覚悟を決めた女は恐ろしい。

その覚悟の前に男はほとんど抵抗できません。

ずるずると女のペースに引きずりこまれていきます。

結婚した女がみな恐ろしく見えるのは、そのためです。

花のように美しい可憐な乙女の姿はすでに幻影です。

男性はこのギャップをうまく乗り越えなければなりません。

とにかく女は、ここ(結婚)を起点としてすべてを手に入れてやる。

そんな気迫に満ちあふれています。

自由きままな独身生活が終わった、という嘆き節の入っている男とは、温度差がまったく違います。

その差によって簡単に主導権を握られてしまいしまいます。

交際時代とは何もかも様相が一変します。

独身時代にふとしたときに感じた、彼女の重さ、大胆さ、が全面的に覆いかぶさってきたのです。

これは恐怖というしかありません。

あなたはこれに耐えられるでしょうか。

結婚後の妻は、急に人の言うことを聞かなくなった印象です。

生活習慣にしても夫に妥協しようとする姿勢は一切見えません。

子供が生まれたら生まれたで、父親としての役割を果たすようプレッシャーをかけてきます。

しかし妻の思い込みもたくさんあります。

子供にとってよいことばかりではありません。

ここでたいていひと悶着起こります。

建設的な話合いになればよいのですが。

とにかく出産を経た女は、ますます強くなり、自分こそ正義の体現者、と信じて疑わなくなくなります。

こうなると、もう男には手におえません。

こうならないと確信できる完成度の高い独身女性を探すのは、並大抵のことではありません。

とりたてて優れたところのない平凡な男にとっては、オリンピックに出場するのと同じようよに、至難の技かも知れません。

この記事では、女怖いと思うことを紹介したいと思います。

️女怖い…そんな風に感じたことある?

