あなたの周りで、常に女性と途切れることなく付き合っている男性っていませんか?

いわゆる「イケメン」男性には、女性の方から積極的に近寄ってきますが、そのイケメン男性の全員が、芸能人やモデル並みの容姿ってわけではないですよね。

そう、イケメンの定義は何も男性の容姿だけではないのです!

努力すれば誰だってイケメンになれてしまう、そんな方法をご紹介します。

心がければイケメンになれる!

「イケメン」という言葉を聞くと、つい「生まれつき顔や容姿が優れている男性」を想像してしまいますよね。

クラスで格好良い男子生徒のことを、「俺だって顔が良ければなぁ・・」なんて羨んだ経験のある男性もいるのではないでしょうか。

しかし、実はイケメンは何も容姿に対してのみの表現ではないのです。

イケメンとは、「イケてるメンズ」の略称です。

決して「イケてる面」のような、顔だけを指した言葉ではありません。

そして「イケてる」という言葉の意味も、容姿だけを指しているわけではないのです。

女性が心惹かれる男性というのは、清潔感があり、ある程度服装や髪型、体型などに気を遣っている人です。

また、女性に対して乱暴や偉そうな言動をせず、常に精神的な余裕のある人に、女性は自然と惹かれるものです。

イケメンの定義は、一言でいえば「自己管理が出来ていて、清潔感や精神的な余裕のある人」です。

この自己管理という言葉の中には、日々自分の体型を整える、服装や髪型にも気を遣う、そして対人関係でも横柄ではないなど、実にさまざまな意味合いが含まれています。

要するに、自分磨きをきちんと出来ている人を指します。

もしここに優れた容姿が加われば、それこそ「無敵の状態」になりますが、

一般的には生まれつきの容姿以外でも、これらのことがきちんと備わっていれば、「イケメン男性」に含まれます。

「男は顔がすべて」なんて言う女性がたまにいますが、そんな狭い範囲でしか物事を計ることが出来ない女性の評価など、気にしてはいけません。

自らの心がけ一つによって、誰しもイケメンになることは可能なのです。

イケメンに大変身!【容姿編】

女性は優れた容姿の男性に惹かれやすいです。

しかし、それを「所詮は顔か・・」なんて皮肉ってはいけません。

男性だって、綺麗、可愛い女性には目を惹かれますよね?それと同じことです。

生まれつき優れた顔の男性は、特に努力もせずにモテていることが多いですが、それに胡坐をかいていると、いつかしっぺ返しを食らうでしょう。

では、並みの容姿か、もしくは「自分は不細工だなぁ」と考えている人は、イケメンにはなれないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません!努力一つで、顔つきだって変えられます。

イケメン顔に大変身しよう!

生まれ持った顔は、変えることは出来ません。

整形すれば話は別ですが、そんなことをしなくても、表情や仕草、一つひとつのパーツにきちんと気を遣っていれば、今よりももっと男らしくて素敵なイケメン顔に大変身することが出来ます。

具体的に、どんなことをすればいいのでしょうか。

美肌

あなたは洗顔後に、化粧水や乳液で肌の保湿をしていますか?

「化粧水なんて女がつけるものだ」と誤解していませんか?また、日頃からつける習慣のない人は、「めんどくさい」と思ってしまうでしょう。

しかし、肌の保湿は美肌を磨く上で重要なのです。

肌の保湿をしないと、年中カサカサで、張りのない肌になってしまいます。

また、きちんと手入れをしないと、ニキビや出来物もできやすいです。

肌の保湿は、男性も女性も関係なく必要なもので、肌の手入れをマメに行うことで、美肌を手に入れることが出来ます。

安物の化粧品でも構わないので、今日から早速手入れをしてみましょう。

最近は男性化粧品も充実していますので、薬局に行けば簡単に揃えることが出来ますし、購入することはなにも恥ずかしいことではありません。

これまで肌の手入れをする習慣がなかった人ほど、数週間~一ヶ月もすれば劇的に肌のすべすべ感が変化します。

どうしてもその気が起きない、という人は、こう考えてみて下さい。

例えば女性とキスをする時、相手の肌がボロボロのカサカサで、出来物がたくさんあったら、内心「うわー、肌汚いなこの子」と思いますよね?

