人格が優れている人とはどういう人のことを言うのでしょうか。

そう聞かれると答えられる人は少ないと思います。

それもそのはずです。

人格が良いという概念に一概なものはありません。

つまり決まった定義がないのです。

人格が良いかどうかは相手やあなたがどう思うかで判断されます。

定義的にこのような性格だから、あのようなことができるから人格が優れていると言うことはありません。

しかし、人格が優れている人には共通する部分や特徴があります。

つまり、人格が優れている人の習慣というものがあるのです。

そう考えるとどなたでも人格が優れている人になることができるのです。

そんなこと言っても人格が優れた人になるのは難しいのではないのかと考える人はいますが、そんなことはありません。

まずそんな気持ちや思いを持っているうちは人格が優れた人になるのは厳しいです。

なりたい人間や目指したい人間は思いと行動が一致しないとなれません。

人格が優れた人になりたいと思うことがまずは必要なのです。

そこで今回こちらの記事では人格が優れた人の特徴などをまとめてみました。

ぜひ、記事を参考にしていただきまして、あなたも人格の優れた人を目指すようにしましょう。

人格が優れているかいないかどちらがよろしいですか?と聞かれた場合に人格が優れている方が良いと答える人は多いと思いますよ。

難しくありませんので、簡単に考えて読んでいただけましたら幸いです。

️人格が優れているってどういうこと?

人格が優れているというとどんなことを思いつくでしょうか。

性格が良い人、お手本のようになる人、誰からも尊敬される人など定義があいまいです。

哲学的な話しになると徳を積んでいる人といったような解釈がありますが、一概に定義されたものはありません。

日本においては道徳をしっかりマスター人などを人格が優れているとみますが、それも一理あるだけで、絶対的なものはありません。

では、なぜ人格的に優れているということが起きるのかというと、人はどうしても比べてしまうからです。

相手と比較することで、優れているか優れていないかなどを見てしまう傾向があります。

しかし、真に人格が優れている人は、相手とは比較などしません。

むしろ比較することを醜いことと見ています。

比較する人のほとんどは相手の足りない部分を見て、自分の優位性を示すように動くので、醜い部分が多いと思えます。

つまり、比較しなくても人格の優れた人になることができるのです。

ここから、まず、人格について説明していきます。

人格を理解することで、人格の優れた人の行動や言動などの習慣がわかりますので、まずはしっかり理解しましょう。

人格と聞いて難しいと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

言葉に惑わされてはいけません。

気楽に考えて人格を理解していくようにしましょう。

人格の意味


辞書などで人格を調べると「道徳的に優れた人」という感じで説明されています。

こうなると次は道徳を調べないといけなくなりますが、道徳の意味はというと、「善悪を判断し正しく行動するための模範の総体」という感じに説明しているので、実はかなり抽象的な感じの説明になっているのです。

