今の仕事に飽きてしまった、もう誰かに雇われて働いて不自由な生活をするのはいやだ!・・・そのように感じているのではありませんか?

そんなあなたには、実業家になるのをオススメします。

しかし、実業家といってもどのようなことをするのか、どうやって活動するのか、はたまたどのようにすればなることができるのか・・・わからないことが多々あるはずです。

そりゃそうです。

社会で実業家として活躍しているのは、ほんの一握りしか見ることが出来ないからなんですよね。

この記事では、少しでも実業家になりたいと感じている人のために、実業家になるためのヒケツなどをご紹介します!実業家として成功している人に共通することを確認していきましょう。

実業家になりたいあなたへ!

実業家になりたいなぁ・・・どのようなものか知らないけれど「響きがかっこいい」「とにかく今の生活から脱出したい」と思っているのでしょう。

実業家の人ってどこかで見てもいつもハキハキと話すし、なんだか毎日楽しそうに見えるし幸せそうですよね。

そのように自分もなりたい!今の生活よりももっと幸せに、そして自由な生活をしていきたい!そのように感じる方は、年々増加しているといわれています。

その気持ちがあるということは、あなたは実業家になることができるということ。

全く実業家に縁のの人というのは、「実業家になりたい」とさえも思わないものだからです。

せっかくあなたの中に出てきたその感情を台無しにしないために、まずは実業家について詳しく勉強していきましょう。

実業家とはどういう人?


あなたは、実業家とはどのような仕事をしている人だと思いますか?実業家とは、どこかに雇用されていなくて自分自身で好きなことをしている人・・・そのように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実業家になるためには、ソレがどのような仕事をしているのかをはっきりと理解しておくべきです。

分かりやすくご説明します。

生産、流通、販売に関わる仕事をする人

ずばり、実業家とは企業家・起業家よりも狭義の意味をもっている言葉になります。

生産分野、流通分野、販売分野に関わるような仕事をしている人のことをいいます。

例えば、生産だけに特化している、流通の架け橋をしている、販売だけをしていることになります。

事業家とはどう違う?

実業家に似ている言葉で”事業家”という言葉があります。

事業家とは、事業を考え、それに従い事業を経営、進めていく人のことをいいます。

実業家と違うのは、事業家というのは生産から販売までの一連の流れをしっかりと計画するということになります。

しかし、事業家は全てのものを自分の会社だけで行なうのではなくその一部などを実業家などに任せているんですね。

企業家とはどう違う?

実業家に似ている言葉で”企業家”という言葉があります。

企業家とは、企業をたてた人、そしてその企業全体の経営をしている人のことをいいます。

事業家よりは規模が大きくなりますよね。

実業家から見たら、規模の大きさがとっても違うものになります。

また、企業家というのはこれまでになかったかのような斬新な方法を取り入れることによって経営をしている人のことをいいます。

実業家が成功するためにやっている7個のこと


今すぐにでも実業家になりたい!そのように感じているのではないでしょうか?

夢や目標ができて、さらに自分が活躍しているビジョンが思い浮かぶようになるといてもたってもいられなくなってしまうものです。

しかし、これまでに実業家として行動してこなかった、あるいは行動してきたけれど失敗に終わってしまった経験があることもあるでしょう。

そんなときにどのようなことをしていけばいいのか?

どうすれば成功することができるのか?なんて誰でもがきになってしまうことですよね。

それにせっかくチャレンジするのであれば、どんな人であっても成功させたいと思うはずです。

色々な成功者の言葉を読んでも、どの言葉を信じていけばいいのか疑心暗鬼になってしまいますよね。

その時間がもったいない!

悩んでいるのではなく、すぐにでも行動を始めましょう。

これまでに実業家として成功する人がやってきた項目には、なんと”共通点”があることが判明したんです。

その7つの事項をご説明するとともに、納得できたものからすぐにでも実践するようにしてください。

必ずあなたの力となり、あなたの実業家ライフを成功させてくれること間違いないでしょう。

まずは、自分が実業家としてやっていくという決心をしてください。

腹をくくってください。

これからはあなたが戦っていくのです。

誰でもありません。

あなたの人生を華やかにするために、なにか壁にぶちあたっても不屈の精神でぶち当たり続けるような気持ちを持ち続けましょうね!

