男性のみなさんは今の自分に満足していますか?

「もっとモテたい」という願望があるのではと思いますがどうでしょうか?私はあります。

もっと異性にモテたいです。

男性の場合モテる男というと「イケメン」となると思いますが、その「イケメン」の要素っていったいなんだと思いますか?

それが分かれば苦労しないよと言われるかも知れませんが、それが本当に分かったらあなたも「イケメン」になれるということですよね?

そんな魔法のような方法があればぜひご紹介したいですが、今回はちょっと違います。

誰でもイケメンに成れるとは言いませんが、それに近い存在にならなれると思います。

そこで今回は「イケメン」に纏わる話しで記事をまとめ、「イケメンとは何なのか?」、「イケメンになるには?」というような感じで

順番にご紹介していきますので、どうぞ最後までよろしくお願いいたします。

イケメンはみんなの憧れ

イケメンとはカッコいい男の人の事を言います。

イケメンが居れば場が明るくなるでしょう。

みんなの憧れですからね?

それにイケメンが居れば女性が集まります。

女性が集まれば男性も集まりますよね?ですから場が明るくなるんですね。

みんなの憧れであるイケメンは周囲を明るくし、交友関係を広めていくのには一役買ってくれそうです。

イケメンがモテる理由とは?

イケメンはカッコいい男ですが、一体どうしてモテるのでしょうか?次にイケメンのモテる理由を探っていきたいと思います。

「そんなん当たり前じゃん」と思うかも知れませんが、導入なのでここは順序立てて、ゆっくりいきましょう。

1.本能的に女性はカッコイイ人を求める

まずはイケメンがモテる理由の一番目ですが、ずばり「カッコいいから」です。

女性は外見で男性を観ています。

それは「顔」だけではなく、足元から頭の先までチェックしているんです。

顔が一番に目がいきやすいため「顔」に重点を置きたくなるでしょうが、まぁそうなんですけど、それに付け加えて、「全体的な清潔感」を観ています。

身だしなみ、髪型、指先の手入れに至るまで細かく観ている女性も結構居るんですよ?

それを思うと男性も女性を観る際、どこに注目しますか?やっぱり一番は顔でしょうか?じゃあ2番目は?

そうやって考えると女性も男性も異性に対する注目個所は意外に似ているかも知れませんね。

自分だったらどこに注目するか?という観点で自身を見直すと分かりやすいかもしれないです。

イケメンはズバリ、「全てがカッコいい」からモテるんです。

2.ドキドキする

イケメンと居ると女性はドキドキします。

これもカッコいいからです。

これは男性も同じでカワイイ女性と居ると同じ様にドキドキしますよね?

ただでさえカッコいいのにこれで「笑顔」を振りまかれたら女性はイチコロでしょうね。

そんなもんです。男も女も…。

3.知り合いだと優越感に浸れる

そして更にイケメンと知り合いだと何かと重宝する機会が多いでしょう。

先ほども言いましたがイケメンの周りには女性が集まります。

女性が集まれば男性も集まるので、イケメンがいるところにはある種のコミュニティーが形成され、人々の交流の場になる事が考えられるでしょう。

イケメンと知り合いというだけで、別に彼氏でなくても女性は嬉しい事でしょう。

イケメンになるための7つの方法

ではではここで、イケメンの魅力についてお話ししましたが、次からはそのイケメンに成る為の方法を挙げていきたいと思います。

イケメンになるためには一体どんな方法があるんでしょうか?順番にご紹介していきたいと思います。

1.髪型は清潔で、流行を少し取り入れる

まずはイケメンの重要な要素、「髪型」です。

イケメンと周囲から認められる人物で髪型がカッコ悪い人はいないでしょう。

多分その人は本当の意味では「イケメン」ではないんだと思いますし。

イケメンの髪型には一種の「傾向」があるのではないでしょうか?

その傾向が分かれば、それを実践するだけでイケメンに近づく事が出来そうですよね?

イケメン御用達の髪型は一体どのようなものがあるのでしょうか?