交際が深まり、結婚を考えるようになると、いろいろなポイントで、ふと恐怖を感じるようになります。

筆者の若いころ、交際していた会社の女性がいました。

やがて彼女は会社の駐車場で、必ず筆者の車の隣に駐車するようになりました。

恐怖という感情ではありませんでしたが、何となく重荷には感じたものです。

このときは、常に自分の主導権で交際していると思っていました。

今にして思えば、結婚には至らなかったため、そう思い込んでいただけ、ということだったのかも知れません。

男性側にリードさせることで、逆に自分のペースに引き込んでいたのでしょう。

一方で結婚をあせって、男性をさらにビビらせ、失敗してしまう女性もいます。

しかし、こちらの方が純情な女性といって、間違いなさそうです。

女って知れば知るほど怖い生き物


人によってケースはさまざまでしょうが、何らかのきっかけを経て、女の純情は失われます。

それ以降の女の人生とは、すべて演技といっても過言ではありません。

いかに彼女たちに振り回されず、騙されないで切り抜けることができるか、これこそ男の人生の色彩を決定します。

手練手管のプレイボーイ以外には、実に面倒です。

なかなかすんなり行くものではありません。

これは昨今の男性たちが、結婚をためらう理由の一つといえるでしょう。

行きすぎると女性恐怖症になる

男の子の異性に対する最初のイメージとは、やさしい母親のそれではないでしょうか。

もちろん例外は多々あります。

それはさておいて、たいていの場合は、母親が理想の女性像を形成します。

それが成長するとともに、徐々にこわれていき、幻滅するのが普通です。

その過程において、だんだんと免疫力をつけていくのです。

ところが最近では、この過程を踏んでいない男が増えているように思います。

マザコン、キレやすい、閉じこもりなど、完成度の低い男性が現れる原因は、ここにあるようです。

逆にこの過程の恐怖がきつすぎた場合、女性恐怖症のままで終わってしまいます。

男の子の成長過程は綱渡りの連続です。

【女性恐怖症については、こちらの記事もチェック!】

️女怖いと男性が感じる14個の出来事


男性が女を怖いと思う瞬間は、いくらでもあります。

とくに1960年代以降の経済成長、先進国化が進むと、男女の役割分担は変化し、垣根はどんどん低くなっていきます。

それまではある程度神秘のベールに包まれていた互いの楽屋が、透けて見えるようになりました。

びっくりすることも、がっかりすることもあったでしょうが、女はがっがりし、男はびっくりすることが多かったのではないでしょうか。

1.仲の良い女友達の悪口を言う

ここでは少し筆者の中国人妻の話をさせて下さい。

中国人女性は、女友達どころか身内にも容赦しません。

中国で暮らしていたときのことです。

姉の一家が新しいソファーを購入したというので、見に行きました。

そるとウチの妻は「何だこの変な色は。」と口を極めて非難し始めたのです。

筆者にも同意を求めて来ました。

姉妹での言い争いは激しく続いています。

口をはさむ余地はありませんでした。

とにかく、当たり障りのない意見を言うのが通例となっている日本人には、衝撃的な光景でした。

なぜそんなに熱くなるのか、さっぱりわかりませんでした。

さらに母親に対しても同じなのです。

台所が汚いとかゴミが溜まっているとか、娘が大声で母親を説教するなど、傍目にはケンカにしか見えません。

これでも一族以外に頼るもののない中国では、仲の良い母娘なのです。

しかし見た目の言い争いの迫力は圧倒的です。

呆然と見守るしかないのです。

これには中国人の夫たちも困惑していることが多いようです。

これは女同士の人間関係の究極を表しているのではないでしょうか。

2.そこにいない人の悪口を言い合う女子会

女子会とは、女たちがリラックスするために行っているのでしょう。

これに対して男子会があまり必要ないのは、仕事のあとの一杯などを通じて、つるんでいたり、発散したりしていることが多いからに違いありません。

リラックスした女子たちの発言は、男たちのワイ談同様にヒドイものという印象があります。

話題は四方八方へ飛び、止まったところでは、たいてい誰かがやり玉にあがります。

まともに聞かないに限ります。

3.表の顔と裏の顔がある

女とは、カメラの回っていない、見られていないところでは、何をしているかわからない女優と考えてよいでしょう。

ところがそうとばかりも言い切れないようです。

先日NHK-BSでオードリー・ヘップバーンのドキュメンタリー番組を放映していました。

オードリーはオーディションで「ローマの休日」の主役を射止めました。

そのときウイリアム・ワイラー監督は、カメラテストの撮影スタッフに、本番が終わっても、しばらくカメラを回しておくよう指示していました。

演技以外の素顔を見たかったからでしょう。

そうしたときもオードリーは、満面の笑顔でスタッフを魅了し尽くしたそうです。

決して笑顔の出し惜しみなどしなかったのです。

本物の大女優は、世間一般に流布されている女優イメージとは真逆の人でした。

宝くじを当てるようなわずかな確率かも知れませんが、こういう女性を探してみましょう。

4.人によって変わる態度

筆者は若いころ、総合スーパーに努めていたことがあります。

女性陣は高卒女子の若い正社員、いわゆるパートのおばさん、この2つのグループに分かれていました。

田舎出身の若い正社員たちは、比較的純情でした。

一番目に余るのは30代の、少し若いめのパート主婦たちでした。

いわゆる女盛りなのです。

