非モテとは一般的に、異性からモテないこと。

非モテ男子、非モテ女子と世の中には存在する、モテない状況にいる人のことを指す。

誰もがモテたいと思い努力をするものだが、非モテになるとモテない状況を楽しむことができるのだ。

物事は考えようで、モテないことが「辛い」「暗い」と思うよりも、発想を変えて楽しんだもの勝ち。

10代ではモテないと思うと努力をしつつも、20代過ぎれば出会いも増えるだろう・・・と甘い夢を抱き、希望もある。

しかし年代を重ねるごとに自分は非モテの人種で今後もモテないだろうと悟る。

非モテないと自覚することで非モテの人生を楽しむことができるのだと思います。

非モテ男の行動がすごく面白い?

非モテ男の行動は第三者からすれば面白いと感じる。

その多くは、お笑いでも注目される「自虐ネタ」だ。

人は誰でも自分がモテるような自信過剰な話には興味ないもの、

それよりも自虐ネタのようなモテない人生話を聞いている方が断然面白い。

幸せな話は自分自身が幸せと感じなければ受け止める余裕がない、世の中、幸せな話よりも不幸な話の方が盛り上がるもの。

人は誰でも満たされている人生を歩んできていない、日々のストレス生活の中でウップンが溜まっている。

そこにきて、美人な彼女がいて仕事も充実という自慢話を聞いて、何が面白いのだろうか?イライラすることがオチ。

だとすれば非モテの悲しい話を聞いているからこそ、自分の人生なんてマシだな。と安心感を得ることができる。

お笑いの自虐ネタは笑うことができるが、幸せ自慢は笑うことができないのだ。

非モテって何?

