学生での結婚を考えていますか?

今回は、学生結婚をする人にとってどのようなメリットと注意点があるのかを考えていきます。

大学生は社会に出て働いた経験がありませんので、親の目線から考えると少々不安な面があります。

社会に出て社会のことを少し理解してから結婚でも遅くないと考える親心とはまた違い、学生同士で結婚する場合や学生と社会人と結婚する場合など様々な場面から考えていきたいと思います。

さらに、学生結婚する前にきちんとしておきたい注意点やメリットを頭に入れて結婚の準備を進めていきましょう。

️学生結婚ってどうなの?


「そもそも、学生結婚てどうなの?」そんな意見が飛び出してきそうですね。

確かに学生結婚は賛否両論の意見があります。

さらに、賛成派の意見からは子供早く授かることができる、ドキドキした新鮮な気持ちで結婚をすることができる、学びながら新婚生活を楽しめる。

など様々な意見がある中否定派の意見は、学生結婚で経済的には大丈夫なのか?社会に出ずに結婚する事は良いことなのか?

学生結婚しても親に頼るのではないか?などの意見が聞かれます。

このように、学生結婚に対して賛成派と否定派の意見は真っ二つに分かれるようですね。

このように、学生結婚に対して様々な人が興味関心を持っている事は事実のようです。

学生結婚に憧れる人は多い


学生結婚に憧れる人は案外多いことをご存知でしょうか?

学生のうちに結婚ができることで、若い間に結婚ができると感じる女性が多いようです。

また、将来お嫁さんになりたいと言う夢のある女性は、特に社会に出て働いてから結婚すると言う形ではなく、学生からそのまま結婚をするのであれば学生の時から結婚をしていても変わらないと言う意見もあるようですね。

しかし、男性の場合きちんと職についていないにもかかわらず結婚をしてしまうことで、パートナーや家族を養っていけるのか?などの心配にもなるようです。

この辺は男性と女性の意見が少々分かれるポイントになるのではないでしょうか?

しかし、全体的に考えると、やはり学生結婚が憧れる人は多いようですね。

学生結婚でも幸せな結婚はできる


学生でも幸せな結婚はできるのでしょうか?

日本の法律では女性は16歳から、男性は18歳から結婚することができるため、お互いに学生同士であったとしても結婚はできます。

しかし、現段階ではこの年齢で結婚できるとされていますが女性は18歳から、男性は20歳から結婚できるような北海亭が提案されています。

現段階では、学生結婚でも問題はありません。

また、学生結婚でも幸せな結婚生活を送ることができるか?に対して、学生が結婚しますので苗字が変わったり手続き等がいろいろありめんどくさいことが予想されます。

しかし、これまで幸せなお付き合いをできているのであれば、前向きに幸せな結婚生活を送ることができるのではないでしょうか。

勢いで学生結婚して後悔する人も…


しかし、学生結婚の中にも勢いで学生結婚してしまい後になって後悔する人も出てくるようです。

つまり、若さゆえの「勢いだけ」で思い切ってみたものの、周りの大人の意見を聞かずに結婚を推し進めてしまった結果、後悔するに至ってしまったようですね。

やはり、勢いで学生結婚してしまうことで周りの状況や、周りの大人の意見が耳に入ってこないことも1つの原因のようですね。

結婚するときは、「何とかなる。」と考えていても、いざ結婚に至るとなるとなかなか生活がうまく回せなかったり、お互いのすれ違いが出てきてしまったり、また価値観が違うことに気づいたりなどなど様々なでき事に、対応することができなくなることも考えられるのです。

学生結婚の良し悪しを知っておこう


学生結婚はいいことばかりではありません。

きちんと良い面と悪い面を知っておくことで、学生結婚を検討する1つの材料になる事で、学生結婚に対して見方や考え方が変わる事もありますが、学生結婚でも「結婚」です。

そのため、一生を選択する1つの決断にもなります。

安易な気持ちで学生結婚を推し進めたため後で後悔をしてしまうことがないようにきちんと情報集め、結婚について自分の意思や、どれくらい結婚に対して本気なのかをきちんと考えられなければなりません。

また、お付き合いとは違い責任も伴いますので簡単に結婚し、別れると言う事はできないと考えましょう。

️学生結婚の10つのメリット


それではここからは、学生結婚の10つのメリットについてお伝えしていきます。

学生結婚の良いところを知ることで、学生結婚に対して前向きに考えられることができます。

また、学生結婚のメリットを知ることで、これから学生結婚を考えている人たちにとっては非常に参考になる点になるのではないでしょうか?

