あなたは「変わりたい」と思ったことがありますか?おそらくほとんどの人は少なからず変わりたいと考えたとこがあるでしょう。

今よりお金持ちになりたいとか、恋人のいない状態から抜け出して素敵な恋人がほしいとか、こういうものも変わりたいの一種です。

具体的なものではなくても、今より幸せになりたい、とか、友達の〇〇のような生活がしたい、という憧れもあるでしょう。

しかし、本気で変わりたいと思うことがある人ほど、変わることができなくて悩むのではないでしょうか。

自分に自信がない。

自分の性格が嫌だ。

今の生活を変えたい。

そう願ってもこのようなことを変えるのは簡単ではありません。

変えたいと思っていても変わらないと、やっぱり変えることなんてできないんだ、このまま変われないんだとだんだん落ち込んでいきます。

変わりたいのに変われない多くの人は、このような悪循環に陥っているのでしょう。

しかし、本当に変わることは難しいのでしょうか。

変わることはできないのでしょうか。

人が変わることは簡単ではありませんが、決して不可能ではありません。

なんなら、変わりたい、と思った時点で、変わりたいと思う行動に出ていることになります。

何も考えていない人より、変わろうと考えることがすでに変わるための行動だとすれば、変わるためにできることは意外に多いのかもしれません。

どんな行動が、自分を変えるための行動になるのでしょうか。

変わりたいのに変われないあなたに、じっくり提案していこうと思います。

もうこんな自分は嫌!変わりたい!

自分に自信がある人にはわからないでしょうが、自分に自信がない人は、常に変わりたいと思っていますよね。

引っ込み思案な自分が嫌だ。

前向きになれない自分が嫌だ。

人と比べてしまう自分が嫌だ。

生活に余裕がない今が嫌だ。

周りをうらやましく思う自分が嫌だ。

自分の置かれた環境が嫌だ。

そして、そんなことばかり考える自分が嫌だ。

こんな感じです。

これは筆者の考える自分の一部なのですが、こんな自分が嫌だと考えながらもちろん「変わりたい」と願っています。

しかし、実際は、変わりたいけど変わるのは難しいと決めつけて、なかなか行動には移せません。

本当に変わりたいし、変わる努力だってする気はあるのに、でも変われる気がしません。

なぜ人は、変わりたいと思っても変わることができないのでしょうか。

調べていく中で、こんな言葉を目にしました。

『変わりたいと願いながら、どこかで自分が変わることを恐れている』というものです。

変わりたい気持ちの裏で、変わってしまったら今と何か変化が出てしまう。

変化が起こった後の自分は、本当に幸せなのか?変わることは怖いことではないのか?と、自分でも気づかないうちに人間は考えてしまうそうなのです。

そう言ったことが、変わりたいのに変われない、につながっているのです。

しかし自分では気づかないところでこんなことを考えていたとしても、やはり変わらなければいけないと思ったら行動しなければなりません。

変わることで今と変化するのはある意味当然ですし、それを怖がっていては変わることはできません。

変わることを恐れずに、本気で変わりたいと思えばいい方向に変わることだってできるはず。

変わりたいけど変われない、ではなく、変わることが怖いという無意識の自分の気持ちを押しのけて、変われるように自分をコントロールしましょう。

きっと変わるんだ!と強く思うほど自分のパワーになります。

「変わらないといけないなぁ」ではだめですよ。

「変わりたい!変わって見せる!」と強く思うことが第一歩なのです。

変わりたいなら5個の行動習慣を身につけよう!