非モテは基本的に異性にモテない状態や、そうした人を指すコトバ。

その非モテの中にも生まれ持って非モテ人生を歩んでいる人もいれば、

恋愛経験の出来事が突然に非モテに変えてしまうこともある。

生まれもって非モテの素質がある人はヒトツのことに一生懸命、

趣味や特技だけに集中しすぎて異性との関係をおろそかにしてしまう。

思春期に入ってもオシャレには目を向けることなどない。

要するに異性に興味がわかないのだ。

そのような非モテは年齢を重ねるほど個性が強くなり非モテな人生を寂しいとも辛いとも思わない。

自分が楽しいと思えればよいのです。

一方、恋愛経験から非モテになってしまうことは、理不尽なフラれ方や衝撃的な恋愛経験で非モテとなる。

異性は好きだったが、異性に対して憎しみにを抱くようになる。

異性と付き合わなければ、イライラすることもなく幸せに過ごせるということに、気づくと異性が引くような人間に変化して非モテ人生がはじまる。

非モテは、どちらにしても突然なるものではない。

それぞれの感情が積み重なり非モテは完成するということです。

その名の通り、モテない男子

非モテはその名の通り、モテない男子のことを言います。

もちろん男性だけじゃなく非モテ女子も存在する。

人生、全てモテている人ばかりでは非モテは存在しない。

むしろ注目されるということは非モテ男子はモテ男子よりも多いということです。

自分が非モテ男子と認めていない頃は頑張ってモテる為の努力をするものですが、その努力が意味ないものと感じる日がくるのです。

一生懸命、努力したところで毎回恋愛は上手く行かない、いつも美味しいところでモテ男が現れてしまう。

そんなことを繰り返しているとモテる為に努力してくるのがバカくさくなる。

頑張って彼女を作ったところでズバ抜けた美人でもない、その上に金もかかり、メンドクサイことだらけ。

ある意味、モテ男と勘違いしたような錯覚が非モテ男子にも起こる。

別の意味で女がメンドクサイと感じるのだ。

非モテと自分自身を認めてしまえば気持ちはラクになるもの、女に気を使うことがないことが、幸せと感じれば立派な非モテだ。

20代後半~30歳以上が多い

非モテは10代や20代初期には少ない。それは自分自身が非モテとは認めたくないからである。

まだ、努力をすればなんとかなると考えたい年代が10代~20代前後です。

10~20代は女性に対して夢を描くことも多く「こんな女性と付き合いたい」その為に自分自身も努力することもある。

ですが20代を過ぎてくると夢だけじゃ飯は食えないことに気づく。

飯同様に描いていた人生が違っていることを再認識するからだ。

10代の頃は30代の自分は・・・と夢を描くが30代になると何ら変わっていない。

そう、人生なんてそうそうに変わることなんてないのだ。

顔を整形したワケじゃあるまい、その人の人生は急変しない。

昔は耳にピアスを開けると運命は変わるとか言いましたが、そんなワケない。

運命は自分ではどうすることもなく決められているもの。

まして非モテに人生を切り開こう!なんて野心もあるワケない。

人生ってヤツを悟っているのが非モテ男子であり、その悟りに気づくのが20代後半~30歳以上ということです。

2chの「独身男性板」に生息

非モテの得意分野はネットの世界!ネットの世界ではリーダー的な存在!

普段、リアルに面と向かって会話することは苦手。自分の気持ちを素直に表現することが非モテ男子はできないのだ。

社会経験が乏しい、人間嫌いな非モテ男子とってリアルな世界は行き場をなくしてしまう。

それこそリアルな世界ではフリーズしてしまいます。

非モテ男子の性格は基本的にネガティブです。

物事を良い方向になんて、なかなか偽善臭く考えることができない、そんな余裕あるワケがない。

それでも他人の行動には感心がある、キレイごとを並べるヤツに一言いってやりたい。

その発散の場所が2ch。

2chで話を盛り上げているのは非モテ人間ばかりである、2chは「独身男性板」非モテ人間で出来上がっている。

だからこそ2chを見た後は何とも言えない気分になりつつも、思わず笑ってしまう。

そしてクセになり依存してしまうのが2ch。

非モテの特徴は?

非モテの特徴は基本的に異性から嫌がられるタイプである。

一般的には性格はネガティブで暗い、一緒にいても負のオーラを与えてしまうような性格。

そしてネットに関して知識が強い。

それは外に出る機会が少ないからだ。

人がたくさん集まることをキライ、人に合わせることもキライ。

とにかく自分の得意分野の中で生きて行くことが一番の幸せだと思っている。

人間キライが多い。

だけども人間キライなわりに常に人間の行動を気にしている。

それがメディアやニュースに関心している証拠だ。

気になるニュースがあれば一言モノも押す。ただしネットの中で。

そして自分の中での理想的な女性がある。

でもそれはリアルな世界の女性ではなく非現実的な世界での女性。

リアルな女性では楽しい思い出がない、むしろイヤな記憶ばかりだ。

だからこそリアルな女性の話はしても楽しいとも思えない。

とにかく自分の興味ないことは全くと言っていいほど合わせることをしない、それが非モテの特徴だ。

基本ネガティブ

何をやっても上手く行かない、頑張ろう!なんてコトバが大嫌いな非モテ。

何をやっても上手く行かないからこそ非モテの人生が出来上がる、だから「努力は必ず報われる」なんてコトバも大嫌いだ。

リアルな外に出ることは自分の思い通りにならないことだらけ、その中で挫折や屈辱を味わうから性格はひねくれていく。

ネガティブになりたくてなったワケじゃないけれど、人生の中で自然とネガティブに考えてしまうような出来事が多い。

ポジティブな考えを持つタイプは人生で差ほど大きな屈辱を味わっていない、むしろ、成功の割合の方が多いと思い。

頑張った先に乗り越えられたことがポジティブに繋がっているのだろう。

非モテは、そんな思いをしたこがない。

だからこそネガティブに考えてしまいます。

これはどうしょうもないこと。

AAで表すと(’A`)

