本当にリアルが充実している人はいちいちアピールする暇も必要もないと思うんですが、どうなんでしょうかね。

この書き出しからも察していただけるかもしれませんが「リア充女子を目指そう!」という内容ではありません。

リア充女子がどんなものなのか、何をしてアピールしているのか、その言動を見ていこう、というものです。

リア充女子?!いるいる!!

SNSを見るとリア充女子だらけでびっくりしますよね。

世の中こんなにパーティな感じだったらもう少し景気も良さそうなもんですが、まぁとにかくたくさんいらっしゃいます。

少し連絡が途絶えていた友人のSNSを見たら「うわぁ!リア充になってる!」ということもあります。

つまり誰でもリア充女子になるかもしれないということです。

そもそもリア充女子の定義は曖昧なのですが、なんとなく皆さんも感じている「いるいる」をご紹介します。

リア充女子とは?


リア充という言葉自体は、インターネット掲示板やチャットなどが大盛況だった2000年代あたりで、ネットの世界でのコミュニティが充実しているわりには現実で友達や恋人がいないなぁというネット住民たちが、現実を「リアル」と表現したために広まった言葉でした。

とはいえ、「リア充」はもともと、楽しく遊べる友人と河原や土手を歩いたりしたいとか、休日に引きこもっていないで街に繰り出そうかなくらいのことでした。

ましてや、「リア充爆発しろ」といった言葉に代表されるように、人前でキスしたりイチャイチャする節操の無さを指してもいませんでした。

しかし、今でいう「リア充」はその当時の言葉よりは充実度が高度なものになってきてしまいました。

とくに「リア充女子」というのが求めれる基準は非常に高く、もはやアピールしてまで主張するような内容になっています。

具体的に見ていきましょう。

小悪魔系女子

ザックリいうと男性目線のモテ要素を兼ね備えた、ちょっと一筋縄ではいかないような雰囲気を醸し出している女性のことです。

わかりやすいイメージはルパン三世の峰不二子ですね。

自分の女としての魅力を存分にわかっていて「でもなかなか手に入らないよ」と効果的に売り出しています。

売り出し方としては露出もぶりっ子もなんのその。

躊躇なく男性に触れたりもします。

小とはいえ悪魔なわけですから、巧みな甘え方とボディタッチでおねだりして要求を満たし、素直に感謝して可愛く微笑むので周囲には便利な男たちがたくさんいます。

そして「可愛い」と言われることで自信が強化されより大胆かつ華麗に男たちを転がします。

これだけを見ると女受けは悪そうですが、似たような部類の小悪魔女子と一緒にいるので友達は多く見えます。

ただ、目的は「セット売り」だったりします。

可愛い子たちと一緒にいることで市場価値が上がるのをよくわかっているからです。

めちゃくちゃ仲が良いような見せ方をしますが実情はアッサリなんてこともしばしばです。

精神的に余裕がある

寛大な心や大人としての余裕というものとは違います。

人生を楽しもうと考えられる精神的余裕です。

自信も持っています。

それがあるためフットワークも軽く、オンオフの切り替えも上手です。

彼女たちは何かをやろうとする時にあれこれ悩んだりしません。

思い立ったがすぐ行動なのでやらないで後悔するということがなく、知らない景色を見に行ったり美味しいものを食べたりとキラキラした毎日を送ります。

そうして好きなことに邁進する生活は結果として精神的な余裕をもたらしているのです。

また、精神的に余裕があることで自然な笑顔がこぼれ、人を惹きつける魅力を放っています。

男性もそんな女子を放ってはおかないので、ますますリアルが充実します。

女子力が高い


朝は少し早く起きてスムージー作りからスタートし、メイクや髪形をばっちり整えて仕事場に向かいます。

途中でスタバによって生クリームののったキャラメルマキアートなんかを購入して始業10分前にはデスクに入り、出社してくる同僚たちに明るく挨拶。

ランチはちょっとリッチなものを女子社員たちと明るく楽しみ、戻ったら化粧室でリップを直します。

夜は仕事もそこそこで切り上げてネイルにいったりディナーを楽しんだりもします。

