年下彼氏と付き合っている女性、年下の男性が好きだという女性、年下彼氏と付き合いたいなと思っている女性、少なくない事でしょう。

実際に女性の方が年上だというカップルは珍しくありませんね。

しかし、年下の彼と付き合っているという女性は注意すべき点がいくつかあります。

また、付き合いたいなと思っている方も知っておいた方が良いでしょう。

年下彼氏と付き合っている人必見!

年下彼氏と付き合っていると、やはり同じ年の人といる時よりもなんとなく違うなと感じることや、このままでいいのかなと悩むときなどはありませんか。

それでも彼が好きというあなたへ、この先も年下彼氏と自信を持って付き合っていく事が出来る情報盛りだくさんですので、必見ですよ!

年下彼氏と付き合う時の注意点11個

ではまず、年下彼氏と付き合うときの注意点についてご紹介していきたいと思います。

現在既に気を付けているという注意点もあるかもしれませんね。

また、注意していなかった意外な注意点もあるかもしれません。

是非自分と年下彼氏の普段の様子などを思い浮かべながら比較してみて下さい。

お母さん的存在にならない

年下彼氏と付き合うときに、お母さん的存在にならないように注意しましょう。

彼女ではなくお母さん的存在・・・。

悲しいですよね。

ドキドキする恋人ではないという事ですよ。

実は、年下彼氏が彼女なのに、第二のお母さん的存在だと思ってしまうことは少なくないのです。

「一緒に居ると落ちつく」と言われたことはありますか?

もしかしたらそれは彼女としてではなく、お母さん的存在であるからという意味かもしれませんよ。

男性は家庭的な女性が好みであるという傾向があります。

また、女性も男性に家庭的な面をアピールすることはありますよね。

また、年下だという事もあり、自分のほうが上手に早く出来るしやってあげようと思う事もあるでしょう。

しかし、家庭的な面が行き過ぎてしまうと、男性はお母さん的存在だと認識してしまうようになるのです。

では家庭的な女性とお母さん的存在の女性の違いはどこにあるのでしょうか。

まずは家事の面です。

例えばおうちデート、同棲など、家事の分担はどうなっていますか?

お母さん的存在だと思われている場合、家事の分担比率は女:男=10:0になってしまっているはずです。

一方家庭的女性の家事分担比率は女:男=7:3くらいとなります。

何でも彼女がしてあげるのでは無く、時には2人で分担して行い、お互いに感謝し合うという形を取ると良いですね。

続いてお料理の面で見ていきます。

あなたが彼に御飯を作ってあげる時、まさか大皿に2人分、ドン!と作ってしまったりしていませんか?

お母さんが作ってくれるようなイメージのごはん・・・。

お母さん的存在に感じられてしまう原因ですね。

お料理がうまいという事は、彼女としてとても良いですよね。

しかし、お料理を出す時はカフェのようなおしゃれなお皿に一人分づつ分けて出すなどという工夫を凝らしたほうが良いですよ。

次にスキンシップの面ですね。

付き合った当初は彼女が彼氏に甘えるという事が多かったのではないでしょうか。

しかし、彼氏も人間です。

時には誰かに甘えたくなる日もありますね。

付き合いが長くなってくると、気を許し、付き合い当初よりもよく甘えてくるようになる男性は少なくないのです。

そうなった時に、彼氏が彼女に甘えるという形が定着しすぎて、彼女が彼氏に甘えるという事が稀になってきてしまいます。

そうなると、彼女というよりもお母さん的存在のように感じてしまう原因となります。

わがままになりすぎたり、過剰に甘えすぎたり、彼氏が甘えたがっているときに突き放しすぎるのも良くありませんが、程よくお互いが甘えあい、女性の方が少し多めに甘える時間が取れると、お母さん的存在にはならずに済むでしょう。

最後に待ち合わせに遅れたときや、帰宅時間が遅かった時の場合です。

彼が待ち合わせ時間に遅れているのに連絡が来ない、残業で帰宅時間がとても遅かった・・・。

そんな時、そうやって彼を待ち出迎えますか?