学生の頃にしっかり教わったと思っていても曖昧なまま頭に叩き込まれていると言った感じなので、大人になるにつれてだんだんわからなくなってしまうのです。

つまり、道徳を完全に理解している人は少ないのです。

そのためしっかり道徳を理解している人が優位に立つような感じに仕上がっています。

どこか人格の優れている人は偉いてきな感じに見られてしまっているような風潮があるのはそのためです。

道徳をしっかり理解していれば、どなたでも、人格の優れた人になることができるのです。

独立した個人としてのその人の人間性

そもそも人格というのは相手を尊重するものであり、言わば相手の優れた部分の特徴とも言えます。

そこを全面に押し出して良い方向へ持っていくことがうまいのが人格に優れた人です。

どちらかというと行動派の人が多いですね。

要は群れていない人が人格が優れた人になっているという確率が高いです。

はっきり自分の存在意義を出せているので、人より目立ち、人よりすぐれているように思えるのです。

一歩前に出た存在と思ってもらってもよいかと思います。

では、どのようなにすればそのようなことができるかと言いますと、自分よがりではなく、相手のことを考えるようにして動くことが重要です。

自分のことばかりにとらわれていると周囲が見えないばかりか相手の目線を気にしてしまうといった矛盾の中に陥ってしまうので狂うのです。

相手が見えると言うことはそれだけ余裕があると言うことでもあります。

その人の人柄


人はそれぞれ違う特徴があり、みんなが一緒ということはありません。

日本では古くからみんながといった考えがあり、みんなと一緒でなければいけないと言った感じに教わってきました。

そのため、少しでも周囲と違うと自分の人柄に問題があるのではと思うような環境なのです。

しかし、それは必ずしも正解とは言えません。

むしろこれからは一緒ではだめなのではとも言われ始めています。

自分の意見や考えなど特徴を前面に出して相手から否定されてもそれは相手が否定しただけであって、不正解というわけではありません。

むしろ、正解がないと思った方が良いかもしれません。

いままで多数決など、数が多い方が正解といった感じではありましたが、そんなことはありません。

故に少数でもOKなのです。

その人の持つ人柄が発揮されないと意味がありません。

人格者はしっかりとご自身の人柄を理解している人なのかもしれません。

その人固有の人のあり方

相手のあの言動や行動が気に食わない!

そう口にする人がいますが、相手のその行動や言動によって何か起きたことはありますか?

仕事で失敗をして責任を背負わされた。

などと口にする人はいますが、本当にその人が影響しているのでしょうか。

よくよく考えると自分に至らない点があったことから起きているケースが多いと思います。

このように相手の特徴や人柄を尊重できない人は何か起きても相手のせいにしている人が多く、自分を見れていない人がほとんどです。

人格に優れている人は相手は自分を移す鏡のような存在と考えているので、相手をよく見ます。

つまり、相手を見れないと言うことは自分を見れていないと言うことです。

相手を尊重できない人が自分を尊重しろと相手にせまっても無理があると言うことです。

その人はその人であり言動や行動が気に食わなくてもあなたにその人を否定する権利はないのです。

つまり人格とは

ここまでの説明から人格という言葉をもう一度振り返ってみると、道徳的に優れた人のことを言うとありましたが、つまりは、相手を尊重できる人が人格に優れた人の可能性が高いのです。

だからと言ってどうしても好きになれない相手を尊重するのは、何だかと思う人は多いと思います。

しかし、その尊重という言葉が実は曖昧なのです。

敬意を表せとか、尊敬しろといった感じに捉える人が多く。

自分を下に置かないといけないと勘違いしている人が多いのです。

尊重とは相手の存在を認めることであって、何も無理に尊敬しろというわけではありません。

尊敬ができなくても許すことぐらいはできるのではないでしょうか。

人格が優れている人は相手を許したりして尊重しているのです。

よくよく考えれば人格の優れた人にイラッとする人はいませんよね。

相手を尊重できているから人格に優れているのです。

人格が優れているってどんな人?

