皆さんは何かを決断するときに葛藤してしまうことってあるでしょうか?

どちらかに決めなければならないのに答えがなかなか出せない時や自分では決められないといったことって出てきますよね。

その問題が自分にとって大きく関係してくるほどに決断するということは難しくなっていき、最悪の場合には両方のチャンスを逃してしまうといったことも出てきます。

そういう時って後からこんな事を思いますよね。

「あれに決めておけば良かった」など、問題が終了してから悔やんでしまうことも多くなってきます。

私たちはこういった葛藤してしまうような決断をいくつも選択していかなければなりません。

それは人生を歩む上で必要になり、どうしてもどちらか一つを選ぶという状況がたくさんあるからになります。

ですが、そういった事を自分では決めにくい・決められないという人もかなり多いのではないでしょうか。

そのようなタイプの人は何かしらのチャンスを逃してしまったり、自分で悔やむという機会も増えてきてしまいます。

そして、身近なものから仕事といったものまでかなりの数が出てきてしまい、葛藤する状況にも頭を悩ませるという事態になっていきます。

自分が優柔不断と思ってしまったり色々な考えも出てきてしまい楽しく生活が出来なくなる場合もありますよね。

どうしても何かを決めるときに葛藤してしまうという方は、自分の性格なりを見つめ直す必要も出てくると思いますが、どのようにして乗り越えていけばいいのかもわからないはずです。

そこで今回のテーマになりますが、大きな問題が出てきてしまった時に感じる「葛藤」ということについて見ていきたいと思います。

決断するということは勇気も必要になりますよね。

その勇気はどこから導き出してくればよいのかということも考えていかなければなりません。

そして、葛藤してしまうのはなぜなのか?ということも知っておく必要があります。

人が葛藤するにはそれなりの理由というものがあるのですが、私たちはそのことについてはあまり深く考えてはいきませんよね。

そこには大きな特徴というものが存在しています。

それでは葛藤してしまう特徴について一つづつ見ていくことにしましょう!