しかし、良いところばかりを見ていてはいけません。

いいところがあると言う事は、もちろん欠点や悪いとこも存在します。

その欠点や悪いところをきちんとリカバリできるかが焦点になってくるでしょう。

長い時間を一緒に居られる


学生結婚することで、長い時間を一緒に過ごすことができそうです。

「結婚すれば長い時間を一緒に過ごせるのは当たり前じゃないの?」と思いがちですが、お互いが学生の場合、講義の数が少なくなってきたり時間が作れるようになることで、長い時間を一緒に過ごすことができるようになるようです。

また、お付き合いとは違い結婚することで同居し同じ空間で生活をすることになります。

そのため、長い時間を一緒に過ごすことで学生結婚を楽しむことができるようですね。

人生設計が早めに立てられる


学生結婚するということで、人生設計が早めに建てられることが考えられます。

もし、将来大きな夢ややりたいことがあるのであれば、家族を養いながらその夢ややりたいことに向かって進んでいけることができそうです。

また、将来のために周りからは「今結婚しなくちゃならないの?」なんて思われても、人生設計を早めに立てておくことで後になり、結婚しておいて良かったなと感じる時が来るのかもしれません。

さらに、何歳までに子供が欲しいなど子供の計画や家族の計画も立てやすいので早く結婚できると言う点では利点なのかもしれません。

計画的に貯金ができる


早く結婚することで、将来に向け計画的に貯金ができることも考えられます。

しかし、この場合学生同士の結婚であるとなかなか貯金まで手が回らないことも考えられます。

あくまでも、男性側が一般の社会人、女性側が学生の結婚の場合計画的に貯金できることが予想されるのです。

やはり、学生同士の結婚ではなかなか経済的にも難しい面がありますので、計画的に貯金するのは難しい時期かもしれません。

しかしお互いに学生を卒業し働き始める頃に計画的に貯金ができるようになることも考えられます。

早く結婚することで、計画的に貯金ができる事は、将来にとっても大きなプラスになるのではないでしょうか?

婚期に焦ることがない


学生結婚と言う早い段階から結婚しておくことで、結婚に焦ることがないと言う事はあります。

しかし、きちんと仕事でキャリアを積んでから結婚したいと考える女性も多い中、将来の夢が誰かのお嫁さんになりたいと言うような意見の方には、早い段階から結婚しておくことでその夢を叶え、さらに結婚したことであなたのやりたいことが見つかることも考えられるのです。

また、結婚に焦ることで自分とは価値観の違う相手と結婚してしまったり、なかなか相手の中身を見る機会がなかったりしてしまうことも考えられます。

このように、結婚を焦ってから相手を見つけるのではなく結婚にあせらず余裕があって結婚するため、結婚を焦ることがない事は利点になりそうです。

時間にゆとりが生まれる


学生結婚することで、女性にとっては時間にゆとりが生まれるようです。

さらに、4年生大学に通う場合、講義や課題、レポートなども数が減ることが考えられます。

しかし、卒業文集や卒業制作など大きい課題はありますが、学生と言うことで時間にゆとりができることが考えられます。

さらに、大学院に進む場合忙しい中にも、近い人ほど時間がないことが考えられません。

時間にゆとりが生まれることで夫婦2人が向ける時間も多くなるのかもしれません。

さらに、時間にゆとりがあることで料理に精を出したり、2人が居心地良くいられる空間を考えたり、仲良く過ご時間が出来るかもしれません。

子どもを早めに授かれる


学生結婚することで、10代で結婚する人も多いでしょう。

そのため、子どもを早めに授かれる事は、今後の人生設計が前倒しになり後で自由な時間が作れると考える人も多いようです。

子どもを早めに授かることで女性の場合は自分が体力のあるうちに子育てができますので、大人の余裕のある子育てが出来るかはわかりませんが、体力では心配のない子育てができそうです。

女性の場合、できるだけ子どもを早く授かりたいと言う希望もありますので、学生結婚の場合女性の夢が叶いやすい状況にあると言えるでしょう。

このことからも学生結婚が女性に人気のある理由がわかりますよね?

