「恩を仇(アダ)で返す」という言葉をみなさんはご存知ですか?

義理・人情がだいぶ廃れた最近の風潮では、この表現を目にすることが少なくなりました。

ですが「恩を仇で返す」行為は、昔も今も変わらず繰り返されています。

人間は肉体的にはか弱い生き物です。

太古の昔から、みんなで協力して助け合うことで厳しい自然や周囲に打ち勝って生き抜いてきました。

恩を仇で返す」行為は、人々の助け合いの大前提を壊す大変に危険な行為です。

言葉の周知が薄れてきた今、一寸立ち止まって「恩を仇で返す」ことの危険性の再確認が必要です。

恩を仇で返す人ってどういう人?

最初に「恩を仇で返す人」という言葉をはじめて見た人のために、どんな意味なのかを説明しておきましょう。

誰かに援助してもらったり助けてもらったりした場合、普通は感謝して恩を感じるものです。

なにかあったら受けた恩のお返しに何か役に立ちたいと思うのが普通の人です。

ですが、中には援助してもらった人、助けてもらった人に害をなすような行為に及ぶ人も居ますよね。

恩を受けた人が窮地に陥った時、助けるどころか、かさになって逆に苦しめる側になったりする人まで居ます。

そうした人を見た時に援助したご本人は「恩知らず!」と罵って悔しがります。

そういう[恩知らず」な行動を取る人を見た周囲の人達は「恩を仇で返すヤツ(人)」とさげすむのです。

ちなみに「仇」はアダと読みます。

武士の時代の仇討ち(あだうち)の仇です。

恩を仇で返すとは?


「恩を仇で返す」の正確な意味についても確認しておきましょう。

意味

「恩を仇で返す」の意味は、どの辞書を読んでも、どの辞書サイトをみてもだいたい同じように解説されています。

・恩を受けた人に対して、感謝するどころか害を加えるような仕打ちをすること。
・恩返しをしないで、かえって恩人に害を与える。
・身に受けた恩に感謝するどころか,かえって害を加える。