イケメンの髪型はまず大前提で「キレイ」ということです。

記事冒頭でもありました「清潔感」ですね。

この清潔感は全てに共通して気を配らなくてはなりません。

汚かったら興ざめということです。

昔テレビである女優さんが、「どんなにカッコいい男性でも爪の垢がある人は千年の恋も冷めてしまう」と言っていました。

その女優さんはもちろん女優という事もあってかなり「清潔感のある人」でした。

男性側がカワイイ女性を求めるのなら、その要素に「清潔感」を求めるのなら、

「あなた自身も清潔感に気を配らないと」、絶対にそんな女性とはお付き合いは出来ないでしょう。

ツーブロックかパーマをかけるのがオススメ

具体的な髪型は、「流行りを取り入れる」のが無難です。

ですが飽くまで「無難」という事なので、注意は必要です。

あなたの意中の女性がとてもオシャレならば、「流行りのその髪型に飽き飽き」しているかも知れません。

女性にモテたいなら、「その女性が好きそうなイケメン」を目指さなければなりません。

ですがどうしても難しい場合は、この「流行り」に身を置くのが無難なのです。

「最適解」ではないかもしれませんが、「一般解」ではあるので「間違い」とはならないと思います。

しかし問題は、実際にその髪型にできる髪質かどうかです。

私の知り合いには何人か「美容師の友人」がいますが、お客さんがいくら雑誌を持ってきて、「この髪型にしてくれ」と言ってきても、

そのお客さんの髪質では再現できないものは絶対にやらないそうです。

髪も傷める危険があるし、第一雑誌のようにはならないのならやる意味がありません。

ですから流行りの髪型をする際は、専門美容師の方とよく相談をして、

「自身の髪質と顔の形」などから本人に合った髪型を選んでもらうのが重要だと思います。

後余談ですが、鏡で見る自分は周囲から見えている自分と比べると「左右反転の自分」です。

ですから鏡だけ見て髪型を決めるのは、周囲からの自分とは違う印象になる恐れもあるので、やはり客観的に観てもらうのが非常に重要になってきます。

2.身体が引き締まっている

では次に「体つき」についてです。

最近、「細マッチョ」なんて言葉も流行っているそうですが、この細マッチョも今やイケメンの重要なステータスになっています。

細マッチョの定義は、筋肉はついているけどキツク締まっている体の事だそうです。

既に鍛えているという男性は結構多いと思います。

ですから私の方から鍛え方をお教えするのは大変恐縮なのですが、簡単に体の鍛え方をご紹介していきます。

まず、基本的には「自重トレーニング」がおすすめです。

これは自分の身体の重さを使ってトレーニングすると言ったもので、「腕立て伏せ・腹筋・背筋」などのメニューがあります。

具体的な方法は個々で調べてもらうとして、ここで重要視したいのは、「変な器具は買わない」ことです。

絶対に長続きしないと思います。

どうしても買いたいのならまず「自重トレーニング」で結果を出して下さい。

普段から鍛えていないと、筋肉がなかなかつきにくくなっていると思います。

ですからまずは自重トレーニングで筋肉が付きやすい身体を作る事が必要です。

それで結果が出てから、「コレでは足りないな」という場合にのみ、器具を買ってみて下さい。

私のおすすめはダンベルも良いですが、「ゴムチューブ」がおすすめです。

やってみると結構な負荷がかけられますし、収納場所も特別要らないので独り暮らしの方には特にお勧めします。

3.女性ウケするファッションにする

つづいて「ファッション」についてです。

ファッションは顔の善し悪しと同じくらい重要と言っても過言ではありません。

どんなカッコいい顔のイケメンも服が悪ければ、全てが台無しです。

男性も正直、テレビタレントでも「正直、こいつカッコいいかぁ?」って思う事ありませんか?

「そんなにキャーキャー言う程のもんかよ?」とテレビに向かって言ってはしませんか?

もしそうだとしたらあなたの価値観は世間とズレているかも知れません。

少しくらい顔がダメでも、オシャレならイケメンとされる可能性は大いにあります。

その場合、ほめられているのは全身から溢れだす「センス」です。

このセンスは中々養うのは難しいのですが、方法はあります。

ズバリ、ファッション雑誌を読み漁る事です。

そんなバカなと思うかも知れませんが、ファッションセンスがない人は、「まずどんなものがセンスのいいものと言えるのか?」が分かっていません。

どうしようもなく分かっていないのです。

そしてその感覚は初めは分からなくても、どこかで花開く瞬間が来ます。

外国語でも初めは意味不明でも、毎日毎日聞いていけばどこかで相手が何を言いたいかが分かって来るはずです。

日本語もそう覚えたはずですから。

ですからまずはどんなものにセンスがあるのかをとにかく量を見続けて、自身の内部にデータを集めていく作業が肝心に成ります。

意外に分かって来る時が来ます。

初めは誰でもそうなんですから。

「爽やかなファッション」がポイント

その中でも女性ウケが良いのが「爽やか」なファッションではないでしょうか?

最近は男性にもカワイイを求める女性は多いですが、ああいったファッションは「着る人を選ぶ」気がします。

つまり似合う人もいれば似合わない人もいるという事です。

ですからまた「無難」の話しになりますが、爽やかをテーマにしてファッションセンスを磨いてみてはいかがでしょうか?

4.いつも清潔に、爽やかにしよう

そしてその爽やかさを更に際立たせるのが、「清潔感」です。

清潔感は小奇麗で有れば問題はないと思います。

「潔癖」になってしまうとゴールがありません。

私の友人もこれに引っかかり、すね毛は剃るわ、バラの香りのするサプリメントは飲むわ、整形したいとか言うわ大変でした。

どの時点で清潔と言えるかはご自身の判断に依ると思います。

誰かがチェックしてくれる場合はそれでも良いと思います。