素敵な彼女は帰宅時間まで心配しながらも静かに待ち、「おつかれさま」と笑顔で出迎え、すぐにラブラブタイムに突入していくでしょう。

しかし、お母さん的存在に思われてしまうタイプの彼女は、過剰に心配してしまっていることが多いのです。

心配になりすぎて電話をかけてみたり、「大丈夫だった?おそかったね。心配したよ。連絡くらいしなよ」等と心配するあまり、ついお母さんが息子に言うようなことを言ってしまうのです。

すると年下彼氏は、うるさいな~母親みたいだな・・・。

なんて思われてしまいます。

心配していただろうなという気持ちは十分彼も感じているはずですので、心配する気持ちを言葉にしすぎないように注意しましょう。

割り勘する


年下彼氏と食事へ・・・。

お支払はどうしていますか?

彼が年下だからといって、全てあなたが支払っていませんか?

彼女が奢ってばかりいるのはNGです。

年下彼氏のプライドを傷つけてしまいますよ。

また、どうせ年下だからとか思っているのだろうな・・・。

と落ち込ませる原因にもなってしまいます。

更に奢ってばかりいると、それが普通という感覚になってしまい、彼氏はどんどんダメ男になってしまいます。

注意しましょう。

あなたが社会人で彼氏が学生という場合は、経済的に苦しいという事情があれば、割り勘、もしくは時に奢るという形でも良いですね。

しかし、彼が奢るよと言ってきたときは、素直に「御馳走様」と笑顔で伝えたほうが彼もうれしい気分になるはずです。

現状で自分がいつも奢っているという形の場合は、早急に改善することをおすすめします。

子供扱いしない

年下彼氏と上手く付き合っていくためには、子ども扱いするのはやめましょう。

年下だからと言って子供扱いせずに、一人の男性として扱うのです。

実は年下彼氏が子供扱いされているという発言があります。

一つ目は「可愛い」という言葉です。

可愛いという褒め言葉だと思っていても、年下彼氏としては子供扱いされていると感じてしまうのですね。

年下彼氏は男らしい、頼もしいという褒め言葉のほうが嬉しいのです。

二つ目は、「弟みたい」という言葉です。

親しみを込めて、弟と例えたと思います。

しかし、年下彼氏としては恋愛対象外と見られているという感じがしてしまうのです。

弟みたいと言う言葉で落ちつくという事を伝えるのではなく、一緒に居ると落ち着く、和むという言い方で伝えると良いでしょう。

三つ目は、「何かあったら頼ってね」という助け舟を出すことです。

親切な気持ちで言っているつもりでも、年下彼氏としては一人前扱いされていないような感じで、子ども扱いされるように感じてしまいます。

頼ってねというよりも、応援しているよ、思いっ切り楽しんでなどという後押しをする言葉をかけてあげたほうが良いですよ。

四つ目は、「頑張ったね」「良くできたね」等よいう褒め言葉です。

子供扱いされている、馬鹿にされているというような気持ちを抱かせてしまいます。

年下彼氏だとより過剰に反応してしまうことが多いので、褒めるというよりも、「すごいね!」などという対等、又は尊敬するという感覚で褒めたほうが良いですよ。

五つ目は「○○は分らないと思うけど・・・」「コレ分らないでしょ?」などという期待をせずに話したり、質問をするという形です。

自分は何気なく使っていても、年下彼氏としては、期待されていないのだな、子供だと思っているんだなという気持ちになります。

このように、言葉だけでも子供扱いされているという気持ちを抱かせてしまうことがありますので、注意したほうが良いですね。

付き合っているときは、どちらが年上であるというような感覚は捨てたほうが良いのかもしれませんね。

年齢差を引き出さない

年下彼氏と付き合うときは、年齢差を引き出さないほうが良いです。

最近では良く、歳の差により知っている事と知らないことがあるというような状態を、「ジェネレーションギャップ」という言葉で表されますね。

「うわージェネレーションギャップだね」「あー○○の歳だと分らないかー」「今の子は知らないか!」というように年齢差を引き出すようなことはあまりしないほうがよいですよ。