反対に、すべすべのつるつるで、美しい肌だったらどう思いますか?思わず触りたくなると思います。

女性だってそれと同じです。

汚い肌の男性と、触れ合いたいとは思わないものです。

ぱっちりとした目

ぱっちりとした目は、男性でも女性でも人気があります。

もちろん男性ならば切れ長の目も素敵ですが、きりりとした目元は女性の心を掴みやすいです。

女性の場合、一重、もしくは奥二重の人が二重を作る際には、アイプチなどを行います。

男性もアイプチを行っても良いですし、最近では男性向けの二重の作り方もネットで検索すれば直ぐにヒットします。

「イケメンになる上で二重は必須!」と考えている男性は、ぜひこの機会に二重作りをやってみましょう。

また、一重や二重に関係なく、肌同様に目も日頃からよく手入れをしましょう。

特別なことをする必要はありません。

時折目ヤニが付いていないかチェックをし、白目が充血していれば目薬を差すなど、当たり前の手入れをすれば良いのです。

一つひとつのパーツを大切にすることで、周囲からの印象は変わってきます。

キレイな歯並び

ひと昔前、「芸能人は歯が命!」というフレーズが流行りましたよね。

それは何も、芸能人のみに限った話ではありません。

人と会話をする内に自然と口元が露になります。

その際にすきっ歯や、歯に食べかすが付いている、タバコのヤニで真っ黒など不衛生な状態だと、相手は「うわっ、この人口が汚いな~」と悪印象を抱いてしまいます。

また、口内環境が良くなければ、当然口臭もきつくなります。

歯が汚い、口も臭い相手とは誰もキスをしたいとは思いませんし、キスをしたくないということは、その時点で「恋愛対象」からは外れてしまいます。

歯並びがきれいで、かつ歯も汚れていない人は、それだけで他人から好印象を抱かれやすいです。

「イケメン=整った顔」と考えがちな人はつい盲点になってしまいますが、歯並びのきれいさも、イケメンになれるかどうかの重要な要素なのです。

もしも自分の歯並びが悪かったり、口内環境が良くないと感じているのなら、一度歯科に行き歯並びを治せないか相談してみましょう。

表情にバリエーションをつける

生まれつき顔が良い人は、何もせず、ただ澄ました表情だけでも「格好いい」と思われることが多いです。

しかし、特別に顔立ちが良い人以外は、そんなことはありませんよね。

格好つけてフンと澄ましてみても、「何だか不機嫌そうだし、感じ悪いよね」と誤解されたり、ニヒルな笑みを作ったつもりが、「ニヤニヤしてて気持ち悪い」なんて思われてしまいかねません。

わざとらしく格好つけるよりも、自分らしく表情にバリエーションをつけてみましょう。

喜怒哀楽の表情を浮かべる際に、いつもよりもちょっとだけ大げさにしてみるのも良いですし、

映画で良く見るような片眉をあげる仕草を身につけて、敢えてわざとらしい演出をして笑いをとるのも良いかもしれません。

自分が普段どんな表情を浮かべているのか分からない人は、鏡の前で色んな顔を作ってみましょう。

そうして表情にバリエーションをつけたら、いつでもその顔が出来るように練習しましょう。

人と話している時にも自然とそれが出せるようになれば、きっと今よりも魅力的になれると思います。

体型

細い人、太い人、筋肉質な人と、人によって体つきはさまざまです。

女性が惹かれる男性の多くは、「程よく筋肉質で、太っていない体型」をしています。

もちろん女性の中には「太っている人が好き」という人や、「マッチョな人が好き」という意見もあります。

しかし一般的には、太過ぎず細すぎず、適度に筋肉質な体型が好まれています。

あなたの体型はどんな風ですか?細すぎたり、太すぎたりしてはいませんか?