帰宅後はお風呂につかってヘアケアをして、明日のために保湿もばっちり。

デトックス効果やむくみ防止効果のある靴下を履いて就寝。

休日はジムにいったりヨガをやったり、友達と遠くまでお出かけするといった女子力の塊のような日々を送ります。

これを続けられる女性は本当にすごいです。

並大抵の努力ではここまでできません。

大体はちょっと憧れて1日2日はやってみますが、続かないことがほとんどですよね。

これが出来る女性は内面も外見も輝きを放っているので周囲に人が集まってきます。

そうすることでより注目が集まるのでさらに自分を磨いていくことができるのです。

とにかくモテる

リア充だからモテるのかモテるからリア充になったのかは人によりますが、とにかくモテます。

モテるにはどうすればいいかを本能的にわかっているのかもしれません。

メイクなども男ウケの良い透明感や血色を感じられるものを選び、髪のツヤなどにも気を配っています。

活動的でもあるためグループ交際に誘いやすく、恋愛に関わらず男性の友達も多いため、その中から恋愛感情を持つ男性が増えていくのでいつも恋人には困りません。

また、小悪魔女子に属さないリア充女子は女子の友達からのウケが良いこともあり、自らは積極的に交友関係を広げずとも人が集まってくるという好循環を生んでいます。

ただ、このような本物のリア充女子はそれをアピールしたりはしません。

モテること時代が日常であり、アピールすることだとは思っていないからです。

そもそもリア充という言葉がピンとこないほど、リアルしか見えていないのです。

もしモテアピールをしゃかりきにしてくる女子であれば、どちらかといえばモテてはおらず、たまにナンパされたとか数回告白された程度の経験を掘り起こして話しているにすぎません。

聞き上手

エセリア充ではなく本物のリア充は聞き上手です。

相手との会話を楽しむことを心がけており、相手が話しているターンのときは丁寧に聞き、相槌や仕草で心地良いリアクションを返します。

これは異性相手に限ったことではなく、ごく自然にそういった対応をするので誰が話しかけてきても笑顔で接します。

このように聞き上手の人と話すことは、その人の性別や容姿に関わらずとても嬉しく感じられます。

短い時間の他愛ない話でも楽しく話せた人とはもっとゆっくり話してみたいなと思えるので、食事などに誘ってみようという気にもなりますし、落ち込んだ日などにも会いたくなる存在です。

聞き上手は誘導上手でもあります。

熱心に話を聞いてくれるだけでなく、話し手の思考がネガティブに陥りそうだったらさりげなく話題を方向転換したり、悩み事を相談しても話し終わる頃には明るい気持ちになれるように不安の解消を会話の節々で自然にやってくれます。

素敵な笑顔

屈託のない笑顔が素敵なのも特徴の1つです。

好きなことを好きなように楽しんでいる上、精神的にも常に余裕があるので心からの笑顔になれます。

普段から明るくポジティブに物事を考える癖をつけているので表情筋や皺も自然な笑顔になるように形成されているのです。

また、リア充女子は自分磨きもしていますから、明るく笑うことに抵抗がないように歯や舌のケアまで行い、唇の保湿も欠かしません。

寒い季節の乾燥で笑った瞬間に唇が割けるなんてことはないのです。

常に笑顔でいる人には悪い話が降ってきません。

人の悪口やネガティブな思考などを笑顔が素敵な人にぶつけても自分が悪者になってしまうからです。

そういう意味では、常に笑顔でいることに最初のうちは慣れなくても、自然に笑顔になれる日がくるまで心がけるといいでしょう。

暗い思考の持ち主が離れていってくれるので自分の精神状況を健康に保つためにも笑顔でいることはおすすめです。

趣味がたくさん

興味をもったことには即座に取り組むので浅く広くたくさんの趣味を持っています。

何かを極めるというよりは、趣味を通した交流などを楽しむ傾向がみられます。

趣味が多いとそれだけ知識の幅も広がるため、初対面の人とも共通点を見つけやすいという利点があり、そういった人からも興味を持てる趣味の話などを聞き出すことも得意です。