彼氏はそういう風に言われると、いつも採点されているような気分、完璧にいなければいけないと思ってしまいます。

また、知らないことがあるという事が怖い、失敗できない、話を合わせなければいけないというようなプレッシャーを感じるようにもなってしまいます。

人生経験の違いはあるのが当然ですし、知らないことがあるという事もあるでしょう。

しかし、そのたびに歳の差を引き出すような言葉はあまり良くないので注意しましょう。

また、「もう〇歳だしな」「私は歳だから・・・」などという言葉も良くありません。

せっかくの楽しい雰囲気も破壊されてしまいます。

彼氏もいちいち気に障ることを言わないようにと気を遣ってしまうようになるので注意しましょう。

上から目線にならない

年下彼氏に上から目線になってしまうのはやめましょう。

実は上から目線だと思っていなくても、実際に年下という事を元々気にしている彼氏からすると、些細な事でも上から目線に感じてしまいやすいので注意しましょう。

例えば、「私がやってあげるから!」「私がしてあげようか?」という言葉ですね。

上から目線で言っているつもりではなく、ただただ手伝ってあげたい、助けてあげたいという気持ちで言っていても、年下彼氏からすると上から目線に感じてしまいやすい言葉なので気を付けましょう。

また、「え!そんな事も知らなかったの?」「これくらい知っておかないと~」という言葉も、上から目線に感じられてしまう言葉なので注意したほうが良いですね。

上から目線で居ると、年下彼氏はプライドが傷つけられてしまいます。

対等な目線、アドバイスする時は対等な目線よりやや下からの言葉を使ったほうが良いですね。

彼の周りにいる女性に嫉妬しない

年下彼氏の周りには、年下の同僚や友人がいますよね。

その女性たちに嫉妬するのはやめましょう。

嫉妬している気持ちを察しられるのもかっこ悪いですね・・・。

若いから自分より素敵、可愛い、若々しさに嫉妬する必要はありません。

あなたには大人の女性ならではの魅力がありますよ。

例えば、大人ならではの経験や知識で、彼が落ち込んでいるときのピンチヒッターになり元気にしてあげることが出来るでしょう。

周りの女性に嫉妬しても、二人の恋愛がうまく行かなくなってしまうだけなので辞めたほうが良いですね。

彼氏の世代のファッションに合わせない

年下彼氏と付き合っているあなたは、ファッションを年下彼氏に合わせる必要はありません。

彼氏の世代のファッションに合わせてしまうという失敗はしてしまいがちですが、無理に若作りしているように見えてしまい、美しさが半減してしまいます。

無理している感が出てしまうので、自分に似合うファッションをするのが一番です。

彼氏も無理せず、自分に似合う服を着てほしいと思っているはずですよ。

自分に似合う服、TPOに応じたファッションで楽しみましょう。

相手に遠慮せず、本音で話す

年下彼氏と付き合うときは、遠慮せずに本音で話すようにしましょう。

例えば喧嘩をするときなどは、自分のほうが年上だからと我慢したり、遠慮して本音を言わないで言い分を聞いているだけという形はやめましょう。

喧嘩するときは本音をあなたもぶつけたほうが良いです。

また、自分が落ち込んでいる時などに、自分は年上だからと言って我慢するのも良くありません。

正面から向き合い、本音を吐き出して相談しましょう。

逆に自分は年上だからと思い、我慢したり遠慮しているとトラブルが起きやすくなってしまいます。

本音をぶつけてぶつかり合うという事は彼氏が年下だとしても必要な事ですよ。

ふたりきりのときは思いっきり甘える


年下彼氏と外で出歩くときなどは年上彼女という事でしっかりしたり評判が良いしっかり彼女でいると思います。

しかし、年下彼氏と2人で居る時などは、思いっ切り甘えてしまいましょう。

急に甘え上手になるのはとても良いことですよ。

年下彼氏との帰り道、2人で部屋に居る時などは、甘えてよいのです。

素の自分を出したり、たくさん甘えることは、年下彼氏にとってもうれしいことですし、うまくいく要因となってくれますよ。

頼りにしているという態度を見せる

年下彼氏は頼りにされたいものです。

彼女としては年上という事もあり、しっかりしないといけないな、自分の事は自分で、相手の事も視野に入れてなどと考えているかもしれません。

しかし、普段はそれでよいのですが、年下彼氏に対してはそんなに気を張る必要はありません。