どの解説でも良いでしょう。

「感謝するどころか」ですとか「恩返しをしないで」ですとか「かえって」ですとか、当然すべき事の正反対の行為をするという点はどの解説も共通しています。

ちなみに「恩(おん)」は「恵み」とほぼ同じ意味です。

中国では、1800年前の書物に既に「恩」とは「恵み」のことであるとの説明が見つかります。

日本においても「恩」は大昔から「めぐみ」「みうつくしみ」「みいつくしみ」などと読まれていたようです。

ありとあらゆる宗教、キリスト教でも仏教でも同じような概念が必ずあります。

細かいニュアンスは各々違うのでしょうが、ざっくり言ってしまえばほぼ同じものです。

ちなみに「仇(あだ)」の正確な意味は、「敵」「かたき」「外敵」や「害をなすもの」「危害」などです。

人物やモノを離れて、そういった対象に抱く「恨み」の感情のことも指します。

「恩を仇で返す」で使われる仇は「危害」の意味で使われています。

「仇なす」もこの意味での用法です。

「仇」については、合成語を見るとニュアンスが分かり易いです。

「仇敵(きゅうてき)」といったらただの「敵」ではありません。

憎んでも憎みきれない不倶戴天の敵になります。

「仇怨(きゅうえん)」といったらただの「怨み」ではありません。

末代までも祟ってやるぐらいの勢いの怨みになります。

「仇」のつくりは「人(ひと)+九」です。

1人と9人あわせて10人で仲間になるという意味で、本来はチーム・仲間という意味だったのですが、10人ぐらいの仲間では仲間割れは起きがちだったのでしょう。

はじめから敵だった相手とは異なり、仲間割れして敵対する元同胞のほうが憎しみは深くなります。

そのため、感情込みの敵・害悪=「仇」となったのです。

使い方

「恩を仇で返す」を使う場面は、様々なシチュエーションで目にします。

いくつか例を挙げてみます。

時代劇なら戦国時代モノで良く出てきます。

小さい頃から面倒を見て目をかけて立派な武将に育て上げます。

ところが年月を経て自分が窮地に陥った時に、自分を滅ぼす敵の1人として殺しにやって来るのです。

「恩を仇で返す」の典型パターンです。

古代ローマの英雄カエサル暗殺の有名な場面
「ブルータスよ、お前もか!」も「恩を仇で返す」が当てはまるシーンです。

有名な古典悲劇物語の世界では、洋の東西を問わず「恩を仇で返す」は鉄板パターンの1つです。

単純な対立ではなくて愛憎渦巻くドラマが展開するので読む人の心に強く刻み込まれるのです。

このパターンは現代の映画でも変わらず踏襲されています。

スターウォーズ・シリーズは、ハリウッドの不朽の名作ですが、ルーク・スカイウォーカーの父親、アナキン・スカイウォーカーは、ジェダイの騎士に見出されて育てられたのに、結局暗黒面に落ちて、ほぼ全てのジェダイを殺してしまいました。

「恩を仇で返しまくり」です。

倍返しどころか、数千倍返しの壮絶な「恩仇」です。

物語の世界を離れて現実の社会でも様々な場面で見つける事ができます。

よくあるのは、下っ端の時代は極貧に喘ぐような業界でのお話しです。

例えば売れない芸人の世界。

売れていた先輩芸人に何かと面倒を見て可愛がってもらっていた下っ端芸人が売れっ子になった途端、疎遠になってしまい、その後先輩芸人が落ち目で困っているのに何もしてあげないどころが、邪険に袖にしてしまいます。

そんな様子を見たら「恩を仇で返すヤツめ!」とセリフを吐くチャンスです。

売れない時代に「あなたは絶対本物だから!」と健気に支えた内縁の妻が、歌手がブレイクした途端にぼろ雑巾のように捨てられてしまう。

そんな酷い仕打ちが週刊誌にすっぱ抜かれたら「恩を仇で返すゲス野郎!」とライブコンサートに乗り込んで罵るチャンスです。

そこまでベタベタでなくても、日常生活ではいくらでも、このような状況を目にします。

良くあるのはビジネスの場面。

社長や上司が見込んで何かと目をかけて育てた部下が、より条件の良い競合他社に転職したり、独立して競合になったりしますよね。

そんな時は「チッ、恩を仇で返された」とグチを言うベストタイミングです。

最近は恩や義理、人情に対する思いが総じて薄くなってしまっています。

怒髪天を突くようなケースには滅多に出会わないでしょうが、ちょっとした不義理、恩知らずな行為に出会うことは、日常茶飯事になっています。

起きてしまった事は変えられません。

怒っても何も変わりません。

一々怒っていたらストレスで自分が損するだけです。

「あ、これは恩仇パターンだ!」とフラグをつけて楽しじゃうぐらいが良いのかもしれません。

類義語・反対語・対義語

「恩を仇で返す」には実に多くの類義語があります。

簡単な単語では「恩知らず」「裏切り者」「不義理」あたりが類義語です。

ペットの犬をモチーフにした類義語には「飼い犬(愛犬)に手を噛まれる」がよく使われます。

「後足で砂をかける」も、「恩を仇で返す」に近いニュアンスがあります。

家をモチーフにした類義語もかなりよく使われます。

「かわや(トイレ)を貸して母屋を取られる」「軒先を貸して母屋を取られる」「片屋貸して母屋取られる」
いずれも、家の一部を好意で貸したのに母屋(家)自体を取られてしまうという構図です。