前文にもある通り、人格に優れている人は相手を尊重している人です。

相手を尊重することができるから周囲の人がついてくるのです。

相手の特徴などがご自身に合わなくても気に食わないと思うこともなく、ただ、そういう人なんだなと思うので、いちいち何かしらの注文をつけてくることはありません。

気にしていることの方が無駄と考えています。

自分に自信がない人ほど、相手を支配しようと考える人が多いのです。

最近の社会ではこのような感じの人がトップに立っている傾向が高いです。

ブラック企業という名称が日常的になってきたのもこのためです。

年齢が上の人の意見が正しい、役職が上の人の意見が正しい、社長の言うことは絶対だと言う人はいますが、それがもう正しいとは言えない時代になったと思います。

これからはいかに相手を尊重できるかが大事になってくると時代です。

つまり、これまで人格に優れていたと言われていた人たちは時代より先に進んでいた人たちなのかもしれません。

️人格が優れている人の8個の特徴

それではお待ちかねの人格が優れている人の特徴を説明していきたいと思います。

大きくピックアップして特徴は8個あります。

いきなりすべての特徴をマスターしろとは言いません。

すべてをマスターすることの方が難しいです。

まずはあなたにあった特徴を見つけてそれを実践しましょう。

中にはどれも該当しないと言う人がいるかもしれませんが、仮にそうであった場合は、あなたの身の回りでこの特徴を持つ人を見つけましょう。

見つけてその人と交流する時間を増やしてあなたに刷り込ませれば良いのです。

自分で実践目指すのも間違いではありませんが、相手から教わる。

盗む方が身につくのが早いです。

そんな人に近づいて大丈夫なのでしょうかと言った考えを持つ方もいらっしゃいますが、まずはその考えをなくすことが大切です。

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば性格が変わる」という言葉あるようにまずは気持ちを切り替えていきましょう。

