人には色々なタイプの人間がいます。

自分の考えとピッタリ一緒の人も居れば、全く考えが合わない人も居るかもしれません。

子供の頃は、どんな人とでも仲良くする事が正しい事だと教えられてきた事でしょう。

確かに、子供のうちから、好き嫌いをしては行けません。

食わず嫌いなだけで、以外と話せば気があう事もあるかもしれないから。

ですが、大人になってまで嫌いな人と一緒に過ごす必要はありません。

嫌いな人とは分かり合えない事もあります。

とはいえ、嫌いだからといって全く関わらなくても良いかと言えばそれは違います。

好き嫌いに関わらず、関わりを持たなければ行けない事もあります。

その時に、相手の考えている事が分からずどうしたら良いか戸惑う事もあるかもしれません。

そこで今回は、相手の気持ちを知る事が出来る質問をいくつかご紹介させて頂きます。

その質問をする事によって相手の気持ちを知る事が出来るかもしれません。

気持ちを知りたいと思う相手は、何も自分が苦手だと感じる人だけでは無いでしょう。

自分が好きだと感じる人も気持ちもまた、知りたいと感じる事でしょう。

そんな時でもこらからご紹介する質問を利用する事によって人の気持ちを知る事が出来るかもしれません。

今まで、人の気持ちが分からず悩んでいた方も是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

相手の気持ちを知るために使える質問投げかけリスト5選

相手の気持ちを知りたいと思う事は誰にでもある事です。

ですが、人の気持ちはそう簡単に知る事が出来ないもの。

知る事が出来ないからこそ、しりたいと思うのかもしれません。

その為、相手の気持ちを知ろうと多くの方が様々な事を考え、行動するのです。

エスパーでも無い限り、相手の気持ちを正確に知る事は出来ません。

ですが、相手の言葉などによって、考えている内容を少し知る事は出来るかもしれません。

これからご紹介する方法は、相手の気持ちを少しだけ知る事が出来る方法です。

相手の話す内容や答え方によって、どう考えて居るかを知る事が出来るようになるのです。

漠然とした質問を繰り返したところで、相手の考えを知る事はなかなか出来ません。

ですが、ある程度決まった内容の質問をする事によって、より効率よく相手の気持ちを聞き出す事が出来るかもしれません。

相手の気持ちを知ると言う事は、それだけ信頼関係が出来てこその結果です。

信頼関係を作りだす為には、相手の気持ちを考えると共に心を開く事が需要です。

心を開くのは相手だけではありません。

あなたが心を開いてこそなのです。

その為にも、自分の心を開きつつ相手の考えにしっかりと耳を傾けてみましょう。

1.まずは自分の意見を言ってから相手に聞く


相手の気持ちが知りたいと思う場合、つい相手の事ばかり質問してしまうでしょう。

それほど、相手に興味があり相手の気持ちを知りたいという行動の現れなのでしょう。

ですが、なかなか心を開いてくれない相手に対して、それは逆効果です。

この世界には、様々な人が居ます。

他人と話をする事が好きな人も居れば苦手な人も居るのです。

苦手な人に対して、無理やり色々な事を聞き出そうとしても心はドンドン固く閉じてしまうだけです。

その閉じてしまった心を開く事はそう簡単な事では無いのです。

相手の心を開く為には、まずは自分の心をを開く事が需要です。

自分の事を全く話さずに相手の気持ちを知ろうなどと言う事は、虫のいい話です。

相手の事を本当に知りたいと願うのであれば自分の事も同じように知って欲しい。

そう思う事が出来るかどうかによって相手からの心証も変わって来るのです。

自分の事を警戒せず心を開いてくれる人に対しては、誰しも心を開こうとしてくれるものです。

信じて欲しければ、まず自分が信じる。

そんな当たり前の事を忘れでは行けません。

「私は◯◯だと思うけど、あなたはどう思う?」

自分の意見を相手に伝える事によって、あなたの考えを相手に示す事が出来ます。

その一番簡単な方法は、自分の意見を先に示し相手の考えを聞く事です。

そうする事によって、相手もすんなりと自分の気持ちを話す事が出来る様になるでしょう。

人によっては、自分の意見を聞かれもしないのにガンガンいう事が出来る人も居ます。

ですが、それと同じように自分の意見を全く言えない人も居るのです。

そう言った人の場合、出来るだけ言いやすい環境を作ってあげる事も大事なポイントです。

先に相手の意見を聞く事によって、自分の意見と違っているかどうかを知る事も出来ます。

それによって相手にどう思われてしまうかと言う事を心配せずに話をする事が出来るようになるのです。

人の意見を聞いてからだと話しやすくなる


人に自分の意見を言いにくいと感じている人の場合、批判される事を恐れている場合もあります。

生きて居れば、他人から自分の意見を否定される事もあるでしょう。

時には理不尽な意見を言われる事だってあるかもしれません。

誰しも、そんな事を言われる事を望んでは居ません。

ですが、仕方のない事もあるのです。

ですが、人によってはそれをとても嫌がる傾向にある事もあります。

否定される事が怖く、自分の意見を言えない事だってあるでしょう。

そんな人の場合、自分の意見を伝える事を怖がっているからこそ話を余計に出来ない場合もあります。

しかし、先にこちらの意見を話す事によって自分の意見と違って居るかどうかに気が付く事が出来るでしょう。

それによって、意見を変える事が出来る事もあるかもしれません。

意見を変える事は良い事では無いのかもしれません。

ですが、それによって少しでも相手が話をするきっかけを掴む事が出来ればそれはそれで良いのかもしれません。

最初はあなたに合わせて意見を変えてしまう事があったとしても、それをきっかけに信頼関係を築いて行く事が出来れば、いずれ自分の意見をしっかりと話してくれる時がやってくるかもしれません。

