気をつけてみてくださいね。

4.給料をもらうこと

給料をもらうことはあなたはどう思っていますか?

毎月もらう時に感謝していることって大切ですよね。

そのお金があるからこそ生活が出来ていますし、欲しいものも買えたりします。

自分のしたことがお金になることは、世の中に仕組み上当たり前かもしれません。

しかしその当たり前に出来ている環境にも感謝したいものだと思います。

ミスをしたり、融通を聞かせてもらっているならなおさら感謝することだと思いますし、まだ仕事を続けられることもありがたいですね!

それほど大きな感謝をしなくてもいい場合もあると思いますが、お金は本当に大切なものなので、それをいただいている人にも恩はあるのですね。

それに応えられなかったり、逃げだすこともあるかもしれません。

でもいい環境で迎えてくれている会社にはしっかりと感謝の気持ちは持ちましょうね。

そして給料をもらってまたありがとうと思い、そしてこれからも頑張りましょう♪

5.友人の存在

友人の存在は本当に感謝したいものですよ!

一人だと楽しくないことなんてたくさんあります。

でも友達がいることで、自分の時間が楽しくなるのですから必要な存在ですよね。

また辛い時に話を聞いてもらえることもあります。

そんな時間があったからこそ今仕事をしたり、遊んでいたりできるのではないでしょうか?

もしいなかったら、そうなっていたとは言い難いと思います。

また自分のことを信じてくれている友人にも感謝しましょうね。

誰もが人を信じるということは、簡単なことではありません。

時間もかかりますし、傷ついたりもします。

でもそれでも信じてくれる友人ってすごいことですよね!

そんな友人がいることは当たり前と思わずに、日々感謝していきましょう♪