人間にはどうしてもプライベートで抱えている事情と感情を消せないことがありますよね。

ビジネスのようなシーンでは出してはいけないはずの私情が出てしまうこともあるでしょう。

人間というのはそう簡単に自分の個人的な事情から逃れることはできません。

そう簡単にスイッチを切り替えられるものではないですから、私情を抱えてしまっている人にとっては、何も考えずに相手に対してビジネス那接し方をする方が難しいと思っているのではないでしょうか。

ですが、仕事の場では基本的には私情を挟まないことが大切です。

それでは、どうして私情を挟んでしまってはいけないのでしょうか。

人間にとっては市場に振り回される方が自然のようにも見えるのに、どうして私情を挟んではいけないと言われてしまうのでしょうか。

誰もが少しは抱えていながら、できる限り外に出さないようにして生きている「私情」について詳しくご紹介します。

️仕事に私情を挟んでしまっていませんか?

 仕事に私情を挟んでいる人を見るとどのようなことを思うでしょうか。

仕事の中では、相手に対しての個人的な感情から動くことを忌避されるのではないでしょうか。

仕事に私情を挟んでいて怒られるという経験をしたことがある人もいるでしょうし、そういったことをしているようでは一人前とは言えないと怒られたことがある方もいるかもしれません。

仕事に私情を挟んでいると、ビジネスの場に出たときに色々な支障が出てしまいます。

私情の所為で相手に迷惑をかけることもありますし、逆に自分の仕事ができなくなってしまう場面もあるでしょう。

基本的には、上の人からは仕事に対しては私情を挟まないようにと言われているのではないでしょうか。

仕事をしている身としては、仕事の場に私情を満ち込まないというのはルールであり、マナーのはずです。

それでも、どうしても持ち込んでしまって何か周囲に迷惑をかけてしまうという人も少なくはないでしょう。

️私情ってどういう意味?


 ここでいう「私情」というのはそもそもどういった意味なのでしょうか。

この意味が分かっていなければ、仕事に挟んではいけない私情など理解できるはずがありませんよね。

まずはここで私情の意味を確認してみることにしましょう。

個人的な感情

 私情というのはそもそも、個人的な感情という意味になります。

それは自分の中だけにあるものであって、他の人の中にあるものではありません。

完全に自分だけの事情という意味なので、他の人に話したところで共感を得られるわけではないでしょう。

ただ何となく相手に対する好き嫌いがあるというわけではなく、何らかの理由があって、相手に対する複雑な気持ちを抱えていることが私情という言葉の意味になります。

そのため、同じ事情を共有している人には分かるかもしれませんが、他の人には基本的に分からない完全にプライベートな意味での感情というのが私情です。

どちらかというと、人にはあまり言えないような事情という意味も含んでいますね。

人には言えず、自分の中に隠し持っているしかできないような事情だからこそ、個人的になってしまって人に知られていないということになるのではないでしょうか。

誰もが知っている状況というのは、確かに「私情の恨み」という意味では使われることがありますが、それほどまでに公然の事情となっていることは珍しく、どちらかというと秘められたイメージを持っていることの方が多いですね。

利己的な心

 利己的な心というのも私情の一つに当たりますね。

私情という言葉を、完全に「こちら側の利益」や「こちら側の事情」という意味で使うのです。

私情というとどちらかというと「自分の中に秘めている個人的な事情」という意味で使われますが、そういったところから「相手を気にせず私情を通す」などの使い方で「自分の利己的な欲」という意味で使われることもあります。

最も、一般的によく使われるのは一つ目の方の意味だと言えるのではないでしょうか。

つまり私情を挟むとは


 ここまでの内容から「私情を挟む」というのは、本来なら自分の個人的な事情を挟んではいけないような場所に、自分の個人的な事情からくる個人的な感情での判断を載せてしまうということを指します。

ビジネスなどは、個人的な感情とは無縁でいなければいけません。

個人的に相手をどう思っているかということを考えるのではなく、例えば利益の為であったり、会社の為という働き方をしなければいけません。

ですが、そのような場において、自分が個人的に抱いている感情を相手にぶつけてしまうことが、私情を挟むという意味になるのです。

相手に対する気持ちを全面に出してしまうような行動をとると、周囲からもおかしいと思われて「あいつは私情を挟んで仕事をしている」と言われてしまいますので、注意が必要ですね。