子どもをたくさん授かる人も多い

学生結婚などで若く結婚することにより、子供が授かれる時期が長いという傾向にあります。

ともすれば10代ぐらいに結婚する方もいて、第一子を10代後半ぐらいで出産をしているという方もいるでしょう。

若くして結婚する方は、たくさんの子供を授かることができるケースが多いようです。

相手のことを深く知れている

学生時代に結婚するということは、さらにそれより前に知り合っているという可能性が高いです。

そのため、中学校や高校ぐらいから付き合っているというような人もいるのではないのでしょうか。

そのような特徴を挙げていくと、長く相手のことを見ていることから、よく知れているというところがあります。

例外的に知り合ってすぐに結婚ということであれば、よく知っているということはありませんが、大抵の場合は学生時代からの長い付き合いから結婚に至るケースが多いのかもしれません。

自然な恋愛から結婚できる

年齢を重ねると出会いがないという人も多いため、マッチングアプリを使ったり、婚活サイトを使うというような感じで、出会いを求めていくことで結婚に結びつけていくという人もいます。

しかし、学生結婚する人はそのような結婚を意識して出会いを求めていくケースは少なく、大抵は自然な恋愛から結婚していることが多いです。

自然な恋愛から結婚することによって「この人と一緒に暮らす」ということが想像しやすい一面があります。

2人の思い出が多く残っている

学生結婚をする人は、二人の思い出が多いところがあります。

同じ40代あっても、30代に出会って結婚した人と、10代後半ぐらいにはすでに学生結婚をしたという人であれば、二人の思い出が多く残っているのは後者の学生結婚したカップルだと思います。

人生の大半は、もうすでにその人のいる人生を歩んでいたということです。

若いから体力がある

これから子育てをするにあたっては体力が必要です。

そして出産や子育てがなかったとしても、これから共働きをしていく場合には、体力があった方が快適な暮らしができるでしょう。

体力が不足しているという事で共働きを諦めるというようなご夫婦もいるかもしれません。

しかし学生結婚をするくらいの若い方でしたら、体力がある人が多いので、少々の無理は利くところがあります。

そのような点から結婚生活を体力によって有利に運ぶことができます。

️学生結婚のデメリット


では、ここからは学生結婚のデメリットについてご紹介していきます。

学生結婚でのデメリットは、現実に直面して初めてわかることや、周りの大人たちの意見を反映して抽出されたものになっています。

耳が痛くて聞きたくない話も多いかもしれません。

しかし、現実を受け入れなければ学生結婚もうまくはいきません。

きちんとメリットやデメリットを受け入れ、総合的な判断の元学生結婚の検討をしていくといいかもしれません。

さらに、学生結婚でのデメリットを知っておくことで、この先学生結婚で壁にぶち当たった場合、デメリットを知っておくことで予測ができますので、リカバリもできることでしょう。

就職活動に影響が出る


学生結婚をしてしまうことで、内定していた仕事もあきらめなければならないことも考えられます。

その理由の1つとしては学生結婚の中に妊娠している人がいると言うことです。

女性の場合、妊娠をしていることで就職活動に影響が出る場合も考えられます。

さらに、男性の場合学生結婚することで奥さんのお腹に赤ちゃんがいるのであれば、就職先の給与が低い場合子供養っていけるだけの経済力がありませんので、単発で高額の収入を得られる職種に変える必要もあります。

このように、就職活動に影響が出る事は十分に考えられることなのです。

そのため、就職等の人生設計が狂ってしまうことも考えられます。

周りからの目


学生結婚したことにより、自分の両親や周りの人からの目が気になるところがあるようです。

まだまだ、学生結婚が認められないこの世の中に、思い切って学生結婚してみたものの周りからの援助が得られなくなることも考えられます。

反対を押し切り、結婚してしまった場合、やはり周りからの目が気になり過ごしていかなければならない夫婦も多いようです。

周りからの目も気にならないくらい、2人が結婚を望やって生きるのであれば、周りからの意見や周りからの目もさほど気にならないのではないでしょうか?また、結婚は悪い事ではありません。

周りの目が気になるのは、お互いの心の中にある社会に出ずに結婚したというところにも後ろめたい気持ちがあるのではないでしょうか?