日本は長らく個人よりも家が大事な単位でしたから、家(母屋)をとられるというのは命をとられる位のキツイ意味合いです。

ちょっと誇張した表現ですが酷さを上手に強調できています。

「恩を仇で返す」の反対語は、恩に感謝してお返しすることですから、あまり劇的な表現はありません。

「恩に報いる」「報恩」「恩に着る」あたりがよく使われる表現です。

「恩を仇で返す」の対義語は、ひどい事をされたのに良い事をして返すという、まるで仏様のような様子を表す表現になります。

「仇を恩で報ずる」ですとか「怨みに報ゆるに徳を以てす」あたりしか見つかりません。

「右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさい!」に近い状況です。

滅多にない事態です。

慣用句になっている表現は見つかりません。

恩を仇で返す人の特徴


恩を仇で返す人は、物語の世界でなら話を盛り上げる重要なキャラクターで大歓迎です。

ですが現実社会では「恩を仇で返す人」には関わり合いになりたくないものです。

恩を仇で返されればそれと分かりますが、その時気づいても手遅れです。

実際には100%確実に「恩を仇で返す人」を見分ける事はできませんが、ありがちな特徴を挙げる事は可能です。

自分さえ良ければいい

見るからに「自分さえ良ければいい」生き方をしている人は恩を掛けるのは危険です。

もし本人が困窮していて余裕が全くないのであれば仕方がない面はあります。

余裕が全くない時は誰でも「自分のこと」で精一杯になってしまい勝ちです。

本当に困っている人が自己中心的な行動を取っていたとしても、手を差し伸べてあげるべきなのかもしれません。

ですが、もし周囲の人と同じような普通の境遇にあるのに「自分さえ良ければいい」というような自分勝手な行動が目立つ人には、恩を掛けるだけ損です。

同じような状況の周囲を気遣う事もなく自分ばかりしか考える事ができない人は、たとえ自分の境遇が改善したとしても「自分さえ良ければいい」行動のままです。

恩を掛けてくれた人に恩返しをしようと思わないばかりか、他の困っている人を手助けすることも一切しないでしょう。

自分が所属する集団から搾取することだけ考えて、貢献する考えが微塵も無いのです。

これでは困窮していても裕福になっても、彼はただの社会の害虫でしかありません。

援助する甲斐が全くない人です。

ひねくれもの

ひねくれものも少し注意が必要です。

ひねくれものは扱いづらい存在ですが、必ずしも悪い人という訳ではありません。

ひねくれものはプライドが高い人です。

能力はあるのですが褒めても素直には喜びません。

自分の本音や本心を表に出して他人と深く交わることが非常に苦手なのです。

ですので、ひねくれものにハッキリそれと分かる援助や恩を掛けることはそもそも難しい事です。

ですが、ひねくれものは、ひねくれた言動ゆえにコミュニティの中でしばしば孤立してしまいます。

孤立すると多くの場合役割を十分に果たせなくなります。

結構ピンチです!
そんな時に誰かに救いの手を差し伸べられたら、嫌でも受けざるを得ません。

でも少し待って下さい。

ひねくれものは、それなりに能力や魅力、見どころがあるので、窮地に陥っている様子を見て
「勿体ない、助けてやらねば!」
と思うのは勝手ですが、見返りは期待しない事です。

ひねくれものも、恩を受ければ心の底では感謝します。

ですがプライドが人一倍高い人です。

人に施しを受ける自分には正直忸怩(じくじ)たるものがあるはずです。

歯ぎしりするほど悔しいのです。

それに、ひねくれものは「ありがとう」という言葉をなかなか発することが出来ません。

支援する時は、形のある「恩返し」が返ってくるとは期待せず、支援して上げましょう。

時々、若い頃やんちゃしてた「ひねくれもの」が散々お世話になった人の所に
「当時は随分お世話になりました。あの当時は跳ねっ返りでありがとうの一言も言わずじまいでずっと後悔していたんです。お陰様でなんとか一人前になって所帯を持つことも出来ました。」
とお礼参り(本来の意味のお礼参りです)に来るお話しがあったりしますが、例外中の例外とお考え下さい。

