CoCoSiA(ココシア)

変わりたいのに変われない人に薦める、5個の行動習慣

あなたは「変わりたい」と思ったことがありますか?

おそらくほとんどの人は少なからず変わりたいと考えたとこがあるでしょう。

今よりお金持ちになりたいとか、恋人のいない状態から抜け出して素敵な恋人がほしいとか、こういうものも変わりたいの一種です。

具体的なものではなくても、今より幸せになりたい、とか、友達の〇〇のような生活がしたいという憧れもあるでしょう。

しかし、本気で変わりたいと思うことがある人ほど、変わることができなくて悩むのではないでしょうか。

『自分に自信がない。』『自分の性格が嫌だ。』『今の生活を変えたい。』

そう願っても、このようなことを変えるのは簡単ではありません。

しかし、本当に変わることは難しいのでしょうか。

変わることはできないのでしょうか。

人が変わることは簡単ではありませんが、決して不可能ではありません。

なんなら、変わりたいと思った時点で、変わりたいと思う行動に出ていることになります。

何も考えていない人より、変わろうと考えることがすでに変わるための行動だとすれば、変わるためにできることは意外に多いのかもしれません。

どんな行動が、自分を変えるための行動になるのでしょうか。

変わりたいのに変われないあなたに、じっくり提案していこうと思います。

まずやって欲しいのは、「本当の自分」を見つけて、強みを知ることです。

まだ自分の強みに気付けていない人は以下の診断(無料)を試してみて下さい。

変わるためには「自分の強み」を見つけよう!強み分析診断(無料)はこちら →

もうこんな自分は嫌!変わりたい!

自分に自信がある人にはわからないでしょうが、自分に自信がない人は、常に変わりたいと思っていますよね。

引っ込み思案な自分が嫌だ。

前向きになれない自分が嫌だ。

人と比べてしまう自分が嫌だ。

生活に余裕がない今が嫌だ。

周りをうらやましく思う自分が嫌だ。

自分の置かれた環境が嫌だ。

そして、そんなことばかり考える自分が嫌だ。

こんな感じです。

こんな自分が嫌だと考えながらもちろん「変わりたい」と願っています。

しかし、実際は、変わりたいけど変わるのは難しいと決めつけて、なかなか行動には移せません。

本当に変わりたいし、変わる努力だってする気はあるのに、でも変われる気がしません。

なぜ人は、変わりたいと思っても変わることができないのでしょうか。

調べていく中で、こんな言葉を目にしました。

『変わりたいと願いながら、どこかで自分が変わることを恐れている』というものです。

変わりたい気持ちの裏で、変わってしまったら今と何か変化が出てしまう。

変化が起こった後の自分は、本当に幸せなのか?変わることは怖いことではないのか?

と、自分でも気づかないうちに人間は考えてしまうそうなのです。

そう言ったことが、変わりたいのに変われない、につながっているのです。

しかし自分では気づかないところでこんなことを考えていたとしても、やはり変わらなければいけないと思ったら行動しなければなりません。

変わることで今と変化するのはある意味当然ですし、それを怖がっていては変わることはできません。

変わることを恐れずに、本気で変わりたいと思えばいい方向に変わることだってできるはず。

変わりたいけど変われない、ではなく、変わることが怖いという無意識の自分の気持ちを押しのけて、変われるように自分をコントロールしましょう。

きっと変わるんだ!と強く思うほど自分のパワーになります。

「変わらないといけないなぁ」ではだめですよ。

「変わりたい!変わって見せる!」と強く思うことが第一歩なのです。

変わりたいなら5個の行動習慣を身につけよう!