人生の幅が狭まる恐れ


早いうちから結婚してしまうことで、お互いの人生の幅が狭くなってしまうことが考えられます。

学生から社会人になり、さらにその夢を大途中で結婚する人がほとんどです。

しかし、学生の時から社会人になる前に結婚してしまうことで、人生の計画が大きく崩れたり、人生の計画が狭まる事は予測されます。

しかし、それを押し切ってでも学生結婚を考えているのであれば、人生の方向を変えるか、人生の幅を狭め過ごしていくかをきちんと考えていきましょう。

人生の幅が狭まる事は、悪いことではありません。

しかし、人生の幅が狭まることでお互いが窮屈に感じるのであれば、学生結婚したことを後悔することにつながってしまいそうです。

経済的に負担がかかる


学生結婚の場合、経済的に負担がかかってしまうことが予想されます。

学生結婚でも散らかっが高収入の仕事をしているのであれば問題はありませんが、やはり共働きで働く家庭にとっては大きな打撃となりそうです。

さらに、1人だけの収入になることにより生活の幅が狭まるだけでなく、窮屈な暮らしを強いられたり、我慢する生活が多くなるのかもしれません。

このように、経済的負担がかかってしまうことで夫婦の仲も悪くなることが考えられます。

経済的に負担がかかることが不安であれば、区政の若いうちから結婚するのではなく、きちんとした計画を立て、結婚することで経済的負担もなくなるのではないでしょうか?

後からもっと良い人に出会うことがある


学生の若いうちは、「絶対にこの人しかいない!」なんて熱い気持ちや勢いに任せて結婚をしてしまうことも多いようです。

しかし、いろんな経験を置いて様々な人と接する中で後からもっといい人に出会うことも考えられるのです。

焦って結婚してしまい、後で後悔してしまうようなことになるのであれば、学生結婚を焦る必要はありません。

学生恊の家お付き合いをして様々な人と出会い様々な人と接する中で結婚を決めていけば良いのではないでしょうか?若いうちは勢いに走りやすく、熱い気持ちや感情的になりやすい部分もありますので、その時の判断に任せるのは非常に危険だと感じます。

親からの反対

親の立場からすれば、学生のうちに早くから結婚することに関しては反対の意向示す人が多いかもしれません。

親御さんは、子供世代の方より長く生きていることから、色々な夫婦を見てきていますし、色々な経験をしています。

そのようなことから、早くに結婚することに、どれだけ制約があるのかということをよく知っているところがあります。

我が子にはそのような思いをして欲しくないという思いから、お子さんの学生結婚に反対する人は多いのかもしれません。

社会に出て自立が難しくなる

どのような経緯で学生結婚をするかによりますので一概には言えませんが、学生結婚をする理由として、女性の妊娠がきっかけであるということも多いのではないのでしょうか。

特に女性の方であれば、出産子育ての期間がありますし、その期間はキャリアを積み立てていくというのは容易ではありません。

親御さんに、かなりの割合で頼るということができないと、就職することも難しくなっていてくる場合も考えられます。

そのようなことから、社会に出て自立するという点においては、不利になってしまうケースがあります。

友人と都合が合わなくなる

若くして結婚する人は最近少なくなってきています。

それは女性でも4年制の大学に進む方が増えてきていますし、就職してからキャリアを積み立てるとなると、そこに結婚し子育てをするという余裕がないという場合もあります。

最近では、結婚は30代になってからという方も多いように感じます。

そうなると、そのような友人と都合が合わなくなってしまい、遊ぶ時間もとれなくなってきてしまうかもしれません。

女性はこのように、立場が変わることにより友達と疎遠になる時期もあります。

心にゆとりがなくなることも

これは学生結婚した人に限らないことかもしれませんが、結婚して二人で生活をしていたり、お子さんといる生活をすることにより、だんだんと心にゆとりがなくなってくることもあります。