ネットの中で自分をアピールできる非モテ男は、リアルにコトバで気持ちを伝えることが苦手だ。

ですから電話派の非モテは非常に少ないといえるだろう、そのわりにメール文は非モテとは感じさせないような文面を作る。

その中でも自分の気持ちを表せるAAの表現法。

例えば/赤\ (´∀`∩ (つ ノ- giri ( ヽノ し(_)などを上手に組み合わせて、

赤オニの顔を作ってしまう。

AAで表す表現は無限大、これはコトバで伝えなくてもAA文字で気持ちを伝えることができる、少し厳しいコトバでもAAで表すことでケンカになることはない。

特に2chではAAで表すことが多い「(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ」など・・・

よくよく考えてみれば、AAで会話が成立することも、

それはそれで不気味と言えば不気味ですね。

女性を極度に恐れる

非モテの人生に女性は全く見えないと思いつつも、女性問題が原因で非モテになることもあるのだ。

非モテだって一度や二度は女性に興味があるものだ、別に非モテはホモではないのですから。

でも、せっかくピュアな気持ちで好きになっても、こっぴどく振られてしまえば女性に対して不信感が起こる。

また女性を好きになって振られたりしたら立ち直ることができない、ある意味、非モテ男子はピュアで純粋とも考えることができるのだ。

現に非モテのような男子を好きな非モテ女子はいる、

だけれども非モテ男子と女子の違いは非モテ女子は簡単に裏切る、切り替えることができる。

それは男が影響していることが多い。

非モテ男子じゃないモテ男が現れて恋をしてしまえば、非モテ男子には興味がなくなる。

そのことを知っているからこそ、非モテ男子は女性というものを恐れる。

モテるのに非モテと自称している人もいるから注意!


モテるのに非モテと自称している人は本当の非モテ男子からすると、許されない人間ですよね。

一番、非モテがキライなタイプと言えるでしょう。

都合の良いときだけ非モテアピールをして自分の地位を上げている、「オレ、電車は好きだよ」といつつも、電車について詳しくない。

そもそも非モテは自分から自称していない、周囲が見て引くから非モテ男だと思います。

特定の彼女がいるのに非モテをアピールする男は、非モテのことを何ヒトツ分かっていない。

非モテは自分から率先して告げることではなく体から湧き出るものが非モテであり、仲間も非モテが集まっているもの。

そんな簡単に飲み会や合コンなどの人が集まる場所に現れることはない、非モテは基本的に家でいる時間が長いのだから。

付き合いは全てネットでコニュニケーションをとることが一般的です。

なぜ、モテてるのに非モテと自称するの?

それは、非モテの自虐ネタは飲み会や合コンでモテるからです。

最初のつかみとしては最高のネタだと思いませんか?