店長や、巡回してくる本部の偉いさんなど、権力者に熱心にアピールするのは、この人たちでした。

誰にも笑顔をふりまくようなことはしません。

対象はしっかり選びます。

無駄な鉄砲は打たないのです。

そして自分の色気で回りに波紋が生ずるのを、楽しんでいるようでもありました。

実際に不倫事件に発展したケースも少なからずあります。

店長から副店長に理由もなく降格、の理由がこれであったりしたものです。

5.計算高い発言

できるだけ無駄な弾を打たないように、女性の男性向けの発言は計算されています。

女同士で無駄話を延々と繰り返しているときとは、明らかに違うモードです。

男性に対するときには、自然と戦闘モードに入っているものです。

こういうときの発言には、必ず何らかの意図があります。

言葉どおりに、まともに受け取ってはいけません。

疑ってかかるのが基本です。

ただしある程度の恋愛経験がなければ、それを見抜くのは難しいものです。

まして会話の中でというのは高度なテクニックが必要です。

6.サラッと嘘をついていた

純情が過去の景色へと退いた女たちは、嘘とホントの境があいまいです。

守るべき者たちのために自分は奮闘しているのだ、という意識は子育てをしているうちに、とみに高まります。

やがて自分たち一家だけの正義が優先となり、言っていることの内容は嘘だろうが、ホントだろうが、どうでもよくなっていきます。

そして勢いで周囲を制圧してしまうのです。

嘘をついたという負の意識はありません。

こういうおばさん気質が若い娘時代からすけて見えるようでは、その女性は要注意です。

触らぬ神に祟りなし、ということわざを思いおこしましょう。

結婚は一生の不覚となってしまいます。

7.自分中心の考え方

女は、年を追うごとに自分中心度数が高まっていきます。

とくに子育て中はマックスでしょう。

手に負えない、と思う男たちは多いと思います。

人の言うことをまったぅ聞かない状態です。

この恐怖によって、子育てから腰の引けてしまう男たちも多いのです。

そういうところにまで気が回らず、夫は不満のはけ口にされてしまいます。

自分中心モードにはいる時間の少ない人、「いい女」とはこれに尽きます。

8.すっぴんが別人

女がすっぴんで出歩くことは、裸で出歩くことと同じ。

近所のスーパ―に行くだけでも化粧する理由とはそういうこと。

若いころ、先に結婚した先輩や同輩に聞いた内容を思い出します。

面倒くさくて大変でしょうが、それを気を使わなくなると、やはり何かが終わったというしかありません。

すっぴんぼさぼさ頭の30代の奥さんがいました。

彼女の旦那は、会社の若い女の子とよくあちこちに出没していました。

とくには子連れのときさえあったようです。

しかし会社の世論では、あの奥さんじゃ無理もないよね、と旦那に同情する声の方が多かったようです。

9.奢ってもらって当然という態度

奢ってもらって当然という態度があからさまに見えると、男は腰が引けます。

女王さまのお世話をしたいという強い指向でもあれば話は別のものになります。

そうでない場合には、恐怖を誘うだけです。

さまになっていればまだいいのですが、こういう女性は、所作や動作の美しさを伴っていないことがほとんどです。

10.純粋そうな子の意外な素顔を見て

姉妹がいて女のリラックスした姿を知っている男には、女性に対する免疫ができています。

過度の理想の姿など描いていません。

免疫のできていない男の子が問題です。

純真無垢も度が過ぎると、真実の女性の姿に接したときのショックは、はかり知れません。

できれば、何回かのクッションを通して、軟着陸したいところです。

11.自分の隠し事や嘘がバレバレだった

社内恋愛では、男の方が何らかの隠しごとを続けることは、まず不可能です。

社内の女性陣が鵜の目鷹の目でチェックを入れ、怪しい動きは、すべて彼女に伝わってしまうからです。

逆に良い情報も、しっかり伝えてくれます。

これはうまく利用するとよいでしょう。

ただし諸刃の剣です。

利用しようとすぎると、たいていボロが出て失敗します。

12.女同士の情報網の強さ

これは会社にはいると痛感することです。

会社組織とは別のインフォーマルな組織ともいえるものができています。

独身男性は注目されていて、その発言は瞬時にこのインフォーマルな組織を通じて拡散します。

そして構成員である女性社員に不義理を働いた場合、その「前科」は、長い時間残ったままになり、凍結されてしまいます。

これは、男性社員にとって、かなりのダメージを与えることになります。

13.結託した女の強さ

普段は仲のあまり良くない女たち同士でも、男を非難するときとなると、急に一致結束します。

これは男にとって理解できない現象です。

男たちの集団は、簡単に結託することはありません。

離合集散を繰り返しますが、男の集団には何らかの理念や旗印が必要です。

女たちは危機の場面では、「女族」という感じでまとまってしまいます。

集団としての傾向は、まったく違います。

14.なんでもSNSに投稿

SNS依存症は、女性を中心に急増しているそうです。

依存症チェックシートの中に、一日中何を投稿しようかと考えている、というのがありました。

実生活よりSNSの方が楽しい、という項目もあります。

バーチャルリアリティーによりかかっていた方が、心地よいというわけでしょうか。

現実的で欲張りという、生命力の塊りであるべき女性が、糸の切れた凧のようにフラフラしている状態は、社会の安定を阻害します。

️女怖いと感じる原因は?