それはなぜかと言うと、やはり独身の方に比べると、やるべきタスクが多くなってきます。

よく専業主婦のことを引き合いに出すと「一人暮らしの人もそれぐらいの家事はやっている」という反論が返ってきます。

ですが、やはり子供や旦那さんなど、人数が増えるごとに家事の負担はどうしても増えます。

そしてお子さんがいるともなると、お子さんと接する時間が取られるので、時間がなくなり、それによって心のゆとりがなくなっていく人も多いのかもしれません。

何もかも初めてのことだらけ

若いうちの結婚ですので、何もかもが初めての事だらけという点でも、心の余裕がなくなってくる一面があります。

特に身の回りで、同じように主婦して家事や子育てをしているという人はそんなにいないため、あまり気軽に相談できる相手がいないという人もいるかもしれません。

そのようなことがあり、心に余裕がなくなって辛くなってしまうというところがあります。

そんな時に周りが遊んでいる友達を目にして、更に辛くなってしまうということもあるのかもしれません。

️学生結婚をするにあたっての注意点


それではここからは、学生結婚を決心した方々に、「学生結婚するにあたっての注意点」をお伝えしていきます。

学生結婚をするにあたっていくつかの注意点があるとともに、周りの人にも心配や迷惑をかけられる事は避けられません。

そのため、学生で結婚するための心得や、気持ちの上できちんと整理をしておかなければならない問題、さらにご両親や周りの人たちにできるだけ迷惑のかからない形の学生結婚の形を取れるように周りの人たちの意見も取り入れながら進めていくようにしていきましょう。

お互いの意思が固いからと言って譲らない関係や相手の意見に耳をかさないような態度はしてはいけません。

きちんと話し合う姿勢こそ、向き合う姿勢こそ今後の2人の結婚生活でも重要な要素になってきます。

学生結婚は普通の結婚よりハードルが高い面があります。

それは、ご両親の説得ばかりではなく2人の問題にも大きく発展しそうな要素も含まれているからです。

まずは、結婚に対するお互いの気持ちとさらに学生であると言う現状どのようにクリアしていくのかというところに焦点を当てて注意点を見ていただければと感じています。

相手を見極める


社会に出て色々な人々を見るわけではなく学生生活で結婚相手を見極めることになります。

そのため、これまでの経験が浅いことから人の見極めをできないこともあります。

さらに、好きだけの感情で突っ走ってしまうためなかなか相手の本性に目を向けられないことも考えられます。

そのため、好きな気持ちだけで結婚を考えてしまい将来のことをあまり考えずに、その場だけの気持ちで動いてしまっていることが考えられます。

きちんと相手を見極める力量がない頃に結婚してしまうことで、後々結婚したことに後悔をしてしまわないように気をつけておきたいものですね。

さらに、相手を見極めることが難しい年頃でもありますので、理想ばかり追いかけ結婚生活での苦しい局面になった場合、離婚することも考えられます。

このように、相手を見極められなかった場合に負う代償はかなり大きいものと言えるでしょう。

本当に信頼できるか


相手を見極めることが大切ですが、本当に信頼できる相手でしょうか?

今お互いが若いため勢いだけで突っ走り、後々浮気をされたり借金が発覚したなんてことになれば、結婚生活破綻してしまうことでしょう。

また、早くから結婚してしまったことで相手が遊ぶ時間がなかったと言い訳をしながら、パチンコやお酒、子どもが生まれてからもしょっ中友達と遊びに行くようであれば、学生結婚を後悔することになりかねません。

本当に信頼できる相手かを見極める力が自分にはちゃんとあるのかということをもう一度よく考え、社会に出てからでも結婚は遅くないのではないのではないのか?と何度か自問自答してみるといいかもしれません。

もし、それで心が揺らぐようであれば学生生活での結婚は苦しいものになると言えるでしょう。

どこが好きなのか


相手に対してどこが好きなのかを考えていきましょう。

「相手の〇〇なところが大好き!」と今言っている事は10年後に通用するのでしょうか?人の気持ちは浅はかなところもありなかなか同じ気持ちを継続させていけることが難しい場合もあります。