葛藤する理由がわかれば対策を考えるにしてもかなり役に立ってきますので、自分の事と照らし合わせながら読み進めていって下さいね。

️葛藤してしまうことの7個の特徴

なぜ人は葛藤をしてしまうのでしょう。

自分にとって大きな決断を迫られたときに感じるモヤモヤした気持って誰にでもあると思います。

本心ではこの事を優先したいと思っても少し時間がたつともう一つのことも諦められないといった状況って出てきますよね。

人は葛藤という気持ちが生まれてくると簡単に決めるということは出来なくなってしまいます。

その理由の一つに、心の中ではどちらも求めているからです。

自分の利益などを考えていくと、こっちにすれば良いという事は頭でわかっていても決められないという矛盾が出てきてしまいます。

そして、その理由ですがこのような特徴を含んでいることで決めることが出来ないのです。

大事なことや大きな問題


私たちが暮らしていく中で大きな問題にぶち当たるときがありますよね。

そのことが自分の人生を決めてしまうような大きな出来事です。

その選択を誤ってしまえば自分の将来に不安を感じたりと、かなり重要といえることが起きたときは誰でも迷ってしまうということになります。

その大きな問題についてですが、大きくわけて5つのタイプに分けることができます。

ほとんどの人はこのような問題が起きてしまえば葛藤してしまう人が多いと言えます。

人生の中でも大事なこと

人生では知らない間に決めなければいけないという時が出てきますよね。

普段であればそれほど考えないことであってもこれからの将来に大きく左右してくるものであれば悩んでしまうのも仕方のないことだと思います。

例えば結婚を決めることがその一つです。

今まで恋人同士で仲良くやってきた人にとっても付き合っている事と結婚では意味が全く違ってきますよね。

結婚するということは一生同じ相手を愛し続けるということでもあり、急に自信が無くなるということも起こり得ます。

人生において結婚とはかなり重要な選択でもあり、本当に悩むということも大事にはなってきてしまい葛藤するということになるのですね。

このような場合に葛藤する理由は自分の責任というものが頭に浮かんでくるからではないでしょうか。

二人が結婚すれば双方の家族とも仲良くやっていかなければいけません。

また、結婚して家庭を持つということは住まいの周りにも気配りをしていかないといけませんよね。

子供が産まれたら収入の面でも不安が出てきますし母親になる女性であれば子育ての心配も気持ちの中で増えていきます。

独身で仲良くやっていた時とは状況が全く違ってきてしまい、結婚という大きなプレッシャーを抱えることで葛藤してしまうことになるケースが多いと言えます。

このように自分にとって人生での大きな問題が起る場合は、葛藤してしまうということが出てきてしまいます。

自分が本当にこれらのことをやっていけるのかという気持ちにもなります。

これが判断を迷わせる原因になり選択することを悩ませているのです。

また、このような葛藤は仕事でも多くなってきます。

仕事関係の問題


自分の仕事でも葛藤するような問題は多く起きてくるので注意したいところですよね。

例えば転職などを考えている場合がそうです。

今の会社ではある程度の収入などは確保することができるけど、仕事自体にやりがいを感じなかったりすれば転職して新しい可能性を追い求めようといった考えも出てきます。

このような時にも葛藤する理由はいくつか発生します。

転職をしても本当にやりたい仕事かどうかはわかりませんよね。

実際に外側からみる仕事内容と入社してからの内容では大きく異なる場合が出てくるためです。

さらに、収入でも不安さは残ってしまいます。

ある程度キャリアを積んでいたとすれば新しい会社へ移ればヘッドハンティングのような形以外の人は収入がかなり下がってしまいますよね。

このような不安は簡単にどうにかできるものでもありません。

会社に残るのか転職するのかという選択をいつまでも自分の中で考えることになります。

自分の将来にとってこれは大きな問題となってきますよね?

本当に悩むところでもありますし、年齢的にも微妙であればかなり時間がかかってしまうような状況にもなりかねません。

このような問題の乗り越え方というものは後から説明していきますが、仕事関係というものでも葛藤してしまうことは多くなっていくのがわかります。

そして、人間関係についてもこのような問題は多くなるのではないでしょうか。

人間関係の問題

友人や同僚でも自分にとって悪い影響が多い人というのは出てくるものです。

その時に悩むのが連絡を絶つかということになってきます。

人間関係は一度その形が崩れてしまえば修復するのはとても難しいですよね?