純粋な心

人格が優れている人が持っている特徴としてよく上げられるのがこの純粋な心です。

疑いのない心、濁っていない心とも言われています。

一見すると、どんなことにも素直に対応する良い人に見えてしまいます。

それゆえに騙されやすい人と言った感じにも見られてしまいます。

しかし、そのように考えるのがいけないのです。

確かに何でも素直に取られてしまうので騙されるのではないかと思いますが、純粋さ故に相手が騙してきているということもわかるのです。

このような人は騙される前に断りを入れます。

騙される人の特徴としては断れない人と言えます。

純粋な人はどんな人にも対応できる人なのです。

故に人格が優れている人に思えるのです。

すぐにとは言いませんが相手の意見などを素直に聞いてみましょう。

そうすれば相手の意図や考えが読み取れるかもしれません。

【純粋な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

人に優しい

人格の優れている人はどなたにでも優しいと言った感じの特徴を持っています。

一見優しいと聞くと怒らない人と言った感じの印象を持つ方も多いと思いますが、それは勘違いです。

真に優しい人は相手のことを考えて怒ったりもします。

しかし、怒り方が上手いので相手に嫌な思いをさせないことができるのです。

つまり、優しい人は相手のことを考えている人と言えます。

相手のことを考えているから優しく出来るのです。

自分のことばかり考えていると相手が見えないので優しく接することもできません。

では、どうすれば相手に優しくできるかと言いますと、相手を尊重することができれば相手に優しく接することができます。

つまりは、相手の存在を尊重しているので相手もあなたのことを優しいと思えるのです。

表面上だけで優しく接しても意味はありません。

しっかい相手を尊重するようにしましょう。

信頼されている

人格が優れている人はどなたからも信頼されている人が多いです。

これは接しやすかったり、話しやすかったりと交流しやすい人と言った感じに捉えられています。

要は相手を差別しない人とも言えます。

心に余裕があり、相手を尊重しているので、どんな人でも分け隔てなく接するので見ていても感じの良い方と言うことが分かります。

では、そうすれば信頼される人間になれるかというと、簡単です。

相手を信頼すれば良いのです。

相手を信頼することで相手はあなたとの接し方も変わってきます。

騙されたりするのでは?と不安に思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

疑って接しているから騙されるのです。

しっかり相手を信頼することは相手のためでもありますので、しっかり相手を信頼しましょう。

真面目で誠実

真面目と言うと悪いことは許さない!と言った感じで頭が固そうに見えますが、それは大きな勘違いです。

頭が固い人と真面目な人は全く違う人です。

では、真に真面目な人はどのような人かと言いますと、絶対的な定義はありませんが、物事を正しい方向に進めようとする人が真面目な人と言えます。

つまり、何か意見を言う際もしっかりとした理由などをつけて言う人のことを言います。

また、受け答えもはっきりしているので、相手からも好印象をもたれるし、安心感も抱くことができます。

よく仕事を任せるなら真面目な人というのはこの所以です。

また、真面目故に嘘もつかないのでかなり高い信頼感を持たれます。

悪いことを許さないのが真面目というわけではありません。

物事を幅広く見れて正しい方向へ持っていく人のことを真面目な人と言います。

【誠実な人については、こちらの記事もチェック!】

品がある

人を比較するのは良くないのですが、人格が優れた人は品がある人と言えます。

自分と比べていろいろと優れている部分が多いとそのように思えてしまいます。

当の相手は優れていると思っていることはありません。

1つ1つの行動が手本になるので、挨拶や接し方から学べることは大きいです。

良く品があると言うと、金持ちのような印象を持ちますが、それは大きな勘違いです。

品があるというのは高価なという意味の前に価値があるという意味があるのです。

つまり、品があるというのは価値があると言うことになるのです。

お金をたくさん持っていても品がない人はいっぱいいます。

故に真に品がある人は行動などが手本にできるので目指したいと思える人のことを言います。

一生懸命

人格が優れている人は何事においても一生懸命です。

目標達成に向けて妥協を許さない感じです。

そう聞くと、接しがたいように思えますが、これは独りよがりになっている人のことを言います。

一生懸命な人はいかに周囲との摩擦を生みながら良い方向へ進めようと考えます。

つまり、猪突猛進に突っ走るのではなく、チームプレーで目標達成へ向かうのです。

一生懸命ですが、一緒懸命でもあるのです。

仲間の成功なくして自分の成功なしと考えているのです。

目標達成するのにどうすれば良いかを考えています。

そんなこと言っても失敗したらどうするの?と考える方もいらっしゃいますが、このようなタイプは失敗するということを考えていません。

成功するにはどうしたら良いかと考えるのです。

ある意味「成功」ではなく「成幸」を求めています。

学ぶ姿勢

人格が優れている人は常に学ぶ姿勢を持っています。

人格が優れているのにまだ学ぶの?と思う方もいらっしゃいますが、人間は死ぬまで学ぶものと思った方が生きていて楽ですよ。

変に大人になったからとか、何かで成功したからと言って悟った感じになるとそこで成長が止まってしまいます。

常に新しいことや知らないことを身につけようという考えがあるから学ぶ姿勢でいられるのです。

いつあってもいろいろな情報を提供してくれる人がいると思いますが、実はそんな人ほどいつでも学んでいるのです。

学ぶ姿勢を持つことで謙虚にもなれますよ。

完璧な人間などいないのです。

人間は常に学ぶようにできていると言っても過言ではありません。

ぜひ、学ぶ姿勢になりましょう。

まずは何かに興味を持つことです。

興味を持つとそのことについて学びたくなりますよ。

空気を読む

人格に優れている人は空気を読むのが上手いです。

場違いなことを言ったり、人に意見を合わせない人、みんなと考えが一致しない人のことを空気を読まないと言って、周囲の目を気にしないといけないと言った感じになりますが、真に空気を読む人は周囲の目を気にしていません。

その場その場ではっきりしっかり口にするから納得されるケースがほとんどです。

自信がない人が言うと空気を読んでいないように見えるのです。

また、空気を読めと言った感じで指摘すると、自分が輪の中に入っていないという感じになって居心地が悪くなるので、そのように相手を支配するような感じになっています。

人格が優れた人が空気を読めるのは周囲をしっかり見ているからです。

そのうえで相手の目を気にするのではなく、自分の意見を通すにはどうすればいいか考えるのです。

️優れた人格を持つために気をつけること

いかがでしたでしょうか。

人格が優れた人の特徴はあなたにもありましたでしょうか?もしくは周囲にそのような人はいらっしゃいますか?