1.人脈を広げる

これまでに「成功するためには何が必要なのか」と調べたことがある方にとっては、もう何度も目にした言葉かもしれないですね。

人脈を広げる、そうすればチャンスがめぐってくる・・・そんな言葉を何度も目の当たりにすることもあれば、人脈を広げるのが全てではないなんていう言葉を目にした方もいるかもしれません。

しかし、この世界で成功している実業家の方々は、大半の方が人づきあいを大切にしています。

なぜ人脈を広げることが大切なのでしょうか?ずばり、さきほどもお伝えしましたが「チャンスがめぐってきやすくなる」んです。

実業家になることができても、新しい仕事を得るためには自分だけの行動だけではどうにもならないことがあります。

自分を売り込みにいっても、的外れで相手にもされないなんていうことがあるんですよね。

その場合には、実業家としての大きな壁にぶつかることでしょう。

しかし、少しでも人づきあいを大切にしていれば、あなたの行なっている事業に対して少なからずの人数が興味を示してくれるはずです。

また、あなたの事業を理解しておいてくれて、そのような事業体を探している企業とマッチングしてくれることもあるのです。

とはいっても、やみくもに人脈を広げればいいというわけではありません。

お互いに信頼関係を築き、ウィンウィンの関係を築いていくことがとても重要になるのです。

実業家になる!と決心したはいいものの、これまでの人生のなかで目立った仲良しの友人もいないし、大きな企業の方とのかかわりもない。

今は全く知り合いが少ない状態で、すぐにでも心が折れそうだ・・・そのように感じている人もいるのでは?

そこで諦めず、今から新しい人脈ネットワークを作りあげていきましょう!それに人というのは、なりたい人の近くにいることによってその人に近づけるなんていうこともあるんですよ。

【人脈を広げるためには、こちらの記事もチェック!】

パーティなどに参加

あなたはパーティに参加したことはありますか?

実業家として活動するようになると、あらゆるパーティに参加できるようになります。

なぜかといいますと、パーティの参加条件に実業家の方・・・なんて項目があるからなんですね。

そのパーティに参加すれば、あなた以外の多くの実業家の方だけではなく、経済界を盛り上げている偉大な人物に出会えることがあります。

とはいっても、偉大な人物というのは自分からあまり名乗ることもないので、どんなにみすぼらしい人が相手だとしても、誠実に向き合うようにしてください。

これからのあなたの実業家ライフを手助けしてくれることになる人が、あなたの行動をどこかで見ているかもしれません。

全ての人に対等に接することが出来る人は、どんな人にでも好印象を与えることが出来ますよね。

社交の場にでるということは、全ての行動がみられていると思いましょう。

また、このようなパーティでは名刺を交換したり、ご自身の事業のお話をすることがありますので分かりやすく伝えられるようにしたいものですね。

議員のパーティにも参加

国会議員、市議会委員のパーティにも臆せずに参加するようにしてください。

経済界と政治界ってあまり関係がないのではないか・・・?なんて思われるかもしれませんね。

全くそんなことはありません。

政治界と経済界は深く関わっていますよね。

経済動向に詳しい方であれば、すでにこのことについては理解できているはずです。

議員のパーティに参加し、議員と知り合いになっておくことによって重要な情報をはやくに取得できる可能性があるんです。

テレビや雑誌などで報道されるものは、もう古い情報です。

新しい情報は、今すでにどこかで出回っているんですよね。

その情報を手にし、さらにそれを使えるかどうかによって事業を発展させるかどうかはあなたの手のなかにありますが・・・。

でも知らないよりは、お得な情報は知っておきたいですよね。

政治のお話についていけるように、政治の勉強をしておくといいでしょう。

芸能人にも知り合いを作る

芸能人の知り合いを作っておくのもオススメです。

とはいっても、芸能人と知り合いになるなんて難しく感じるかもしれません。

しかし、あらゆるパーティに参加したり、あなたの事業が盛り上がってくれば必然的に芸能人と出会う機会が増えていきます。

そこだけの関係で終わるのではなく、名刺をわたし「何かお手伝いできることがあれば」なんていえば、後になって声がかかるかもしれません。

あなたの憧れの芸能人と知り合いになれるかもしれませんし、それに芸能人にあなたの事業を”広告”してもらえるかもしれません。

とはいっても、そこまでのレベルにいくまでにはあなたの事業を発展させていく必要もあることも頭にいれておいれくださいね。

誰かに任せるのではなく、あなたがそうしていくのです。

2.上手い話に騙されないよう慎重であること

実業家になるとどうしても事業を成長させ、成功させたいと思うようになりますよね。

そのため、うまい話がやってきたときに疑うこともせずにだまされてしまうことも少なくありません。

そうなってしまえば、多額の借金を抱えてしまい、夢であった事業をする前にやめざるをえなくなってしまうことも。

とはいっても、チャンスをモノにするかどうかは日ごろの準備によります。

では、どのようにすれば、うまい話にだまされないのでしょうか?