友人であれば絶交という結果にもなりかねませんし、仕事関係であればビジネス上の問題が発生するかもしれないからです。

このような場合、彼らとの付き合いをこのまま続けていっていいのかという葛藤に苛まれることになり大きな悩みを抱えてしまうという状況になります。

人間関係も自分では決めることが難しいですよね?もしかすると自分の将来にかなり影響してくる可能性もでてくると思うと簡単に決定するようなことは出来ません。

仕事関係であれば尚更ですよね。

その人の影響力がどこまであるのかということは未知数にもなってきますので、悩む期間も長くなって当然です。

人間関係は普通の場合でも難しいのに連絡を絶つことを決めることはさらに困難になってきます。

さらに人間関係でも、恋愛している人も色々な葛藤があるといえます。

恋愛関係の問題

恋愛関係で葛藤が出てくる一番の理由は、他に気になる存在ができてしまったということが挙げられます。

自分に気になる異性が現われてしまうと色々な心の葛藤が起きてしまいかなり迷ってしまうという経験がある方もいらっしゃいますよね。

今の恋人に何の不満もなくとも心が惹かれてしまう異性が現われたらどうしても気になる存在になりどうしていいのかわからなくなります。

さらに困ってしまう状況がその異性と仲良くなってしまった時ですよね。

同じ職場で出会ったり、サークルで出会ったりと色々な状況が考えられますが、一度仲良くなってしまうと気持ちが流されてしまう場合が多くなってきます。

恋人との距離も少しづつ離れてしまうかもしれませんよね。

さらに、その異性の事が気になる存在から好きという感情も生まれてしまえば悩みも大きくなってしまい自分ではどうすることもできません。

葛藤する日々が続くようになり、どちらを選択していいのかもわからなくなってしまいます。

自分にとって恋愛のことはとても大事になってきますから葛藤してしまうこともあるでしょうし、どの相手を選ぶかで将来も大きく変わっていきます。

これもまた葛藤させる問題としては大きな特徴の一つになります。

そして、お金に絡む問題も葛藤が大きくなっていくものとして考えられます。

お金関係の問題

お金の問題というものは人生でもかなり重要な意味を持つことになりますよね。

その選択を誤ってしまえば手にする収入が変わったりと悩みの種になることは間違いありません。

例えの一つとして就職先の内定を2社から貰った場合などが挙げられます。

どちらの会社も大手企業で人も羨むような場合でも給料の開きが問題になってくる場合、自分の中での葛藤する心が生まれてきます。

就職を希望する会社ですから大体の給与体勢についても知っている場合、自分の20年後などに手に収入というのもある程度は予測がつくはずです。

このような状況に置かれると収入をとるか会社の仕事内容をとるかという問題が発生してくるのです。

一方の会社は収入面では期待できるけど、自分にはあまりやる気の起きないといった仕事内容の場合がいちばん悩んでしまう理由にもなってきますよね。

だからといって仕事面では魅力的でも収入が低い会社は自分にとっての将来は不安です。

自分の金銭面的なことを考えていった場合はこうした葛藤が出てきてしまいます。

自分にとって大きな問題でもある5つのパターンですがどれもかなり難しいものばかりですよね。

実際に自分に起ってしまえば葛藤する人がほとんどなのではないでしょうか。

それでは2つ目の特徴に入りたいと思います。

これもまた葛藤してしまう大きな理由にもなってくるので注意が必要になります。

選択肢がある

とにかく選ぶものが多いときには誰でも迷いが出てきてしまいますよね。

身近な例で言えばお腹が空いている時にレストランなどに入ると注文に迷う人がいますよね?

あのような状態ではどれもこれも食べたくなってしまいかなりの葛藤が出てきてしまいます。

本当であればたくさん注文したところですが食べきれない事は自分でもわかっています。

誰でもこういう時ってありますよね。

ラーメンも食べたいけれどハンバーグも食べたいし、グラタンも美味しそうに見えて決めるのに時間がかかるという場合です。

たくさんの選択肢がある場合にはどうしても葛藤してしまうという特徴が出てきてしまいます。

選択肢と同様に興味があるものが多い時にも葛藤する気持ちがでてきます。

惹かれるものが多い

自分の好きなものや欲しいものが多い場合にも迷いの心がたくさん出てきます。

例えば彼氏から何かプレゼントを買ってもらう場合など、好きなものを選んでよいと言われても葛藤してしまいますよね。

バッグやアクセサリーなども魅力ですし、服なども候補の一つに入ってきます。

実際にお店で見ているような状況であればどれもこれも惹かれてしまって決められないという状態になってしまうでしょう。

葛藤することの特徴ですがここからは自分の性格にも特徴があるため起ることがわかります。

メリットデメリットがある

何かを決めるときにメリットとデメリットを考えてしまう人がいます。

このようなタイプの方は何かを決断するときには葛藤するということが多くなってきます。

性格的に言えば少し神経質の方がこのタイプになってきて、物を買うときなどでも最初に思うことがメリットなどのことになってきます。

確かにどのようなことでもメリットデメリットは発生しますよね。

使っていてとても便利な掃除機ですと価格は高かったりと色々なことが考えられます。

葛藤するということは何かを捨てて一つを選ぶことに迷っている状態ですが、メリットなどで考えだすと中々決まらないかもしれません。

さらに優柔不断の人も葛藤が多くなってきます。

すぐに決断できない

普段からすぐに決断できないタイプの人は一つのことを決められないということになりますよね。

これは自分の中でこれよりもあっちの方がいいかもしれないという気持ちから生まれてしまい、優柔不断のタイプの人がこういった葛藤を抱えることになってきます。

これは自分の性格的な部分からきているので、葛藤を乗り越えるには自分を変えていくしかありません。

もし、自分にとって人生でも大きな決断を迫られた場合などには間違ったものを選んでしまうようなことにもなってしまうので自分を見つめ直すことは必要です。

そして、自分の理想を常に大事にする人も悩むことが多くなり葛藤を引き出していきます。

理想像がある

仕事でも生活でも自分が理想とするものを常に考えている人がいますが、このようなタイプの人は決断するまでに相当な時間を必要とします。

例えば何かの物を買う時にもこの商品は自分の家のインテリアと合うだろうか?しまっておくスペースは最適なのか?などと細かい点を気にする方がこのタイプと言えます。

こうした性格というのも自分が育て上げてきたものですので直すというのも難しいと言えますよね?

