CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

彼氏ができる方法10選【出会い作り編】。まずはこれできっかけを作らなきゃ!


彼氏がほしいのに彼氏ができない!

そんな悩みを解決するために彼氏ができる方法を出会い作り編でご紹介します。

彼氏ができないと悩む人が多い

彼氏がえきないと悩む人が増えています。

クリスマスシーズンともなると、街なかには幸せそうなカップルが溢れます。

ですけれど、最近の統計によりますと「20代、30代の若い女性の実に60%以上が彼氏がいない!」という報告が出ています。

女子力は昔に比べておしなべてアップしています。

みんなそれなりに可愛くキレイにしているのに、昔に比べると彼氏のいない女子の割合が増えています。

彼氏がほしい!と思っているのに、実際には彼氏ができずに悩んでいる人が多いのです。

すぐ欲しいのに…


「女性の地位向上!、女性も社会進出して自活する力を手に入れよう!一人立ちしよう!」などと、勇ましい掛け声があります。

ですが、
「頼りになる男に側にいてほしい、それでこそ毎日の生活や仕事に張りがでる。」
と思うのが若い女性としての本音ですよね。

周りに彼氏がいると余計に焦る

とくに、周りに彼氏ができると余計に焦ってしまいますよね。

今まで女同士で、仲良くやってきたのに、「ごめん、今日予定があるから」
などはありがちなケースですが、

彼氏とのデートにいそいそと出かける様子をみたら、彼氏のいないあなたとしては、もう羨ましくて仕方がないでしょう。

焦ってしまうのは当然です。

どうして彼氏が出来ないの?

「わたし、見た目もそんなに悪くないし、性格だってそこそこいいのに、なんで彼氏が出来ないんだろ?」

彼氏が出来ないありがちなパターンを順にみていきます。

仕事や趣味に没頭している


仕事や趣味に没頭しすぎのせいで、彼氏ができないケースがあります。

没頭している仕事や趣味のジャンルにもよります。

仕事や趣味に全力投球していてプライベートに時間とエネルギーを使う余裕がない場合は、仕事や趣味の場に適齢期の異性(男性)がいないと、彼氏ができるきっかけがありません。

以前から付き合いがある彼氏がいたとしても、疎遠になってしまうでしょう。

あなたを見初めて、魅力的だと思って誘ってきた男性も、一緒に過ごす時間もエネルギーも割いてもらえないのでは、彼氏になりようがありません。

彼氏の必要性がなくなっている

このパターンで彼氏がいない場合は、それほど悩みは深刻ではありません。

彼氏の必要性をそれほど感じていない人が多いはずです。

仕事や趣味に没頭して、毎日楽しく張り合いをもって過ごせているなら、それで十分満足できているはずです。

仕事や趣味を通じて、彼氏以外でも周囲にたくさんの人たちにも囲まれているはずです。

自宅に引きこもって孤高の趣味を極めているような場合を、人恋しさも特別でしょうが、そうしたケースは例外でしょう。

何事もネガティブに考える

何事もネガティブに考えてしまうクセがついている場合も、彼氏ができにくい傾向にあります。

心理学の研究では、女性の場合、男性に比べると悲観的・ネガティブに物事を考える傾向が強いことが知られています。

何かストーリーを提示して、
「この後ろに結末まで数行ストーリーを追加してください。」
とお願いすると、女性の約半数が幸せだった主人公が不幸におちる悲観的なストーリーを追加するというレポートがあがっています。

この傾向は国籍や年齢を問いません。

理由は、女性はつらい状況になっても耐えて子供を育て次世代を育てていく必要性があるからと考えられます。

どんなに幸せなときでも、ネガティブな状況をあらかじめ予測しておくことで、万一実際につらい状況におちいったとしても投げ出さず耐えて生きていけるようにできているのです。

悲観的にものを見るよう女性脳はつくられているのです。

男性に積極的になれない

どんなつらい状況でも耐えられる強さはありがたいですが、恋愛ではマイナスの影響がでてしまいます。

ネガティブな考え方の強い女性は、男性に消極的になってしまう傾向があります。

「今さっきの会話でも、全然私に気がなさそうだった」

ページトップ