CoCoSiA(ココシア)

ジェンダーレス男子の13個の特徴。イケメン?モテるの?


今や、新しいイケメンとして女性たちに人気となっているジェンダーレス男性たち♡
みなさんは知っていますか?

「ジェンダーレス男子」という言葉は、およそ2,3年前から聞かれるようになりました。

今では、街を歩いていても見かけるし、ジェンダーレス男子が発信するSNSなどもとても人気です。

でも、今さらだけど「ジェンダーレス男子」っていったいどういうスタイルの男性なの?という方もいるかもしれません。

そして、ジェンダーレス男子ってイケメンなの!?という疑問を持つ方もいるでしょう。

男性の方であれば、ジェンダーレス男子に憧れていて、自分もなりたいけど、本当のところ女性からの評価ってどうなんだろう??ということが気になるかもしれませんね。

ということで、今回は、ジェンダーレス男子の特徴と、「本当にイケメンの部類に入るの?」、「女子にモテるの!?」という疑問を調査して、まとめていきたいと思います♪

この記事の目次

️ジェンダーレス男子が人気!


SNSなどでファッションや髪型などのスタイルを発信していたり、テレビなどにもその美意識の高さなどが取り上げられることの多いジェンダーレス男子。

テレビやSNSなどを見れば、彼らがとても人気で憧れだったり、カリスマ的な存在になっていることがわかりますよね。

そして、街を歩いているとジェンダーレス男子をよく見かけるようにもなりました。

オシャレで、美意識が高くて、そしてカッコいい!ということで女性たちにも人気だし、同性である男性からも真似したいと思われることの多い彼らです。

しかし一方で、あまり好きではない、ちょっとキモイかも・・・、という声も聞こえてきます。

まあ、個性的な人たちはみんなファンもいれば、アンチもいるのが当然なのかもしれません。

とは言っても、ジェンダーレス男子って、皆さんはどこで見分けていますか?

顔?雰囲気?それとも服装でしょうか??

というか、そもそもジェンダーレスって何!?という人たちもいるかもしれません。

なので、ここでちゃんと「ジェンダーレス男子」とは、どういうタイプの男性たちなのかをチェックしておきましょう♪

そして、彼らの人気の理由と、本当に女性にモテるのか!?ということを調査していきましょう。

️そもそもジェンダーレス男子とは


2015年くらいから、「ジェンダーレス男子」という言葉がよくつかわれるようになったようです。

もうかれこれ2,3年は経っているということですね。

なので、みなさんも「ジェンダーレス男子」と聞くと、なとなく雰囲気などを思い浮かべることができるかもしれませんね。

では、みなさんの中でのジェンダーレス男子のイメージってどんな感じですか?

ちょっと女の子っぽい男子のこと?

それとも、ビジュアル系っぽい人たち?

はたまた、オネエっぽい雰囲気を持った男性をイメージしていますか??

もしかしたら、人によってこの「ジェンダーレス男子」という言葉で思い浮かべるイメージというのはちょっとづつ違うのかもしれません。

では、そもそも「ジェンダーレス」とは何なのかということから調べていきましょう。

ジェンダーレス=男女の性差がない


「ジェンダーレス」という言葉は、ファッション用語としては最近かなり頻繁に使われていますよね。

ヘアースタイルを検索しても、ジェンダーレスという言葉がよく目につきます。

では、その意味やその言葉の意図する考えはいったい何なのでしょうか?

「ジェンダーレス」の意味を検索すると、「男女の差別をなくそう」という意味である、という説明が出てきます。

「ジェンダー(Gender)」というのが「性・性別」という意味で、「レス(-less)」とは「~がない」という意味だからです。

それで、「性別的な差異を無くそうよ」という考えが「ジェンダーレス」なのです。

それで、ファッションや髪型などのスタイルなどにおいて、「ジェンダーレス」というのは、男性と女性の性差がないスタイルのことを指しています。

例えば、今までは女性がショートカットヘアーをすることはあっても、刈り上げショートにすることはなかったでしょう。

刈り上げスタイルは、男性の髪型でした。

でも、女性が刈り上げショートにしたときに「ジェンダーレス」のヘアースタイルであるということになります。

さらに、スカートを履くとか、メイクをしたりネイルをしたりするということは、女性特有のオシャレとして認識されてきました。

しかし、そのような女性のオシャレというものを男性が取り入れるときに、それは「ジェンダーレス」なオシャレということになります。

なので、”男性用”とか”女性用”ということを超えて、「男女の性差を無くそう!」、「性別の境界を無くそう!」ということがジェンダーレスの考え方なのです。

それで、ちょっと似ていて同じ意味と思われガチな「ユニセックス」という言葉とはちょっと意味が違ってきます。

「ユニセックス」というのは、男女ともに着られる衣服や、髪型などを指しています。

「ユニ(uni)」というのは「単一の」という意味で、「セックス(sex)」は「性別」を指していますから、服でいえば「男女兼用」ということになります。

なので、「男女の性差を無くそう!」という意味や考えを持つ「ジェンダーレス」と、もともと「男女の区別がない」つまり、男女どちらでもOKだよ、という意味の「ユニセックス」では、ちょっと意味が変わってきます。

あと、「ジェンダーフリー」という言葉もありますよね。