CoCoSiA(ココシア)

私情を仕事には挟まないほうが良い11個の理由とは?挟みがちな人の特徴も!


人間にはどうしてもプライベートで抱えている事情と感情を消せないことがありますよね。

ビジネスのようなシーンでは出してはいけないはずの私情が出てしまうこともあるでしょう。

人間というのはそう簡単に自分の個人的な事情から逃れることはできません。

そう簡単にスイッチを切り替えられるものではないですから、私情を抱えてしまっている人にとっては、何も考えずに相手に対してビジネス那接し方をする方が難しいと思っているのではないでしょうか。

ですが、仕事の場では基本的には私情を挟まないことが大切です。

それでは、どうして私情を挟んでしまってはいけないのでしょうか。

人間にとっては市場に振り回される方が自然のようにも見えるのに、どうして私情を挟んではいけないと言われてしまうのでしょうか。

誰もが少しは抱えていながら、できる限り外に出さないようにして生きている「私情」について詳しくご紹介します。

️仕事に私情を挟んでしまっていませんか?

仕事に私情を挟んでいる人を見るとどのようなことを思うでしょうか。

仕事の中では、相手に対しての個人的な感情から動くことを忌避されるのではないでしょうか。

仕事に私情を挟んでいて怒られるという経験をしたことがある人もいるでしょうし、そういったことをしているようでは一人前とは言えないと怒られたことがある方もいるかもしれません。

仕事に私情を挟んでいると、ビジネスの場に出たときに色々な支障が出てしまいます。

私情の所為で相手に迷惑をかけることもありますし、逆に自分の仕事ができなくなってしまう場面もあるでしょう。

基本的には、上の人からは仕事に対しては私情を挟まないようにと言われているのではないでしょうか。

仕事をしている身としては、仕事の場に私情を満ち込まないというのはルールであり、マナーのはずです。

それでも、どうしても持ち込んでしまって何か周囲に迷惑をかけてしまうという人も少なくはないでしょう。

️私情ってどういう意味?

私情を挟む人
ここでいう「私情」というのはそもそもどういった意味なのでしょうか。

この意味が分かっていなければ、仕事に挟んではいけない私情など理解できるはずがありませんよね。

まずはここで私情の意味を確認してみることにしましょう。

個人的な感情

私情というのはそもそも、個人的な感情という意味になります。

それは自分の中だけにあるものであって、他の人の中にあるものではありません。

完全に自分だけの事情という意味なので、他の人に話したところで共感を得られるわけではないでしょう。

ただ何となく相手に対する好き嫌いがあるというわけではなく、何らかの理由があって、相手に対する複雑な気持ちを抱えていることが私情という言葉の意味になります。

そのため、同じ事情を共有している人には分かるかもしれませんが、他の人には基本的に分からない完全にプライベートな意味での感情というのが私情です。

どちらかというと、人にはあまり言えないような事情という意味も含んでいますね。

人には言えず、自分の中に隠し持っているしかできないような事情だからこそ、個人的になってしまって人に知られていないということになるのではないでしょうか。

誰もが知っている状況というのは、確かに「私情の恨み」という意味では使われることがありますが、それほどまでに公然の事情となっていることは珍しく、どちらかというと秘められたイメージを持っていることの方が多いですね。

利己的な心

利己的な心というのも私情の一つに当たりますね。

私情という言葉を、完全に「こちら側の利益」や「こちら側の事情」という意味で使うのです。

私情というとどちらかというと「自分の中に秘めている個人的な事情」という意味で使われますが、そういったところから「相手を気にせず私情を通す」などの使い方で「自分の利己的な欲」という意味で使われることもあります。

最も、一般的によく使われるのは一つ目の方の意味だと言えるのではないでしょうか。

つまり私情を挟むとは

私情を挟む人
ここまでの内容から「私情を挟む」というのは、本来なら自分の個人的な事情を挟んではいけないような場所に、自分の個人的な事情からくる個人的な感情での判断を載せてしまうということを指します。

ビジネスなどは、個人的な感情とは無縁でいなければいけません。

個人的に相手をどう思っているかということを考えるのではなく、例えば利益の為であったり、会社の為という働き方をしなければいけません。

ですが、そのような場において、自分が個人的に抱いている感情を相手にぶつけてしまうことが、私情を挟むという意味になるのです。

相手に対する気持ちを全面に出してしまうような行動をとると、周囲からもおかしいと思われて「あいつは私情を挟んで仕事をしている」と言われてしまいますので、注意が必要ですね。

️仕事に私情を挟まない方がいい11個の理由

まずは仕事に私情を挟まない方が良い理由について見てみることにしましょう。

自分をコントロールしてまで私情を持ち込まない方が良い理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

私情を挟むことのデメリットをしっかり知っていれば、少しは自分の私情を抑えることができるのではないでしょうか。

仕事への私情の悪影響はきちんと知っておかなければいけません。

オンオフを区別できない

仕事に私情を持ち込まない方が良い理由の一つ目としては、オンとオフを区別できないというものがあります。