そのため、相手の好きなところにより結婚生活がうまく行くか行かないかの分かれ道になることも考えられます。

例えば、相手を見た目だけで好きな場合、おそらく今後の結婚生活も危うくなる恐れがあると考えられます。

しかし、相手の真面目で誠実なところが好きなど具体的に内面のところから出てくる「好き」には、ほとんどの場合結婚生活でもうまくいく要素となりそうです。

しかし、100%位かといえばそうではありません。

お互いが若いこともあり、いろんな人と接する中で、少しずつ成長し変わる目もあるのです。

お互いに、学び合い成長しあえる関係なら問題はありませんが、喧嘩ばかりでお互いが傷つけ合う関係になってしまうのであれば、それは果たして良い関係とはいいがたいものになります。

このように、相手のどこが好きかにより、今後の結婚生活にも大きく影響が出てくると考えられそうです。

嘘をつかないか


相手は嘘をつかないタイプの人間か?もし、嘘をつくような人間であれば、今後も嘘をつかれることが考えられます。

しかし、人は大なり小なり嘘を付いて生きています。

嘘をつく度合いにもよりますが、浮気をしていたり、ギャンブルにはまっていたり、紗羅には隠し事をしていることが大きなことだったりすることで、結婚後嘘をつく性格を見破ることができずに悲しい思いをしてしまうなんてこともありそうです。

このように、相手が嘘をつく人間かを見破ることができなかったためにあなた自身が悲しい思いになってしまわないように注意をしたいところです。

人を見極めると言う事は、なかなか簡単なことではありません。

さらに、元は誠実で嘘をつくようなタイプの人間でなくても、徐々に本性が出てくることも考えられます。

また、接する人により人が変わってしまうタイプの人もいるため、一概には言えないところもあります。

このように、嘘をつくことが見抜けなかったためにあなたが悲しい思いになってしまわないよう心配な面もはらんでいるのです。

悪いところを好きになれるか


相手の悪い癖や嫌な面も好きになる自信はありますか?多くの場合はじめはそんな気持ちでいても時が経つにつれなかなか相手のことを受け入れにくくなってしまうことも考えられます。