そのようにして自分にとって成長や刺激をあたえてくれることに積極的になれるので様々なチャンスを掴むことができます。

何か胸を張って好きだと言えることがあるのは自信を持つことへもつながり、新なステップへ踏み出す勇気になるので、ますます多趣味になることでしょう。

リア充女子が充実アピールのためにやってる8個のこと

さて、上記のリア充の特徴を見てきましたが、“自称”リア充がやりがちなリア充アピールの方法を見てみましょう。

小悪魔女子の項目でもその片鱗が見えましたが、ここに出てくる人たちはリア充に見せかけるのは得意ですが本質的にはリア充じゃありません。

最近話題になった「リア充アピール代行」という、友達役を雇ってまでSNS用の写真を撮ることなどに関連した、タイトルからしてちょっと痛々しいアピール8個をご紹介します。

SNS投稿

まぁそもそも、リアルが充実しきっていたらSNSに目を向ける人はいません。

SNSでリア充をアピールする好意は、周囲とは違う自分を見せたいという虚栄心から来るものです。

しかし本物のリア充であれば、周りもリア充なわけですから自慢にもならないことは明白です。

芸能人がSNSを活用するのとはわけが違います。

芸能人の方々は人気こそが収入源であり、自らが広告塔となって私生活の一部を見せることでファンを獲得するという狙いがあってやっていることです。

それを有名でもない一般人が同じようなことをすれば、人気者になりたいという滑稽さが出てきます。

「そんなことない!友達と楽しさを共有してるの!」と言う人もいるでしょうが、それってSNSで他の人に知らせる必要があることなのでしょうか。

一緒に出掛けた友達と、メールやLINEで写真を共有すれば済むようなことを、関係のない人にまでアピールすることについて、虚栄心が微塵もないとは言えないはずなのです。

つまり、リア充「アピール」なので、大人から見るとちょっと嘲笑に近い面白さが感じられます。

インスタ映え

自分のネイルや料理の写真などを加工アプリでおしゃれにしてからアップしたり、画角や構成にまで凝っているなんちゃって写真家がインスタグラムの流行によって急増しています。

閲覧する側としては無料で見れる雑誌みたいで便利なのですが、あんまり凝りすぎているのを見るとちょっと引きます。

芸能人気取りなのかなこの人は…と思うような人もちらほらいます。

最近話題になった最悪のインスタグラマーの話ですが、インスタ映えを狙って可愛いお菓子などをデザートブッフェで盛り付けて写真を撮った後、太るだの食べきれないだのと言って残す輩がいるそうです。

あるいは立入禁止エリアや道路の真ん中などで写真を撮って周りに迷惑をかける人もいます。

そういう行為を平気でやれる精神は、リア充うんぬんの前に人として終わっています。

インスタ含め、SNSで遊ぶ内はいいですが遊ばれるようにならないよう気を付けましょう。

そんなに有名や人気者になりたいのであれば勇気を出してオーディションを受ければいいのです。

そうでなければ迷惑をかけない程度で楽しみましょう。

リッチな遊びを自慢

お金持ちでもないのにリッチな遊びを自慢するSNS投稿や友人への会話などでアピールをするタイプです。

高級なレストランの食事写真を見せつけたり、お高いホテルの写真や高い物を買ったことの報告などなど、挙げたらキリがありませんね。

お金持ちが「今日はクルーザーを購入!来週海へ行くので一緒に行く人を募集します!」とfacebookなどで投稿するなら「行ってみたい!」となる人が集まるので良い活用だと思います。

しかしながら、結構カツカツで生活している人がリッチな遊びを「した」ことをSNS上で事後報告しても、見ている側としては一体何のつもりなんだかサッパリわかりません。

会話の上でなら尚更です。

思うとしてもマウンティングしたいのかな、くらいのことです。

自慢ではなく、「今度○○に行きたい!お高いけど奮発してみようかな…一緒に行ってみよう!って方いませんか」などお誘い形式かつ身の程を知っている内容であれば好感度も上がります。