強いものを目の当たりにすれば怖い、これは当たり前の心理です。

20世紀半ばまでは、男女の役割分担が比較的しっかりしていたことで、女の強さは影にかくれ、一部に家庭以外では目立っていませんでした。

それが徐々に外へ漏れ始め、21世紀の現代は公然の秘密となってしまいました。

その秘密にアクセスできず、シャットアウトされている男たちが、いつまでも怖いという感情に苛まれているのでしょう。

これまでの女性との関係が影響している

小さな男の子ほど可憐で免疫のない生き物はないと思います。

最も周囲の環境に影響されやすいからです。

どうにでもなるといっても過言ではないでしょう。

トラウマの引きずり方でも、途中で女という別の生き物に変わる小さな女の子より長くなりそうです。

母親や姉妹など肉親の在り方も影響を与えます。

年を経るにしたがって外部へと関心が向くはずです。

しかしここは事故のおこりやすいところでもあります。

粗略に扱ってはなりません。

家庭環境や母親との関係

子どもにとって、家庭環境、中でも母親との関係は決定的に重要です。

未完成な男を生む元凶です。

一部の母親にはこうした自覚を欠いています。

男の子を可愛がりすぎると、最終的には、女たちの嫌う「女の気持ちがわからない男」を量産する結果を招くことになります。

息子は女嫌いのままでよい、いつまでも手元に置いておきたいということなのでしょうか。

息子の頭がはげ始めて、急にこれはいかん、と焦りを募らせているようにも見えます。

たいていこの時点で、結婚に関しては手遅れになっています。

元カノとの嫌な思い出

品性に欠ける女性に振り回された、という嫌な思い出を抱えている人は、決して少ないのではないかと思います。

そこまでいかなくても、女の見たくないところを見てしまったことなら誰にもあるでしょう。

女性との交際に舞い上がっていた純情男ならなおさらです。

女子力が高いと思われていた人なら、そのイメージダウンは絶大なものになります。

女性にに裏切られたトラウマ

女性は過去の男性に対する発言に対して、責任を負おうとしません。

整合性がとれていようがいまいが関係ありません。

これが男性にとっては、はなはだしい ご都合主義に見えます。

何しろ、前に言ったことを覚えていないのですから。

これだけで裏切られたと思う男性もいるくらいです。

一般の女性には思いもよらないことでしょう。

逆に考えれば、こういう印象を与えない人は、モテ女確実なのです。

女性にプライドを傷付けられた

最近の女性は、自意識というか被害者意識が強く、自分が男性の心を傷付けていることには、思いは及びません。

最近はとくに男性の心の琴線を、ブチブチ平気で切ってしまう人が増えています。

そこで意気消沈してしまった、ほろにがい記憶の残っている男は、たくさんいるはずです。

そしてその女性に臆病な状態のまま、過ごしていることが多いものです。

コミュニケーションが上手くとれない

自分の言葉があやふやでは、上手にコミュニケーションはとれません。

主張がある、自分の考えをはっきり述べるのは、コミュニケーションの基本です。

中国人は合理的であるかはどうかは脇において、ひたすらこれだけを実践しています。

とにかくまず声に出してみることです。

そうしているうちに、考えがまとまることもあります。

女怖いと感じる原因は基本的に周りの女性のせい

人間は環境に依存しています。

人種ではなく、どこの文化に所属しているかの方が大切です。

周囲の影響は絶大です。

子どもが素行不良になる原因のほとんどは、愛情不足ですが、中には愛情過多もあります。

これを行うのは100%母親で、子どもはいつまでたっても自立できなくなります。

その原因が自分にあるとは、これまた100%考えていないところが、一部の母親たちの深い闇とも言えます。

自分の世界の女性がたまたまひどかっただけ

毒舌の過ぎる女性はどこにもいます。

そうでない普通の女性でも、不用意な発言をすることは、普通にあります。

男たちはそれらの無差別攻撃に対し、いちいち傷つかない、精神的タフさを身に付けることが必要です。

自分のせまい世界の女性たちがたまたまひどかっただけ、と思って開き直りましょう。

運が悪かったのだと思って切り抜けましょう。

これから素敵な女性に出会えるかもしれない

これからのことは誰にもわかりません。

あまり不安に苛まれないように、気楽に構えましょう。

笑う門には福来る、といいます。

これは他のどんなことわざよりも、信憑性の高いものです。

笑顔は間違いなく人を引き付けます。

笑顔の磁力を高めておきましょう。

思いがけなく素敵な女性が、網にかかるかも知れません。

もっと自分の世界を広げてみよう

いつもの家と会社を往復するだけの世界にとどまっているかぎり、新しい出会いは望めません。

努力して行動範囲を広げて行きましょう。

新しいことをするには、エネルギー負荷がかかります。

しかしそれ以上の別のエネルギーを取り込める可能性は、非常に高いのです。

男友達同士で愚痴り合うのもヨシ

一昔前の男性たちには、仕事上の人間関係が何より大事というところがありました。

所属集団として、会社の方が家族より上、と考えている人は普通にいました。

そこは閉鎖的なサークルでしたが、悩みを打ち明けたり、愚痴を言いあったり、女の子の品定めをしたり、メンバー同士の信頼感につつまれた居心地のいいものでした。

男たちだけの集まりのため、タブーはありません。

先日のテレビでは、会社の本業以外の行事に積極的に参加する、という人は、50%ちょっとでした。

時代は変わっています。

しかし、たまには男だけで集まり、言いたいことを言い会うことは、絶大なリラックス効果があります。

️でも大丈夫!世の中には素敵な女性もいます…!

世の中には、基本的に男と女しかいません。

成長過程において、女性に対する恐怖心を抜きがたく持ってしまった人は多いでしょう。

そこまで救ってくれる天使のような女性は、確かに少ないかも知れません。

ところがよく探すと、意外な美人が残っている場合も少なくありません。

美人は必ずやそれ相応の彼氏がいるはず、と思われています。

そのため新たに本気でアプローチしようという男性は、思いの他すくないのです。

またプライドの高い美人の世話を一生するのはまっぴら、と考える男もいます。

この場合には、デートしたことがある、付き合っていたことがある、という武勇伝に加えることが第一の目的となります。

こうしたことからも、想定外の出会いが訪れる可能性は十分あります。

それに賭けてみてはどうでしょうか。

いずれにしろ人生とは賭けなのですから。