2.相手にとても頼っているという態度を示す

相手に信頼して貰う為には、まずは自分が相手を信頼していると言う事を伝える事が必要です。

ですが、それを言葉にした所で信じて貰えないかもしれません。

かえって警戒させてしまう事もあります。

そうならない為には、態度で示しましょう。

相手の事をとても信用していると言う事を、態度で示す事にんよって相手の警戒心を解く事が出来るかもしれません。

言葉では信用ならないと感じる事も、実際態度で示される事によて警戒を解く事も出来るようになるかもしれません。

自分の事を信用してくれる相手に対して、嫌な気持ちになる事はあまりないでしょう。

そればかりか、心を開いてくれるきっかけになるかもしれません。

3.自分を下げて話しやすい環境を作る

自慢ばかりしてくる人に対して、自分の気持ちを素直に話したいと思う人は居ないでしょう。

どこか上から目線の意見に対してイライラしてしまう事もあるかもしれません。

自分では損なつもりが無いとしても、聞く人が聞けば自慢に思える事も世の中には沢山あります。

偉そうに話をする人に対して、好意を抱く人など居ません。

まして、自分より優位に立っている人に対して自分の本当の気持ちを話そうと思う事はありません。

その為、相手の気持ちを知りたいのであれば、自分を下げて話しやすい環境を作って上げましょう。

人は、基本的に残酷な生き物です。

他人の不幸は蜜の味という言葉がある程、自分より下だと感じる人に対しては強気に出る事が出来るのです。

その為、あなたが自分より下だと感じれば、警戒無く自分の話しをしてくれる事もあるかもしれません。

相手の気持ちを知る上で、話しやすい環境を整える事も大事な事でしょう。

やり過ぎてしまえばかえって不信感を抱かせてしまう恐れもありますので、環境作りは慎重に行って下さい。

4.「あなたにとって私はどんな存在?」

相手に対して、自分にとってとても大切な存在だと伝える事によって相手の気持ちを開かせることが出来る可能性もあります。

相手にとって自分はどんな存在なのか。

それを聞く事が出来れば、それだけ相手の中に入って行く事が出来、結果として心を開いてくれる存在になる事がで来るかもしれません。

ですが、この質問はあくまでも相手に好意がある場合だけに留めて起きましょう。

もし相手の事があまり好きでは無いのであれば、必要以上に中に踏み込む事は後から面倒な事に発展してしてしまう可能性もあります。

そうならない為にも、距離間は大事にしておきましょう。

自分が好きな相手に対して『好き』と伝える事は勇気の居る質問です。

ですが、自分の存在が相手にとってどんな存在なのかを聞く事によって遠回しに自分の好意を伝える事にも繋がります。

5.「私はあなたの役にたっているんだろうか?」

相手に対して、自分の存在価値を尋ねる事は遠回しに自分の好意を伝える事にも繋がります。

その為、より相手の気持ちを開かせる事に繋がるかもしれません。