考えだすとそれこそ色々な理想を作り上げてしまうので、かなりの葛藤が出てくるタイプになり、結局は決められないという結果も多くなりそうです。

そして、性格でも葛藤することがかなり多くなるのが心配性の人になります。

後から後悔したくない

何か行動を起こす時に心配性の人というのは後悔することをとても嫌いますよね。

自分はこれをしたら後から後悔するかもしれないという気持ちが生まれたら何も出来なくなってしまいます。

普通の感覚であればやってみないとわからないという気持ちがこのタイプの人は理解できません。

そのものに興味があっても失敗するという恐怖が常に心にあるので葛藤してしまうのですね。

これを克服していくには自分を変えるしか方法はないと思います。

あらゆることに対して後悔してしまう気持ちを断ち切るには自分が強くなっていくしかありません。

人が何かをするときに生まれる気持ちである葛藤ですが、色々な問題が出てくることがわかりました。

自分の人生を変えるような出来事だったり性格的な問題もありますよね。

このような問題を解決していくには色々とこれまでの考えを変えていかなければいけません。

次からはその葛藤を乗り越えるための方法についてお話ししていきます。

️葛藤を乗り越えるための方法

どうしても何かを決めるときに葛藤してしまい決めることができないという方は、少し考えを変えてみるということも必要になってきます。

今までの考えでこのまま過ごしてしまえば大事なものを失ってしまう可能性も出てくるので注意が必要です。

そして、この乗り越える方法ですが単純でもあり一番重要になることですので参考にしてみて下さい。

良い部分悪い部分を比較する

今まで何かを決めるときに葛藤が多かった人はそのことに対しての良い点ばかりを考えていなかったでしょうか?

