最近、巷では『メンヘラ』という言葉を多く聞くようになってきました。

メンヘラとは、「心の病気を持った人」という意味の言葉であり、主にインターネットの世界で使用されてきた言葉の一つです。

元々は、メンタルヘルスがメンヘルと略されて使われていました。

そこに、-erがプラスされる事によって今の形になったと言われて居ます。

メンヘラと呼ばれる方は女性に多い傾向にあり、『メンヘラちゃん』などという言い方をされる事もあります。

彼女たちは、極端に精神が弱くすぐに落ち込んだり悲しい気持ちになってしまう事があります。

そのせいで周りの人を困らせたり問題を多く起こす可能性も否定出来ません。

その為、メンヘラちゃんは敬遠される傾向にあります。

一方で、メンヘラは何も女性だけに起こる出来事ではありません。

男性にも起きる可能性がある出来事なのです。

男性にもメンヘラが居るという認識が少ない人も多、その危険性に気が付く事無く交際を初めてしまう事もあるかもしれません。

そのせいで自分の人生を大きく変えてしまう事もあるかもしれません。

一度メンヘラ彼氏に捕まってしまうと、その後なかなか抜け出す事が出来なくなってしまう事もあります。

それをきっかけに事件に発展してしまう事も、無いとは言い切れないでしょう。

その為、自分の彼氏がメンヘラなのかどうかはしっかりと観察しておくべきです。

そこで今回は、誰でも簡単にメンヘラ男子なのかを判断する条件をいくつかご紹介させて頂きます。

その為、自分の彼氏が怪しいと感じている人は今すぐにでも挑戦してみてはいかがでしょうか。

今まで余りその傾向を出してこなかっただけで、実際付き合いが深くなればなる程自分の素の本性と呼ばれる物が前に出てくるものです。

後から気が付き後悔しても、もう遅い事も沢山ある事でしょう。

そうならに為にも、相手の傾向にしっかりと目を向けておきましょう。

メンヘラ彼氏には要注意!