引くような非モテ容姿じゃないからこそ、周りも笑える。

「えーそんなことないでしょう」と言われることを期待しつつ、自分への仕切りを低くすることが目的だ。

イケメンだったり、モテる男は「なんか遊んでそう」「プライド高そう」と思われてしまうマイナスポイントがあります。

そこに非モテを自称することで「この人、こんなに面白いの?」「なんか、フレンドリーで楽しそう」と思わせるのが、

モテるのに非モテと自称している人のテクニックなのです。

ネガティブすぎて面白い、非モテ名言集

(参考:http://maisa.seesaa.net/article/10366644.html

非モテの非モテによる非モテのためでしかないブログ では、もう非モテ以外何も見えない非モテの名言集がたくさんあります。

非モテの人生は毎日がドラマチック。

非モテだからこそ感じることはありますよね。

非モテだって一日にして、いきなり非モテになったわけではない。

意味なく人にバカにされて人生の挫折や理不尽を重ねるとことで、人間はひねくれるの。

その挫折や理不尽さは名言集となるのだ。

この非モテの名言集を見ていると自分自身の悩みが小さく思えるかもしれない、また、非モテになりつつある人生も楽しく思える。

非モテの名言集は人生の応援歌でもあるのだ。

非モテは一日にしてならず

基本的にモテたいと思い方は一般的に多いですが、モテるということは日頃の努力や磨き、積み重ねが大事になってきます。

非モテに関しても同じことが言えますよ。

非モテは突然なるものではありません、それまでの人生の積み重ねによってなるものである、という名言があります。

非モテになるつもりはないけれど、挫折や男女間の理不尽なことを繰り返していると、非モテになって行くのかも知れませんね。

人は周囲から優しくされると、周囲に優しくすることができます。

しかし非モテの人生のように冷たくされることが多くなると、周囲に優しくすることは無理。

それどころか、独特なひねくれた考えになるということ。

ひねくれた考えが強くなればなるほど、表情も笑うことがすくなくなり変化していきます。

これは2日1週間で作れるものではないということ。

非モテは長年の人生の積み重ねで非モテとなるのです。

ブルーアイ、お前もか

「ブルーアイ、お前もか」とは?どゆうこと?それは、青い目をした欧米人の中にも非モテがいるということを伝えています。

これこそが真の国際交流であり、国際理解である・・・

たしかに青い目をした欧米人はカッコイイイメージが強いですよね。

正直、同じアジア系よりは欧米人の方と付き合いたいと思うことも。

しかし、欧米人の全てがモテるとは限らないのです、欧米人の中では同じ欧米人で非モテが存在するもの。

それは欧米人の洋画を見ていると分かりますよね。

スクールで必ず一人は非モテキャラがいます。

ま、最終的には、そのバカにされてた欧米人の非モテが人気者になりスクールで1番の女子と付き合うことができる・・・それが欧米人非モテ洋画のあるある。

とは言え、現実は、どうか?と考えるとやっぱり欧米人の非モテも日本人と同じ。

これは欧米人に限らず世界各国共通なことかも知れませんね。

まさに真の国際交流であり、国際理解であると言えるのでは?

一人の非モテにも五人の脳内彼女

「一人の非モテにも五人の脳内彼女」とは、
非モテはたいてい、妄想の世界ではモテモテだということを伝えています。

人間は基本的に妄想が好きな生き物です、とくに非モテであれば妄想することは大得意!
現実に不満があるからこそ、妄想では自分のやりたい放題に生きて行くことができます。

