人は誰しも複雑な感情を持ち合わせています。

喜び、怒り、哀しみ、楽しい、この喜怒哀楽を基準として、

心の内ではさまざまな感情が生まれてくることから、人は笑ったり怒ったり泣いたりします。

感性というのは、個人によってそれぞれ違いがありますが、

感受性の良し悪しに関わらず感情の起伏は自分ではうまくコントロールしようと思ってもなかなかに困難なものです。

あなたは抑えきれない感情が内側から湧き上がってくるような体験をしたことがあるでしょうか?

感情というのは制限しようと思っても、そうそう容易にできるものではありません。

心を揺さぶる感情の波は自分ではどうすることもできない、とても不思議な現象ですよね。

例えばそれは、嬉しい時や感動した時にほっこりと心を温めてくれるような明るく優しい感情のこともあれば、

辛い時や苦しい時に胸の奥をおもむろに掴まれるような暗く冷たい感情だったりと実にさまざまです。

喜怒哀楽の4つのなかでも、“哀しみ(悲しみ)”はとても仄暗く冷たい感情ですよね。

誰も好き好んでこの感情を掻き立てようとすることはないでしょう。

出来ることならば、“喜び”や“楽しさ”に溢れる毎日を送りたいものです。

でも、人の人生というのはなにも楽しいことばかりとは言えません。

心が躍るような日もあれば、泥に沈んでしまいたくなるような日もあるはずです。

生きている限り、切っても切り離せないのが人の感情というものです。

あなたは自分の感情と上手に向き合えていると思いますか?感情に振り回されてはいませんか?

特に悲しみともなると、否応なしに気分が落ち込んで憂鬱な気分になってしまうものです。

「もっと鈍感だったら人生が楽だったかも」「感情がセーブできたらこんなことにならないのに…」なんて思うことも時にはあるのではないでしょうか。

今回は、自分の感情とうまく付き合っていくために“悲しみ”という感情をテーマに皆さんの心の内を紐解きながら、

感情との向き合い方について説いていきたいと思います。

悲しくなる時ってどんな時?