メンヘラは、自分のなかだけで解決出来る問題ではありません。

周りに居る人達にも大きな影響を及ぼしてしまう事が多々あります。

例えば、ネガティブな思考も自分の気持ちだけに留めておく事が出来るのであればさほど大きな問題にはならないでしょう。

ですが、それによって自分勝手な行動をしたり相手の気持ちを試すような事をすれば確実に迷惑になります。

他人を巻き込む行動をしやすい事も、メンヘラと呼ばれる人の大きな特徴です。

自分を見て欲しい。

自分に興味をもって欲しいと願うからこそ、どうしてもそういった迷惑行動にでてしまうのかもしれません。

その為、基本的にメンヘラの人には関わらない事が一番です。

元々女性はかまってちゃんの人が多くそれにメンヘラが加わると手が付けられない部分があります。

それもあり、メンヘラの彼女には気を付ける必要があるといわれているのです。

ですが、それは男性もまた同じ事。

最近の男性は、女性的な部分が多くある場合もあり女性より女性らしい考え方や行動をする人も珍しい事ではありません。

そんな人たちがメンヘラとなれば、女性なみやそれ以上に面倒な存在になる事は間違いないでしょう。

メンヘラの彼氏に一度捕まってしまえば、そうそう簡単に逃げられる物ではありません。

自分の人士絵の大事な時間を無駄にしてしまう事もあるでしょう。

そうならない為にも、相手がどんな人なのかをしっかり見極めて行きましょう

メンヘラ彼氏かもと気付いた時の20個のチェックポイント

あなたの周りに居る人で、メンヘラの傾向がある人は居ませんか?普段は隠しているだけで、親しくなればなるほど本性を表してくる物です。

最初は、マメで優しい男性だと思っても後から考えれば嫉妬深く束縛が激しい人の場合もあり得ます。

既に今、付き合っている人が居るのであれば気になる行動をした場合には要チェックです。

これからご紹介する、メンヘラの彼氏かもと気が付いた時のチェック項目を確認していただき、どの程度当てはまるかみてみてください。

余りにも多くの事が当てはまるようであれば、もうメンヘラ確定です。

メンヘラの人に対して、まともに相手にしていてはこちらが疲れてしまいます。

もしかしたら、あなたもメンヘラに引き込まれてしまうかも。

そうならない為には、上手い付き合い方を学ぶべきなのです。

その為にも、まずは自分の周りに居る人やその人がメンヘラのなのかどうかをきちんと確認しておきましょう。

駆け引きしたがる


メンヘラの人の特徴として、自分に自信が無い傾向があります。

その為、相手の気持ちが分からなくなると不安になり、とにかく自分を見て欲しいと強く願って居ます。

そのせいで、恋愛をしているとつい駆け引きをしだす事は珍しい事ではありません。

女性の中でも、恋愛中に駆け引きをする事は珍しい事では無いかもしれません。

それによって相手の気持ちをこちらに向かせる事は、いわばテクニックです。

ですが、それを常に行ってくる場合ににはメンヘラの傾向があると考えるべきです。

男性も同じ様に、自分をあえて心配させる行動をとったり急に冷たくなったりと態度がコロコロ変わる場合には注意が必要です。

自分の気持ちをコントロールする事が出来なくなっており、どうにかして相手にこちらを向いて欲しいという傾向の現れなのです。

それにイチイチ付き合って居ると、こちらも疲れてしまいます。

話半分に聞く事が出来るのであれば、是非あまり相手にしない事が一番です。

モテるぜアピールがすごい

モテるかモテないかは、他人が決める事です。

自分で判断する物ではありません。

ですが、それなのにも関わらず、常に自分の良さをアピールしてくる人はそれだけ自分に自信が無い現れなのでしょう。

自信が無いからこそ、他人に対して虚勢を張ったり出来るだけ理想的な自分をアピールしているのです。

モテるアピールをすること自体は、そこまで相手に迷惑をかける事ではありません。

勝手にして貰って居たら良いのでしょう。

ですが、それを常にしている人を恋人に選ぶ場合にはそれだけメンヘラ彼になる可能性が高いと言う事を忘れては行けません。

ただの友人で居る分には問題無い人も、恋人になる事によって問題となる行動を始める場合もあります。

その為、今だけを見て判断するのではなくその人の性格から先々を考えそのうえで恋人にするかどうかを判断するべきでしょう。

異常なほどの嫉妬心

嫉妬も、程度問題です。

多少の嫉妬は、それだけ自分の事を大事にしてくれている証拠となり可愛く感じる事もあるでしょう。

例えそれが男性からの嫉妬だとしても、愛を感じる事が出来るのであればそれもまた幸せの証拠です。