️私情=私用ではない

 私情という言葉としようという言葉を勘違いして使っている人もいるように思われます。

確かにこの二つの言葉はひびきもいていますし、使っている言葉の同じで、似ているように思われるのではないでしょうか。

ですが、実際には私情と私用とは全く違う意味を持つ言葉になります。

私情を持っている人でも私用をすることがあますが、私用をしている人が必ずしも複雑な私情を抱えているとは限りません。

二つの言葉を勘違いして使っているとかなり恥ずかしいことになりますので、この二つの言葉の違いについても見てみることにしましょう。

私情とは感情のことを指す

 私情というのは、個人的な事情に基づいた感情のことを指します。

自分の中で渦巻いている感情そのものを指しています。

また、とてもプライベートな事情であることが多いというのは、上記でご説明した通りです。

個人的な用事は私用

 私用というのは、感情を指す言葉ではありません。

枝葉という言葉が示しているのは、個人的な用事のことです。

私情を基として人にそれと気づかれぬように動いているとき、確かにビジネス以外のことで働いているのなら「私用で働いている」とは言います。

ですが、私用は私情とはまた別の次元の話です。

個人的な用事というだけであって、そこに個人的な感情が乗っているわけではありません。

私情が合って私用を行うことはありますが、それが同一されるのは全く違う話になってしまいますので気を付けてくださいね。

️仕事に感情を持ち出すのは悪いこと?

 仕事に感情を持ち出すのはどうして悪いことなのでしょうか。

確かに、ビジネスの場においては私情を挟むことは基本的に許されていません。

自分の個人的な感情だけで社会が動いているわけではないですから、仕事の中に感情を持ち出しているというだけで半人前のような扱いをされてしまうでしょう。

では、どうして仕事に私情を持ち出してしまうのはいけないことなのでしょうか。

仕事に感情を持ち出すとどうして悪いことがあるのでしょうか。

私情を挟むのにも良い悪いがある

 私情を挟むということには良い面と悪い面があります。

私情を挟むのは全面的に悪いことだと言われていますが、それは100%悪いという意味ではありません。

私情を挟むことで良いこともありますし、悪いことももちろんあります。

それらをきちんとわきまえていることが大切ですし、きちんと自分でコントロールしておくことが大切なのです。

それでは、私情を挟むのに悪い面、そして良い面にはどのようなことがあるのでしょうか。

私情はなかなか自分では簡単に切り離すことができない者ですから、しっかりとそのデメリットやメリットを理解しておきましょう。

きちんとそのデメリットを理解しておけば、今までよりもずっとコントロールしやすくなるかもしれません。

️仕事に私情を挟まない方がいい11個の理由

 まずは仕事に私情を挟まない方が良い理由について見てみることにしましょう。

自分をコントロールしてまで私情を持ち込まない方が良い理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

私情を挟むことのデメリットをしっかり知っていれば、少しは自分の私情を抑えることができるのではないでしょうか。

仕事への私情の悪影響はきちんと知っておかなければいけません。

オンオフを区別できない

 仕事に私情を持ち込まない方が良い理由の一つ目としては、オンとオフを区別できないというものがあります。

仕事の場においては、オンは仕事をしているときであり、オフはプライベートな時間のことを指しますよね。

きちんとプライベートな時間を過ごすことは大切ですが、このオフの状態を仕事の場に持ち込んでいるのが「私情を挟む」状態にあります。

つまり、オンの中にオフを持ち込んでしまっているのです。

最初は私情を挟んで仕事をしているだけかもしれませんが、それを自分に許していると、いつの間にか自分に対して甘くなってしまい、どちらがオンで、どちらがオフかが分からなくなってしまうのではないでしょうか。