なかなか心を開いてくれない相手に対しても、自分が必要なのかどうかを聞く事によって改めてお互いの関係性を考えて貰う事が出来るでしょう。

そうする事によって今まで気が付いて居なかった相手の大切さに気が付く事もあるかもしれません。

人との関係性は一筋縄ではいきません。

良好な関係を作ることが出来て居ると思っていても相手はそう思っていない事もあるでしょう。

反対に、関係が良くないと思っていたとしても相手は意外とあなたを信用してくれている事もあります。

それだけ人と人との繋がりは難しく、簡単に言葉にすることは出来ないのです。

もし相手との関係に悩んでいるのであれば一度思い切って、聞いてみるのもいいでしょう。

そうする事によって、お互いまた違った角度から相手を見る事も出来ます。

相手の気持ちを推測してばかりではダメ!

相手の気持ちが分からないと、つい相手の気持ちを考え推測の元で行動してしまう事もあるでしょう。

気持ちが分からないのであれば、それもまた仕方がない部分もあります。

ですが、憶測ばかりでは結局何一つ相手の気持ちを分かる事が出来て居るとは言えないでしょう。

推測は所詮推測です。

もしかしたら、全く間違っているかもしれません。

間違った考えのまま突き進んでしまうと、相手を誤解したままになってしまう事もあります。

そのせいで相手との関係性が更に悪化してしまう事もあるでしょう。

それでは、結局何の意味も無いのです。

相手の気持ちを本当に知りたいと願って居るのであれば、推測だけでは行けません。

気持ちを伝えてくれる環境を用意して、出来る限り心を開いてみましょう。

あなたが心を開く事によって相手も心を開いてくれる事もあるかもしれません。

結局、人の心はその人本人にしか分かりません。

いくら推測しようと思った所で無理なのです。

相手の気持ちを知りたいのであれば、その本人から伝えて貰えるような努力をしましょう。

無口なタイプの人の気持ちを推し量るのが大変!

無口の人はなかなか自分考えを言葉にしてくれません。

その為、つい気持ちを推測して感がてしまう事もあるでしょう。

ですが、それでは本当の意味でその人の事を知る事が出来たとは言えません。

もしかしたら全く違った考えを導きたして居る事だってあるかもしれないからです。

相手の気持ちを知りたいと思うのであれば、一番いい方法は相手の口から聞く事です。

それが一番効率的であり確かな事でしょう。

ですが、それをする事は簡単な事ではありません。

難しいからこそ、多くの人は悩んでいるのでしょう。

相手に話をして欲しいのでれば、まずは自分の行動を変える事が必要です。

相手が話をしたいと思う事が出来る空間を作る事が大事な事となるのです。

その為には自分の気持ちだけでは無く相手の気持ちを考える事も大事な事です。

相手の持ちを考える事によって相手がどんなことをして欲しいのか。

どうすれば気持ちを開きたくなるのかなどの根本的な事に気が付く事が出来るようになるかもしれません。

相手の表情から気持ちを推測していませんか?