全く嫉妬されないようであれば、それはそれで寂しくもかじる事でしょう。

ですがあまりにも酷い嫉妬は、生活に影響を及ぼす場合もあります。

メンヘラの人の場合、自分に自信がありません。

だからこそ、相手が自分以外の異性に近づく事によって気持ちがそちらに向いてしまうのでは無いかと心配になってしまうのです。

その為、携帯電話のチェックや行動の規制など、ドンドン嫉妬が大きくなり行動がエスカレートしてしまう事もあるでしょう。

最初は、好きな彼氏の為にと我慢していた事も、行動がエスカレートすればするほど生きにくいと感じる事でしょう。

毎日を楽しく過ごせなくなり、ストレスばかりが増大してしまいます。

そればかりか、大事な友人との時間も全く確保する事が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

恋人はまた探せば出来る事もあります。

ですが、大人になってからの友人はそう簡単に出来る物ではありません。

気持ちを飾らず素直に話をする事が出来る人は、それだけ貴重な存在であり大切にするべき人なのでしょう。

その人たちと疎遠になってしまうような行動は、慎むべきです。

相手からの嫉妬が、ドンドンエスカレートしそうな気配を感じたらメンヘラの可能性が大です。

早急に別れる事をおすすめ致します。

ヤキモチを妬かせようとする

メンヘラの彼氏は、嫉妬心が強く束縛をする傾向にあります。

ですが、それとは正反対に相手には行動を制限する変りに、自分はあえて相手を心配させるような行動を取る傾向にあります。

それは、相手に自分の事を常に未定て欲しいからの行動なのです。

相手を心配させる事によって、自分に興味を持たせなんとかこっちを向いてもらおうという作戦です。

多少の行動であれば、可愛い物かもしれません。

ですが、その行動が過激になればなるほどこちらもウンザリしてくる事でしょう。

更に言えば、嫉妬して欲しくて行っている行動なので思ったよりも相手が嫉妬してくれなければ、それに対して怒り出す事も考えられます。

自分が勝手にしている行動に対して、思ったような反応をしてくれずに怒り出すなど、子供と同レベルです。

それに毎回付き合って居れば、精神的にも疲れ相手の顔色を伺うようになってしまうかもしれません。

そんな恋愛は、いい恋愛とは言えません。

『私が居なければダメな人なんだ』などと感じるのは、単に洗脳されてしまっているだけなのかも。

そうならない為には相手の行動を冷静に判断する事も大事な事なのです。

過去の恋愛でトラウマを抱えている

人間は、学習する生き物です。

その為、過去の経験によって自分の行動を変化させていく事もあるでしょう。

もし、過去の恋愛経験でトラウマを抱えるような事があった人の場合にはそのせいでより束縛や嫉妬が激しくなっていく可能性もあります。

メンヘラは、生まれつきのものではありません。

心の病ではあるものの、それは生きてきた中で経験した事がきっかけで起きている場合が多々あります。

最初は全くメンヘラの傾向が無かった方も何かの出来事をきっかけにメンヘラ化してしまう事が無いとも言い切れません。

恋の傷は誰しも辛い物です。

乗り越える為に時間を必要とする場合もあるでしょう。

ですが、それがあるからといってすべての人がメンヘラになるわけではありません。

痛みの感じ方は人それどれです。

傷の大きさに関係無く、その人が辛いと感じればもうそれは立派な傷なのです。

過去の恋愛でトラウマを抱えている人の全てが、メンヘラになるわけではありません。

ですが、なる可能性が高いという事を認識しておくだけでも、今後の恋愛中に役立つ事もあるでしょう。

連絡がしつこい

メンヘラ彼氏の特徴として一番良く出てくる問題の一つに、束縛があります。

相手の事が好きな気持ちが、自分で制御する事が出来ずつい行き過ぎた行動をとってしまうのです。

また、自分に自信が無いからこそ、常に彼女の気持ちが気になり他の異性と関わらない事を望んでいます。

冷静に考えれば、例え異性と会話をしたからと言って好きになる事はあません。

特に、仕事場などでは会話も仕事の一つでありそれが恋愛に直接関係する事はそうある事ではありません。

ですが、その冷静な判断をする事が出来ないからこそメンヘラと呼ばれて居るのです。

相手が、今どこで何をしているのか。

誰と会ってどんな会話をしているのか。

気になって気になて仕方ないのです。

その気持ちを抑える事が出来ないから、メンヘラの彼氏と付き合う事はとても大変な事なのです。

そんな事をしても、相手に嫌がられるだけです。

追いかけられれば追いかけらえる程・制限されればされる程、人はそれを破りたくなるものです。