そのため結婚してしまったことを後悔するようになることも考えられます。

やはり若い頃の好きだけど気持ちで突っ走ってしまうことで、相手の嫌なところを受け入れられなくなってしまうことが考えられます。

また、経験が浅いためなかなか人を見る目や見極めが難しい時期でもあります。

若い頃から結婚したカップルでいつまでも仲良くいられるカップルはほんの一握りなのかもしれません。

多くの若いカップルは相手を見極められないことで離婚に至り、相手を信頼できなくなってしまうことも考えられるのです。

ルールや約束事をつくる


2人の間で、きちんとルールや約束事を作っておきましょう。

お互いコミニケーション不足からのすれ違いや、修復できない関係になってしまっては元も子もありません。

きちんとしたルールや約束事を作ることで、学生結婚でも幸せな家庭が築けるようになるのかもしれません。

さらに、家族が寄り合えるルールや家族が仲良くなるようなルールを考えていくことで学生結婚でも仲の良い新婚生活を送れるのかもしれません。

さらに、守れないようなルールや約束事はやめておきましょう。

お互い無理のないルールや約束を決めておくことで、お互いの信頼関係につながり、また結婚生活でもうまくやっていけるポイントになりそうです。

お互いに、ルールに縛られたり約束事が多いことで結婚生活が苦痛になることも考えられます。

たくさんのルールや約束事はお互いを縛り付けてしまうだけでなく、相手の心を縛り付けてしまうものなのかもしれません。

その辺もよく考えながらルールや約束事を決めていくようにするといいですね。

人生設計を話し合う


「将来子どもは何人欲しい?」「今の仕事で独立を考えている?」など、人生設計をもう一度よく話し合ってみましょう。

この先お互いにどのような人生設計があるかにより悪性っての結婚がプラスに出るかマイナスに出るかわかりません。

きちんとした人生設計を話し合うことで、学生結婚でもより良い人生設計ができるようになるかもしれません。

お互いの人生設計を話し合わずに結婚してしまったため、後になり「〇〇がしたかった!」などと言われてもどうしようもありません。

早い段階から人生設計を話し合うことをしておき、将来に向けて後悔がないように人生設計を進めていきましょう。

自分の時間を持つようにする


学生結婚の場合、若くして結婚するためなかなか自分の時間を持つことができないことが考えられます。

そのため、自分の時間を確保するようにすることで、息苦しくない結婚生活を送ることができそうです。

若くして結婚した場合、日々の生活費を稼ぐのに追われる日々あ、さずかり婚の場合子育てに追われる日々で疲れ果ててしまうことでしょう。

さらに、早く結婚したことで周りは友達と遊んだり楽しく過ごすのか、自分だけ取り残された気持ちになることもあります。

このように、自分の時間を持つようにすることで、心にゆとりができ結婚生活も苦しくないものになりそうです。

卒業はきちんとする


お互いが学生の場合や、学生での結婚の場合、卒業がきちんとすることを決めておきましょう。

中途半端に結婚し大学や学校を辞めてしまうことで、中途半端な人生になってしまいます。

いちど立てた目標は最後までやりきることを目標に、頑張っていきましょう。

また、さずかり婚などの場合おそらく学校にはいられないことも考えられます。

卒業の時期と出産の時期がずれてしまうことでなかなか卒業するまでの単位に至らなかったり、卒業までに出産を迎えてしまうことも考えられます。

しかし、どのような形でも粘り強く卒業ができるように学校側と自分のご両親と話を進めていくことが大切です。

高校を卒業できなければ中卒になります。

また大学を卒業できなければ高卒になります。

このように、社会で働く中でも少しでも多く学校卒業していることで雇ってもらえる範囲も広がると言うのが今の日本の現状です。

学校の卒業は視野を狭めるのではなく、かえって視野を広げる1つの道具になるのです。

親を説得する


学生結婚の場合、きちんと親を説得する必要があります。

親を説得できないのに学生結婚は到底できるものではありません。

さらに、学生結婚することで、親に迷惑をかけてしまう事は避けられません。

そのため、きちんと親を説得しないことに加え学生同士の熱い気持ちだけで突っ走ってしまわないように気をつけておきましょう。

その時は自分たちの思い通りになり一旦は山賊した気持ちになりますが、後々親の言うことが身に染みてわかる時が来るでしょう。

さらに、親はあなたのことが憎くて反対しているわけではありません。

あなたの将来やその先に関わること全てを予測し、自分の人生で踏んできたことをあなたに伝えようとしているのです。

聞く耳を持たない若い人たちは、このような大人の意見をなかなか耳に入りたがらないことが多くあります。

そのため、自分で意思を持って決めた事はとても素晴らしいことですが、やはり経験を踏んできた者には勝てないところもあるということを覚えておきましょう。

何故今なのかを考える

好きな人とずっと一緒にいれるというのは喜ばしいことです。

だからこそ、結婚したいと思っているのでしょう。

しかし、なぜ今なのかということをしっかりと考える必要があります。

もちろんお互いの気持ちというのがありますので、必ずというわけではありませんが、結婚は逃げません。

学校卒業してからでもいいですし、就職して落ち着いてからでも良いのです。

それを押しのけてなぜ今なのかということを、しっかりと考えてみてください。

大学を卒業してから

大学を卒業してから結婚を考えるというのも一つの手です。

大学中退と大卒というのは学歴が違います。

大学中退と言うと、高卒と同じような扱いになるので、就職の際に給料が変わってくる可能性もあります。

若いとなかなか見えにくいところがありますが、基本的に結婚生活においてお金は必要です。

選択肢を広くしておくというのは大切なのではないでしょうか。

最低限大学を卒業してからというのも、一つのハードルにするのも良いでしょう。

就職して落ち着いてから

就職したばかりと言うと、色々と忙しい時期です。

覚えることもたくさんありますし、場合によっては残業などもあるでしょう。

そんな中で結婚をして、家事を折半にするというようなところがあると、心の余裕がなくなり、さらに争いの火種になってしまうところがあります。

就職して仕事に慣れてから結婚というふうにスタンスすることで、結婚生活を落ち着いて送ることができる一面があります。

経済的にゆとりができてから

そしてできれば、経済的にゆとりが出来てからの方が良いのかもしれません。

若いうちは、まだキャリアを形成する時期です。

このキャリアを形成する時期に、キャリア形成に集中し、経済的にゆとりが出来てから結婚することでお金に余裕のある結婚生活ができる可能性があります。

お子さんがいないので実感がわかないかもしれませんが、子供が生まれてからはお金がかかる上に、人手もかかるので、どちらかが仕事をセーブしないといけない状態にもなりえます。

そうなると経済的に苦しい生活になりますので、経済的なゆとりというのは非常に重要です。

今結婚したい理由は何故?