さて、変わるためには、変わりたいと強く思うことが大事なのはわかったと思いますが、では具体的には何をすればいいの?と思いますよね。

いろんな方法がありますし、それぞれ自分に合った方法は人によって違うとは思うのですが、効果的なことを具体的に挙げていきたいと思います。

とにかく行動に移すことが大事なので、頭の中で考えるだけではなく何か行動に移してみてください。

1.どう変わりたいのか明確にする

変わりたいと思うからには、こうなりたい、という理想像があると思います。

自分に自信が持てない人は、自分に自信をもって堂々としている人をうらやましく思いますし、自分もそうなりたいと思いますよね。

ネガティブな人はポジティブな人に憧れますし、生活が苦しいなら少しでも裕福な暮らしができたらいいなと想像するでしょう。

このように、自分はどう変わりたいのかを改めて明確にします。

具体的に「こうなりたい」が浮かべば、目標を立てるのも少したやすくなりますし、自分の本当の目標が見えてきます。

いいなぁ、と思うだけでなく、はっきりと自分の願望を思い浮かべ形にしましょう。

もっとしっかりしたい

何をするにも失敗してしまう。

周りにも「もっとしっかりしてよ」とよく言われる。

やらなければいけないとわかっていても最後までやり遂げられない。

いろんな「しっかりしたい」があると思います。

自覚がなくしっかりしていない人間は「変わりたい」とすら思いませんが、自分の中に「しっかりしないと」と思う気持ちがある人は、どこかで変わりたいと思っていることでしょう。

どういったことが「しっかりする」なのかは人それぞれでしょうが、失敗ばかりする人は失敗を少しでも減らしたいと思うでしょうし、

しっかりしてよ!と言われる人は、少しでも周りから指摘されないようになりたいですね。

やり遂げるのが難しい人は、一個でも多く何かができるようになりたいと思うでしょう。

このように、しっかりしたい→具体的にはこんな風にしっかりしたい、と自覚することから始めましょう。

どうなりたいかを明確にすると、なりたい自分が見えてきます。

明るくなりたい


いつもニコニコ、たくさんの友人にも囲まれ、常にクラスの人気者、といった人がいる一方で、

笑うのが苦手、大勢とつるむのも苦手、しゃべるのも苦手だし、大きなリアクションも苦手で、気が付いたら暗い人のレッテルを貼られてしまう、いわゆる「明るく振舞えない」自分を変えたい人もいるでしょう。

でも、好きで暗い人なんていませんよね。

できれば友人と大笑いしたいし、大きなリアクションで騒ぎたいし、たくさんの友達と過ごしたい人がほとんどでしょう。

しかし、そうやって変わりたいと気づければ、どうにかして今の自分を変えようと一歩考える行動に出たことになります。

笑うのが苦手でも、不機嫌な顔に見られないようにせめて微笑みを浮かべるくらいにならなれるかもしれないし、

大勢と一緒でなくても、数人の友人と過ごすことから始めればいいし、

身じろぎもしないで人の話を聞くのではなく、手を叩いてみたり、声を出してリアクションしてみたり、少しでも変わることができるはずです。

自分は明るくなりたいんだ、そう思った時点で、あなたの目標があらわになったといえるでしょう。

女の子らしくなりたい

女子がみんな女の子らしくなければいけないということはありませんが、やはり女の子に生まれたら、かわいらしい女の子になりたいと思うのはある意味自然なことです。

それでも昔から、遊ぶのはいつも男の子とだったり、スカートは何となくはかないで過ごしていたり、髪の毛が短いほうが好きだった、という感じで、女の子らしさとは違う人もいるでしょう。