オンとオフの区別というのはとても大切ですが、それをあいまいにしてしまうのが私情なのです。

責任感がなくなる

 責任感がなくなるというのも、私情を持ち込むことのデメリットの一つですね。

責任感というのは、その仕事に対して「きちんとそれを行わなければいけない」という気持ちから出てくるものです。

ですが、私情を挟んでいる人というのは、そういった気持ちから仕事をしているわけではありません。

ただ、自分の私情を満たすためだけに仕事をしているのです。

これでは、メインにあるのは仕事ではなく自分の私情ですよね。

この状態で責任感など生まれるはずがありません。

責任感というのは、そう簡単に自分の中から生まれてくるものではないですから、一度私情を許して責任感のない状態に慣れてしまうと、それ以上はどうしようもなくなります。

仕事へのプライドが減る

 責任感がなくなると同時に、仕事へのプライドもなくなってしまう点が嫌なところなのではないでしょうか。

仕事へのプライドは、その仕事に対する責任感のようなところから来ています。

その仕事をきちんと終わらせるということに対してのプライドが、私情を挟むことで生まれなくなってしまうのです。

自分の私情を優先してしまっているのですから、仕事に対する誇りのようなものはあるはずがありません。

本当に仕事に対して誇りを持っている人は、自分の私情を挟むことを良しとしないでしょう。

それを許して、仕事を利用して私情を満たそうとしている人は、仕事を軽く見ているところがあるのではないでしょうか。

こんな人が仕事に対してプライドを持っているはずがありません。

仕事に集中できない

 私情を持ち込んでいる人は、そもそも仕事に集中していないでしょう。

仕事とは自分のためにするものではなく、何か社会のために貢献しなければいけないというのが本質です。

ところが、その仕事の場で私情を満たそうとしているということは、本来の仕事で目指さなければいけない部分を無視してしまっているということになります。

つまりは、仕事に本当の意味で集中していないということになりますね。

仕事に集中しているときにはそもそも私情というものが浮かんでこないはずです。

きちんと仕事のことを考えていないからこそ、仕事に集中できないということになるのです。

生産性が下がる

 生産性が下がるというのも、仕事に私情を持ち込むことへのデメリットの一つなのではないでしょうか。

仕事に私情を持ち込んだ段階で、その人が主眼に置いていることは、仕事ではなく私情を満たすことになってしまいます。

仕事である程度生産性を挙げるためには、それにきちんと集中していることが大切です。

そのことをしっかりと考えて、その面で実力を発揮しなければいけないのです。

それなのに、そこの中に私情を持ち込んでしまうと、集中力がそがれますし、自分のエネルギーも他に割かなければいけないことになります。

生産性が下がってしまうと、仕事ができない人だと思われてしまいますし、良いことなどあるはずがありません。

効率が悪くなる

 効率よく仕事をするというのは意外と難しいものです。

それは当たり前の話で、効率よく仕事をするためには、どのようにすればエネルギーを使わずに仕事をできるのかということを真剣に考えなければいけないのです。

ですが、私情を仕事に持ち込んでいるときには、仕事のことではなくて私情のことで頭がいっぱいになってしまいます。

やはり、ビジネスのことを考えているよりも、ずっと、自分のプライベートに関係していることを考えたくなるものだからです。

そうして自分のことで頭を一杯にしている人の場合には、仕事での効率など考えられなくなります。

単純作業で何を考えていても仕事が進むというのなら良いですが、私情を挟むことで効率が悪くなる仕事についている人はたくさんいるでしょう。

目標意識が下がる

 私情を挟んでしまった場合、その人の仕事における第一の目標は私情を満たすことになってしまいます。

つまり、仕事を仕上げることが第一の目標ではなくなってしまうということです。

これでは、仕事においては目標意識が下がってしまっているとしか考えられません。

私情を満たすことが第一の目標であれば、仕事の方はどうなっても良いということになりますよね。

最悪の場合、仕事があまりうまくいかなかったとしても、私情の方が満たされればそれでよいと考えるようになるからです。

目標意識が低いような場合には、あまりうまくいかないことも多くあるでしょう。

きちんとした目標を持って仕事をしていることで、仕事の質を上げることができるようになりますが、それができなくなってしまっている状態だと考えると良いでしょう。

悩む時間が多くなる

 悩む時間が多くなるというのも問題ですね。

時間というのは有限なので、悩んでいる時間が多ければ、その分だけ仕事をする時間が無くなると言ことにもなります。

これでは、物理的に仕事ができない状態になると言っても良いでしょう。

思い悩んでいる時間というのは、確かに人生の中では必要なものに違いありません。

ですが、ビジネスな場で自分のことで悩んでいる時間というのは無駄な時間に違いがないのです。

与えられた時間の中で与えられた仕事を終えたいと思っているのなら、そこに私情で思い悩むような時間を入れてしまってはいけません。

