CoCoSiA(ココシア)

相手の気持ちを知るために使える、相...(続き5)

言葉を使う事によって、より細かい部分まで自分の気持ちを相手に伝える事が出来るようになります。

動物園達も、鳴き声などによって感情を相手に伝える事が出来るのかもしれません。

ですが事細かな内容を伝える事は出来ないでしょう。

それに比べれ、人間はどんな内容でも言葉に売る事によって、相手に伝える事が出来ます。

ですが、そんなに便利な物があるのにも関わらず人間は自分の気持ちを上手く言葉にする事が出来ない場合もあります。

そのせいで、相手と分かり合う事が出来なかったり誤解を与えてしまう事もあるでしょう。

人と人とが分かり合うためには、言葉の存在が不可欠です。

言葉が足りなければ、相手に誤解を与えてしまったりすれ違いの原因になってしまう事もあるでしょう。

よりきちんと向き合いたいと願うのであれば、それだけしっかりと会話をする事がとても大事なポイントです。

せっかく『言葉』という便利なツールを持っているのであれば、それを使わないてはありません。

正に宝の持ち腐れと言うものです。

より心を開き、お互いに分かり合う為にも言葉の力を信じ行動してみてはいかがでしょうか。

1.黙っていても何も伝わらない

相手の事を理解したい。

自分の事も同じように理解して欲しい。

相手に興味があればある程そう願う事は少なくありません。

例え、相手の事が嫌いだったとしても大人になれば一緒に行動しなければならない事もあるでしょう。

その際、出来るだけ相手の気持ちを知る事が出来れば、関係性も少し改善する事が出来るかもしれません。

だからこそ、余計に相手の気持ちを知りたいと願うのでしょう。

ですが、それはそう簡単に出来る事ではありません。

例え、家族だったとしても相手が何を考えどうして欲しいのかを知る事は出来ません。

心の中を覗く事が出来るのは、エスパーだけ。

普通の人には、到底出来そうにもありません。

だからこそ、人は話をするのです。

会話をする事によって相手が何を考えどうして欲しいのかを知る事が出来るのです。

人によっては、会話をする事が苦手な人も居るかもしれません。

そんな人が相手の場合には、出来るだけ相手が会話をしやすいような環境を作ってあげる事が大事なポイントです。

また、自分が話をする事が苦手だと感じている人ももし自分の事を少しでも理解して欲しいと思っているのであれば、伝える努力をする事も大切な事です。

話をしないのにも関わらず、相手に理解して欲しいという思いは傲慢です。

それは流石に虫が良すぎるでしょう。

互いの努力があってこそ、分かり合う事が出来ます。

その為にも、自分の考えを伝える努力をすると同時に相手の考えを聞く環境も整えて行きましょう。

2.言葉の受け取り方も人それぞれ

同じ話をしているつもりでも、人によって話し方はマチマチです。

その為、自分が分かりやすいと思っている話方でも相手にとっては分かりにくいと感じてる事もあります。

また、話の言い回しのせいで無駄な誤解を与えている事も。

自分では全く意図していない事でも、相手が誤解をしてしまった場合それが原因となり大きなもめ事に発展する事もあるかもしれません。

相手の気持ちが分かりたいと思い、話をしているのにも関わらず変えて相手の気持ちを閉ざしてしまう事も考えられるのです。

せっかく出来た信頼関係も、一つの誤解によってあっという間に崩れてしまう事もあります。

一度崩れた関係は、そう簡単に元に戻る事はありません。

後から後悔しても、もうどうにもならない事もあるのです。

言葉の受け取り方は人それぞれです。

その事をしっかりと理解し、自分の話している内容が相手にどう伝わるのかをしっかりと考え、行動して行きましょう。

そうする事が出来るかどうかによって誤解を減らす事が出来るかどうかも変わって来るでしょう。

自分の気持ちをしっかりと理解して貰う事によって、相手の気持ちを知る事が出来る場合もあります。

それほど自分の気持ちを伝える事は大事な事なのです。

だからこそ、適当になる事が無い様に、より真摯に話をするようにしてみてはいかがでしょうか。

分かりやすい言葉で論理的に伝えることが大事

例えあなたの中でとても分かりやすい言い回しだったとしてもそれが万人に伝わる言い方かどうかは分かりません。

その為、自分の話している内容が、しっかり相手に伝わっているのかどうかをきちんと確認しておきましょう。