出来ない事、がんばらないと苦手なことは、年下彼氏に頼んでみましょう。

例えば些細なことで言えば電球を変える時などでも良いのです。

ちょっと届かないから変えてくれるかな・・・。

そういった頼りの仕方でも良いのです。

彼氏には甘える、歳など関係なくを注意して頼りにしてみてはいかがでしょうか。

ジェネレーションギャップは笑いに

先ほども少し触れましたが、年下彼氏と付き合うとやはりジェネレーションギャップはあるでしょう。

しかし、そこで落ち込むのはやめましょう。

発言も雰囲気もネガティブになってしまいます。

例えばテレビで自分が分かるのに彼氏は分らない歌が流れた・・・。

私が歳だからとネガティブにならずに笑いにしてしまいましょう。

年下彼氏と上手く付き合うためには?

続いて年下彼氏と上手く付き合うためにはどうしたら良いのかというポイントについてご紹介していきたいと思います。

若さを保つ努力をする

やはり年下彼氏となると、自分のほうが早く老いが目立つようになってきてしまいますよね。

男性も見た目なんか関係ないよとは言ってくれると思うのですが、本心としては若い女性に目がいってしまったり、魅力的に感じてしまうこともあるでしょう。

また、自分自身も自信が無くなってきてしまいネガティブになってしまうのではないでしょうか。

実際に年下彼氏が浮気をしてしまったときは、彼女よりも年下の女性という傾向もあります。

そこで若さを出来るだけ努力して保つという事をしてください。

諦めてしまうと、どんどん老いてしまいます。

メイクをしっかりとしたり、エステに行ってみたり、日々のスキンケアをしっかりと行うだけでも違います。

見た目と年齢は比例しない、努力次第で若々しく居続けることは可能なのです。

若さを保つ努力は積み立てていく事が大切ですので、日々若さを保つ努力を心がけておくと良いですね。

スポーツをする

スポーツをするという事も良いです。

年を重ねるにつれ、太りやすくなってしまったり、ボディーラインがだらしなくなってしまう事が多いのです。

運動量も昔と比べてかなり少なくなっていませんか?

そこでスポーツをすることをおすすめします。

スポーツをすることで、ストレス発散でき、明るい気持ちで居れるようになりますし、体型の維持、若さを保つことにも繋がります。

年下彼氏と共に共通のスポーツで楽しむのも良いですね。

スポーツをしているだけで、若若しく健康に過ごすことができますよ。

体力もつくので、年下彼氏とデート中、自分だけ足が痛くなっていて恥ずかしいという事などもなくなることでしょう。

自分を客観的に見る

年下彼氏と上手く付き合っていくために、自分自身を客観的に見るという事も大切です。

自分を客観的に見て、長所を見つけるようにしましょう。

気にしないようにしていても、気にしていないと思っていても、ふとした時に自分の方が年上であるということ、彼氏は本当は若い人と付き合対のではないかなどという事を考えてしまうことがありますよね。

すると自分なんて、自分よりも良い人が・・・などというこ事も考えてしまいやすくなります。

実際に男性が女性を選ぶ時のポイントとして、若いという事も条件に入っている人は多いのです。

それでも年下彼氏はあなたに魅力を感じ、あなたを選んだのです。

それなりにあなたには魅力的な部分、若さという点をカバーするほどの良さがあるという事になります。

自信を持って自分の長所を見つけてみてください。

ポジティブになりますし、自信を持って悩みなく付き合っていけるようになりますよ。

自分をデザインする

自分を客観的に見て自分の長所を見つけたら、自分をどんどんデザインしていきましょう。

自分の長所をより伸ばすことで、更に魅力的な年下彼氏が惚れ込むような女性になることが出来ますよ。

また、逆に短所を見つけてしまったときでも、自分でその短所を改善して、より良い自分をデザインしていけばよいのです。

自分の努力、デザイン次第で、ますます良い彼女になることが出来ますよ。

時にはリードしてあげる

年下彼氏と付き合っているあなたは時にはリードしてあげるという事も上手く付き合っていくために必要な事です。

あまりにもリードしすぎると、子供扱いしている、上から目線、自分は頼りにされていないなどという気持ちを抱かせてしまうことになりますが、年下彼氏の場合、年上の女性に甘えたいという気持ちを持っている人は少なくありません。