単純に興味があれば返答してみたくなるからです。

しかし、「自慢」はされる側としてはこんなにもつまらないことはないです。

僻みなどではなく「何が伝えたいんだこの人は…」と思ってしまい、本当につまらないので気を付けましょう。

やたらと忙しい投稿

「そんなに忙しかったらSNSしてる暇あるんですか?」と突っ込みたくなるような投稿で、もう笑うしかありません。

そういう人に限って頻繁に更新するから余計に面白いです。

中には本当にヤバいな…という人もいます。

「仕事で○○に来てます!」とか「今日も残業!でも頑張る!」とか、知っている人が見たら会社の営業先や実情がわかってしまうようなことを投稿するのはとても危険な行為です。

社外秘って言葉を知らないのでしょうか。

それを自覚していないのですから大人としてヤバいです。

気を付けましょう。

他にも、自分で決めた過密スケジュールを自慢げにする人もいます。

「朝早く起きてスムージーを作ってその後ジムに行って、ネイルサロンに行って、夕方からデートで映画とディナー、とっても忙しい!」みたいなやつです。

「知らん。勝手にやれ。」以外の感想が浮かびません。

別にその予定なら「今日は休日なので一日中撮りためてたドラマ見てました」と何も違いがないのですから。

友達多いですよアピール

やたらと友達との写真をアップする人などがいますね。

単純に楽しくてそれなら良いのですが、中にはSNSなどで顔を晒されたくない人だっているでしょうに、そんなのはおかまいなしでどんどんアップします。

そういう人に限って、その時一緒にいた人たちとは大して仲良くないのですから困りものです。

facebookなどでの友達の数にも異様な執着を見せます。

本物の友達ならいちいちfacebookなどで繋がらなくても連絡をとれば済むので、実際の友達の人数よりSNSでのつながり人数の方が少ないという人もザラにいますが、こういった人はそこにばかりこだわり、少ない人よりも上にいるかのような気分に浸ることがあります。

友達は多ければ良いというものではありません。

量より質です。

毎回写真に映っている顔ぶれが異なる人は、ある程度経験のある大人から見ると、本物の友達は持っていない人なんだなと哀れに思えてくるものです。

というか、友達がいることはアピールするようなことではないのです。

モテアピール

『とにかくモテる』というリア充女子の特徴でも記載しましたが、本当にモテる人はアピールなんてしませんよ。

街を歩けばナンパされるし、周りにいる男友達からも当然モテるし、そんな毎日のことをいちいち報告していたらキリがないからです。

友達多いアピール同様、モテを強調するということは、特定の異性とは仲良くありませんと言っているようなもので哀れです。

10代ならまだしも、成人してからのそれはモテアピールではなく非モテアピールに他なりません。

そして何よりキツイのが、年々そういったアピールの数が減っていくことです。

結婚前提の彼氏ができたから落ち着いた、なら全然いいのですが、特定の恋人もいないのに数が減っていくといたたまれません。

可哀想すぎて言葉もありません。

また、モテアピールをする女性と本気で付き合いたいと思う男性なんているのでしょうか。

そんなにモテるなら一度くらい自分も遊んでみたいなとは思うかもしれませんが、深い信頼関係を築きたいとは思えないはずです。

モテる自分が大好きな女子は浮気も平気でやりそうですから嫌ですよね。

もちろん他の女性からの好感度も下がる一方です。

その上年々モテなくなっていくんですから、残された投稿の数々が心を抉ってくるでしょう。

未来の自分のためにもそんなアピールは即座にやめるべきです。

イベントの写真を全てアップする

お仕事関係のイベントで、アップすることが宣伝になったりするならSNS活用として成り立っていますから、むしろ良いことです。

そうではなくてただ参加したイベントの写真をアップるすことは、単純に楽しかったから次のイベントに参加する仲間を増やすために宣伝しておきたいという内容でなければ自慢にすぎません。