「このひねくれものが例えば20年後立派になって、後身に同じように施せる人になってくれればそれで十分」
と鷹揚な気持ちが持てるなら手を差し伸べるのはありです。

手助けを迷惑(おせっかい)だと思っている

独立心が強い人の場合は、そもそも手助けされることを迷惑・おせっかいだと思う傾向があります。

独立心はとても大切です。

・人に依存せずに自分の責任で物事を決断して取り組む
・結果がうまく行っても行かなくても甘んじて受け入れる

自立した大人として大変結構なことですが、行き過ぎは良くありません。

人がひとりで出来る事には限界がある事も知らなければなりません。

人間ひとりの力は小さいものです。

使える体力も知力も時間も、そして資金もひとりではたかが知れています。

人は人と協力しあうことで初めて、大きな成果を上げることができるのです。

困った時は人に助けてもらい、逆に困った人がいれば協力してあげることは自然なことなのです。

俗に「岡目八目」といいますが、実際に取り組んでいる本人よりも傍で見ている第三者のほうがずっと正確に状況が判断できるものです。

他人の手助けなんて無くたって出来るのに!と手助けを迷惑と感じても、自分自身では状況が正しく判断できていない事が多いのです。

特に年長者や経験者は傍で冷静に見て、このままじゃ間違いなくダメだろうな、と思うから手助けするのです。

まあこう云う構図ですので、独立心が旺盛で、手助けを迷惑(おせっかい)だと思うタイプの人は、恩を掛けても感謝はあまり期待できません。

結果としてうまくいった場合は、自分の力でうまく行ったと思って周囲に語ります。

結局うまく行かなかった場合は「途中で余計な邪魔が入ったので失敗してしまった!」
などと怒りを手助けした人に逆に八つ当たりしたりします。

速球ピッチャー返しの「恩を仇で返す」達成です。

助けてもらうことが当たり前と思っている

助けてもらうことが当たり前だと思っている人も「恩を仇で返す」人です。

周囲の人が自分を手助けするのが当然のことだと思っていますから、助けてもらって当たり前です。

あなたが助けるのを躊躇しようものなら「何故助けないんだ!」と逆に怒り出しかねません。

関わり合いにはなりたくない人達ですが、社会には実際、一定数存在します。

このタイプの人が育った環境にはいくつか種類があるようです。

過保護に育った人

ひとつは過保護で甘やかされて育ってしまったケースです。

多くの場合一人っ子で家庭はそれなりに裕福、両親から甘やかされた場合もありますが、両親の祖父母まで含めて6人掛りで手厚く甘やかされて育ってしまう場合もあります。

学校は中高一貫校、就職も親のコネ、学校に通っている間も、何かあれば両親が学校に飛んできて鬼の形相で先生に食ってかかるような具合で、社会人になっても周囲はすべて自分を助けるのが当たり前と考える状態のまま、というフィクションのような状況の人間が一定数いるのです。

ゆすり・たかり・乞食根性の人

もう一つはゆすり・たかり・ゴネる、そういった環境に育ってしまったケースです。

あまりいい言葉ではありませんが
「乞食は3日やったらやめられない」という言葉があります。

「自分で働いてお金を稼ぐのは大変、乞食をやっても食べていけると味をしめてしまうと人間誰でも乞食を止められなくなる。」
という意味です。

例えば海外援助では当初、貧しい地域の人達に、お金や食料を恵むようなプロジェクトが多く行われていました。

ですが、このプロジェクトは緊急処置としては効果がありますが、深刻な害があると分かってきて下火になっています。

一生懸命働いていた現地の人達が、苦もなく食料や衣類、寝る所をもらってしまうと、以降全く働く意欲が無くなってしまうのです。

これでは一生、援助を受け続ける乞食をわざわざ創り出すことになってしまいます。

両親や、そのまた上の世代が働くのをやめ、国から社会保障を貰うのが当たり前という生き方を選んでしまった家庭に育つと「助けてもらうことが当たり前」と考える人になってしまいます。