目は口ほどに物をいうと言った言い方をする事があります。

それだけ顔の表情は心の中を映し出す鏡なのです。

ですが、だからと言ってその全てが分かる訳ではありません。

実際に思っている事と違うような表情をしていないとも限らないのです。

その為にも、まずは相手はどう思っているのかをきちんと確認する事も大事な事でしょう。

例えば、付き合いが長くなれば、相手の表情一つでどんな事を考えているのかを見抜く事も出来るようになるでしょう。

ですが、知り合ったばかりの人やあまり親しくない人の場合は、なかなか気持ちを読み取ることが出来ません。

その中で、相手の表情だけで気持ちを想像してしまっては全く違った見当違いな事を話してしまう恐れもります。

そうならない為にも、聞く事が一番大切でしょう。

相手の気持ちを知るための方法とは?

相手の気持ちを知りたいと思うと言う事は、それだけ相手に対して興味があると言う事の現れなのでしょう。

例え、その相手が嫌いな相手だったとしても何かを一緒に達成する為には、相手の話を聞かなければならない事もあります。

その為には、相手が何を考えどう思っているかを知る必要があるのです。

そういった観点からも、相手の気持ちを知りたいと考える事があるのでしょう。

相手の気持ちを知る為には、相手に心を開いて貰い話を聞く事が一番効率的な方法です。

様々な手段によって相手の気持ちを測ろうと思った所で難し事も多々あるでしょう。

話を聞かずに推測だけで相手の気持ちを考えてしまうと失敗する事もありまう。

そうならない為にも、相手の話をきちんと聞く事が大事な事となるでしょう。

1.まずは相手から信頼してもらえるようになる

自分が何を考え、どういう気持ちで居るかを相手に話すと言う事は、それだけ相手を信用していると言う事になります。

つまりはそこに信頼関係が出来て居ると言う事なのです。

信頼関係を作る為には、相手に信用して貰う必要があります。

信用していない人に対して心を開く人など居ないからです。

その為、お互いの心を開く為には信頼関係が重要です。

信頼関係を作る事は、そう簡単な事ではありません。

時間をかけてゆっくり行うものでしょう。

その為、焦りは禁物です。

相手のペースに合わせならゆっくりと時間をかけて関係を作って行きましょう。

2.自分も誠実に正直に接するよう心掛ける

人はつい相手に多くの事を望んでしまいます。

こうして欲しいああして欲しいと願う事は、人間の本能なのかもしれません。

その為、その全ての願いを放棄する事は難しく、なかなかやめる事が出来ません。

相手に求める事がやめられない時は、それと同じだけ自分も頑張ってみましょう。

そうする事によって、相手にたいしてより誠実な自分を作る事が出来ます。

相手に対して誠実に対応して欲しいという願いがあるのであれば、あなたもまた誠実に相手に対して行動する事が大事なのです。

そうする事によって、相手もあなたの事を見直してくれるようになるかもしれません。

相手に何かを求める時には、それと同じだけ自分も努力しましょう。

自分は何もしていないのにも関わらず、相手にばかり何もかも求める事はワガママな事なのでは無いでしょうか。

3.自分の心を割って悩みなどを話してみる

相手に心を開いて欲しいのであれば、まずは自分が心を開きましょう。

あなたが心を開く事によって、それに合わせて心を開いてくれる人も出てくてくれるかもしれません。

更に、悩み事などを相談する事によって、相手を信頼していると言う事を態度で示す事が出来ます。

自分を信用してくれる相手に対して、嫌な気持ちになる人はそうそう居ません。

そればかりか、信用している事に安心して自分の気持ちを話してくれる事もあるかもしれません。

相手に何かをして欲しいい時は、まずは自分が行動すしましょう。

4.信頼に足る人だと認定されれば、気持ちを話してくれるようになる

人は、信用出来ない相手には心のうちは明かさないものです。

いつ裏切られるか分からない相手に対して心を開く事など出来ないからです。

ですが、逆を言えば信用する事が出来る相手に対しては心を開いて行動する事が出来るようになると言う事です。

すなわち自分の気持ちを口に出して伝える事が出来るようになると言う事なのです。

