CoCoSiA(ココシア)

理想と現実のギャップあるある9選(恋愛編)


もし恋愛をするなら、こんな人と。

こんな感じのデートがしたい。

こういう告白のされ方をしてみたい。

プロポーズはこんな内容だったらとっても理想的!

などなど、恋愛において妄想が膨らんでしまうのは女子あるある。

今パートナーがいるいないにかかわらず、理想的な恋愛というのは誰しもあるものかもしれません。

今回は恋愛においての理想と現実のギャップあるある9選をご紹介します。

理想と現実のギャップがすごい!こんなはずじゃなかったのに

恋愛をする前はあんなに理想的な恋愛について思い描いていて、イメージ・トレーニングならばっちりそのまま現実になるくらい何度も思い描いたはずだったのに、なぜかいざ恋愛を実際にして恋人ができてもどこか現実は理想とは違う……。

こんなはずじゃなかったのに!と思ってしまうのは、なんだか悲しいですよね。

同じ理想と現実にギャップがある状態でも、思っていたのよりも現実の方がとっても素敵!というギャップが発生することもあるでしょう。

こんなギャップなら素敵です。

理想を描きすぎたあまり、理想が高くなってしまって現実の恋がまったく素敵に見えなくなってしまい、ちっとも恋愛に踏み切れない、なんていうパターンもありますので、注意が必要ですね。

最初に思い描いていた理想

あなたが最初に思い描いていた、「こんな恋愛をしたいな」という理想はどんなものでしたか?

漫画やドラマのような展開

漫画やドラマ、アニメや映画などで自分の好みの恋愛が描かれていると、ついつい妄想もはかどってしまいます。

「こんな恋愛がしたいな」「自分が主人公みたいな立場になったら、絶対パートナーを裏切ったりしないのに!」と、理想通りの恋愛を見つけたり、シミュレーションしたりしてしまうこと、あるのではないでしょうか。

自分の恋愛観に近い登場人物がいると、その人にかなり感情移入してしまいますし、もし自分だったらどうするかな、とつい考えてしまいます。

自分の恋愛を客観的にみることができるという意味ではとても良いのですが、「こんな恋愛がしたい」「こんな彼氏じゃないと嫌だ!」と思い詰めてしまうと、あとで理想と現実のギャップに思い悩んでしまうことになりかねません。

すごく優しい

見た目からしてとっても優しそうで、かと言って頼りないというわけではなくて。

紳士的に振る舞ってくれて、多少のわがままもにこにこと聞いてくれる。

友達の誰に紹介しても「優しそうな人で素敵だね!」と言ってもらえそうな、そんなパートナー。

たとえば料理を失敗しておいしくないものができてしまっても、「大丈夫、おいしいよ」と優しい嘘とついてくれたり、「人間だもの、失敗くらいするよ」と言ってくれたりして、けして「下手くそ」と罵ったり「どうするんだよ。

食べるものがないじゃないか」と怒ったりはしません。

「手伝うから一緒に作り直そう」と言ってくれたり、「今日はどこか外でご飯を食べようか」と提案してくれたり。

そんな優しい人が理想ですよね。

浮気は絶対にしない・・・

「浮気は男の甲斐性」だなんて絶対に言いません。

好きだと思った相手のことを渉外大切にしてくれます。

「バレなければいい」なんていう考え方もなく、あなたのことしか見ていません。

もしあなたが嫌な思いをするようなら、女性が出席するお酒の席も断ってくれるような優しく一途な人だと素敵です。

毎日ラブラブ!

結婚したら、少し早起きして朝食を作って、一緒に食卓についてご飯を食べます。

あなたが疲れていたり寝坊をしたりしたら、「今日はおれが作るよ」なんて言ってくれる人だと最高ですね。

どちらかが出勤をするときにはきちんと玄関まで出てきてお見送り。

いってらっしゃいのキスも欠かせません!
ご飯はばらばら、自分の分だけコーンフレークを流し込むように食べて急いで家を出る。

その間パートナーはまだ自分が家を出る時刻まで余裕があるからと言ってお布団の中。

一緒に暮らしているのにまるで一人暮らしみたい……。

なんていうことは絶対ありえません。

お出掛けするときには手を繋いで、おやすみの日には映画を見に行ったり美術館に出かけたり。

買物に行くくらいで、それも旦那は運転手兼荷物持ち、だなんて信じられません。

デートや旅行のためにときどきでもでかけたい。

いくつになってもラブラブ、若かりし頃の恋人同士のような関係でいたいものです。

何をしなくても楽しい!


ずっと一緒にいるとマンネリ気味、だなんてありえません。

顔を見飽きたとか、「亭主元気で留守がいい」だなんて信じられない発言です。