何もかもリードするのではなく、自分が得意で相手が苦手な分野に関しては、あなたがリードしてあげることで、お互いに良い関係を築いていく事が出来ますよ。

身長を低く見せる

身長を高く見せるという事も良い行いですね。

これに関しては、年上年下という年齢に関係なく言えることですが、男性は女性よりも大きくいたほうがカッコイイ、男性の方が小さいと男性は恥ずかしい気持ちになるという事が多いのです。

しかし、年齢までもが自分のほうが下だとなると、より身長の面でも気になってしまうのでしょう。

そのため、もともとの身長が同じくらいというときなどは、あまり高いヒールなどは履かない事をおすすめします。

元々の身長が男性の方が低い場合などは、さりげなく高さのある靴をプレゼントして、自分は底のない靴を履くというような計らいをするのも良いかもしれませんね。

スカートを履いて女性の魅力をアピール

時にはスカートを履いて女性の魅力をアピールするのも良いですね。

パンツばかり履くことが多い女性は得に、たまに履くスカートはとても魅力的で美しいと彼氏は感じるはずです。

注意点としては、タイト系スカートは、より大人の女性感を出してしまうので、できればふわっとしたタイプの可愛いスカートを履きましょう。

スカートを履いたことが無い、自分に似合うスカートが分らないというときは、さりげなく通販サイトを一緒に見ているときに、どんあスカートが似合いそうか聞いてみたり、実際に一緒にスカートを選びに行くのも楽しいでしょう。