その為、相手の気持ちを知りたいと思うのであればそれだけ信用出来る相手になる事が大事なポイントです。

相手が心を開き、あなたになら話をしても良いと思わせる事が何よりも大事な事なのです。

今の世の中には、人の善意を踏みにじったり好意に付け込んで酷い事をする方が増えて居ます。

そのせいで、他人を信用する事が出来なくなってしまってる人も多々居ます。

そうした人の心を溶かす為には、心の繋がりを大切にする事が何よりも重要です。

意思疎通をするためにはやはり言葉の力が重要

人間には他の動物には無い素晴らしい技能があります。

それは言葉です。

言葉を使う事によって、より細かい部分まで自分の気持ちを相手に伝える事が出来るようになります。

動物園達も、鳴き声などによって感情を相手に伝える事が出来るのかもしれません。

ですが事細かな内容を伝える事は出来ないでしょう。

それに比べれ、人間はどんな内容でも言葉に売る事によって、相手に伝える事が出来ます。

ですが、そんなに便利な物があるのにも関わらず人間は自分の気持ちを上手く言葉にする事が出来ない場合もあります。

そのせいで、相手と分かり合う事が出来なかったり誤解を与えてしまう事もあるでしょう。

人と人とが分かり合うためには、言葉の存在が不可欠です。

言葉が足りなければ、相手に誤解を与えてしまったりすれ違いの原因になってしまう事もあるでしょう。

よりきちんと向き合いたいと願うのであれば、それだけしっかりと会話をする事がとても大事なポイントです。

せっかく『言葉』という便利なツールを持っているのであれば、それを使わないてはありません。

正に宝の持ち腐れと言うものです。

より心を開き、お互いに分かり合う為にも言葉の力を信じ行動してみてはいかがでしょうか。

1.黙っていても何も伝わらない

相手の事を理解したい。

自分の事も同じように理解して欲しい。

相手に興味があればある程そう願う事は少なくありません。

例え、相手の事が嫌いだったとしても大人になれば一緒に行動しなければならない事もあるでしょう。

その際、出来るだけ相手の気持ちを知る事が出来れば、関係性も少し改善する事が出来るかもしれません。

だからこそ、余計に相手の気持ちを知りたいと願うのでしょう。

ですが、それはそう簡単に出来る事ではありません。

例え、家族だったとしても相手が何を考えどうして欲しいのかを知る事は出来ません。

心の中を覗く事が出来るのは、エスパーだけ。

普通の人には、到底出来そうにもありません。

だからこそ、人は話をするのです。

会話をする事によって相手が何を考えどうして欲しいのかを知る事が出来るのです。

人によっては、会話をする事が苦手な人も居るかもしれません。

そんな人が相手の場合には、出来るだけ相手が会話をしやすいような環境を作ってあげる事が大事なポイントです。

また、自分が話をする事が苦手だと感じている人ももし自分の事を少しでも理解して欲しいと思っているのであれば、伝える努力をする事も大切な事です。

話をしないのにも関わらず、相手に理解して欲しいという思いは傲慢です。

それは流石に虫が良すぎるでしょう。

互いの努力があってこそ、分かり合う事が出来ます。

その為にも、自分の考えを伝える努力をすると同時に相手の考えを聞く環境も整えて行きましょう。

2.言葉の受け取り方も人それぞれ

同じ話をしているつもりでも、人によって話し方はマチマチです。

その為、自分が分かりやすいと思っている話方でも相手にとっては分かりにくいと感じてる事もあります。

また、話の言い回しのせいで無駄な誤解を与えている事も。

自分では全く意図していない事でも、相手が誤解をしてしまった場合それが原因となり大きなもめ事に発展する事もあるかもしれません。

相手の気持ちが分かりたいと思い、話をしているのにも関わらず変えて相手の気持ちを閉ざしてしまう事も考えられるのです。

せっかく出来た信頼関係も、一つの誤解によってあっという間に崩れてしまう事もあります。

一度崩れた関係は、そう簡単に元に戻る事はありません。

後から後悔しても、もうどうにもならない事もあるのです。

言葉の受け取り方は人それぞれです。

その事をしっかりと理解し、自分の話している内容が相手にどう伝わるのかをしっかりと考え、行動して行きましょう。