迷うものとは物であったり自分の将来であったりと色々ですが、自分にとっての良い部分だけを見て決めようとすると迷いも大きくなっていきます。

物事を決める場合ですが、一番自分にとって確実なのが良い部分と悪い部分を見極める行動が大切になります。

自分の将来を決めるような大事な選択でも良い部分だけで決めようとすれば悩む時間がとても多くなり、最善の選択をすることが難しくなってきます。

きちんと悪い部分も把握するということがこれからは重要になってきますのでこの点には気をつけるようにして下さい。

この時に大事なのは実際に書き出してみることになります。

紙に書き出して見ると分かりやすい

良い部分と悪い部分というのは頭の中で色々考えていってもまとまりがつきません。

対策法として最も優秀なのがきちんと書き出すということになります。

シンプルですが自分の目で確認すれば色々なものが見えてきます。

例えば車を買うのにも葛藤する人がいますよね?どの車にするか3日以上も悩む人も出てきます。

こういった方ですが、後悔するというケースも多くなり自分にとっては満足のいかない決定となってしまうようです。

こういう場合には買いたい車の良い点と悪い点を書いてみれば自分にあったものがわかってきます。

その中には値段であったりデザインであったり将来的に家族が増えるようであれば、室内の広さなども考えられます。

一つ一つを比較して5年後のことを考えていけばどの車に決めればいいのかという事も比較的簡単になってきます。

これを頭の中だけで考えようとすれば大きな葛藤を抱えることになるのでやめるようにして下さい。

人は頭で考えるときは上手に比較検討することが難しくなってきます。

これは自分の考えていることが優先されてしまうので必要な情報が見落とされることが多くなり、間違った決定をする場合が増えてしまうのです。

面倒だと思っても紙に書き出すという行為はかなり有効な手段になりますのでこれから迷った場合には解決する方法の一つとして活用していきましょう。

次からは自分の持つ性格に大きく関わってくる問題になります。

悩むことの多い人はポイントを一つに絞って考えることで葛藤することを回避できるようになってきますので参考にして下さい。

自分のゆずれないものは何か考える

何かの決断に迷った時には自分に起りうる利益などを優先して考えることが多いと思います。

ですが、このような考えを持ち続けてしまうと本当の答えというのは導き出すことが難しいと言えるでしょう。

自分に必要なものとは何かを考えていく場合、誰でもゆずれないものがあるはずです。

この考えだけはどうしても変えたくないなど、自分で大切に考えている何かというものはありますよね。

まずは、ゆずれない部分という点から決めていくようにすると選ぶときには非常に楽になることを覚えてほしいと思います。

ここでは人間関係という難しい問題での例を挙げますが、自分の中で絶対にゆずれないものとして嘘をつかず正直な人間でありたいと考えているとします。

仕事や友人との関係でどうしても疑問を感じ始めてしまい、その人との連絡などを絶とうか迷った場合には自分の考えるゆずれないもので改めて考え直すということが大切になってきます。

仮に、仕事でちょっとしたことを大げさに話す人であれば、あなたにとっては良い存在とはなってきませんよね。

半分は本当のことでも残りの半分はつくられた話になってきます。

正直な人間という視点から考えればそのような事を言う人はあなたにとって良い影響は与えませんから悩むという事もなくなってしまうでしょうし、決断する上でも正しい判断だと言えます。