いらっしゃいましたらあなたはラッキーですよ。

ぜひ、その人との交流を増やしましょう。

交流を増やして人格が優れている人の習慣を刷り込ませましょう。

そして、ココからは優れた人格を持つために気をつけることについてまとめました。

大きくわけて12個ありますので、ぜひ、しっかり理解しましょう。

まずはあなたが一番に実践出来そうなことからで構いませんよ。

どれも簡単なことばかりなので難しく考えず簡単に考えて行きましょう。

難しいと思っているのは知らないから触れたことがないからと言った触らず嫌いから起こっているのです。

ぜひ、この記事で触れてその考えを払拭させましょう。

笑顔を大事にする

人格に優れた人はとにかく笑顔が素敵な人です。

何事においてもニコニコしていて心が和む感じです。

よく健康な人が言うには病院で渡される薬よりも笑顔が一番の薬だと言っている人が多いです。

この言葉通り、笑顔が素敵な方は健康であり、また、周囲を和やかにさせてくれる効果も発揮しています。

そんなこといっても笑ってばかりいたら気味が悪いと思われないかという考えの人もいらっしゃるかと思いますが、そんなことはありません。

それは周囲の目を気にしすぎているだけです。

笑顔をほど相手にいい気持ちにさせる手段はありません。

そこをつけ狙って詐欺に働くと言う人もいますが、表面上の作り笑顔はすぐにわかりますよ。

どうしても笑顔になれないと言う人はまずはバラエティ番組などを見て笑うようにしましょう。

思いやりを持つ

人格が優れている人は、相手を尊重している人です。

つまりは相手に対して思いやりを持っている人と言えます。

相手のことを一番に考えているので、思いやりを持つことができるのです。

それでも人間は自分が一番と考えるのではないかと言いますが、そうであったとしても「YouFirstMeSecond」の考えがあれば、相手を一番に考えることができます。

相手に対して思いやりを持つことで相手からの信頼感も得られますし、相手を尊重することもできますよ。

どう頑張っても自分を一番に考えてしまうと言う人は、「YouFirstMeLast」と言った感じで自分を下げれるとこまで下げる考えを持ちましょう。

相手の踏み台になるのではと思う方もいらっしゃいますが、最近ではスポーツの世界などでもゴールを決めた人よりゴールを決めるアシストをした人の方がピックアップされるようになってきていることからもわかるように踏み台の方が重要なのです。

マナーや礼儀を身につける

社会上のマナーや礼儀を身につけるだけで人は違ったように見られます。

しかし、マナーや礼儀と聞くと敷居が高くなったかのような感じがして抵抗感を覚えるような方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

そもそも言葉だけが先行してマナーや礼儀はそんなに敷居の高い物ではありません。

むしろ、当然ぐらいと考えるほど軽い物です。

よくテレビ番組とかで着物を着たおばさんにマナーがなっていないと怒られる場面がありますが、あれは敷居が高い場所でのマナーです。

マナーや礼儀は場所によって違いがあるのです。

例えば近所付き合いであればあった時には挨拶をすると言った感じがマナーにもなるのです。

そう考えると普段しているようなことと変わりませんよね。

難しく考えなくても大丈夫なのです。

感謝の気持ちを持つ

人格が優れている人はとにかく相手に対して感謝をします。

逆に自信のない人は相手の欠点など荒を探して相手を怒ることばかりをします。

これは感謝をすることが相手へ対するおもてなしや尊重とも言えるのです。

怒ってばかりいる人は相手の存在を認めようともしません。

よく最近ではおかげ様で生きると言いますが、このおかげ様が相手への感謝なのです。

常に相手に対して「ありがとう」と言える人は人格に優れていると言えます。

感謝することでご自身だけでなく、相手も成長することができるので、まさにウインウインの取り組みになりますよ。

できるだけ感謝するようにしましょう。

なかなか感謝をする機会がないと思っている方もいらっしゃいますが、朝めざましがなって起きれたらまずめざまし時計に感謝ですね。

バスに乗って会社に着くことができたらバスに感謝です。

このように当たり前の中にはいっぱい感謝があるのです。

それに気づいていないだけですよ。

素直になる

素直な人は誰からも愛されると言います。

よく失敗やミスを隠したりしますが、ここで素直に言うと怒られると思っている人がいますが、これは上司にも問題があります。

そこでいやらしい感じに怒ってしまうと相手は報告や連絡を怠ります。

この場合、状況が知りたいと言う姿勢を見せないと相手もあなたに正直に話しません。

故に素直になることで状況が読み取れるので、失敗を防ぐことができるかもしれないのです。

よく、将棋の勝負でプロと初心者が戦うとプロが勝つのは当たり前ですが、プロと初心者の後ろに相手のプロよりさらにレベルの高いプロがいて指示を出していたしたら初心者が勝つと言うことがあります。