あなたはどんな時に、“悲しい”という気持ちを感じますか?一概に悲しみといっても、とても色々な種類があると思います。

虚しさ、憂鬱、悲歎、喪失感など、悲しみを引き起こす原因はさまざまです。

実は、悲しみという感情は他のどの感情よりも厄介なものなんです。

なぜかというと、悲しみは他の感情よりもとても長く続いてしまうから。

ベルギーにあるルーヴェン大学の教授の研究によって感情の持続時間とその影響を計測したデータがあります。

その結果によると、悲しみという感情はどの感情よりも持続時間が長びくことが分かったのです。

喜びや満足感、怒りや恐怖、嫌悪や苛立ちなど、あらゆる感情と比べてみてもその差は歴然でした。

嫌悪や羞恥などの感情が思い返してから0.5時間しか持続しないことに比べて、悲しみの感情は120時間も持続するという結果になったのです。

悲しみをトップにおいて、次点に続くのは憎しみ、喜び、絶望、希望、失望などですが、悲しみ以外に100時間を超えて持続している感情はありませんでした。

悲しみがどうにか静まるまでの時間は5日間をも要するということになりますね。

上位に挙がった感情で共通しているのは、その人にとって関心が高い出来事が関わっているということでした。

悪いことにしろ良いことにしろ、衝撃的な出来事が発生した後、何度も思い出しては時間の経過とともに高ぶっていくようなそんな感情と言えるでしょう。

喜びに繋がるような楽しい出来事であれば何度思い出しても気分が良く、気持ちよい高ぶりになるのでしょうが、悲しみともなるとその感情は嫌な重みを増す一方。

喜びのおよそ4倍以上の時間も継続してしまう悲しみとは、なんとも不幸せなことです。

では、実際に皆さんの身近にある悲しみとはどんなものでしょうか。

失恋や恋人と別れた時

恋愛にやむおえない終止符が打たれた時というのは、大きな悲しみが付きまとうことがあります。

自分自身が納得した終焉ならまだしも、想いを寄せている相手から別れを告げられたともなれば話は別です。

恋をしている時は、恋人や好きな人へ寄せるエネルギーがとても多いもの。

そのエネルギーは、受け止めてくれる相手が居なければ急に行き場を失くしてしまいます。

これまで心にあった恋や愛というプラスのエネルギーが一気に冷たく無機質なものへと変化して、喪失感、虚無感があなたの心を苛むでしょう。

これまで側にいた相手がいなくなってしまうということは、想いの行き場がなくなるだけでなく現実世界における変化も沢山あります。

一緒に過ごしていた時間が無くなり、一人の時間が増える。

頻繁に連絡する相手が居なくなる。

二人分作っていた料理が一人分になる。

こういった環境の変化は時間が経過するごとに実感が湧いてくることが多いため、一度は落ち着いた悲しみが何度も何度も燻ってぶり返されてしまうこともしばしば。

好きという感情が大きければ大きいほど、悲しみの感情はそれ以上のものとなるでしょう。

予期していた別れ、自ら切り出した別れであっても、一抹の悲しさを感じる時だってあるのです。

望まない別れともなればなおさらでしょう。

仕事や私生活でミスした時


自分の不注意で引き起こしたミスによって、思わぬハプニングやアクシデントに見舞われた時は、「やってしまった」という不甲斐なさから後悔が押し寄せることがありますね。

失敗は誰にでもあるものですが、自分が起因となるミスで周囲へ迷惑をかけてしまった、怒りを買ってしまったともなると落ち込むなという方が無理という話です。

どうしてこんなことになってしまったんだろう、と何度もミスしたシーンをプレイバックしてしまうことで悲しみは膨らんでいきます。

ああすればよかった、こうすればよかった、と自分を責めて戻れない過去のことを繰り返しシミュレーションし直したりする人もいるでしょう。

ですが後ろばかり向いていたって物事はいい方向に進みません。

そういう時は、まずミスを挽回することに努めるべきです。

こう言っては何ですが、落ち込んで反省することは後から幾らでもできます。

ミスをしたのがショックだからと言って、その場で蹲っているほうが無責任というものです。

悲しみという感情に縛られず、その場で最も必要なことに目を向けましょう。

誰かから裏切られた時

人は嘘をつくります。

例えそれが、その場のノリが高じて口から転がり出た冗談であっても、

それが事実と異なる虚無であることが後からわかると、人は「嘘をつかれた」「裏切られた」と感じるものです。

人の感情の振り幅は、その人が抱いている興味関心の大きさに比例します。

感情にメーターがあると仮定してみましょう。

もし関心が薄い人から嘘をつかれたところで、メーターの動きはたかが知れています。

それが信頼していた相手に不義理を働かれたともなればどうでしょう。

動揺、衝撃、驚愕などあらゆる感情でメーターは大きく針を動かすことでしょう。

心から信頼を置いていた人が自分を謀っていたなんて、想像しただけで心の内から悲しい気持ちが溢れ出てきます。

友人、恋人、家族、大切だと思っていた人に裏切られるということは、これまで築き上げてきた関係が一気に壊れてしまうということ。

事実と異なる内容を自分に吹き込んでいた、信じていたことが偽りだった…。

信じていた相手だからこそ、こうなっては関係の修繕は難しいでしょう。

もし仮に、関係を続けていくとなっても一度裏切られた時の気持ちは消え去ってくれません。

相手の言動を信じ切れずに、常に神経を尖らせておくような事態にもなり得ます。

裏切りを許すも許さないも個人の一存ですが、その時の悲しみは胸のどこかに根付いて本当にその傷が癒えるということはよほどのことがない限り難しいでしょう。

バカにされた時

人から自分の価値観を否定されたり、軽んじた発言をされると自分が大切にしている部分を踏みにじられたようで傷つきますよね。

相手としてはなんら他意のない一言が自分の弱い部分を刺激してくるということもあります。

悪意の有る無しに関わらず「バカにされた」と感じた時は、何とも言えない悲しい気持ちになるものです。

容姿やファッションのことなど、外面的な部分についてバカにされるのも、もちろん気分が悪いですが、

見えない部分に持っているあなたにとってプライドや信念と呼ばれる部分に触れられることもあるでしょう。

目に見えない部分なだけに、それを知らずにいる他人の辛辣な発言に心を痛めた経験がある人も少なくないはず。

しかしこういう時、あなたはなにも傷つく必要はないのです。

全くすべての価値観が合致する人間というのはいません。

人の数だけ、価値観があり、それぞれ違った審美眼を持っています。

周りの同意を得る必要は全くないのです。

確かに好きなものや自分の大切にしている部分を悪く言われたらいい気はしませんが、他人がなんと言ってもあなたがいいと思うことを貫いてください。

幸せそうな人を見たとき

心に余裕がない時というのは、人の幸せを素直に喜べないものです。

特に物事がうまくいかないときや、自分の中にわだかまりがある時はなおさら。

周りと自分とのギャップを感じて、なんだかとても不幸せな境遇にいるような気分になってしまうこともあるでしょう。

「どうして自分は…」なんて悲観的になっては、悲しみがじわじわと心を侵食していきます。

人の幸せを素直に喜ぶことができない自分にさえ、苛立ちを感じたり、器の小ささにほとほと呆れたりと、ネガティブになっては良いことは一つもありません。

人の幸せは妬むことなかれ、です。

良いこともあれば悪いこともあるのが人生です。

気の持ちよう次第で、運命は一転します。

ペットや周りの人が亡くなった時

大切な家族であるペットや親しい人との永遠の別れというのには、悲しみがつきものです。

これは自然の摂理として、どうしても致し方ない別れではあるものの、ずっと身近にいた存在が急に居なくなってしまえば、心に穴があくのも同然。

そのスキマを埋めるまでには相当な時間を要するでしょう。

その存在があなたにとって大切であればあるだけ、悲しみの時間は長く重いものになると言えます。

悲しい気持ちになる時に起こっている変化

悲しい気持ちが心に生じるとき、私たちの心の中や頭の中は、どんな変化がおこっているのでしょうか。

過去にワープしている

悲しみは癒えることはあっても、綺麗さっぱり消えることはないのです。

乗り越えられたと思っていた、暫く忘れていた悲しみも、すきま風が吹くようにふいに蘇っては悲しさを引き連れてくることだってあります。

昔の嫌な感情に支配されている

忘れたくても忘れられない出来事は、誰にだって一つや二つあるものです。

それが一生の思い出に残るような素敵な出来事なら良いですが、一生抱えていかなければならない悲しい出来事だということもあるでしょう。

時が経っても、ちょっとしたキッカケでその頃の情景や感情がフラッシュバックするというのは珍しくありません。

根強く残る嫌な感情がぶり返しては、胸を痛めたり、いつまでも振り切れない自分に嫌気が差したりします。

”無いもの”ばかりに目がいく

人はどうしても、自分よりも優れたものや秀でたものに憧れ、妬む傾向があります。