CoCoSiA(ココシア)

変わりたいのに変われない人に薦める...(続き2)

さて、変わるためには、変わりたいと強く思うことが大事なのはわかったと思います。

では具体的には何をすればいいの?と思いますよね。

いろんな方法がありますし、それぞれ自分に合った方法は人によって違うとは思うのですが、効果的なことを具体的に挙げていきたいと思います。

とにかく行動に移すことが大事なので、頭の中で考えるだけではなく何か行動に移してみてください。

1.どう変わりたいのか明確にする

変わりたいと思うからには、こうなりたい、という理想像があると思います。

自分に自信が持てない人は、自分に自信をもって堂々としている人をうらやましく思いますし、自分もそうなりたいと思いますよね。

ネガティブな人はポジティブな人に憧れますし、生活が苦しいなら少しでも裕福な暮らしができたらいいなと想像するでしょう。

このように、自分はどう変わりたいのかを改めて明確にします。

具体的に「こうなりたい」が浮かべば、目標を立てるのも少したやすくなりますし、自分の本当の目標が見えてきます。

「いいなぁ」と思うだけでなく、はっきりと自分の願望を思い浮かべ形にしましょう。

もっとしっかりしたい

何をするにも失敗してしまう。

周りにも「もっとしっかりしてよ」とよく言われる。

やらなければいけないとわかっていても最後までやり遂げられない。

いろんな「しっかりしたい」があると思います。

自覚がなくしっかりしていない人間は「変わりたい」とすら思いません。

自分の中に「しっかりしないと」と思う気持ちがある人は、どこかで変わりたいと思っていることでしょう。

どういったことが「しっかりする」なのかは人それぞれでしょうが、失敗ばかりする人は失敗を少しでも減らしたいと思うでしょう。

しっかりしてよ!と言われる人は、少しでも周りから指摘されないようになりたいですね。

やり遂げるのが難しい人は、一個でも多く何かができるようになりたいと思うでしょう。

このように、しっかりしたい→具体的にはこんな風にしっかりしたい、と自覚することから始めましょう。

どうなりたいかを明確にすると、なりたい自分が見えてきます。

明るくなりたい


いつもニコニコ、たくさんの友人にも囲まれ、常にクラスの人気者、といった人がいます。

その一方で、笑うのが苦手、大勢とつるむのも苦手。

しゃべるのも苦手だし、大きなリアクションも苦手…。

気が付いたら暗い人のレッテルを貼られてしまう、いわゆる「明るく振舞えない」自分を変えたい人もいるでしょう。

でも、好きで暗い人なんていませんよね。

できれば友人と大笑いしたいし、大きなリアクションで騒ぎたいし、たくさんの友達と過ごしたい人がほとんどでしょう。

しかし、そうやって変わりたいと気づければ、どうにかして今の自分を変えようと一歩考える行動に出たことになります。

笑うのが苦手でも、不機嫌な顔に見られないようにせめて微笑みを浮かべるくらいにならなれるかもしれません。

大勢と一緒でなくても、数人の友人と過ごすことから始めればいいのです。

身じろぎもしないで人の話を聞くのではなく、手を叩いてみたり、声を出してリアクションしてみたり、少しでも変わることができるはずです。

自分は明るくなりたいんだ、そう思った時点で、あなたの目標があらわになったといえるでしょう。

女の子らしくなりたい

女子がみんな女の子らしくなければいけないということはありません。

ですが、やはり女の子に生まれたら、かわいらしい女の子になりたいと思うのはある意味自然なことです。

それでも昔から、遊ぶのはいつも男の子とだったり、スカートは何となくはかないで過ごしていたり、髪の毛が短いほうが好きだった、という感じで、女の子らしさとは違う人もいるでしょう。

そんな女の子も、何かのきっかけで「自分の女の子らしくなりたい!」と考えるかもしれません。

どんなきっかけにしろ、ずっと女の子らしさと違う生活をしていると、どうやって女の子らしくなればいいのかわかりませんね。

そういう時にはまず外見から変えていきます。

わかりやすく女の子らしくなるなら、スカートをはけばいいし、髪の毛を伸ばすのもいいでしょう。

持ち物にピンクのものを増やすなど、色で女の子らしくなることも可能です。

しかし、内面を女性らしくすることでも女の子らしさは出ます。

ガサツな動作をやめてみたり、口調を柔らかくしてみたり、小さなことでも変わることができます。

自分が「女の子らしくなりたい」と気づいたら、小さなことから始めてみましょう。

簡単に言えば、少しでも女の子らしくしなきゃ、と意識するだけで、特別なことはしなくてもそれらしくなれますよ。

努力できるようになりたい

すぐに挫折してしまい、努力という文字とは無縁で生きてしまっている人は、少しでも努力できるようになりたいと思いますよね。