そんな女の子も、何かのきっかけで「自分の女の子らしくなりたい!」と考えるかもしれません。

どんなきっかけにしろ、ずっと女の子らしさと違う生活をしていると、どうやって女の子らしくなればいいのかわかりませんね。

そういう時にはまず外見から変えていきます。

わかりやすく女の子らしくなるなら、スカートをはけばいいし、髪の毛を伸ばすのもいいでしょう。

持ち物にピンクのものを増やすなど、色で女の子らしくなることも可能です。

しかし、内面を女性らしくすることでも女の子らしさは出ます。

ガサツな動作をやめてみたり、口調を柔らかくしてみたり、小さなことでも変わることができます。

自分が「女の子らしくなりたい」と気づいたら、小さなことから始めてみましょう。

簡単に言えば、少しでも女の子らしくしなきゃ、と意識するだけで、特別なことはしなくてもそれらしくなれますよ。

努力できるようになりたい

すぐに挫折してしまい、努力という文字とは無縁で生きてしまっている人は、少しでも努力できるようになりたいと思いますよね。

目標を立ててもすぐにあきらめてしまう人も、一つでいいから目標達成できる人間になりたいと思うでしょう。

でも、努力できない人は、頑張ってもできないんだもん、と思うでしょう。

それは違います。

頑張る人は最後まで頑張れる忍耐力がもとからあるのでしょうが、努力できない人に忍耐力が全くないわけではないと思うのです。

あきらめてしまってもそんなに困らなかったり、途中でやめても周りにとがめられないなど、努力しなくても困らなかったから努力をしなくなってしまった可能性があります。

ということは、努力できない人も、責任をもってやり遂げる気持ちを持つ、目標を達成するまでは自分に厳しくする、

など、気持ちの持ち方次第で、いくらでも努力できる人になれるということです。

いつも簡単にあきらめてしまうのが嫌だと自分で気づけたことが、すでに変わりたいという気持ちの表れですし、

変わりたいという意識であるということは、変わるチャンスはいくらでもあるのです。

少しでも「自分も努力できる人間になりたい」と思えたら、それがもう変わるチャンスだと思うようにしましょう。

泣き虫を卒業したい

悲しいことがあるとすぐ泣いてしまう。

強い口調で意見されると泣いてしまう。

少し壁に当たると、めげて泣いてしまう。

何かにつけてすぐ泣いてしまう、泣き虫さんも少なくありません。

しかし多くの泣き虫さんは、そんな自分を変えたいと願うのではないでしょうか。

女性の涙は最大の武器だといわれますが、涙が武器になるばかりとは限りません。

いつも泣いていると、あいつすぐ泣くなら嫌なんだよな~と思われている可能性だってありますもんね。

それに、ある程度大人になったら、すぐ泣くようだと、やや頼りなくも感じます。

泣き虫さんは感情が豊かともいえるかもしれませんが、やはり泣きすぎるのは考え物です。

変わりたいなら、涙が出そうになってもぐっと我慢してみる。

悲しくなっても泣いたらだめだと言い聞かせる。

泣いてしまっては自分は変われない、と強く意識して生活してみましょう。

2.今の自分との違いを明確にする


どう変わりたいかを明らかにしたら、今度は今の自分と変わりたい像がどれだけ違うかを知らなければなりません。

一言で明るくなりたいといっても、自分のどこを直せば明るく見えるのかを知らないと変われません。

なりたい自分に変わるためには、今の自分がどういう人間なのかを明確にすることが大事になってきます。

自分のダメなところをピックアップ

「どう変わりたいかを明確にする」のところでも書きましたが、変わりたいということは今の自分に満足していない、つまり「なりたい像」があるということです。

目標とする「なりたい像」があるということは、自分には何かが足りない、どこかダメなところがあるということですよね。

ですのでまずは自分が思う「自分のダメなところ」を挙げていき、自覚しなくてはなりません。

自分のダメなところ、自分に足りないところを知れば、何から変えていけばいいのか見えてきます。

なにをすれば変われるのか考える

そうしてダメなところを自覚したら、次にやることは「何をするか」です。

ダメな部分をどうしたらいいのか。

足りない部分をどう補うか。

そこを考えていくことが、変わることにつながっていきます。

上に書いたように、明るくなりたい自分に足りないものが笑うことだとすれば、人と話しているときに少しでも笑みを浮かべるようにしようと考えればいいですし、

泣き虫を変えたい人は、人に何かを言われて泣きたくなっても、ぐっと飲みこむことを意識しなければ、と考えるようにします。

女の子らしくなりたい自分が昔からずっとショートヘアならば、髪を伸ばすことから始めようと思えますよね。

ダメなところ、足りないところを自覚すれば、こうやって何をすべきかが見えてきます。

このようにして少しずつ、変わりたいと思う自分が何からすればいいのかがわかってくるのですね。