お金に対しての知識を身に付ける

まずは、お金についての知識を身に付けてください。

事業家になるためには、お金の知識は必要不可欠です。

税金対策から、売り上げをあげるための資金運営など考えることはたくさんありますよね。

実業家の多くの方は、専属の弁護士を雇ったり、フィナンシャルプランナーを雇ったりしています。

しかし、その相手がもしもあなたを裏切った場合、あなたはそれを発見することができるでしょうか?
全てを誰かに丸投げしていたとしても、その責任をとるのはあなたなんです。

アナタに全てのものが降りかかってきます。

だったら、最初から自分でお金の知識を身につけ、お金についての管理をすべきなんですよね。

それができない実業家の方は最初のうちは良い成功を収めるかもしれませんが、のちのちに悪い結果を引き起こしてしまうことがあることを忘れずに。

事業体のなかのお金の流れ、税金・・・など全てを把握できるように、まずはお金の知識を身に付けましょう。

これを機会に簿記やフィナンシャルプランナーの資格を取得するのもいいかもしれないですね。

あまり資産について話さない

あなたは、自分の資産について誰かにお話していませか?

例えば「ご資産はいくらくらいなんですか?」ときかれて、資産がたくさんあるのを自慢するために「だいたい◯◯くらいだよー」なんて伝えているかもしれませんね。

だいたいでも伝えるべきではないんです。

なぜならば、ソレを参考に悪い団体や人にターゲットにされてしまうからなんですね。

実業家になるということは、自分で自分の身を守っていかなければなりません。

自分しかいないんです。

誰も信じてはいけないとはいいませんが、本当に信用できる人以外には伝えないようにしてください。

また、成功している企業の社長というのは、家族構成までも誰にも知らせないものなんですよ。

3.世の中の流行に敏感になる

あなたは、世の中の流行をどのように感じていますか?

「流行になんてのらない!自分流で進んでいく!」そのように感じるかもしれませんね。

しかし、世の中の流行に敏感にならないとあなたのお客さまとなる人々の動向をキャッチできなくなってしまうかもしれません。

なぜかというと、世の中で流行になっているものというのは、国民や人々が心から欲しているものだからなんですね。

それを利用し、人々は次にどのようなものを欲しがるのか・・・それを想像することで事業を発展させていくことができるのです。

あなたの頭のなかで「これが必要だ」と思うものがあっても、そのように感じているのはあなただけかもしれません。

もちろんそれを商品、サービス化するものすばらしいことですが、まずは大衆を対象にして事業を発展させていったほうが良いのではないでしょうか。

常に様々な情報を収集する

では、どのようにすれば流行情報をキャッチできるのでしょうか?

ずばり、常にどんなときにでもさまざまな情報を得るようにしてください。

コンビニに行ったら、おすすめの新商品、売れ行きがよさそうな商品をチェックする、デパートでは対象としているお客さんが手に取っているものを研究する、市場に多く出回っているものを確認する・・・。

流行に関するものは、繁華街に出れば一発で分かるものです。

もしも、成功させたいと思うのであれば、嫌な都会であったとしてもよく出かけるようにしてみてください。

そこに必ずなにかしらのヒントがあるはずですよ。

4.趣味や特技をビジネスにつなげる

あなたの趣味や趣味をビジネスにつなげるのもいいですね。

どこかの書籍やWEBサイトでは「好きなものを仕事にするべきではない」なんて、書かれていることがよくあります。

しかし、それって好きなことで成功することが出来なかった人たちの僻みでしかないんですよね。

自分にできなかったんだから、他の誰にでもできるはずがない、そのように勝手に人の未来までも確定しているんです。

そんなことないんですよ。

その人は、やり方を変えなかったか、途中でくじけてしまったのでしょう。

あなたは違う。

そのような人たちではありません。

あなたの好きなものは何ですか?アニメ、アイドル、料理、手芸、メイク・・・さまざまなものがありますよね。

それに好きなことであれば、仕事をするときに好きなことに毎回向き合うことになるのでワクワクしながらお仕事することができるはずです。

好きなことを仕事にする傾向がある

実業家で成功している人というのは、好きなことを仕事にしていることが多いんです。

例えば、「もともと石鹸がすきで、お花もすきだったので石鹸をお花の形にして販売するようにした」「電車とカラオケがすきだったから、それを融合させた」なんて、自分の好きな分野だからこそ奥深いところまで研究、実践することができるんですよね。

あなたはどうして実業家になりたいと思うのでしょうか?