それだけで効率が悪くなりますし、仕事の時間が長くなってしまうという点でも良いことなどないでしょう。

損得で行動してしまう

 私情を入れると、その場で損得ばかりを考えて行動してしまうという特徴も出てきてしまいますね。

損得勘定のみで行動しているのは悪いことではありませんが、その損得の基準点が自分の私情にあってはいけません。

会社で仕事をしている以上、しっかりと仕事の面で得になるような判断をしなければいけないのです。

それが、自分にとっての損得で動いているというのなら、それは確かに問題がありますよね。

損得ばかりを頭に思い浮かべて、私情を満たしているような行動をとっていると、それが会社にとっては損になっている場合もあります。

会社にとっての使えない人間に成り下がってしまう可能性もありますので、きちんとした判断をできる冷静な頭がなければいけません。

私情は、その「冷静な頭」を阻害するような働きを持っています。

周りからの評価が下がる

 仕事に私情を挟むということは、仕事に集中していないということになります。

さらには、自分のために働いているということになりますので、仕事に対する意欲の低さが露呈していますよね。

また、仕事に私情を持ち込んでいるというだけで未熟な人間のように思われてしまうのです。

つまり、私情で働いていればいるほど、周りからの評価が下がってしまうということになります。

周囲からの評価を下げてまで自分の私情を満たす必要はあるのでしょうか。

私情は感情なので、一時期だけのものである可能性も高いのです。

それなのに、一生を捧げる仕事の中で評価を下げるのは馬鹿らしいと思いませんか。

人としての印象が悪くなる

 人としての印象が悪くなるというデメリットもあります。

仕事の場においては、私情を挟まないようにするというのがルールであり、マナーです。

そんなことは誰もが知っているのに、その中で私情を挟んで仕事をしているというのは、平気でルール違反をしているということになるでしょう。

逆に、私情を挟んでもおかしくないような場面で私情を挟まなければ、きちんとその人に対しての印象が良くなるのではないでしょうか。

他の人がしないようにしていることを平気な顔でしている人間のことは、ビジネスマンとしてではなく、人間としての評価が下がってしまってもおかしくありません。

️仕事に挟んでもいい私情もある

 ここまで、仕事に挟んではいけない市場についてご説明してきました。

確かに、世の中でも仕事に私情を挟むのはいけないことだと言われていますよね。

私情を挟んでいるだけで人間としての評価を下げてしまうということもあるのは怖いですが、それがルールなのです。

ですが、実は中には仕事に挟んでも良い私情というものがあることもご存知ですか?仕事に私情を挟まないという当たり前のルールをきちんと頭に置いているうえで、仕事に挟んでも良いと言われている市場についてご紹介します。

嫉妬や劣等感から向上心につなげる

 仕事に私情を挟んではいけないのは、それによって仕事がおろそかになってしまう可能性が高くあるからです。

仕事を疎かにしてしまうような市場は、誰もに迷惑をかけますから、歓迎されないのです。

また、仕事の質や量が下がってしまうというのも問題ですね。

ところが、中には私情が仕事の向上心につながるような場面もあります。

それは例えば、嫉妬や劣等感です。

こうしたネガティブな感情を自分の闘志に変えて仕事をするというのは悪いことではありません。

嫉妬や劣等感を持っているということが必ずしも良いことだとは言いませんが、それを相手に対するネガティブな行動にするのではなく、自分の能力を上げるための原動力にするのはとても良いことだと言えるのではないでしょうか。

顧客の要望に応えたいこだわり

 顧客の要望に応えたいというところからくる強いこだわりというのもとても大切ですね。

相手のことを満足させたいという気持ちは、ビジネスの中ではとても大切な姿勢となります。

もちろん、それは仕事に関することなので私情とは呼びません。

ですが、相手に対しての気持ちが強すぎたり、相手に応えようとする姿勢が過度な状態になってしまうと、「どうにかして相手を満足させたい」という気持ちが、ほとんど市場に近いような状態になってしまうのではないでしょうか。

ですが、これはビジネスの場においては誰に迷惑をかけるものではありませんし、仕事に対する熱量だと解釈することができますので、問題がありません。

夢を現実にする意欲

 夢を現実にしようという気持ちにも私情が詰まっていますね。

この気持ちは、自分がしたいと思っていたことを仕事にしている人にとってはとても強い感情なのではないでしょうか。

この気持ちは確かに私情であることには違いありません。

ですが、これは仕事に直結する気持ちですよね。

意欲があればあるほど、仕事に対する熱量が生まれることもありますし、仕事への気持ちの強さが精神力の強さとなる場合もあります。

夢へ向かうというのは個人的なものではありますが、それをきちんと仕事に生かすことができていれば良いのです。

相手の気持ちを汲み取る

 相手の気持ちを汲み取った時に浮かぶ感情というのは、私情に近いですね。

仕事の面では相手に対しては例刻にいなければいけない部分もありますが、時には、個人的に同情してしまうような部分もありますし、相手の考えていることが分かってしまうこともあるでしょう。