このように素直に受け止めていることが成功への第1歩です。

上手く利用されるのではと思う方もいらっしゃいますが、利用されても結果によってばれます。

なぜこうなった?●●さんにそのようにやれと言われたからです。

このような感じでばれてしまうので、素直が一番です。

ストレスを溜めない

人格が優れている人はストレスを溜めることを良しとしません。

なぜならストレスが最も良くない物だと認識しているからです。

日本は世界でもまれにみる自殺大国です。

なぜ自殺しているのかというとストレスが原因です。

また、癌も世界では稀に見る発生率の高い国となっています。

実は癌の発生も一番の原因はストレスと言われています。

このようにストレスを溜めると心身ともに崩してしまう危険性があるのです。

故にストレスをためないようにしているのです。

要は、ストレスを発散させる方法や笑顔になれることなどを確立させているので、ストレスをためないようにしています。

よく人を見てストレスが溜まると言う人がいますが、それは自分がその人をそう見ているだけで気にしなければストレスが溜まる人間でもありません。

気にすることは相手を支配しようと考えているのです。

ストレスを溜めないためにも他人を気にしないようにするのと、ストレスの発散方法を持つようにしましょう。

自分の軸を持つ

自分の軸を持つと言うのは確固とした自分の考えを持つことです。

一見するとこだわりが強く頭の固い人と言った感じに見えますが、そんなことはありません。

自分の考えをしっかり持つことで、物事の判断能力が付きます。

つまりは騙されない、相手に左右されることがないと言うことです。

自分の考えをもとに最良な答えを導き出すのが人格が優れた人で、自分の考えを最後まで押し通すのは頭の固い人です。

しっかり自分の軸を持つようにしましょう。

向上心を持つ

常に前々の姿勢を持っている人は人格が優れている人と言えます。

要は未来像を描いてその未来に進んでいる人のことを言います。

今でも存在するのですが、過去にこだわっている人はもはや人格に優れているとは言えません。

最近でも多いのが、高学歴を盾にしてきたり、過去の功績を盾にしてきたりするタイプです。

過去は変わりませんが、過去にこうだったからと言って未来が良くなるということはありません。

つまり過去の経歴や学歴で判断してはいけないのです。

過去にこだわる人は向上心がありません。

逆に未来を描いて突き進む人は向上心があります。

向上心があるから前に進んでいると言えるかもしれません。

向上心を持つといろいろな人が着いてきますよ。

プラスの思考を持つ

ネガティブに考える人よりもポジティブに考える人の方が好かれやすいし、接しやすいです。

これは何か相談した時にポジティブな人の方が親身になって相談してくれるからです。

ネガティブな人は、一緒に不安になろうとするので気持ちがダウンしてしまいます。

故に人格が優れている人は、プラス思考を持ったポジティブな人と言えるでしょう。

悪口を言わない

人格が優れている人は、悪口を言いません。

これは言葉は返ってくると言うことを知っているからです。

放った言葉や思いは実現するのです。

実は人の思いは音や光よりも早いのです。

つまり思うと実現する口にすると実現するのです。

故に悪口を言うとその悪口を言うような場面に出くわすのです。

人格が優れている人はそのようなことを知っているから悪口を言わないのです。

悪口を言っても損をするのは自分です。

言わないようにしましょう。

️優れた人格は周りからも評価される

いかがでしたでしょうか。

人格が優れている方の説明は?ほとんどの特徴が周囲から評価されている人の特徴に似ていたのではないでしょうか。

しかし、それは周囲が評価しているだけであって、当の本人にその自覚はありません。

人格に優れているかどうかは相手は決めることであって自分自身では決めることができないのです。

そう考えると、相手の目線を気にしなくてはと思う方がいらっしゃいますが、そうではありません。

相手を気にするのではなく、相手を尊重するようにしましょう。