時にはスカートを履いている美しいあなたと歩いていて、男性が嫉妬し、二人の距離をより縮めてくれるアイテムになってくれることもありますよ。

テクニックのようにスカートを使ってみてください。

ギャップで魅せる

年下彼氏にギャップで魅せるのもとてもよい手段ですよ。

年下彼氏の目にはあなたは年上でしっかりとした大人女性に写っているはずです。

しかし、時には何かが出来ない姿を見せたり、子供のように嬉しがる姿、子供のように楽しむ姿などを見せギャップで魅せるのもとても良いです。

ギャップは男性がグッとあなたに惹かれるポイントとなります。

素直に嬉しがったり、素直に喜んだりできてないなと思うあなたは、それはギャップとなりとても良い効果となりますので、是非素直に感情を表現してみてください。

頭を撫でる

実は男性の多くはマザコン気質を持っています。

あなたがお母さん的存在と思われることは避けたほうが良いものの、そのマザコン気質を利用してあなたのことをより好きにさせる方法が頭を撫でるという行為です。

男の子は生まれて初めて出会う母親という女性に一度は恋をして父親という存在に嫉妬するという研究結果もあるほどです。

お母さんらしい姿を少しだけ見せることで、ぐっと彼氏があなたを好きになるという事は理に適っているのですね。

また、男性は普段自分の弱い姿などを他人に見せないようにしている人が多いのです。

そんな気を張った日常の中、あなたに頭を撫でられたら、なんだかほっとした気分になり、落ち着くことができる存在だと感じるようになるでしょう。

女性的ではない仕草も見せる

女性的ではない姿はできれば彼氏に見せないほうが良いですね。

年下の子が同様に女性的ではない不潔な姿やだらしない姿を見せたとしても、子供っぽくてかわいいなくらいにしか思わないでしょう。

しかし、年上の女性がしてしまうと、一気に恋する気持ちが覚めてしまうという危険性があります。

気を許してしまうとどんどん見せてしまい、うまく行かなくなってしまったという事もあるので慎重に気を付けなければいけません。

しかし、数十年これから先もだらしない姿や時に不潔な姿を見せないという事は不可能に近いことです。

あなたも一緒に居ることが疲れると感じて来てしまいます。

そのため、相手が許してくれそうな人、許してくれるタイミングなどを見計らい、あえて小出しに見せていき、気にせず過ごせる関係になっていくというのも良いですね。

自分の性格、相手の性格を踏まえて、自分の見られたくない姿を隠し通すか、さらけ出してみるか検討してみてくださいね。

話すときと話さないときを作る

何度も言ってしまうようですが、年下の彼氏にはリードしてほしいという気持ちと、頼りのされたいという気持ちの2つがあります。

その為、会話の時も同様で、彼女にリードしてもらっている会話が心地よく感じる時もあれば、彼氏が率先して話したがっている時もあります。

何も会話が無いけれど、彼氏も機嫌が良いなというときはあなたはリードして話す時です。

逆に彼氏がたくさん話していて話を聞いてほしそうな時は話さず聞いてあげる時です。

これまでの経験を活かして上手く雰囲気を感じ、話す時と話さない時を作るようにすると良いでしょう。

「かわいい」と言わない

年下彼氏に対しての可愛いは自尊心を傷つけたり、プライドを傷つけてしまうことに繋がります。

笑顔がかわいいと感じても可愛いと伝えるのは極力避けたほうが良いですね。

可愛いという言葉は年下彼氏にとって恋愛感情は無いと言われているような気分になってしまう言葉です。

可愛いではなく、カッコイイ、素敵、見ていると癒される、などという言葉にして伝えると良いですね。

年下彼氏と付き合うメリット

年下彼氏と付き合っているという事が本当に幸せなのか、自分は年下彼氏と付き合っていても良いのかな?などと不安に思うときはありませんか?

また、年下の男性が好きだけど、年下の彼氏と付き合う事はどんなことなのかなと不安に思っている女性も少なくないのではないでしょうか。

そこで、年下彼氏と付き合う際のメリットをご紹介していきたいと思います。

若さの影響力を受けられる

まずは年下彼氏と付き合う事で、若さの影響力を受けることが出来ます。

年下彼氏は若くてエネルギッシュですよね。

そのため年下彼氏と一緒に居ると自分も若若しくいることが出来るのです。

年下の彼氏だけではなく、彼氏の周囲の友人も若いので、振る舞いや言葉使いなども自然と若々しい感じになっていくのですね。

また、年下彼氏と釣り合うようにと若作りも頑張る気持ちもあるので、見た目も若若しく保つことが出来ますね。

情報の面なども、新しい情報に敏感な彼なので新しいことを知ることが出来ますね。

年下の彼氏と付き合っていると自分の同年代の友人といると、若々しいね、若いねなどと言われることもあるというほどです。

彼がオバサンと付き合っているだなんて思われないように女磨きも頑張るので若くいられるのでしょうね。

小さな欠点が許せちゃう

年下彼氏と付き合うと小さな欠点が許せるため、喧嘩が絶えないという事は無く、穏やかな付き合いが出来るというメリットもあります。

同じ年齢の人と付き合ったり、自分より年上の人と付き合うと、自分はできるのに何で相手はできないの、自分は考えられるのに相手は何も考えていないなどという気持ちが芽生えやすいですね。

また、相手に対して望んでしまうことも多くなります。

しかし、彼氏が年下だと、自分よりも人生経験が少ないから、出来なくても分らなくてもしょうがないかなと小さな欠点を許すことが出来るようになるのです。

そのため、些細な事での喧嘩が少なく、些細な喧嘩から別れるなどという事になるという可能性も低いと考えられるのですね。

素直に言うことを聞いてくれる

年下の彼氏は素直に言う事を聞いていてくれることが多いというメリットもあります。

今までの恋愛で年上又は同い年の彼と付き合い、自分がリードされる側であったため、あまり自分の意見を言えなかった、自分のしたいことが出来なかったという女性にとっては、とても良い環境に感じるでしょう。

女は黙って男についてこいというタイプが苦手な女性にとっては年下の彼氏との方が良好な関係が築けますよ。

家事や育児を手伝ってくれる

年下の彼と結婚するという事になった時、年下の彼氏は家事や育児を手伝ってくれるという傾向のがあるというメリットもあります。

年下の男性は年上の男性に比べて料理や育児をするという事に抵抗を感じないからです。

自分がお願いする前に家事や育児を積極的に手伝ってくれる男性はとても素敵ですね。

【他にも年下の彼氏の魅力については、こちらの記事もチェック!】

年下彼氏と付き合う時は注意点をしっかり守ってね(まとめ)

年下彼氏と付き合うメリットはとても良いですし、幸せな日々を過ごすことが出来るでしょう。

しかし、注意点についてはしっかりと守って下さいね。

注意点さえ守ることが出来れば、年下彼氏とよい関係で素敵な日々が送ることができますよ。