その為、メンヘラ彼氏がしている事は実際には自分を更に苦しめる行動なのかもしれません。

何よりも彼女優先

メンヘラ彼氏はとにかく彼女を優先してくれます。

その為、初めのうちはなんて素敵な彼氏だと思うかもしれません。

2人の気持ちが同じように盛り上がっているうちは、幸せな時間を過ごす事が出来る事でしょう。

ですが人の気持ちは自然と落ち着いていくもの。

例えそれが『冷めた』という事では無かったとしても、段々と気持ちは冷静さを取り戻していくものです。

ずーっと一緒に居たいと思っていた思いも落ち着きを取り戻しお互いの時間を大切にしたいと思うものでしょう。

ですが、メンヘラ彼氏の場合はいつまで経っても基本的に彼女優先です。

他の人と遊ぶということはせず彼女だけを見ています。

お互いにそのスタンスに変わりが無いのであれば、さほど大きな問題にはならないものの彼女が自由になりたいと思った場合には彼の事を重荷に感じることもあるでしょう。

束縛が激しすぎる

メンヘラ彼氏は、とにかく自分に自信がありません。

その為、彼女の気持ちが離れていく事を警戒しています。

冷静に考えれば、そう簡単に気持ちがコロコロ変わる事はないでしょう。

ですが、その冷静な判断をする事が出来ないからこそ、メンヘラなのです。

多少のヤキモチには可愛さもありますが、余りにも極端な束縛は相手の重荷になります。

それをすればするほど彼女の気持ちは、離れていってしまう事でしょう。

それでもやめられないのが、メンヘラなのです。

これは一種の病気であり、そう簡単に治るものではありません。

カレシが『これからは気をつける』と話したところで治る事は無いでしょう。

だからこそ、深く付き合ってしまう前に別れる事が重要です。

相手の考えに洗脳されてしまう前に、離れる大切さを忘れてはいけません。

SNSの更新頻度が高い

メンヘラの人の場合には、とにかく自分の事を見て欲しいと願っている傾向にあります。

その為、最近流行りのSNSの更新頻度はとても高くなります。

何かを更新する事によって、他の人たちに反応して欲しい。

構って欲しいと言った願望の表れによって、SNS更新しているのです。

プロフィール写真をあえて何度も変える人もその傾向にあります。

更に言えば、SNSであえて周りを心配させる様な内容を書く人も同じです。

どうにかして相手に自分の事を見て欲しいからこそ、そうした迷惑行動を連発してしまうのです。

プロフィール写真が自撮り

プロフィール写真は、本来誰かといっしょに写っているものや風景写真、動物の写真などを利用する方が多くいます。

それは、自分の顔写真だけを掲載する事に対して恥ずかしさがあるからでしょう。

ですが、メンヘラ傾向にある方の場合には殆どの場合自分の自撮り画像となっています。

自撮り画像の場合には、自分でお気に入りの顔を作って撮影する事が出来ます。

そんなキメ顔の写真を掲載する事は恥ずかしいと感じてしまいそうなものですが、それを感じないのです。

メンヘラの人の場合には、自己顕示欲がとても強く自分に注目も求めています。

その為、写真などへのこだわりも強く、より良い写真を載せるために自分の顔写真ばかりを撮っている事も。

その行動こそが、人から少しずれているメンヘラ行動です。

所有する持ち物がブランド物ばかり

自分をよく見せたいと思うあまり、メンヘラ気味のかたは、ブランド物も欲しがる傾向にあります。

勿論、メンヘラではない人もブランドものを好きな人は沢山いる事でしょう。

1つのステータスとして、憧れの一品を購入する事も決して悪いことではありません。

ですが、ブランドを購入する目的が商品そのものの魅力では無くそれに付加価値として加わるステータスに重点を置いているのであればそれは問題です。

ステータスにこだわり、渡りな人からの評価を過剰に気にするのは、まさにメンヘラの傾向のその1つです。

その為、持ち物が全てブランドで固められている人などは注意が必要です。

気分屋

メンヘラの人は、もともとメンタルヘルスと言うことで精神に何かしらの疾患がある場合があります。

だからこそ、鬱の患者さんのように楽しい時間と悲しい時間を両極端に繰り返してしまうのです。

それは、周りを巻き込んでしまうだけでは無く、自分自身もとても疲れる事になる事でしょう。

気分屋の人は、どうしても他人から敬遠される傾向にあります。

だからこそ、友人関係が上手くいかずより彼女に固執する事もあるでしょう。

それは、正に自分から出たサビであり、自業自得なのですが。

それに振り回されていると、いつの間にかあなたの友人も居なくなってしまう可能性もあります。