公からお金を貰うのが当たり前ですから、関わる周囲の人すべてからも当然助けてもらうのが当たり前と思っています。

もちろん感謝などしませんし、逆に助ける量が少ないとなじります。

周囲の人にとっては、もはやゆすり・たかりの部類です。

極端な例では、健康で働けるにも関わらず、社会保障の窓口に徒党を組んで乗り込んで生活保護を出させようと脅したりする人までいるのです。

関わり合いにならないのが一番です。

恩など掛けたら後が大変です。

一生たかられかねません。

自分に甘い

自分に甘い人も「恩を仇で返す人」になりやすい人です。

人間誰でも、自分には甘く、他人には厳しく評価を下してしまうものです。

ですが度を越すと結果として「恩を仇で返す人」になりやすくなります。

自分に甘く、他人には厳しい訳ですから、人に手助けしてもらった「恩」を過小評価した上で、自分がしでかす「不義理(仇)」についても過小評価してしまいます。

恩を受けてもたいした事はしてもらっていないと考え、自分がする不義理はそんなにひどい事じゃないと軽く考える訳です。

同じことを傍から客観的に見れば、あんなに恩を受けたのに、こんなひどい仕打ちをするなんて、まさに「恩を仇で返す人」そのものです。

自分に甘くなり勝ちだな?と自覚がある人はよくよく注意が必要です。

人の成功が嫌い

人の成功が嫌いな人も「恩を仇で返す人」になりやすい人です。

「恩を仇で返す」というよりも「恩返しをしない人」あるいは「恩知らずな人」と表現したほうが適切です。

このタイプの人の場合、他人が成功するのを見るのがイヤな訳ですから、他人が成功する為の手助けをすることも大嫌いです。

たとえ、過去に恩を受けた人であろうと手助けはしたくない人です。

積極的に邪魔はしないでしょうが、何か手助けしてほしいとお願いしても応じてはくれないでしょう。

以前、面倒をみてやったから、手助けしてやったから、と期待しない事です。

正義感が強い

正義感が強い人も、時として「恩を仇で返す」人になることがあります。

このタイプの人が「恩を仇で返す」人になるのは、あなたにも否がある時です。

道義的に正しくない、あるいは法律的に不正な行為を見るに見かねて告発するような場合です。

あるいは、あなた以外にも恩を受けた人がいて、その人とあなたが対立してしまったような場合です。

恩を感じて感謝はしているけれども、他のもっと重い恩があればそちらを優先せざるを得ません。

正義感が強い人は恩は感じている相手に不利益になるとしても、人として正しくない事をそのままにはしておけません。

大企業の内部告発者のような存在ですね。

社会全体としては正義ですが、当の企業関係者は「飼い犬に手を噛まれた」「恩を仇で返された」「獅子身中の虫だ」など罵詈雑言を浴びせているかもしれません。

もし万一、あなたが悪をなす集団に所属しているならば、正義感の強い人には目を掛けたり恩を売ったりしないことです。

よく言い訳をする

よく言い訳をする人も「恩を仇で返す」人の予備軍です。

人間であれば誰でも言い訳はしてしまうものです。

ですが、子供の頃ならまだしも、社会人になってからも言い訳が多すぎる人は要注意です。

言い訳は、自分の否は認めつつもその否の程度を少しでも軽くしようとする行為です。

1つには迷惑をかけた相手の怒りを少しでも抑えるために、もう1つには自分の立場や評価の低下を少しでも抑える為に言い訳は行われます。

誰でも自分は可愛い、自分は大事ですから、ある程度自分の立場を弁護・防御するのは自然なことです。

ですが、言い訳が口癖のようになってしまっている人は、一歩進んで「自分は悪くない!」モードになっている可能性があります。

「自分は悪くない!」モードになってしまうと反省することが出来なくなります。

つまり他人に悪い事をしても認識できない状態になっています。

恩を受けた人にも恩を受けていない人にも関係なく害を与えて反省もしないわけですから、以前に恩を掛けてあげた人から見て「恩を仇で返すヤツ」になりやすいわけです。

人をコントロールしようとする・サイコパス

人をコントロールしようとする人も「恩を仇で返す」人予備軍です。

ちょっと普通の方には信じられないかもしれませんが、私たちの中には他人を道具としか考えらない人が一定数存在しています。

はやりの言葉で表現すれば「サイコパス」です。

このタイプの人達は先天的に自分以外の人を人として認識できません。

風景や動物、物と同じように見ています。

彼らの認識の世界では人間(人格)は自分ただ1人です。

他人はすべてモノですから、恩を受けても恩を感じるという概念がそもそも理解できません。

人をコントロールしようとする人は、恩を理解できません。

人を人とも思ってはいません。

恩を受けたひとであろうと、なかろうと、自分の都合でいつ何時でも害を為すことが出来る人です。

ですが、人間心理の機能には非常に長けている人が多いため、そうしたほうが良い場合は感謝している振りは上手にできます。

一般人が普段の時々の様子からそれと見分けるのはほぼ不可能です。

ちょっと怖いですね。

ですが長く見ていると、人間としての冷たさを感じ取れるはずです。

ちなみに「サイコパス」の資質を持って生まれる人はどの人種でも全人口の10%前後います。

「サイコパス」としての資質を開花させるかどうかは、その後の生育環境次第です。

(戦争や紛争、飢餓、孤児など不遇な環境に育つとサイコパスになりやすく、大家族で愛情深く育てられると、サイコパスの性向は影を潜めます。)