また、全てアップするというところが何とも面白いところです。

イベントの細部や誰と行ったかなど事細かに写真を撮っているのですから、本当にイベントを楽しみに出かけたのか写真を撮りに行ったのか、どっちなんでしょうね。

後者だったら家で適当に撮った写真をアップしているのと大差無いように思います。

一番気を付けて欲しいのは子供のイベント関連の写真や動画をアップする行為です。

SNSなどネット上に子供の顔を晒すのがどれだけ危険な行為か考えたことないのでしょうか。

とくにfacebookなどでは親の本名もわかる上に出身地や住んでいる地域まで公開されていることがほとんどですから、その子供の居場所の特定なんて容易いことです。

変質者にターゲットにしてくださいと宣伝しているようなものですよ。

ましてや、その子供が小さい内なら本人は何もわからないので何も思わないでしょうが、思春期を迎えた頃に怒りに変わるでしょう。

知らない内に自分の小さい頃の泣き顔や失敗などがアップされていたら、たまったものじゃありません。

母親のリア充アピールのために利用されたとも感じられますし不快に思うはずです。

自分がされたらどう思うか、という観点が抜けています。

子供は物ではありません。

楽しそうなムービーを送りまくる

たとえば、かなり仲の良い友達グループの一人がたまたま残業が長引いて飲み会に遅れそう、というときに「こっちこんなに楽しいから早く来いよ」と送る側も送られた側も煽りだと笑えるようなムービーを送りつけるならよくあることです。

しかし、その楽しい場にそもそも来る予定すら無い人にそんなムービーを送りつける意味は全然わかりません。

とくに恋人とのワンシーンなんて最悪です。

しかもムービーであればデータサイズが莫大で受取手は通信制限がかかりやすくなります。

LINEならそのうちブロックされるでしょう。

リア充女子のSNS投稿あるある

アピール方法8個の大半がSNSを利用したものでした。

そこで、SNS投稿のあるあるをより細かく見てみましょう。

SNSを見たことがある人なら確実に「いるわー!」となるものばかりですよ。

スタバの写メ

出たー!定番のスタバの写メです。

レトロ加工もちょくちょくみられます。

もうリア充アピールの儀式と言ってもいいのではないでしょうかね。

たとえば、スタバの新作がとても美味しくて、それを友達にもおすすめしたい!とかならまだわかるのですが、とくに説明もなく雰囲気重視なものとか、小顔見せのために飲みきれもしないのにサイズあえてグランデにして顔の横に持ってきているものとかは、もはやスタバじゃなくてもどこでも良いし、顔より大きいものならバスケットボールとかでもいいじゃないかと思うのですが、スタバでなくてはならない何らかの魔力があるのでしょう。

これはスターバックスのブランディング力に脱帽です。

競合他社との差別化の上で、全店共通した落ち着いた家具の配色に加え、店舗ごとにレイアウトを変えて行く楽しみを作ったり、独自のサイズの呼称や複雑なカタカナの商品名、次々に出る新作、複雑なトッピング方法など攻略性をもたせて日本人の根底にあるオタク気質も満足させています。

MAC持ってますよ

なんだかおしゃれな背景のmacのリンゴが輝くノートパソコンが写っているような「だから何じゃい!」みたいな投稿です。

大体周辺におしゃれな手帳とかブルーライト用の眼鏡とかが置いてあります。

macがおしゃれと言われるのはそのデザインもあると思いますが、昔の、windowsかmacで得意分野が大きく違った頃からの名残です。

今でこそwindowsでも使用できるAdobePhotoshopなどのデザイナー御用達ソフトウェアですが、販売当時はMacでしか展開されていませんでした。

またデザイン関連仕事において色環境がmac基準だったなど、そういった事情から印刷会社やデザイン会社でのPCはMacが選ばれていました。

正確に言うなら、選ぶしかなかったわけです。

そういったクリエイティブ端の、服装なども自由でおしゃれに見える人たちが今もその流れでmacを使っていることからmac=おしゃれ、みたいな図式が仕上がったわけです。