もちろん、あなたの体つきはどうだろうとあなた自身の自由です。

しかし、もしも女性に「モテたい」と考えているのなら・・今の自分の体型が、「どんな状態なのか」一度見直してみましょう。

ゴリマッチョよりも細マッチョ

顔の好みは時代や流行によって多少変動します。

しかし、女性の体型の好みは、基本的に「細マッチョ」で変動しません。

もちろんすべての女性が細マッチョ好きというわけではありませんが、細マッチョが好きな女性が多いのも事実です。

この細マッチョになるには、「生まれつき食べてもあまり太らない」人や、「中肉中背の、いわゆる平均体型」の男性が有利です。

少し運動しただけでも筋肉が付きやすい人は、一歩間違えれば「ゴリマッチョ」になってしまいます。

また、元々太っている人は、筋肉をつけるより先に、まずは体重を落とすダイエットを行わなければなりません。

イケメンは、爽やかなイメージが強いです。

そのため、ムキムキな筋肉では爽やかさどころか、暑苦しい印象を与えてしまいます。

爽やかさの中にも、男性らしい筋肉を少し覗かせることで、女性は十分男性に「男らしさ」を感じるのです。

程よい筋肉をつける

ゴリマッチョでは暑苦しく、ガリガリでは頼りない印象があります。

適度な筋肉をつけるのが一番ですが、どの筋トレ方法が自分に最適なのか、分からない人が多いと思います。

最もおすすめなのは、ジムでトレーナーに、トレーニング方法を教わることです。

ジムに通うお金がなければ、最初の数回のみ通い、そこで自分に合ったトレーニング方法をトレーナーから教わりましょう。

その後は自宅でも出来る筋トレを、自分なりに行えば良いのです。

程よい筋肉は、いざという時に女性を落とす武器になりますので、妥協せずしっかり行いましょう。

清潔感を保つ

何よりもまず優先して欲しいことは、清潔感を保つことです。

清潔感とは、目に見えるものではありません。

相手が自分に対して「爽やか(清潔)そうだなぁ」と感じる雰囲気をいいます。

具体的に挙げれば、歯磨き・ヒゲ剃り・髪型などの手入れです。

これらを毎日怠らず、また服を着る時にも、「ボロボロで皺になった服は着ない」「靴はつま先まできちんと綺麗にしておく」ことなどに注意します。

例え朝シャンをしても、ヒゲは生えっ放しで髪型もボサボサ、おまけに服は皺だらけでは、とても一目見て「清潔感がありそう」とは思えません。

実際に清潔にすることも大切ですが、人から「清潔そう」に見られるよう雰囲気や服装を整えることも重要です。

ファッション


身だしなみを整えたら、次はファッションです。

と言っても、「イケメンのファッション」なんて、漠然として良く分からないと思います。

そんな時に強い味方になってくれるのは、雑誌やおしゃれな友人、または行きつけの美容室の美容師さんなどです。

自分で分からない時には、遠慮せず周囲の協力を仰ぎましょう!

トレンドを取り入れる

どんな服装をしたらイケメンになれるのかが分からなければ、まずはトレンドを取り入れましょう。

その時の流行りのファッションでいけば、大抵は何とかなります。

雑誌などで今年のトレンドを調べて、自分の背格好や髪型と似たようなモデルを探して、そのモデルが着ている服装を真似することから始めましょう。

どんなにおしゃれな人でも、最初は誰かの物真似から入るものです。

ただし、トレンドを取り入れる場合には、翌年にはその服装が出来なくなることもありますので、自分の予算と相談しながら選びましょう。

自分に合ったファッションを研究する

モデルや芸能人の真似をするのも良いですが、真似をしたいと思う相手と、自分との背格好の差に注意が必要です。

女性でも、40代の人が10代の子のファッショを真似るのを「痛い」と感じるように、男性にもファッションに合う、合わないがあります。

いかに自分に合ったファッションを見つけられるかということが重要になってきます。

例えば自分の身長や、体型に合った服装は何か、足が長い人、または短い人に合うパンツは何か、など、自分に最も合うファッションを研究するのもイケメンへの近道です。

シンプルがイチバン

おしゃれな服装には、奇抜なものや色鮮やかなものがありますよね。

いくら「トレンドだから」と言って、自分に合うかも分からずに着ていると、失敗してしまうこともあります。

「おしゃれは分からないから、失敗せず無難にいきたい!」と言う人は、いっそシンプルな服装がおすすめです。

誰にでも似合うような、どこにでもあるようなシンプルな服装は、個性も弱いですがその分失敗もしません。

シンプルな服装の中に、腕時計やネックレスなど、自分なりのおしゃれを取り入れた「自分カラー」をチョイスしてみると良いでしょう。