そうする事が出来るかどうかによって誤解を減らす事が出来るかどうかも変わって来るでしょう。

自分の気持ちをしっかりと理解して貰う事によって、相手の気持ちを知る事が出来る場合もあります。

それほど自分の気持ちを伝える事は大事な事なのです。

だからこそ、適当になる事が無い様に、より真摯に話をするようにしてみてはいかがでしょうか。

分かりやすい言葉で論理的に伝えることが大事

例えあなたの中でとても分かりやすい言い回しだったとしてもそれが万人に伝わる言い方かどうかは分かりません。

その為、自分の話している内容が、しっかり相手に伝わっているのかどうかをきちんと確認しておきましょう。

もし誤解を受けるような言い方をしていると、それによって起きなくてもいい問題を引き起こしてしまう事もあるかもしれません。

相手を怒らせてしまったり不快な思いをさせることもあるでしょう。

そうならない為にも、出来るだけ分かりやすい言葉で話を伝える事が大切です。

また、周りくどい言い方をすると余計に誤解を招く原因になる場合があります。

その為、そうならない為にも言い方は完結的で理論的に話をしましょう。

そうする事によって、少しだけ相手に分かりやすく伝える事が出来るようになるかもしれません。

勘違いされそうな内容は、理解度を確認しよう

同じ出来事を一緒に見たとしても、考え方は人によって違います。

楽しい出来事として感じる人居れば、悲しい出来事だと感じる人も居るでしょう。

それだけ私たちの価値観には違いがあり、考え方も全く違うのです。

その為、あなたが話した内容をあなたの思っているようにとらえてくれない場合もあるかもしれません。

そんなつもりは無かったとしても、相手に誤解を与えている事も考えられます。

もし、そんな可能性がある場合には、相手の気持ちをきちんと確認しておきましょう。

もしかしたら、誤解したまま不快感を抱いているかもしれません。

そうなってしまえば、無駄なすれ違いのせいで余計に気持ちが分かり合えなくなってしまう事もあります。

勘違いで一度すれ違ってしまった心はそう簡単に元に戻る事はありません。

人間関係は、築く事はとても難し事ですが壊れてしまうのは一瞬なのです。

その為、せっかく出来た関係性を壊さない為にも、きちんと相手に自分の気持ちを伝える努力をしましょう。

イチイチ相手の考えを憶測しながら話を進める事は、面倒に感じる事もあるでしょう。

ですが、そこで横着してしまうと結果的にもっと面倒な事になる事もあります。

最初のひと手間で防ぐ事が出来る誤解なのであれば、その誤解を解いて起きましょう。

3.無理強いして聞き出そうとすると信頼関係が崩壊する

相手の気持ちが見えないと不安になったりする事もあります。

自分が相手に好意を持っている時は尚更です。

出来るだけ相手の気持ちを理解したい。

自分の事を知って欲しいと思う事もあるでしょう。

そう思う事によって、多くの会話を持ちかけたり話す内容を考えたりと頑張る事もあります。

そうした事は、悪いことではないでしょう。

ですが、何事もやり過ぎては行けません。

相手のペースを無視して自分の気持ちだけで相手の心の中に入って行こうとしてしまうと、相手はかえって警戒してしまう事もあります。

自分の気持ちばかりに目を向けていると相手がどう感じているのかに気が付く事が出来なくなってしまうのです。

警戒無く、相手に心を開いて欲しいと思って居るのであれば、無理強いは良くありません。

そんな事をしても、相手が心を開いてくれる事は無いでしょう。

そればかりか、余計に心を閉ざし何も話をしてくれなくなってしまう事も考えられます。

一度閉ざしてしまった心を開かせる事はそう簡単な事ではありません。

もしかしたら、もう2度と心を開いてくれない事も。

そうならない為にも、相手のペースを崩すような事はしては行けません。

相手の方から自然と心を開いてくれるように環境を用意する事が大事なのです。

つい相手の事が知りたいと思えば思う程、焦ってしまうもの。

ですが、そんな事をしても何も良い効果を得る事は出来ません。

急がばまわれということわざがある様に、相手の気持ちが知りたければしたい程、じっくり時間をかける事が大事なのでしょう。