大事な友達を無くさない為にもちゃんと自分の身は自分で守るべきでしょう。

考え方がネガティブ

メンヘラと呼ばれる人達は、基本的に精神的に弱い部分を強く持って居ます。

だからこそ、メンヘラになってしまうのです。

その為、考え方もネガティヴな場合が多く、余り良い傾向にない場合が多々あります。

ネガティヴな思考回路は、自分だけでは無く他人へも大きな影響を及ぼします。

最初は話半分に聞いて居た言葉でも、毎日毎日聞き続ける事によって段々その考えが当たり前のように感じてしまいます。

結果的に貴方もまたネガティヴな考え方になってしまうかも、しれません。

言葉には強い力があります。

ネガティヴな発言ばかりをしていれば、ネガティヴな日々に。

ポジティブに考える事が出来ればポジティブな日々に。

同じ人生なのであれば、楽しい日々にしたいはずです。

その邪魔になるであろうメンヘラ彼氏とは分かれてしまいましょう。

プライドが異常に高い

メンヘラ彼氏は、本当は自分に自信がありません。

だけど、それを他人に知られることを嫌がります。

何とかして、自分を大きく見せたいと考えて居ます。

そのせいなのか、プライドが異常に高い場合が多々あります。

他人にばかりされないように、先に鎧を被ってしまうのです。

そうして、他人に虚勢をはることで自分を大きく見せているのです。

ですが、虚勢をはることは神経を使います。

そのせいで余計に疲れたりイライラする事もあるでしょう。

そんな自分勝手な都合を押し付けられれば、嫌な気持ちになる事は容易に想像がつきます。

いちいちそんな人の相手をしているほど、誰もが暇では無いでしょう。

関わらない事が一番大切なことでしょう。

打たれ弱い

精神的に弱さがあるからこそ、メンヘラになります。

その為、ほとんどが打たれ弱くすぐに諦めてしまったりへこたれてしまう傾向にあります。

最初は心配してくれて居人達も、それが何度も繰り返させる事によって、うんざりするときもあるでしょう。

もう関わらないと周りから人が離れて行ってしまう事だってあります。

もし、彼氏がメンヘラの場合にはこちらが普通に話している事に対していきなりムキになったりする事があるのです。

メンタルの弱さは移ります。

最初は何も感じなかった彼の意見も毎日きいていると、いつの間にかそういう風に物事を全考えるようになってしまうのです。

一度付いた癖はなかなか抜く事が出来ません。

そのせいで、自分の日々の生活が全く楽しく無くなってしまう事もある顔もしれません。

人生は一度切りです。

常にネガティブな事ばかり考えているのは勿体無いででしょう。

自分の人生をより豊かなものにする為にも心を強く持つ事も必要でしょう。

仕事が長続きしない

メンヘラ彼氏は、基本的に人付き合いが苦手です。

他人との距離間を上手く取る事が出来ず相手を怒らせたり、反対に自分が勝手に不機嫌になってしまう事もあるでしょう。

その為、他人と長い期間付き合う事が出来ません。

仕事は、コミュニケーションが必要な場合が多々あります。

他人と仲良くする事が出来ない人は、その状況の中で良い状況を作り出す事が出来ません。

結果的に仕事を止めたくなる事もあるでしょう。

人間関係が上手く行っていない中で、仕事をする事は辛い部分もあるでしょう。

自分の気持ちを上手く表現する事が出来ないのであれば、それだけ一人で過ごした方が楽だと感じる事もあるかもしれません。

ですが、その度に仕事を止めていてはいつまで経っても人間的に成長する事が出来ません。

時には生きていく為に我慢をする事も必要です。

その我慢をする事が出来るかどうかにおいて自分の成長に繋げる事も出来るでしょう。

ですが、それを拒否しているようではいつまでたったっても人間的な成長を促す事が出来ないでしょう。

仕事が続かないと言う事は、そういった面倒な事を全て投げ出し自分の気持ちを優先してしまう人の事を指します。

それはメンヘラ彼氏の傾向にあり、良い状況とは言えないでしょう。

彼氏が次々に仕事を変えているという場合には、良くない結果になる事もあるでしょう。

愚痴が多い

自分の気持ちを優先する傾向があるので、様々なストレスに対して我慢する事が出来ません。

そのせいで、相手に対するイライラを自分の中で解決する事が出来ません。

だからこそ、愚痴ばかりが大きくなるでしょう。

愚痴ばかりいう人と一緒に居ても楽しいと感じる事は出来ません。

他の人に対してイライラしている状況の姿ばかり見ていても、こちらの気持ちは全く晴れません。

一緒に居る事が辛いと思っても、なかなか分れることが出来ずただ嫌な時間が長引くだけでしょう。