そういったときに浮かぶ感情はもちろん私情ですね。

ビジネスとは関係ない部分で感じてしまったことになります。

ですが、これを全て殺している必要はありません。

そうした相手の気持ちを汲み取ったことによって浮かぶ気持ちが、ビジネスを動かすこともあるのです。

過度に相手の気持ちを汲み取る必要はありませんが、相手の気持ちをすべて無視してしまうというのはまた違うでしょう。

体調不良の人を気遣い心配する

 体調不良の人を気遣って心配するというのも私情に近いですね。

仕事とは関係ないところで浮かんでくる心配事は、確かに排除しなければいけないところでしょう。

ですが、体調不良の人を心配するのは人間的に考えると当たり前の話ですよね。

その人の負担が小さくなるように動いたり、自分の仕事の邪魔にならない範囲で相手のことを気遣ってあげるのは、むしろ仕事場では絶対に必要なことだと言えるでしょう。

それができていない仕事場はギスギスしてしまいそうですよね。

仕事の意味で考えると必要ないことのように思えますが、こういったところに自分の個人的な感情を載せるのは悪い子ことではありません。

円滑な人間関係を築くための思いやり

 ビジネスにおいては円滑な人間関係を作ることも必要です。

その円滑な人間関係を築くためには、きちんと相手に対して思いやりを持っている必要もあります。

思いやりというのは仕事の中には入っていません。

仕事の中に入っているのはあくまでビジネスのことですので、人間として必要な思いやりは普通は要らないはずですが、やはり人間同士が接して社会が成り立っていることを考えると、きちんと相手と円滑な人間関係を築いていることは必須のはずです。

️人間関係の中でも私情を挟まない方が良い場面も

 ここまでは仕事における私情についてご紹介しました。

仕事における私情というのは、邪魔になる瞬間の方が多いとはいえ、それが役に立つ瞬間も多いというのは不思議ですね。

どちらにしても、仕事とプライベートはきちんと分けておかなければ、あまり良い影響がないということは、ほとんどの場面で肯定されるでしょう。

それでは、人間関係の中ではどうでしょうか。

人間関係を築くプライベートに近い部分では、私情が仕事よりもずっと色濃く出てくるところです。

だからこそ、人間関係はドロドロしてきますし、逆に、相手と深い付き合いをすることができるようになるのです。

仕事をしているときよりもコントロールしなくて良いので、ある意味では自分らしく生きていくことができるでしょう。

ところが、人間関係を築くうえでも、やはり私情というのは邪魔になることがあります。

本当は良い人だということが分かっているのに、その人の周辺で起きていることに関する私情が原因で、相手のことを避けなければいけないということがあれば寂しいですよね。

また、細かい私情で人のことを分類していると、様々な人間と付き合って自分の世界を広げるということができなくなってしまいます。

色々な人と知り合いたいと思っている方は、最初に浮かんでくる自分の私情を取り敢えず押し殺して、相手がどのような人なのかということをまずは受け入れてみてください。

「友達を振った元カレの親友」というようなタグが相手についてしまっていると、それだけで市場が混ざって相手と仲良くしたくないという気持ちは分かります。

ですが、あまり私情を挟みすぎていると、人間関係もプライベートもうまくいかなくなってしまうことがありますよ。

️仕事と私情は切り離せない!バランスが大切

 いかがでしたか?
 ここまで、仕事に私情を挟んで良いパターンと、絶対に私情を挟んではいけないようなパターンをご紹介しました。

仕事に私情を挟むのは子供っぽいと良く言われますが、それでも、仕事に私情を挟んだ方が良いパターンというのも確かに存在するのですから、そこをきちんと使い分けることが大切ですよね。

ただ、もちろん、人間はロボットのようではありませんから、そう簡単に私情を挟むか挟まないかを切り分けるようなことはできません。

挟んで良い私情と、挟んではいけない私情をすぐに切り替えられる人などいないはずです。

そんなことができたら、そうそう仕事で失敗することなどないからです。

ただし、人間はとても感情的な生き物ではありますが、同時に論理的な生き物でもあります。

自分で自分に掛かる影響を見て、冷静に判断するような力も持っているのです。

市場を挟みそうになってしまう場面というのは確かに存在しますが、そんなときにこそ、一呼吸置いて色々なことを考えてみてください。

自分に掛かる影響も考え鳴ればいけませんし、それによって未来がどのように変わるのかということも考えておかなければいけないところでしょう。

きちんとバランスよく私情を使いこなせるようになってこそ一人前です。

最初の内は若さも相まって難しいかもしれませんが、仕事を一番良い方向に進められるように、私情さえも使いこなすことができるようになると良いですね。