人間関係などで葛藤が起る場合にはその人の良い点が思い浮かぶことが多くなってきて、自分の考えであるゆずれないものということは軽視されがちになります。

きちんと自分の考えも含めながら考えることで正しい判断ができるようになりますので参考にしてみて下さい。

自分らしさとは何か考える

葛藤するときには自分自身のことを忘れがちになってしまいます。

一番大事になってくるのはいつでも自分らしさを持つことです。

何かの決断に迷ったとき、普段の自分であればどのように考えていくのかも決定することに対しては重要な判断材料となります。

常に同じ状態ではいられない為にこのような迷いというものが発生してしまいますが、一度気持ちを落ち着かせるようにして自分というものを見つめ直すようにして下さい。

このことは葛藤してしまうこと全てに有効な解決方法となってきます。

恋愛などで他に気になる人が出来てしまった場合などは特にこのような考えが大事になります。

相手に嘘をつきながら他の人とも同時には付き合えませんよね。

自分で一番大切にしていることが素直に生きるということであれば、恋人に正直に話すという決断も出てきます。

その結果、相手と別れることになったとしても後悔はしないはずです。

人の気持ちは変わっていくのも考えなければいけませんから、辛い選択でも自分らしさというものを大切にすれば後からの後悔がなくなります。

人間関係の問題については最終的に誰かを傷つけてしまう場合が多くなりますが、自分らしさというものを大切にすれば答えは自然に出てくるはずです。

このように葛藤とは私たちの心を大きく揺さぶるものになってきますが、どのような状態で葛藤は起きやすいのかを見ていきましょう。

️心の中で起こる葛藤

私たちは生活する上で色々な選択肢を毎日しなければいけませんよね。

ご飯を食べるにもメニューなどを決めたりとそれこそ決めなければいけないことは朝から晩まで出てきます。

そして、その決めなければいけないということは決して強要されたものではありません。

この葛藤というものは全て自分の心の中で起っているのです。

どちらかと選んでしまうとどちらかが選べないという当たり前のことに対して起る葛藤というのは、二つのものに同じように興味があり魅力を感じている状態ですよね。

それを一つに決めなければいけないから心に乱れが生じることになってきます。

さらに、その葛藤となる対象は複数になることもあります。

同時に並べられたものを一つだけ選ぶような状況ではあれもこれもという気持ちになってきますし、悩んでしまいますよね。

お弁当などを選ぶ時でもこういった状態になるときがあると思いますが、とにかく選択に迷ってしまうものです。

葛藤になりやすい状況は自分に必要なものを選ぶ時が多くなりますので、自分にとって何が大切になるのかをきちんと把握していなければいけません。

この事自体がわかっていな場合大きな悩みとなり決められないという状況になりますので、自分のことをもっと知るということも大事なことになります。

このように色々なことに迷いながら決断を迫られる葛藤ですが、自分で決めたのであればそこからは迷うことのないようにしましょう。

️葛藤の中で選択を決断したら

今までも色々と迷った上で決断をしてきた経験は何度もあると思います。

そして、その事に対して悲観的な考えを持ってはダメです。

自分の決めたことは決して取り消すことができない決断になりますよね。

過去に戻れるのであればやり直しということも選択できますが、実際にはそれは不可能です。

ここからは葛藤することが多くなる原因についてもお話ししていきます。

後ろを振り向かない

過去に自分の選択をミスしたという思う方はこれからは後ろを振り向くようなことはしないようにしましょう。

どんなに頑張ったところで過去の選択は変えることができない事実ですよね。

それをいつまでも悔いていても自分の幸せが遠くなるだけです。

何かの決断に対して後悔する気持ちがあるのであれば次からは同じような決断をしなければいいだけですよね?それには自分を見つめ直して下さい。

過去に失敗したと思うのであれば原因も自分の気持ちや性格・考え方というものになってきます。

その事を把握しなければ、また同じような葛藤をして似たような決断をしてしまう恐れがあります。

原因になっている部分を洗い出すことで同じ過ちをしないようにして下さい。

幸せになる努力をする

自分の決断が間違ってしたとしても、これからは幸せになる努力をするようにしましょう。

葛藤の原因は自分の気持ちをきちんと理解していないからです。

日頃から自分についてよくわかっているような状態であったならば、違う選択をしていたかもしれません。

選んでしまったことを悔やんでみても解決することはできませんの、今の自分が幸せになれるように努力をすることが大切になります。

また、努力するさいに考えてもらいたいことは「自分は素晴らしい決断をした」という気持ちで行って下さい。

気持ちの違いで今後の考えや行動も大きく違ってきます。

ポジティブな思考で努力を続けていけば、次に決断をする時は必ず良い結果となって自分にかえってきますので、あまり自分を責めるようなことは考えないようにしましょう。

こういった気持ちを持ち続けていると葛藤してしまう原因ともなっていきますので、今の自分に満足するということも必要になってきます。

もしも…を考えない

葛藤を生み出す原因ですが、もしも…という考えが次々に問題を生み出すことを忘れないで下さい。

どのような結果であっても自分で受け入れることができなければ同じ葛藤を繰り返してしまいます。

もしも…という考え方を持ち続けているうちは自分が葛藤する状況になるのは止められません。

この葛藤を少なくしていくには今の自分が強くなっていくしかないのだと考えます。

️心の中の葛藤、いつかはなくなるときがくる

皆さんは決断したもので後悔していることがありますか?

私たちは仕事でも日常でも常に何かの選択をしていかなければいけませんよね。

そういった生活の中では簡単に決めることができない状態にもなってしまうことが出てきます。

自分の心の中で葛藤しているものがあるのは、自分という人間をよく知らないからでもあり、そのことが物事を決められにくいという状態にしているのです。

自分のことは知っているようで実はあまり理解されていないというのが本当のところではないでしょうか。

この葛藤をなくしていく為には、きちんと自分と向き合ってみるということが大事な意味を持ってきます。

自分の考えなどをもう一度整理してみると大切に考えるものがわかってくるはずです。

その答えが見つかってしまえば葛藤してしまうことがかなり減ってきます。

また、それを続けていけばいつかは葛藤がなくなるかもしれません。

自分の気持ちが決めにくいという人は葛藤をなくすような努力を始めてみませんか?

今までしてきた決断を自分で受け止めて、きちんと自分のことを理解すれば必ず幸せになれる決断を出来るようになります。

そして、どのようなことであっても迷うということもなくなってきます。

そのために必要なのは自分を見つめ直すことです。

その行動が出来るのであなたは葛藤という大きな悩みから解放され、自分の本当の幸せに一歩づつ近づいていくのだと考えます。