多くの方は、生活のほとんどを縛られてしまうように感じる企業から脱出したかったからではありませんか?

好きなことを仕事にすることによって、そのような億劫な毎日を送らなくてすむんです。

人生を楽しもうとする

また、成功する実業家は人生を思いっきり楽しみたいという気持ちがとても強いです。

そのため、自分の楽しめること、ワクワクすることに正直に従い、その道に進みます。

そんなの大人になってからするのはおかしい・・・そのように感じる方もいるかもしれませんね。

その考え方は、雇用社会で役立たせられるために洗脳されている状態になります。

そんなの誰が決めたんですか?

社会を生きて、過ごすことによって”なんとなくそのように感じている”のではないでしょうか?

周囲の人もそうだから、自分もそうしなきゃいけない・・・そんなことないんですよね。

それに長い人生のなかで社会人として活動するのは、とても長い時間になります。

その長い時間を苦しいものにするのではなく、楽しく生きる。

好きなことをする。

それは普通のことであり、私達が行使していくべきことなんです。

あなたも実業家になるのですから、毎日をワクワクキュンキュンできるような楽しい毎日に変えていきましょう!

5.仲間や興味のある分野に投資する

あなたは、仲間や興味のある分野などに投資をしたことがありますか?

投資をするというのは、それだけのお金などを提供することになりますよね。

そんなお人よしなことをしている余裕はないだとか、その相手が裏切ってしまったらどうしよう、相手が倒産したらどうしようなんて色々なことを考えてしまうことでしょう。

しかし、投資しておくことによってあとあともっと大きなものになってあなたに返ってきます。

お金は愛です。

愛は循環するもの。

惜しみなく、投資したいものですね。

とはいっても、あなたの事業に悪い影響を与えないくらいのものにとどめるようにしましょう。

これも人脈につながる

投資をした仲間や興味のある分野が発展した場合、あなたはその投資された方たちから感謝されることになるでしょう。

「あなたのあの投資がなければ、ここまでくることはできなかった」なんて、あなたの事業を発展させてくれるようなヒントをくれたり、多くの人にあなたのことを紹介してくれるかもしれませんよね。

要するに、人脈ネットワークを広げることにつながってくることになるのです。

そうすれば、あなただけでは見つけることの出来なかったチャンスをたやすくGETすることになるでしょう。

6.発明をする

あなたは、発明をしたいと考えたことはありますか?

自分は発明家ではないから、そんなことはできないはずだ・・・そのように決め付けてしまってはもったいない!

私達はみんななんでも発明できるんです。

できないのは、できないと思い込んでしまっているから。

まずは、あなたの生活のなかで「これがあったら便利なのにな」というものを書き出してみてください。

きっとたくさんあるはずです。

また、身近な人が困っていること、そのことに対してこういうものがあればその人の生活を助けることが出来るのにな・・・なんていうものもあるはず。

その的を絞ったのであれば、実際に作ってみましょう。

経費がかかるかもしれませんが、それを発明することによってあなたの名前を世界に知らしめることになるかもしれません。

特許を取って基盤を作る

発明をしたらそのままにしてはいけません。

誰かにその発明を真似され、盗まれてしまうかもしれないんですね。

その考え、その発明にいきつくにはかなりの労力が必要だったはずです。

そのようにならないために、特許を取得してください。

特許とは、他の誰にもマネされない権限になります。

それを取得することによって、基盤を作りましょう。

その基盤を元にビジネスをしたり、その特許を使いたいといい始める方が出現します。

その特許を貸し出す場合には、お金を支払ってもらえるので良いビジネスになりますよね。

7.本を出版する

あなたが実業家になるまでの道のり、また、あなたがこれまでの人生のなかで苦痛に感じたこと、幸せだと感じたことなど自叙伝を本にして出版しましょう。

今では、誰でも簡単に本を出版できる時代になりました。

とはいっても、電子書籍になりますが。

もしも、大手出版社で出版したいのであれば、本内容を作成してから持ち込むようにしてください。

時には、修正を依頼されることもありますが、それでも出版できるとなることも。

知名度を上げるため

でもどうして実業家なのにわざわざ本を出版するんだろ?

そのように感じていませんか?ずばり、その理由は”知名度”にあります。

本を出版することによってあなたの知名度をあげることができるんですよね。

とはいっても売れなくては意味がないので、売れるような、誰もが読みたいと思うような内容に作り上げなければなりません。

最近の書店の自己啓発本販売売り場には、実業家の方たちがどうやって実業家として成功することが出来たのか・・・なんていうことを題材にしている書籍が販売されていますよね。

そこにないようなものを作り出すことが出来ればサイコウですね!