男に生まれたからはハーレム状態に1度はなりたいもの。

ですが、現実でハーレム状態を楽しめる男は、そうそういません。

ハーレムになる為には容姿ももちろんですが、容姿に自信がない場合は金銭的に潤ってないとハーレム生活をすることができません。

それだけハーレムになることは難関なことなのです。

非モテの男が現実でハーレムになることは難しいこと、だったら、そんなつまらない現実よりも妄想の中で生きればいい。

妄想の中だけなら憧れの俳優やアイドルにもなれるし、憧れの女性とも付き合える。

妄想の中でならゲス不倫をしても許される。

非モテの妄想の世界では最低でも5人の彼女と同時進行しているのだ。

彼女をもたない、つくらない、もちこませない

「彼女をもたない、つくらない、もちこませない」これは、

非モテ三原則である。

これを守ることができないヤツは非モテの友情を壊してしまうことになる。

非モテの友情を保つために守るべきものだと言うのです。

非モテでありながらも彼女がいることはブサイクな女性であれ、非モテではなくなる。

非モテで彼女を作っても結局は非モテじゃない男に取られるのがオチ。

だからこそ女を信用するな!ということです。

非モテには非モテの文化があり、盛り上がる会話がある。

そんな中に「彼女」の話を持ち込むことは得意分野でない話。

非モテは得意分野でない話を持ち込まれることを何よりもイヤがる。

モテた経験がないから「女について」語られても言い返すことができないのだ。

非モテが彼女を作ったことで会話も盛り上がることがなく空気が壊れて行く、「頑張れよ」なんてアドバイスできるほど非モテは心が大きくない。

だからこそ非モテ。

どんな世界でもルールは存在するもの、そのルールを乱す人間は嫌われる。

これは非モテの世界も同じである。

中にはポジティブな非モテも


非モテは根暗でインケンなイメージが強いですよね。

モテる人間を憎み、皮肉ることで喜びを感じる。

でも、それは全ての非モテが同じとも限らないこと。

やはり非モテ人生と言えど、物事は考え方次第でポジティブになれる。

非モテということは辛いことばかりじゃない、

非モテの人生を話題にすれば周囲が笑ってくれるアピール方法になることもある、

非モテでネガティブなタイプは自分自身の人生を隠そうとしてしまうから。

中途半端に二枚目になろうとしてしまうからこそ、恥じらいが生まれてしまう。

その殻を取り除くことができたら非モテの人生もきっと楽しめるはず。

「モテない自分のオイシさ」をアピール

非モテである自分自身を愛してあげることが大事!非モテは恥ずかしいことではない。

非モテの人生は辛いことさえも笑いに変えることができる、それはお笑いで言えば、かなり多いジャンル。

自虐ネタの多くは非モテの人生をアピールしている。

例えばアンガールズのキモ可愛いも何だか行動や容姿はキモイ。

でも見方を変えれば可愛くも感じる。

一世を風靡した「斉藤さんだぞ」もハゲを売りにした非モテ人生を、面白くおかしくネタにしています。

それだけじゃなくデブを売りにしているものもあれば、ブサイクな顔をウリにしているネタもあるのです。

非モテネタを売りにした芸人の多くはモテ人生に変わっている。

非モテの現実を面白く伝えるかが大事。

それにはトークスキルやポジティブに切り替える考えが大事になってきますよね。

SNSにオタク写真をアップしたり

SNSを利用すれば非モテの人生も輝くことができる。

とくにInstagramやTwitterは写真が面白いだけで注目される、最近トレンドの変顔や顔アプリですが非モテであれば、変顔する必要もない。

ただ、趣味を極めたオタク写真をアップすれば注目される確立も大!

しかも類は友を呼ぶで同じような仲間が集まってきます。

非モテの人生にとって仲間ができることは無敵です。

たった1枚の写真から人生が大きく変わることがあるのです、例えばピコ太郎も別にカッコイイ映像をアップしたワケではない。

ただ単純に面白いと本人が思ったことをアップしただけです。

それが広まり今に至っている。

自分の中でも面白いと感じることは他人も共感してくれるかもしれない。

非モテにとってネットの世界は得意分野。

オタク度を極めるSNSを日々利用することで注目される、現に非モテのブログは注目されているのだから、SNSは利用して楽しみたい。

でも、やりすぎてウザがられることも


とは言え、非モテはオタクゆえに興奮がマックスになると、周囲も止めることができなくなる。

必要以上に相手に自分の感覚を押し付けることはウザいと感じられることも。

非モテのオタク文化を面白いと感じていても、いきなりオタクにはならない。

これは非モテが一日にしてならず・・・という感覚と同じです。

非モテを分かってもらうためには距離が大事!

いきなり求めるではなく様子を見ることが大事です。

現にオタクゆえに攻めすぎたことが、今の失敗に繋がり非モテの人生がはじまっている。

非モテが注目されていることはチャンスです、そのチャンスを生かすも殺すも自分のサジ加減だと思います。

非モテの面白ネタが見られるサイト紹介

非モテに興味を持ったら「非モテの面白ネタが見られるサイト」を覗くことがおすすめですよ。

どうでもいい日常的な内容から独自の非モテ的な考えを綴っているブログも多いです。

非モテが更新しているブログは初心者には少し分かりにくいところもありますが、

読み続けて行くと独特の言い回しが面白く感じます。

また、非モテが更新するブログは正直ルーズ。

毎日更新するというよりは書きたいときに更新しているという感じです。

ですから、見る側としてもあまり過剰な期待はせずに緩くブログを覗きにいくことがいいかもしれませんね。

独身VIP速報

独身VIP速報は独身の独身による独身のためのまとめブログです。

主なカテゴリーは「アバウト(随時更新) 」「 恋愛(結婚活~喪など)」「(対人関係(コミュ障~家族など)」「(生活(暮らしなど)」「 (社会(仕事~学校など)」「病気(精神~容姿など) 「雑記」を独自の独身男性の視点から書き綴っています。

その他、いろいろな恋愛相談に対する非モテ男のアドバイスも見ものです。

独身VIP速報(http://dokusoku.liblo.jp

もだにゅーす!

もだにゅーす!は主にツイッターやトゥギャッターから、興味のある出来事を2chまとめ風に見やすくまとめていくサイトです。

もだにゅーすの考える男性はとても自分に都合のいい勘違いをしやすいもの。

本業との絡みもありニュースではなく興味のあるTwitterをまとめていくサイトです。

非モテ・コミュニケーションに関する面白そうなスレッドをまとめています。

1日1件20:30までに更新しています。

もだにゅーす!(http://blog.livedoor.jp/game_kurounin/

MOTESOKU

MOTESOKUは美容、ファッション、時々サブカルの話題を中心にモテ関連のスレをまとめます。

ブログ名「モテ速 」ブログはリンク、RSS登録フリーです。

登録に際して特にメール等は必要もありません。

人気の読み物としては「これを守ればダサくならない鉄則」「低価格オーダースーツ」「野生爆弾の川島はマジで天才だと思う」「目と眉の間を狭くするスレ」「手ぶらで外歩いてる男が全然居なくなった件」「髪の量が多い奴来い」など非モテ独自の目線が楽しい。