しかし今となってはCGなどのデザイン会社の多くはwindowsを採用していますし、あらゆるソフトウェアも互換性があるので特にどっちがどうということはありません。

mac持ってますよ自慢の人はこういう流れはおそらくほとんど知らないでしょう。

なんとなくデザインがおしゃれだし、みたいなノリです。

本当にクリエイティブな世界で働いている人から見ると「ふふふ」ってなります。

それに、そういう人は未だに互換性が十分でない部分でwindows側にデータを送ると文字化けしたりすることなど知りませんから、そういう配慮なくドヤ顔でmacアピールされても迷惑です。

カフェでの一コマ

スタバとの写メと似ていますが、個人店や老舗などレトロだったりおしゃれだったりするカフェでの一コマです。

スタバと異なるのはカフェでの「ランチ」が多いことでしょうか。

味よりも見栄えが優先され、カフェなのにコーヒーではないものが写っていることも多いです。

あとは大体「一人じゃないよ」アピールのために誰かの手が写っていたり2人分の食事が写っていたりします。

中には1人で来ているのに写真のために2人分頼むという猛者までいるそうですから病的なものを感じますね。

本当のリア充女子はこんな人!

アピールする人はリア充じゃないというのが存分におわかりいただけたと思います。

周りにアピールが鬱陶しい人がいたら、非リアなんだなーと思えばいいのです。

そうすればイライラもしません。

では本当のリア充女子はどんな人なのか改めて見てみましょう。

彼氏がいても恋愛色を出さない

彼氏のことを飾りではなく大切な人だと思っているなら周囲にペラペラ話したり写真を見せつけたりはしません。

2人だけで秘密にしておきたいほど幸せな時間に、他人の「イイネ」なんて必要ないからです。

「可愛いね」という言葉も彼氏から貰えれば十分。

それだけで自信が出て意識も高まるので皆が知らない間に可愛さがアップしていきます。

自慢話を始めない

そもそもリアルしかない彼女たちにとってはそれを充実させることなんて当たり前で、それが自慢になるなんて思っていないのです。

ただの日常のことを延々と話す必要なんてありませんから自慢話にもなりません。

どちらかというと聞き上手なタイプが多いので自分語り自体をしない傾向にあります。

SNSの閲覧・更新頻度が低い

本当に忙しいのでSNSをやっている暇がありません。

連絡を頻繁にはしない友達向けに生存確認がてら閲覧したり投稿するくらいで、目の前の生活そのものを大事にしています。

悩んでいる様子や苦しい姿は見せない

忙しいアピールをしないことと同じで、悩みや苦しさは信頼できる人に相談をして、しっかり解決することに時間と手間をかけます。

いちいち周囲の人に見せびらかして不幸自慢をしたりはしません。

ナチュラルに楽しそう

必死さが皆無です。

写真を撮るために出かけたりもしないし、本当に興味があることにだけ時間やお金を使うので無理なく楽しむことができます。

将来設計として貯金もちゃんとしていますし心にも余裕があります。

SNSを見ても悪い気分にならない

本当にリア充な人のSNS活用は、大人数を募集したい事柄であったり、転職や結婚で苗字が変わるなどといった周知したいことに特化している傾向があります。

知らないでいたら困るだろうな、ということなので見る側としてもありがたいです。

リア充アピールとはかけ離れた投稿

芸能人気取りの写真やポエムめいた投稿などはしません。

どちらかといえば誰かのためになりそうな情報のシェアだったり、本当に嬉しかった出来事への感謝だったりと他人を気遣った内容であることが多く、自分のアピールではありません。

趣味をたくさん更新する

たくさんの人の交流や楽しむ時間を求めることに積極的なので趣味の幅を広げていきます。

その中で得た知識や経験を元に自らをステップアップさせることに集中しています。

リア充女子は男性から嫌われる?!注意してね!(まとめ)

「エセ」リア充女子はアピールが過剰で女性からだけでなく男性からも嫌われます。

というか、興味をもたれません。

いちいちデートの内容をひけらかされたりするのは男性からすると勘弁してほしいですし、金のかかることばかりしているようでは恋愛対象外まっしぐらです。

本当のリア充になればリア充なんて言葉すら意識しないようになりますから、本物になれるようにしましょう。