【サイコパスな人については、こちらの記事もチェック!】

大きな失敗がトラウマになっている

大きな失敗がトラウマになっている人も「恩を仇で返す人」になる可能性があります。

大きな失敗をしてトラウマになっている人は心に大きな傷を負っています。

多くの場合は自我が崩壊するほどの罪悪感に苛まれています。

あまりに罪悪感が強いと自分の存在を消してしまいたい!と思ったり、その出来事の存在自体を消してしまい!と衝動的な行動に出てしまう人も出てきます。

もしあなたがそのトラウマの発生の元となった出来事の関係者だった場合、あなたもろとも消してしまおうとするかもしれません。

肩入れして面倒をみた人であればあるだけ危害を加えられる危険性が増します。

大きなトラウマを抱えるような出来事に遭遇した人に助け船を出すのは、素人には危険です。

心理カウンセラーや、その他のプロに任せるのが得策です。

プライドが高い

ひねくれもののパートでも説明しましたが、プライドが高い人は「恩を仇で返す」人になりやすい人です。

プライドが高い人は、人に援助してもらう事は本意ではありません。

プライドが高い人があなたに援助してもらうとしたら、万止むを得ず助けを借りているのです。

その場で頭を下げて「ありがとう」と感謝の意思を示すことすら一仕事です。

この後は2つのタイプに分かれます。

その後、何かあなたが困ったことがあった時を一日千秋で待って、手ぐすね引いて恩返しをしてくれるタイプがいます。

借りを返すことができてプライドの高い人も嬉しそうです。

もうひとつは、あなたが困った様子をみても知らんぷりをしてしまうタイプです。

この場合、その人のプライドに照らしてあなたに手助けされた事実を認めることができなかったのです。

どちらになるかは、プライドの高い人の資質と、その人があなたをどの程度の存在と見なしているかで決まります。

いずれにせよ「恩を仇で返す」というよりも「恩知らず」ぐらいが適当な意味です。

自分でやるべきことを相手に押し付けるクセがついている

自分でやるべきことを相手に押し付けるクセがついている人も「恩を仇で返す」常習犯です。

きっかけが何であったかは分かりませんが、他人に命令・お願い・懐柔することで自分の仕事を肩代わりしてもらう成功経験で味をしめてしまった人です。

一度この経験で楽をしてしまったら、なかなか止められなくなってしまいます。

あなたが手助けしたことも、この人にとっては山ほどの依頼のうちの1つに過ぎません。

もちろん「ありがとう」と笑顔ぐらいは返ってくるでしょうがその場だけのことです。

お返しをしようなどとは考えていません。

搾取するだけです。

このタイプも「恩を仇で返す」というよりも「恩知らず」ぐらいが適当です。

恩を仇で返す人がうける仕打ち

恩を仇で返す人は、大きなリスクを抱えています。

人間は他人にされたことをよく覚えています。

好意には好意を、悪意には悪意を返します。

大抵の人は、施しをしたのに感謝しないばかりか、真逆のものを返すような人には、次からは何もしてあげようはしなくなります。

もっと進んで、仇をなされたら仇を返されることも当然起きます。

相手が悪ければ「倍返し」だって有りえます。

もしひどい目にあっても、周囲も「恩を仇で返す人」と分かっていますから同情も擁護もしてくれません。

そして遠からずコミュニティの中で孤立することになるのです。

恩を仇で返す人にならないように、日々感謝しよう(まとめ)

恩を仇で返すことは人間社会の基本的ルールに反しています。

短期的には何とかなっても、長期的には必ず大きなしっぺ返しがやってきます。

恩を当たり前だと思ってはいけません。

自分が手助けする側だったらどう思うか相手の立場にたって考えましょう。

自然と感謝の気持ちが湧いてくるはずです。

不幸にしていくら一生懸命考えても感謝の気持ちが理解できない人も一定数います。

コミュニティの一員としてのギブ&テイクの関係を理性的に考察してみましょう。

恩を仇で返す関係が長続きしないことは理解できることでしょう。

ひとりになってから気づいても遅いのです。

「恩を仇で返す」「恩知らず」と誰かに言われたことがあるならば、直ぐにでも考え方の見直しが必要です。