新着の「羽生くんに激似の俺がモテない理由がわからんのだが」も注目したい記事です。

MOTESOKU(http://motesoku.ldblog.jp

喪男のまとめ切れない事

喪男のまとめ切れない事は、9割方管理人の悪意で存在しているブログ。

誰も見てないことを前提にしたLink と喪男のまとめ切れない事。

2chまとめ、オカルト的な記事の読み物が充実しています。

喪男のまとめ切れない事「アラフォー可愛い 石田ゆり子」「美人時計に出て欲しい美女は? 」「障害者がどうしようもなく怖い・・」など少しブラックな部分も読めます。

喪男のまとめ切れない事(mootoko.blog.shinobi.jp/)

喪男のブログ

喪男のブログはmaroさんによる「「彼女いない暦=年齢」31歳喪男、

デブから福山雅治になるブログです。

我が独身貴族の戦争目的が嫉妬だからだ! これは諸君らが一番知っている 我々は世間の目に晒され、喪男(女)という蔑称をつけられた!

そして一握りの既婚者が膨れ上がった常識を支配して50余年!独身の独身による独身のためのまとめブログ。

「喪男のブログ」では喪男と付き合いたい&結婚したい喪女を紹介しています。

比較的、非モテサイトがはじめて見る方にも入りやすいブログだと思います。

喪男のブログ(http://ameblo.jp/sutekinadebu/

喪男の日記

喪男の日記はニックネーム rickdom 男性が普通の毎日を綴っているブログ内容です。

最新記事は「引越完了」で最近引っ越して感じたことを紹介、その他にも「8月3日に行った鴨川旅行2日目の旅行」についても・・・

基本的に旅行に関しての内容が主かもしれませんね。

更新率は少なめですから、たまに気が向いたときに覗きに行くと、新しい喪男の日記を見ることができるかも?

喪男の日記(http://rickdom555.blog.so-net.ne.jp

とある喪男の人生ひとり旅

とある喪男の人生ひとり旅は、寝ることと知的ぶることが好きな、とある喪男の人生独り旅のブログ。

ひとり旅が趣味らしく「一人旅をしよう~持って行くとわりとガチで重宝する便利な持ち物~」とガチなブログ内容を最新更新。

カテゴリーを見ると分かりますが、ガチで国内だけじゃなく海外に飛びまわっていることが分かりますよ。

ある意味、喪男関係なく旅行のブログとしてみるのもありかも。

とは言え、こちらも更新は控えめです。

とある喪男の人生ひとり旅(http://junnyobata.seesaa.net/category/25207093-1.html

独喪男が今日を生きる

独喪男がただただやりたいことを発信しているブログです。

最新更新は「肉フェス!?」に参加したことを綴っています。

内容的には日常、食事関係、イラスト関係などですね。

こちらも更新はマチマチです。あまり期待せずに覗いてみると面白ブログを更新しているかもしれませんね。

独喪男が今日を生きる(http://dokumo-kyouiki.seesaa.net

非モテの明日はどっちだ!?

非モテ男子の存在を分かっていただけましたでしょうか?

非モテ男子は本来注目されちゃいけない。

非モテ男子が注目されて女性にモテるようになってしまえば、非モテ男子は絶滅してしまうのです。

だから日常が面白いなんて注目しちゃうことは違うと思います。

非モテ男子だってイチ人間ですから、チヤホヤされてしまえば悪い気はしないはず。

そこで生活パターンを変えてしまうことは避けたいですね、でも結局のところ、人生でいつも理不尽な出来事がおきては、非モテ人生を歩んできたわけです。

だからこそ、注目されても「また痛い目に合う」ことは分かっているのかも。

やっぱり自分が活躍できる場所はネットだな・・・と再認識するのかもしれませんね。