それに本を出版すれば、ひょんなことからテレビで特集、雑誌で特集されることになり、さらに知名度を広げることになります。

それに母校の図書館に寄贈をすれば、その学校に通っている学生たちが読み、口コミで広まるなんていうことも期待できます。

現代の学生たちはSNSが主流になってるので、それを逆手にとり利用するのもいいですね。

また、筆者の知り合いの実業家が本を出版した際には、本を購入した場合にフェイスブックでその本の写真とコメントを投稿すれば、本の元原稿のコピーを送ってくれるというサービスをしていました。

元原稿と実際に販売された書籍とでは、内容が違っていることは聞いていたので筆者も参加しましたよ。

それによって、人が人を呼ぶようになるんですね。

どんな人が主に実業家になる?

これまでに実業家で成功する人のやっていたことをお伝えしてきました!

それを読んだ後に、「自分は実業家に向いているのか?」なんて思うかもしれないですね。

また、どうしてあの人は実業家になったんだろうなんて不思議に感じてしまう人もいるでしょう。

ここでは、どのような人が実業家となって活動しているのかどうかをご紹介していきます。

もしかしたら、あなたの現在の状況にあっていないこともあるでしょう。

これからご紹介するのは、ほんの一例。

あなたが実業家になってはいけない、ということではありません。

あなただからこそ気づくことがあるでしょう。

あなただからこそ、救える人たちがいるはずです。

参考程度にお読みくださいね。

1.若い成金

若くして成金になった方は、実業家になる可能性がとても高いです。

なぜかというと、成金になってしまったからこそ、どこかで雇用形式で働くのはいやだと感じてしまうんですよね。

だったら、自分でガツガツ稼いでしまったほうがいい、と思うんです。

なかには、税金に関してしっかりと勉強せずにのちのち国税局から指摘されてしまう成金さんもいます。

あなたは、そのようにならないようにしましょうね。

2.投資で成功した人

株、FXなど投資によってこれまでに持っていない多額のお金を得ることが出来た人は、「お金を増やす」ことに重点をおいていることが多いです。

複利ですね。

そのため、投資によって設けたお金をさらに増やすための方法を考えるようになります。

そこで思いつくのが、自分で事業を始めることなんですよね。

投資で成功した人だからこそ、社会の動き、お金の動きに敏感なので実業家としても成功しやすいという面があります。

3.スポーツ選手を引退した人

スポーツ選手は、多額のお金で契約をしていますよね。

引退した後には、遊び人でない限り多額のお金が残っていることになります。

そのお金をただ使っていくのではなく、もっと増やすために実業家になります。

サッカー選手、野球選手などで実業家になっている方は、テレビでも特集されていたりしますよね。

スポーツ選手というのは、特殊なもので多くの人が社会人として働く始める頃には既に、選手として戦っています。

社会経験が皆無に等しいんですね。

そのままでどこかに雇用されるのは、少し難しいことも理由にあるのかもしれません。

とはいっても、人とは違った視点で成功する方が多いのです。

4.芸能人を引退した人

芸能界で活躍した人、できなかった人・・・どちらも芸能人を引退した後に実業家として活躍する方がいます。

というのも、一時は芸能人として芸能界で活躍したことのある人ですから、多少はファンの人、知っている人がいますよね。

まさに自分をブランド化し、事業家として活動しているんです。

一般人からみたらちょっぴりうらやましい気持ちもしますが、成功するためにはブランドだけではダメです。

どんな戦略でやっていくのか、それも必要。

5.親の代から資産家

もともとお金持ちの家庭に生まれたら、多額のお金を運用するのが当たり前だと思いながら成長することが多いようです。

その際に、どこかに就職するのではなくその資産を使ってさらに新しい事業を始めるのです。

しかし、少し世間知らずなところもあるのでお付き合いする際には気をつけたほうがいいかもしれません。

まとめ

今回は”実業家”について特集してきました。

これからまさに実業家になりたいと感じている人、実業家として駆け出し始めた方にとっては、これからどうしていけばいいのかのバイブルになったはずです。

また、実業家になりやすい人についてもお伝えしてきました。

とはいっても、実業家として成功するかどうかはあなたの心の持ちよう、そして行動力にかかっています。

いつまでもじっとして考えているのではなく、ぜひ外に出て新しい情報を得ながら多くの人と会話を交わすようにしてください。

数年後には、今のあなたからでは想像できないような人になれるはずですよ!