CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

交換日記をやるメリットとその方法とは?恋人同士のラブラブ度があがる!


「交換日記」と聞くと懐かしさが蘇ってきますね。

小学生か中学生くらいまでは友達と交換日記をしていたという経験がある人も多いことと思います。

実はこの交換日記は、大人のカップルこそした方が良いメリットがたくさんあります。

そのメリットが近年着目されており、スマホアプリでも交換日記ができるものが増えてきました。

今回は、大人のカップルが交換日記をすることのメリットと、やり方をいくつかご紹介します。

メリットだらけ!交換日記を始める人続出

LINEやSNSが発展している今の世の中、何故いまさら交換日記なのでしょうか。

アプリが出るほどですから、単に懐かしいだけではなさそうです。

LINEやSNSなどでメッセージを発信するのとは違った、交換日記ならではのメリットを感じて交換日記を始めるカップルが続出しています。

交換日記の魅力はなんといっても二人だけの世界であること。

二人だけだからこそ素直に思ったことを書き込めることもあるでしょう。

一緒にいる時間が長くても、言葉を交わす時間が少ないと気持ちは離れてしまうことがあります。

交換日記をすればそれらが軽減されることが期待でき、なんとも言えない精神的な距離感を縮めることにつながります。

ノートはもちろん、アプリをつかった最新の交換日記の方法など、それぞれのライフスタイルにあった選択肢が選べるのも今ならではです。

交換日記のメリット


交換日記はマンネリ化したカップルや夫婦におすすめです。

付き合いたてなら、日常が刺激にあふれているので話題も尽きませんが、付き合いが長くなるほど、日々の生活は安定してきてそれほど話題がなくなっていくものです。

それらの日常報告を話されても聞かされる側が退屈になることもしばしばあります。

しかし、交換日記であれば自分のタイミングで読むことができますし、いつもと違った言葉の伝え方ができるからこそ見えてくるもの、新たな発見があります。

新しいことを始めるというだけでも刺激になるはずです。

それでは、より具体的なメリットについてご紹介していきます。

体験を記録に残せる

まずは日記のメリットとして体験を記録に残せることが挙げられます。

これは交換日記に限らず、個人の日記でも同じです。

日々の体験を整理して書き残す行為は、それだけでストレスを減らすことができるといわれています。

自分の内部にたまっている様々な事柄を文字という形に書き残すことで外部に情報を保管できるので、常に保持しておかなければならない記憶ではなくなり、何度も反芻して落ち込むことがなくなるからです。

外部に記憶を保存することで別のことを脳に取り入れる余裕も生まれます。

カップルや夫婦での交換日記なら、二人で行ったデートのことや、仕事先で食べたランチが美味しかったから一緒に行きたいなど、二人で体験したこと、これから体験したいことなどを記録できるので素敵な思い出や未来の予定をつくることができます。

とくに未来の予定については口頭でやりとりしていると、いざデートプランを決める際には忘れていたりするものです。

そんなときに交換日記を読み返せば行きたかった場所や興味をもったイベントがわかるのでマンネリ化せずに済みます。

体験を客観視できる

こちらも日記に関するメリットです。

日々の事柄が起きた時点では主観的に物事をとらえているので熱がありますが、書くことで整理され、時が経って読み返したときにはさまざまな熱が冷めているので客観視することができます。

自分が衝動的に買い物をしてしまったと思っても数か月前の記録を振り返ってみると、「○○欲しい」と書いていたりすることがあります。

そのように、突発的な感情や欲求の根源や傾向がわかると自己コントロールがしやすくなるのでおすすめです。

また、日記は日々のことを書き綴っているので、思いもよらない要因がその後の事柄を招いていた可能性なども推し量ることができます。

数か月前に既婚の友達から結婚相手との会話の数が減っていると軽く愚痴られたことがあっても、時が経つと忘れてしまうものです。

そんな友達が最近あまり連絡をくれないことを不思議に思って日記を読み返すと、複数の友達を含めて飲み会をしていた席でついうっかり自分がノロケてしまっていたなどもあります。

全てが些細なことなので、記憶力が良い人でないと何が要因になっているのかわからないものです。

それらの細かな出来事を日記で振り返ることで、次からどのような言動にすべきかなど客観的な自己分析に役立ててみましょう。

行動パターンを知れる


たとえば、日記を読み返して「ストレスだ!」という記録の1ヶ月後に衝動買いをしていることが多いと分かった場合、自分がストレスに耐えられる期間と発散方法が明確になるので行動パターンが読めてきます。

もし衝動買いが悩みなのであれば、ストレス発生した時点から一ヶ月以内に別の解消方法を試してみるなど対処することができます。

そして交換日記であれば、同じように相手の行動パターンを知ることができます。

相手が何を感じたときにどのような行動を取るか、何で満足感を得ているのかわかればデートプランなどを立てやすくなったり、言葉の掛け方にも配慮することができるでしょう。

もしかすると、恋人は既にこちらの行動パターンを把握していて、いつも気遣ってくれていたことに気づけるかもしれません。

自分でも認知していなかった自分や、相手の知らなかった一面を知ることは刺激になります。

自尊心、他尊心が芽生える

付き合いの長くなった恋人同士はなにかと相手を自分の所有物と考えてしまう節があります。

ページトップ