人の事を悪くしか言えない人は、メンヘラの可能性が大いにあります。

すぐ泣く

大人になってから、人前で泣く事は殆どありません。

家に居る時には、ひっそりと涙を流す事もあるかもしれません。

ですが、それ以外の場合には大抵涙は我慢する物です。

それだけ悲しい事が少ないというわけでは泣く、我慢する事が出来る程大人になる事が出来て居ると言う事なのでしょう。

ですが、自分の感情をコントロールする事が出来ないからこそ悲しい気持ちを抑える事が出来ません。

悲しい時はとことん落ち込み、人が居るのも関係ないわんわん泣き出す事もあり得ます。

それを『可愛い』と感じてしまうと危険です。

メンヘラ彼氏の中に取り込まれてしまいます。

相手をかわいい・私が居なければなどと言った感情によって見つめてしまうとダメだと気が付いた時にはもう後戻りする事が出来なくなって居る可能性もあります。

恋は盲目と良く言われますが、出来るだけ冷静な判断をする事が出来るように自分の気持ちを冷静に保つ事も重要な事でしょう。

大きな声で怒鳴る

メンヘラ彼氏は、精神的に弱い部分があります。

精神的に弱いというと、落ち込みやすいイメージを強く持つ事でしょう。

確かに落ち込みやすいと言う事もあります。

ですが、それ以外にも怒りっぽいという傾向がある事も忘れては行けません。

メンヘラの人の場合には、自分の感情をコントロールする事が出来ません。

そのせいで、怒りもまたコントロールする事が出来ず、相手を怒鳴りつけたり大きな声を出して相手嫌な思いをさせる場合もあります。

そうする事によって、自分の気持ちをスッキリさせるのです。

それは、自分勝手な方法です。

それで、それを止める事が出来ないのです。

そのまま付き合いを続けて結婚などしてしまったら、メンヘラだけではなくモラハラの可能性まで出てきてしまいます。

そうならない為にも、離れる時には早めに行動しましょう。

ちょっとしたことで不機嫌になる

自分の気持ちを上手にコントロールする事が出来ないメンヘラの方は、自分の思った通りに物事が運ばないと、ついイライラして不機嫌になってしまう事があります。

皆で楽しい時間を過ごしているのにも関わらず、ひとりだけ不機嫌になったりすれば他の人の楽しい気持ちまでダメにしてしまいます。

きちんとした理由があるのならまだしも、自分の気持ちだけで不機嫌になったり怒り出すなどと言う事があっては行けません。

相手の不機嫌な態度に対し常にこちらが気を使ったり、怒らせない様に行動する事はあなたをメンヘラの世界に巻き込んでいく事でしょう。

最初はおかしいと感じていた考え方もいつの間にかそれが当たり前のように感じる事になってしまいます。

そうなってしまうと、そこから抜け出すのは難しく、あなたもまた洗脳されてしまうかもしれません。

一度ついた考え方はなかなか変える事が出来ません。

洗脳されてしまう前に行動してください。

メンヘラは伝染するから気をつけて!(まとめ)

メンヘラは、メンタルヘルスの略称であり心の病気の一つです。

本当に治療が必要かどうかは、人によってマチマチです。

その人自身の性格などもあり、全てにおいて完全なる『病気』であるかどうかは分かりません。

ですが、モラハラが社会問題になっているのと同じようにメンヘラもまた大きな問題行動であることには変わりありません。

自分に自信が無いからこそ起こしてしまう、その行動も行き過ぎてしまえば相手を困らせる事に繋がります。

それによって、相手の心は更に離れてしまうと言う事を理解する事が出来ず行動はドンドンエスカレートして行きます。

鬱の人を看病している人が、鬱になりやすい傾向にあるように精神疾患の場合人に伝染しやすい傾向にあります。

それはメンヘラもまた同じ事。

相手に常に歪んだ価値観を押し付けられる事によって、最初はおかしいと感じて居たことも次第にどこかで相手が正しいような気持になってきてしまう事があります。

それを守る事が出来ない自分が悪いのであり、相手は自分の事を思ってやってくれている。

そんな風に考え出すようになれば、危険です。

相手の気持ちばかりを優先するようになり自分の感情を押し殺してしまう事も。

一度その世界にはまってしまうと、なかなか冷静な判断をする事が出来なくなってしまうでしょう。

後から後悔しても、メンヘラ彼氏と別れる事はとても大変な事です。

いつしか自分自身メンヘラ彼氏に取り込まれてしまって居るかも。

そうならない為にも、出来るだけメンヘラの傾向がある人には近づかないようにする事が一番です。

その為にも、メンヘラっぽい傾向がある人に対しては冷静に行動し、相手に取り込まれる前に離れる事をおすすめします。