先ほども触れたように、結婚は逃げません。

ですので今、急がなくてももうちょっと足元を固めてから結婚しても問題はないのかを考えもいいのではないでしょうか。

しかしなぜそれを押し退けて今結婚したいのかということを考える必要もあります。

確かに周りは反対する人も多いでしょう。

そのような意見を目の当たりにしても、どうしても結婚したいと思う理由についてしっかりと考えておくと良いでしょう。

周りからの批判に耐えられるか

周りの人は皆、理解のある人ばかりではありません。

ともすれば直接非難をされたり、直接ではないけれど「何々さんがこう言っていた」ということを耳にしてしまうことがあります。

「堅実さがない」とか、お子さんがいるのであれば「できちゃった結婚なんじゃないの?」という風に言われたり、何かと批判されることもあるかもしれません。

このように批判されても、気にしなかったり、反論することができるのかということも視野に入れておくといいでしょう。

そこにお子さんがいるとなると、お子さんに色々というタイプの人もいますので、どのように子供を守るのかということも考えましょう。

結婚後のことをイメージしてみる

想像と現実は違ったということもあるのかもしれません。

しかし、やはりある程度は、結婚のことをイメージしてみるのは大切です。

結婚は楽しいことばかりではありません。

若い夫婦であれば、場合によっては家事の分担について喧嘩になることもあるでしょう。

最近は共働きが主流ですので、そのような家事の押し付け合いはよくあることです。

さらにお子さんが生まれるということであれば、お子さんに時間を取られることから、さらに喧嘩になってしまうという可能性もなきにしもあらずです。

このように夢のない話をすることにより、反発をされる方もいるかもしれません。

しかし結婚は現実ですので、その現実にどれだけ耐えられそうかということを考えることが必要です。

そこで「まだ早いな」と思うのであれば、貯金などの結婚の準備だけはして、結婚を先延ばしにするというようなことも考えてもいいかもしれません。

自分の口でしっかり説明できるようにする

学生結婚と言うと、あまりメジャーな結婚の仕方ではありません。

大抵の方は、大学などの学校を卒業して就職し、そこで社会人経験を何年か積んでから結婚される方が大半です。

その中で、あえて学生結婚という選択を選ぶということであれば、いろいろと聞かれることもあるでしょう。

そんな時に、自分の口でしっかりと説明することは大切です。

自分に自信があって、そのような学生結婚という選択をしたという自信が持てないと、自分の口でしっかりと説明することができません。

場合によっては押し黙ってしまう事態になってしまうかもしれません。

しかし、そこまでして学生結婚選んだ事に強い理由があるはずです。

そこをしっかりと説明できるようにしましょう。

必要な手続きなどの勉強をする

結婚生活については、婚姻届を出すことから始まり、色々な手続きをする必要があります。

お子さんは誕生についても色々と手続きをする必要もあります。

そのようなことから、手続きの勉強にしておくことも大切です。

さらには知らないことにより、損をしてしまうということもありますので、しっかりと自分が、どのような行政サービスを受けられるかの確認は必要です。

知っておきたい扶養について

学生だと、扶養はお父様の扶養に入っているというように、うっすらと分かっているという程度の方も多いのではないのでしょうか。

しかし結婚すると、配偶者の扶養に入るということもありえます。

多くのケースでは、女性が男性側の扶養に入るケースが多いのではないのでしょうか。

扶養に入ることで、税制の優遇が受けられることがあります。

ですので扶養についてもしっかりと学んでおきましょう。

️学生結婚はよく考えてから踏み出そう


学生結婚を焦る必要はありません。

まずは自分自身がしっかりと独り立ちできることから考えていきましょう。

独り立ちができ、相手を養える余裕が生まれたときに結婚を考えるとベストなタイミングです。

何も考えず学生結婚をしてしまうことで、将来の人生経験が崩れてしまった、など相手のせいにしてしまうような発言をするのであれば、初めから学生結婚は向いていないのかもしれませんね。